第9回ヒトガタ展無事終了。お人形達のその後。リンクのお知らせ。

今年も温かい友情に包まれて・・・最終日は和やかにお片付け、梱包まで無事終了いたしました。
毎回お手伝いに来て下さる古くからの友人、ちくちゃん、まきちゃん、うっちゃん、みなこちゃん、上田先生、その他見に来て下さった方々、もたもたするガーナベイビーズのお掃除を親切に愛をこめて助けてくださったお人形作家の玉置さん、岡田さん、ありがとうございました。
そして今年はなんだか特別、暖かな愛に満ちた幸せなオーラに会場が包まれていたな…と思いましたら、やっぱり、初日には32名もの方々が購入整理券を抽選するために朝から集まってくださり、大盛況。
その温かな大きな光のオーラは・・・大都会の真ん中に生えてきた植物のごとく・・・人びとの心を潤す形・・・作る方の愛情がそのまま形になったお人形から静かな引力をもって輝いておりました。そのお人形の名前はMarchちゃん。秋山まほこさんの愛情の結晶のようなお嬢様でした。
また来年もお会いできますように。大きな力を頂き、ありがとうございました。

そして、初めてヒトガタ展に参加した時から、とびきり可愛らしいドールがすぐにお迎えされてしまっていて、そのお人形の作者佐伯裕子さんと初めてお会いすることができました。
そして早速リンクを頂きましたので、右下にリンクさせていただきました。
佐伯さんの愛くるしいドールたちの表情はどことなくピリッと辛口スパイスの利いた利発な女の子たちに見えます。

来年は10周年というヒトガタ展。ますます素晴らしい作品が会場に輝くオーラを発する気がします・・・。

もうそろそろ・・都会の風景は見あきてきたのではありますが…来年のヒトガタ展は結構楽しみ。
b0161391_1684557.jpg

b0161391_1685784.jpg


TENちゃんとは、最後までお別れがつらくて心臓がドキドキしていました。でも今頃は無事に素敵な方のもとでくつろいでいるのだろう・・・秋の京都の郊外で・・・・。この子は私の初めの子供です、一生大事にします、とおっしゃって下さった、京都美人の素敵なお嬢様。勿論独身でいらっしゃるのですが、TENちゃんを自分のはじめの子だとおっしゃってなかなかその場を立ち去れないほど・・・愛情いっぱいにお迎えくださって、何よりのしあわせをいただきました。
b0161391_16145271.jpg


ドルリルちゃんも元気にドラゴンの赤ちゃんといっしょに大阪に出発・・・
b0161391_16155674.jpg

エミール・シンクレールくんはあのVincentくんがいる京都の素敵なママの元に・・・
b0161391_16179100.jpg

マックス・デミアンはなんと、ルリンウィルちゃんの待つお家へ・・・出発いたしました。
b0161391_16182571.jpg

素敵なご縁をいただきありがとうございました。

かなりの人気があったのですが、約2名はお迎えがなく帰宅いたしました。
風に乗る白い雲の子、Whoちゃん。この子は、美人ではありませんし、ちょっといじわるかもしれませんが…大変に生き生きした力を持った子です。
b0161391_1621097.jpg
b0161391_16231162.jpg

森の精霊怪獣ギギノン。かっわいい~もふもふしたい~とかいくつか書き込みはありましたが、今年もお迎えの手はなかったね。
b0161391_16234913.jpg

どうする?相談する二人。
b0161391_16241030.jpg

じゃあ、ちょっとこっちから探してみますか。

この2名にご希望のある方がいらしましたら、10月14日までに下記のメールアドレスに繊細をお問い合わせください。
modakaababi@yahoo.co.jp

できれば、2人一緒に…という方を優先にさせていただきます。

ところで、私は・・・・今日奥歯のブリッジが入り、数年間ブリッジが外れてそのままにしていた奥歯が揃い、何となくうれしいようなでもまだ違和感があって食べずらい感じ。
そして、アバビ村を出る1か月くらい前から痛くなって眠れないほどだった右腕、痛みは治まってきたものの手の先の指のあたりとかがしびれてきて、力が入らなくなってしまい、これもついでに検査をしていこうと思っています。そろそろ、いろいろなところが修理の時期に来ているビンテージ年代です。
なのであまり今回はお友達と遊びに行く時間はなくて、実家でお人形を作りながら…病院めぐりをするというなかなかの日本の秋の渋い過ごし方になりそうです。

アバビ村の自宅はどうなっているのかな・・・と娘に電話をしたら、男組(勇気とエーカー)はなにもせず、やっぱりいつもどおりに娘とそして主人が掃除をしたり、アイロンをかけたり・・・まあ何とかやっているようです。
娘にはご褒美に念願のミニノートパソコン。(笠井さん、昨日は一日秋葉原巡りを付き合って下さって大感謝)そして、お洋服も沢山買いました。
お兄ちゃんとエーカーには、とにかく食い物という希望にこたえて、日本のカレールー業務用1Kg、固形とフレークで合計2キロ、お徳用のチョコレート菓子をたんまりと。
では、主人には・・・そしておじさんおばさんには・・・となるといとこや近所の人々、丘のスタッフ・・・ああ、またもや大変な量の荷物・・・・・。エアアジアには40キロの荷物を1万円くらいで運べるシステムがあるので助かります。

シノちゃんのことは胸がキュンとするのであまり考えないようにしているのですが・・・怪獣に変身できる犬のお洋服を一つ買いました・・・。

どうしようかな・・・早く帰りたいようなそうでもないような・・・まだ帰りのチケットを買い迷う私です。

どうしてだか・・・いつも家のことは何もしない主人や息子や、大きくなった娘などのことを考えたら、せっかくだから日本にできるだけ長くいてやろうかなと思うのですが、一瞬でも犬のシノの顔を思い浮かべたら・・あれれ、そわそわして、やっぱり早く帰ろうかな・・と思う気持ち。可愛いという引力は大きなものです。

by ekadantaya | 2014-10-03 17:59 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://tirtagangg.exblog.jp/tb/23499873
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。