もうすぐ、ヒトガタ展が始まります。お人形達の衣装も出来上がってきました。

グリア姫と小さな妖精ジョジョ&ブンガの晴れの日、ヒトガタ展がすぐそこに来ました。
今年もドライフラワー作家兼ヨガの先生兼墨絵画家でもあったし、何より藤田忍君の素晴らしいお母様である藤田里加子さんが、素敵なドライフラワーのリースをエルフのお姫様と妖精カップルのために制作してくださいました。
今年は息子を連れてヒトガタ展に行きたーいという希望があったのですが、やはりインドネシア国立、運輸省の大学は休みがギリギリにならないと確定せず、残念ですが秋の日本はお預けになりました。

グリアちゃんたちは長年お世話になっているドルス様にお任せして、私は遠いアバビ村からドキドキ祈っているだけですが、里加子さんのお花があれば、アバビ村の丘にいるように元気に生き生きしていてくれることでしょう。グリア姫、奇跡が起こって念願通りに丘の宿グリアスマルンはブッキングサイトからのお客様が絶えなくなりましたよ!なぜなら、先月ヨーロッパのお客様から大変高得点の口コミをたくさん頂きましたから!
アグン山の噴火騒動でお客さんが半年も入らなかったグリアスマルン、願いを込めて丘のエルフのお姫様、グリア・スマルン姫が生まれたのですが、びっくりするほど大忙しになるとは!ジャヌールもダダプもマデスチも3月から本当に頑張りました!
グリア姫もジョジョとブンガと一緒に頑張ってね。

もしもお時間がございましたら、ぜひこの3人のアバビ村からの子供達に会いに、丸の内オアゾへ、秋の散歩にお出かけください。

b0161391_17261479.jpg

b0161391_17270184.jpg

b0161391_17265274.jpg

b0161391_17271110.jpg

b0161391_17473975.jpg
グリアちゃんたちは、会場入って左側、麗しの丸美鈴様のお人形たちの横に場所をいただきました。


b0161391_17253555.jpg
今年は例年よりも様々な、多数の作家様たちが参加され、数もジャンルも広大で見所がたくさんある展覧会になると思います。
行きたかったな〜〜〜〜。ぜひ私の代わりに、見に行ってくださいね。



第13回「人・形」展
9月12日(水)~18日(火)
丸善・丸の内本店4Fギャラリー
午前9時~午後9時(最終日は午後4時閉場)
参加作家

愛実 一宮圭 岩室恵子 植田茉莉子 ウエノミホコ 岡田好永 おぐらとうこ 尾花智子 カウラ 春日友布子 片岡朋子 加園誠 ガーナベイビーズ 化甫 上條未有 紙谷英里 川上勉 キノコジュース 木村龍 くすくすねこ COOL氏 上妻みどり 古城真理 佐伯祐子 桜文鳥 佐藤久雄 サユリンゴ 粧順 神宮字光 S I N 垂狐 せいこ 是空 舘野桂子 田中雅子 ちしろ 土谷寛枇 常見一奈 Den 所正泰 戸田和子 戸松容子 朋トモヱ 中山まゆみ 菜奈乃 成 nogu. 野原tamago happa はちす 林美登利 比浦一臣 ヒラノネム FREACS CIRCUS ホシノリコ 槙宮サイ 丸美鈴 美月 mihiro 芽々木 森下ことり 山田ミンカ y 若島正壱




さて、いま家には一昨日から娘と息子の2人が揃って休暇で帰っています。

12日の早朝に息子を空港に送り、娘も下宿に帰るので、その間は、大変珍しく家族全員揃いました。


シノもポポもお兄ちゃんとお姉ちゃんがいるのが大変嬉しそうで、シノなどはお昼寝をしないで遊びたがり、夜はいびきをかいて爆睡しています。


私は息子がデンパサールの親戚の家に泊まりに行っている3日間で、お裁縫を集中して進めていました。


b0161391_17300993.jpg
まずは、Tinuちゃんのドレス。
サクヤ姫様の布花とアンティークレースで可憐でシックなドレスが出来上がりました。ミモザの花冠もサクヤ姫様の布花です。
b0161391_17303323.jpg
Tinuちゃんには小さな眠り虫君を作ってあげようね、ちょっと待ってて。

b0161391_17333090.jpg

b0161391_17334904.jpg
サクヤ姫様の布花はアンティークレースにとってもぴったり。自然お植物そのもののオーラで、可憐なエルフの衣装になってくれました。
作っていただいたお花達、大切に使わせて頂きますね。
b0161391_17343329.jpg

b0161391_17351448.jpg

b0161391_17353748.jpg
そうして、妖精ちゃんのドレスとドロワーズ、花冠も完成しました。
天使君は襟元をアンティークレースで飾りました。天使君の翼を今週中に制作予定です。

b0161391_17313860.jpg
妖精ちゃんの花冠ももちろんサクヤ姫様のちいさ〜〜い布花です。
b0161391_17363601.jpg

b0161391_17370068.jpg
天使君はちょっと待っててね107.png
b0161391_17372127.jpg
昨日は娘と一緒に、寝坊で怠けているお兄ちゃんを置いて、朝のティルタガンガ、聖水の宮殿へ丘を下って歩いて行きました。私たちはアバビ村の住人なので、入ることも泳ぐことも無料です。
b0161391_17374414.jpg
誰もいない湧き水のプールで思い切り泳いできました。帰りは運よくベモ(小型の乗合バス)が前を通って、アバビ村の入り口まで楽をしました。
b0161391_17381573.jpg
夕方は、兄妹で珍しくおかへ散歩。
b0161391_17383112.jpg

b0161391_17383959.jpg
お兄ちゃんは、今頃使い方が分かったと言って、アマゾンで買った箱で3Dゲームをしています。
b0161391_17385297.jpg

今日はお父さんがお休みなので、朝からアンラプラの市場へ行き、小エビを半キロと大きなイカを一杯買ってきました。
お昼ご飯は皮なしエビシュウマイと蒸し野菜、海老メンチカツ、ゲソ揚げを作ったら、あっという間になくなり、夕飯はお父さんが料理するイカのスパイシー串焼きを待っているところです。

お菓子や果物もたくさん買い入れ、おばあちゃんにお供え物を作ってもらっています。

明日は、念願のランプーヤン山のお寺へ家族4人でお祈りに行く予定です。
歩いて2時間、永遠に続くかと思われる階段を登って行くのですが、私と息子と娘はまだ行ったことがない聖地。

おばあちゃんは去年、シンガラジャの家族と行ってきました。
「絶対、疲れた、と言ったらいけないよ。」とおばあちゃんが子供達に言いました。言ったらその場で動けなくなると言うのです。

う〜ん、、ゆっくりゆっくり、頑張って登ってきます。

日本では、また関西地方に大きな台風の被害、そして今度は思いもよらなかった北海道の大地震。犠牲者の方々のご冥福をお祈りします。
ロンボク島でも500人近い人々が亡くなり、今だに余震が続いています。昨日もフィジーではマグニチュード8、1もの巨大な地震がありました。震源の深さが600キロを超える深さですので、地上の揺れは小さいのだと思いますが、それだけのエネルギーが地球を動かしている。
ロンボク島やインドネシア各地の地震は日本にも繋がっている太平洋プレートの動きなのでしょう。
どうか、大きな被害が出る災害が収まりますように。

家族が健康で、安全に日常の暮らしを過ごすことができたら、それ以上の幸せというものはありません。被害にあわれた地域の方々の日常が1日も早く復活しますように。




















by ekadantaya | 2018-09-08 18:43 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tirtagangg.exblog.jp/tb/28640713
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。