レバランの休暇でお兄ちゃんも帰り、お人形たちもお支度をして出発準備です。


インドネシアの国はイスラムの休日レバランで、帰省ラッシュと公共機関や会社の長期休暇の最中です。
パダンの空港に実技研修に行っていた息子も1週間ほどの休暇をもらって、帰ってきました。

今回も、飛行機が遅れて、友人たちと待っている間に場内放送を聞き逃し、乗り遅れた!!と大変お騒がせな間抜けな息子ですが、管制官の先輩たちの協力で、次の便に無料で乗り込み、駆け足でジャカルタからバリに飛ぶ飛行機に乗り換えも成功。
ジャカルタでも連絡を受けて管制官が勇気が走って乗り込むまでの数分間、飛行機の出発を延ばしてくれたようです・・・。本当にいろいろな人にご迷惑をおかけしました。
飛行機の出発が遅れたときには必ず電光掲示板の前にいないといけません。出発ゲートがチケットにあるものとは変更になる場合があるので、アナウンスも届かない場合があるのです。
そして、太っていたはずがまた痩せて帰ってきたので尋ねたら、レバランの断食で友人たち(勇気を除いてほとんどがイスラム)で、ここ数週間は夕食以外ほとんど食事の機会がなかった・・というのですが。イスラムの人々は断食の一か月は夕方6時半から早朝4時までは食事をしてよくて、朝から夕方までの断食というものですが・・・。夕食を食べてから、早朝4時前に起きて朝食もとるのが普通だそうですが、息子は面倒だし、ちょっと太ったし、と断食を決行。

大変な努力をしてスリムになった娘と同じくらいスリムになって帰ってきたお兄ちゃんでした。なので、家ではいっぱい食べさせてまた太らせようと、朝から晩まで料理をしている私です。


b0161391_10215137.jpg
シノちゃんは、ポポに負けずと食べる食べる・・・。あんなにやせてしまったのが嘘みたいにがっしりしてきました。
そして、ずいぶん前に里加子さんにいただいた、虹色のベロアのフード付きマントコート・・・サイケデリックで魔法使いみたいで気に入っていたのですが、お人形の衣装にもちょっと使えない大きな虹のストライプで、外に着ていくにはかなりの勇気が必要で…大きくて嵩張るので、どうしようかと思いながらしまっていましたが、娘と、袖と裾を縫って綿を詰め、クッションにすることにしました。
そうしたら、魔法みたいに素敵な大きなクッションになりましたよ。里加子さん、ありがとうございました。
このクッションがあれば、シノも1ヵ月間、ママがいなくてさみしいのも少しはまぎれるかも。
b0161391_10220637.jpg

b0161391_10221755.jpg
グリア姫の靴が完成して、靴下も作りました。網網の草色の生地で作った靴下。
b0161391_10242852.jpg

b0161391_10244351.jpg
このドレスはひざ下くらいまで短くしようと思います。
b0161391_10245526.jpg
日本で草色のオーバードレスを作る予定でいます。完成したら、この小さな妖精カップルと一緒にぼらんどおる様へお預けして、9月のヒトガタ展に出席かな・・・あるいは、アバビ村でお留守番して、オーバードレスは帰っていてから仕上げて、emsで8月の終わりに郵送かな・・・・ちょっと考えている最中です。
b0161391_10252251.jpg

b0161391_10253961.jpg

b0161391_10255002.jpg

b0161391_10260694.jpg

b0161391_10261442.jpg
全員、ネームカードを作りました。みよちゃんとジュリアちゃん、そして妖精の男の子もすでに梱包して手荷物のトランクの中に眠っています。
b0161391_10263334.jpg

昨日から親戚の男の子とそのおじいちゃんである主人の叔父も泊まりに来て、シノもポポもウキウキする楽しい団欒が続いています。
その分主婦はいつもの4倍忙しい!でも、洗濯と掃除を娘が手伝ってくれるので大助かり。私はほとんどの時間をキッチンで立っている気がします。今日はお兄ちゃんはデートだそうですので、そのすきに荷造りを始めないと・・・・・。








# by ekadantaya | 2018-06-16 11:11 | Trackback | Comments(0)

靴の作り方その一。ミッキーの仔犬。幸せなお写真。

娘も帰ってきて、ガルンガンで招いた神々や先祖の霊をお送りするクニンガンの祭日も終了し、グリアちゃんのエルフ靴、完成いたしました。

b0161391_20105120.jpg

b0161391_20110490.jpg
靴の作り方を説明しようと、途中まで写真を撮りながら作業しましたが、最後のところで複雑すぎて集中が必要なために、写真を撮るのを忘れて仕上げてしまいましたので、、革を切り取って処理するところまで。

まずは、お人形の足の輪郭を画用紙に写します。
b0161391_20115933.jpg

足の形を切り抜いた紙に合わせて、木型を粘土で作ります。紙粘土や石粘土でもできますね。
b0161391_20121070.jpg
その木型をアルミニウムでくるみます。
b0161391_20122236.jpg
ます。その上から紙の粘着テープを巻きます。
b0161391_20123142.jpg
好きなデザインに分割します。
b0161391_20123789.jpg
カッターで切り込みを入れて、木型を抜きます。
b0161391_20124786.jpg
底の部分、前の部分、側面、と線に沿って分割。
b0161391_20130013.jpg
これをもとに画用紙で左右の靴の型紙を作ります。
b0161391_20130964.jpg
革に写し、のりしろや縫い代を書き加えます。
b0161391_20135026.jpg
靴底は厚めの革を重ねて作ります。

b0161391_20142200.jpg
革用ボンドを縫って少し乾きかかったところで接着し、金づちでたたいて密着させます。
b0161391_20143384.jpg
わきの部分を荒めの紙やすりで削り、重なりを平らにします。
b0161391_20144412.jpg
靴の部分は切り取った革ののりしろや縫い代をカッターの刃を横にして薄くそいでおきます。
b0161391_20150092.jpg
靴の後ろの部分をミシンで縫い合わせて、縫い代はボンドをつけて金づちで叩き、接着しておきます。
b0161391_20153210.jpg
さてこの後の作業ですが、毎回難しく、今回は靴底が少し小さくて作り直したり、側面も短く作り替えたりと、四苦八苦ですので、また今度いつか機会ができたときにできればアップすることにします。
b0161391_20154305.jpg
リンセリオン君は今朝出発いたしました。私よりも早く日本に到着する予定です。無事お手元にお届けできるまで、今しばらくお待ちください。

b0161391_20155451.jpg
今日は、シノの代わりに、誰も妊娠しているとは知らない間に生まれた向い隣のミッキーいの仔犬を見に行きました!

b0161391_20162209.jpg
ミッキーは1歳にならないうちから出産し、子育てはもうお手の物のシノと同じ6歳の小型犬の雑種です。丸々太った仔犬が二匹産まれていました。まだ目が開かない生まれて5日目の仔犬ですが、二匹とも男の子で、元気におっぱいを飲んでいました。
b0161391_20161185.jpg
ミッキー頑張れ!
b0161391_20163445.jpg
そして、シノはというと・・・たくさん食べてたくさん遊んで元気いっぱい幸せいっぱいにクニンガンを過ごすことができました。
b0161391_20170238.jpg

b0161391_20171009.jpg
娘はダイエットに成功してスリムになっています。それというのも、日本でおいしいものを食べるという目標があって、そのためには3キロ減らしておかないといけないと…そういうことだそうですけれど。
今は甘いものや揚げ物、ご飯の量もセーブして、毎日30分の筋トレを続けています。日本のパフェと巨大エビフライが食べたいがために・・・。日本ではおばあちゃんのお手伝いで、毎日お買い物やお掃除や料理をし、日本語もおばあちゃんと勉強する計画です。
b0161391_20171919.jpg
明日は六日ぶりの市場。早朝暗いうちに娘と買い出しに行って、山ほどのお肉と野菜と果物を買ってこなくちゃ。
明後日はお兄ちゃんがジャカルタから帰ってくるのです。
従兄のパンジーも半年ぶりに休暇で帰り、今週は山ほどの御馳走を用意しなくては!

そして輝く色彩のお花畑の中で妖精たちのお写真をいただきました・・・。
初夏のあたたかな日差しの中で、みんな本当に生き生きして幸せそう。幸せなお写真をいつもありがとうございます。

b0161391_21002805.jpg

b0161391_21003617.jpg

b0161391_21004245.jpg

b0161391_21004897.jpg

b0161391_21005439.jpg
それでは、お兄ちゃんが帰ってくるし、久しぶりに我が家もにぎやかな1週間になり、そのあと22日の夜には私と娘は日本に向かいます。
シノたちの犬ご飯は1か月分作って冷凍しておかないと。一か月はちょっと長いけど、パパとおばあちゃんに任せておけばシノもポポも安全です。お部屋はきっときれいではないだろうけれど…帰ってきたら二日ほど大掃除すれば済むことですし・・・
それでは、みよちゃんたちのお支度もそろそろ始めましょう・・・・。












# by ekadantaya | 2018-06-11 21:09 | Trackback | Comments(0)

すっかり元気になったシノ。お人形たちのお支度始まり。

お陰さまで、シノはすっかり元気を取り戻し、たくさん食べてたくさん遊び、気持ちよく眠る日常にもどりました。ご心配のメールをありがとうございました。

シノが生まれてはじめて熱を出して5日近く何も食べないという重症になって、当たり前のこと過ぎて忘れがちな幸福の大きさ、健康であることのありがたみを思い知りました。

エルフ達も衣装が完成しましたのでアップ。そろそろ梱包して日本につれていく準備も始めなくては。
まずはリンセリオン君のエルフの衣装から。
ズボンはタイパンツのように紐でウェストを結ぶ形ですので真夏は上半身裸でオッケー。

b0161391_12282371.jpg

b0161391_12333819.jpg
涼しくなったらフードつきの上着で。エルフのフード付きコートは着ると透明になる天狗の隠れ蓑。
b0161391_12343850.jpg

b0161391_12361350.jpg
フードを脱ぐと繊細な花冠をつけたエルフの王子様。
b0161391_12365629.jpg

b0161391_12380296.jpg

b0161391_12383835.jpg

b0161391_12392970.jpg

さあ、それでは日本にいく支度をしようね。
b0161391_12400440.jpg
今作業中のエルフ姫のブーツ。
b0161391_12412911.jpg
そう、グリア姫のためのブーツです。グリア姫と妖精カップルは
月のヒトガタ展に向かって仕上げています。
日本でエルフコートを縫ってあげる予定です。ブーツは何とか完成させたい!
b0161391_12420604.jpg

b0161391_12423725.jpg
そうしてジュリアちゃん。オーバーコートができました。
真っ白い柔らかなコットンで作ったので、あわーい草色に染めたいのですけど、真っ白も天使みたいで素敵なのでちょっとアップ。

b0161391_12431799.jpg

b0161391_12444984.jpg

b0161391_12453539.jpg

b0161391_12461074.jpg
そしてみよちゃん今日本は暑くなってきたので夏のワンピースを着ておしたくちゅうです。

b0161391_12465638.jpg

b0161391_12473274.jpg

今朝のシノちゃん。
5日間の断食を取り戻そうとでも思っているのか、ダイエットのリバウンド見たいに、沢山もりもり食べて、すごく元気にポポと走り回っています。
b0161391_12480933.jpg

b0161391_12484855.jpg

アバビ村は乾期の肌寒さを感じる季節です。風邪ひかないように靴下と上着が朝晩必要。

# by ekadantaya | 2018-06-07 12:20 | Trackback | Comments(0)

シノの仔犬は虹の橋の向こうからこっちに来ませんでした。

先週のガルンガンの2日前から、順調だったシノの様子がおかしくなって、まったくものを食べないばかりかお産用の段ボールの箱からでなくなりました。息もあらくて、あれ?おかしいな??とお医者様を呼ぼうとしたら、ガルンガンの休日中でどのお医者様も留守です。

ガルンガンのお祭りの当日、とうとうシノが熱を出してしまいました。
急遽、知り合いで村の獣医さんであるタントラ氏に来てもらって、熱を下げる薬とビタミンの注射をしてもらい、少し楽になったようで、夜には少しだけ食べたのですが、翌日はもっと具合が悪そうにしていて、夕方洗濯物を干しに外に出たら、シノも外に出て、おトイレなのかしらとおもったら・・・お尻が黒っぽい血の混ざった汚物で大変なことになっていて。。
どんどん大量に出てくるので、タオルやシーツを変え、ぐったりしているシノが少しでも気持ちよく眠れるようにしてやり、4日間も何も食べたがらないので、ビタミンジェルを舌にのせて食べさせ、天然のはちみつを卵の黄身に混ぜたものをなめさせ、何とか翌日まで頑張りました。
翌日タントラ氏が来て、町の獣医さんを電話で呼んでくれ、抗生物質と子宮の中身を早く出し切るための薬、そしてビタミン剤を注射してくれました。その夜には少し気分がよくなったようで、えさを少し食べましたし、外にも出ましたが、翌日は朝からぐったり眠ってばかり・・・
病気一つしたことのないシノが、もう5日間もこんなにぐったりして熱まで出て、私はほとんど眠ることもできず、ネットで犬の病気などを調べてもっとネガティブになりそうでしたが、排出物も色がだんだん透明になり、粘膜のようなもので、量も減ってきて、
主人と協力してシノの汚れたお尻の周りの毛を短くカットして、きれいにしてやりましたら、ずいぶん楽になってきた様子。
今朝は大変元気いっぱいに朝4時に起きてポポを迎えに行き、走り回ったりふざけたりしていました。
まるで、一昨日までのシノが嘘みたいに軽々と飛び跳ねています。遊び疲れると少しぐっすり眠り、餌はまだたくさんは食べられなくて、おいしいお肉やレバーだけを喜んで食べています。

念のためにさっきまた獣医さんに往診してもらいました。

お医者様は、これはほかの病気ではなくて、単なる流産の一種です、多分妊娠といっても形にならないままの不完全な胎児であったのでしょう。考えられるほかの病気は子宮蓄膿症ですが、これは妊娠している犬にはかかりませんし、おなかを押すと大変痛がるはずですがシノは大丈夫。このまましばらくはビタミン剤を食べさせて、栄養を取らせ、ゆっくり休めば大丈夫。
と言ってくださって、ほっと一安心。

シノを看病しながら、エルフ坊やのお洋服を縫っていましたが、今日はシノの元気な様子にどんどんお裁縫も進み、今ジュリアちゃんの真っ白い妖精コートも出来上がって、洗濯したところです。



b0161391_16320554.jpg
娘は大学の試験が今日から始まるので、昨日下宿に帰り、今朝は主人と二人でシノがすっかり元気そうにポポと過ごしている姿を眺めて心から嬉しくなりましたので、写真を撮りました。
b0161391_16321748.jpg
いつもはカメラを向けると嫌がるシノですが、今日はまるで、ポーズをつけているみたいに良いモデルになってくれました。
b0161391_16322651.jpg

b0161391_16325369.jpg
ファッションモデル並みに細いウェストになっちゃったのですが、相変わらず美人ね。
b0161391_16325970.jpg

b0161391_16330859.jpg

b0161391_16331979.jpg

b0161391_16335505.jpg
赤ちゃんは授からなかったけど、(ポポは去勢手術を済ませましたし)これからは仲良く夫婦水入らずね。

b0161391_16332731.jpg

b0161391_16333747.jpg

だーい好きなシノ、せめてあと5年以上はそばにいてね、と私はぐったりしているシノにずっとテレパシーで話しかけていました。
今6歳だから5年したら11歳。主人と私は55歳だから60歳、娘は25歳で息子は26歳になる。早く結婚してくれたら、シノも甥っ子か姪っ子が見られるし・・・どうかできれば5年以上は病気もせずに元気でいてね。

こちらの犬たちは長生きで、老衰の自然死が多いです。近所の大きな犬たちも13年~15年で老衰は当たり前です。気候も良くて、蚊の媒介するフィラリアがないことや、村の役所から必ず狂犬病の予防注射をするチームがくまなく回ってきてくれるからかしら。犬たちは自由でストレスもなさそうです。

来週、お兄ちゃんもパダン空港での研修が終わって、1週間の休暇をもらい、帰宅します。
今週の金曜日にはまた絵美も帰ってきて、再来週の金曜日22日にはもう私と絵美は日本へ、お兄ちゃんはジャカルタへ出発します。

シノの体力が完全に戻って、元気いっぱいになるように、たくさん食べさせないと!

そして、お人形たちの衣装も仕上げることができますように。







# by ekadantaya | 2018-06-04 17:42 | Trackback | Comments(0)

エルフの少年 Lin-Thalion 君誕生。


今日は二度目の更新ですが、明日からハガルがんが終わるまでブログアップの時間が取れそうもないために、昨日撮影した新しいエルフの少年の写真をアップいたします。

この子はエルフの女の子のお顔かと思っていましたらどうしても女の子にはならないので、もう一度作り直したお顔で、男の子らしいエルフの少年に生まれました。
すぐにお声をかけていただいて、素敵なご縁でご予約をお受けいたしました。

名前は、Lin-Thalion (リンセリオン) 。 Lin は歌うという意味のシンダール語で、Thalion は強い勇敢な英雄、という意味の言葉です。
歌う英雄。
b0161391_18411464.jpg

リンセリオン君にはお迎えされる方の特別な物語がありまして、この言葉を選んで命名いたしました。



b0161391_18413369.jpg
b0161391_18413896.jpg

b0161391_18415458.jpg
髪の毛はウィッグキャップを作り、チベットラムの毛のカールした先端だけを張り付けて作りました。これは3度目に作ったウィッグで、前の二つは赤毛のストレートとダークグレイの羊毛ですが、長さとイメージが合わずにボツ。この髪は長さも雰囲気も彼にピッタリに仕上がりました。
b0161391_18420071.jpg
b0161391_18421146.jpg
b0161391_18421626.jpg
b0161391_18422237.jpg
b0161391_18422880.jpg
b0161391_18423502.jpg
b0161391_18424163.jpg
b0161391_18425014.jpg
b0161391_18425569.jpg
b0161391_18430018.jpg
衣装は日本に行くまでに大体の形が出来上がるかどうか…仕上げは日本に帰ってからになりそうです。
b0161391_18431112.jpg
b0161391_18431813.jpg
優しく、強い男の子らしいエルフ坊やも、日本に一緒に飛んでいきます。
b0161391_18432763.jpg


グリアちゃんは、ドレスも本縫いが終わりましたので、コートとブーツも型紙を作ってしまいましょう。この子たちの仕上げは日本から帰ってから、8月中に。素敵な素材を日本で見つけてきてあげますね。よ。グリアちゃんと二人の妖精はアバビ村にお留守番よ。
b0161391_18433703.jpg

そして、ジュリアちゃんと、黒い巻き毛の妖精坊や、二人とも一緒にご予約をお受けし、8月半ばに日本からお送りすることになっています。二人とも一緒に日本に帰って、衣装の仕上げをしましょうね。
b0161391_18434395.jpg

さあ、それではあともう少し。いろいろなことが待っている6月ですが、慌てず丁寧に、支度をしていきましょうね。
b0161391_18440743.jpg














# by ekadantaya | 2018-05-27 19:09 | Trackback | Comments(0)