今日から2週間と3日日本です。

b0161391_12581586.jpg
b0161391_12583823.jpg
Sinoちゃんは昨日から少し気が付いていて、今朝トランクを出したら拗ねてご飯食べませんが、今日から娘と日本に行ってきます。
2週間と少しで帰ってきますから,いい子に待っててね。

# by ekadantaya | 2019-06-23 12:57 | Trackback | Comments(0)

岩村先生&古寺さん御一家との休日。幸せなご縁。

先週の土曜日、13日から、昨日18日までの5日間、ウブドとアバビの丘の上で家族と友人と、楽しい時間を過ごし、お人形作りは全くできなかったのですが、今日は朝から赤い革靴の仕上げをしました。
b0161391_15241125.jpg
これは、Minaちゃんの靴。
b0161391_15241207.jpg
靴下は、白い方が良いわね。帰ってきてから二人に白い靴下を作ってあげましょうね。
b0161391_15250509.jpg
Minaちゃんは、赤いリボンと、ブラウスに少しレースの飾りを付けて、Manatarou君は革の編上げ靴を作って・・・実は、衣装が出来上がってから、この二人は引き離すのが可哀想なくらいに仲良しで・・・ヒトガタ展にまな太郎君を出そうと思っていたのですが、Minaちゃんをご予約してくださっている方がManatarou君も一緒にと、二人一緒にお迎えを希望くださったので、二人は仲良く7月後半に出発する予定です。
日本から帰ってきてから、二人の仕上げをしましょう。
b0161391_15251618.jpg
そして、この二人も7月中に仕上げて、小さな妖精たちも作りたいと思います。この二人のうちの一人、あるいは二人揃って、秋の東京に向かうことになるかな・・?
b0161391_15583627.jpg
31年も前からの、教員時代の大先輩、岩村茂子大先生が、お友達の古寺さんとその娘さんご家族とグリアスマルンに来てくださいました。
古寺さんのお嬢様、由美子さんは、ウブドでバリ人のご主人と二人の息子さんとのご家庭を持ち、岩村先生のご縁で15年ほど前に知り合うことができました。その当時はウチも古寺さんのお子さんたちも、とっても小さかったのに・・・再会した長男のケンタ君は山のように大きな青年になっていて、ちょうど休暇の最後に掛かった勇気とも会うことができました。
緑溢れる素敵なご自宅で、ケンタくんの美味しい焼き魚のご馳走・・・子供達にもとっても心に残るディナーをありがとうございました。
b0161391_15260013.jpeg
岩村先生と古寺お母さんの泊まるホテルに、私と絵美、勇気の3人で2日間泊まり、ウブドの中心地を歩いて回る予定でしたが、あいにくの大雨の2日間。しかも、数年前に歩いたはずの道もすっかり変わって、びっしりと店が並び、高いくせに中身のない観光地特有の不思議空間になっていて・・・一番納得できたのはホテルの前のスタバのキッシュとコーヒーだけ。サヌールより安いジェラートもありましたけど。

岩村先生は、ちょうど勇気が生まれた時にいらしていて、生まれたての勇気と私の写真を撮ってくれました。
あれから早22年弱。勇気は制服を着て、8時にホテルからチャーターカーで空港に向かいました。
さて、大学生活最後の休暇。初めてパパの見送りなしに一人で帰った勇気。卒論を立派に仕上げて、無事9月の卒業式を迎えられますように!がんばれお兄ちゃん。どうか立派なレーダー管制官になりますように!
b0161391_15265008.jpg
珍しく微笑みが溢れる勇気。さすが岩村先生。
b0161391_15270100.jpg
石鹸とジャムと木彫りの事業をされて、大忙しの由美子さんとご主人のニョマンさん、ケンタ君も連れてアバビ村のグリアスマルンで休日を過ごしてくださいました。
私は途中でやっぱり少し疲れが溜まって、あまり完璧にご案内はできなかったのですが、ご一緒に過ごした時間の中で白浜海岸が一番楽しかった〜。
b0161391_15273596.jpeg
56歳の後輩と75歳の先輩。小さな子供たちの話で夜遅くまで盛り上がっていた教師時代はもう30年から25年も前のお話。でも今だに、子供達といるのが大好きなのは変わりません。おばあさんになっても、子供みたいなのも変わらないところ。
b0161391_15280874.jpeg
由美子さんは4歳くらい若いのですが、結婚は早くて、長男のケンタくんは勇気よりも4歳年上。次男のまもるくんはお休みが合わなくて今回は会えませんでしたが、勇気や絵美とほぼ同じ年。1年違いの勇気と絵美の真ん中くらいで大学2年生。
優しいご主人と二人で、事業も子育ても、よく頑張りましたね!後は歳を重ねるごとに、自分の健康も少し考えながら、家族のために元気で幸せなお母さんになって行きましょう。(私は密かに姑のワティ・ばあちゃんのようになりたいとは思っています。)
b0161391_15282932.jpeg
古寺お母さんは岩村先生よりも3つ年上の78歳ですが、大らかで、ふんわりとしながら、強くて、しっかりしていて、本当に素敵なお母さん!
b0161391_15283840.jpeg
この日の海は優しかった。
b0161391_15284997.jpeg

b0161391_15290119.jpeg

b0161391_15291009.jpeg

b0161391_15292883.jpeg

b0161391_15293708.jpeg
夕方日が落ちるまで、海岸で過ごしました。
b0161391_15294500.jpg
丘から歩いて、ティルタガンガに散歩。由美子さんのご主人、ニョマンさんは植物の専門家。歩きながら木の説明をしてくれてガイドみたいでしたが、ああ、この木は高く売れる〜と度々いうのが都会のビジネスマンらしかったわ。
b0161391_15295888.jpg

b0161391_15300873.jpg
涼しくて寒いくらいの気候になったアバビ村ですが、朝10時ごろには暖かな日差しで、足だけ冷たい水に浸けて和みました。
b0161391_15301411.jpg

b0161391_15302278.jpg
外では恒例の動物たちとの記念写真。まずはイグアナさんと。先輩・後輩の図。
b0161391_15303220.jpeg
次は大蛇。先輩は大蛇も物ともせず。
b0161391_15304824.jpeg
フクロウはなぜかそっぽを向いてこっちを向かず。
b0161391_15305599.jpeg
コウモリもいい迷惑かも。
b0161391_15310332.jpeg
古寺お母さんは、愛情いっぱいにルバを抱っこして。(フンをコーヒーにして売っていますが、タヌキみたいな動物。)
b0161391_15312049.jpeg

b0161391_15312959.jpeg
夜は久しぶりのゲンジェ・チャカプンの宴で大変盛り上がりました。
b0161391_15314239.jpg

b0161391_15314969.jpg

b0161391_15315814.jpg
岩村大先生も古寺お母さんもさらりと踊り、
b0161391_15320810.jpg
オーストラリアの紳士スティーブもジェントルマンのダンス。
b0161391_15322611.jpg
ニョマンさんは素晴らしいバリダンサーでした。
b0161391_15323648.jpg
由美子さんも控えめに踊ってくださって・・・
b0161391_15324312.jpg
とって〜〜も素敵な雰囲気の宴になりました。
b0161391_15324958.jpg
最後に記念写真。名物おじさん、パ・パサッと。
b0161391_15325571.jpg
集合写真。
b0161391_15330403.jpg
Booking.comで予約されて初めていらしたスティーブさんとスーザンさんのご夫妻は、アバビ村の三叉路までシャトルバスでいらして、二つのトランクを引いて歩いていらしたストロング・シニアカップル。
オーストラリアで農場を経営していて、日本人の高校生がホームステイに来たことがあるので、と日本語もすらっと出てくるし、日本に4回も行かれたというので、どこが一番好きですかと聞いたら、なんと鎌倉!
思わず嬉しくてゲンジェの宴に招待し、感激していただけました。一生忘れられない思い出になったとおっしゃってくださいました。
b0161391_15331263.jpg
そして昨日、由美子さんご一家もウブドに帰り、岩村先生と古寺お母さんも日本に帰られました。
楽しい時間をありがとうございました。また是非来年もいらして下さい。
b0161391_15332226.jpg
さてそれでは、私と娘は今週の日曜日の朝アバビ村を出て、空港に向かう予定です。
2週間の短い期間ですが、しのちゃんとポポのおかずをたくさん作って冷凍したり、杏里ちゃんに持っていくお菓子を山ほど買ったり・・・荷造りをこれから始めます。











































# by ekadantaya | 2019-06-19 16:48 | Trackback | Comments(0)

少し忙しいインドネシアの大型連休が終わって始まる学校の進級休み。お人形製作は少しだけ。

息子と娘の休みが重なり、インドネシアの連休で親族も次々に帰ってきてりして、お人形制作の時間はないと思いきや、娘が家事を手伝ってくれるので、少しずつですが進められました。

二人の脚が完成しました。男の子の脚にまだ磨き残しや荒い部分があるので、また今度磨き直すとして、とりあえず,色を焼き付け、繋いでみました。全体がつながると、35cm〜36cmくらいの身長になりそうです。

b0161391_11121296.jpg

b0161391_11123123.jpg
そして、Minaちゃんの靴ですが、赤い革を裁断し、周囲を梳いて、靴底も作ったので、後もう少しですが、これもまた時間の取れた時に続きをしましょう。
b0161391_11124922.jpg
一昨日から、泊まりに来ている主人のおじさんの孫、ボンユウ。小学校を終えて、7月の休み明けには中学一年生になる12歳半。大きくなりましたが、運動不足で肥満体。手足は細く筋肉がない体型に育ってしまいました。
b0161391_11130175.jpg
昨日は勇気とボンユウの好物の、豚焼肉、そぼろ卵、アヤム・べ・シシット、そして海老ボール入り野菜スープを作りました。食べ盛りの男の子がいる時は料理で朝からお昼までは時間が掛かってしまいます。
b0161391_11131402.jpg
夕方はインドネシア空手のコーチでもあり、体育の専門家の我が家のお父さんが、ボンユウの体型改善の運動を指導。しかし、注目が集まったのは、おばあちゃんの指摘により、勇気のお腹。
b0161391_11140773.jpg
航空大学は一年生はかなり厳しい規律で先輩たちから管理され、筋肉隆々でシックスパックに背中に筋肉の翼まで生えた勇気ですが、最上級生となった今では、全く怠けて運動せず、まさかのだれた脂肪つき生っちょろいぽっこりお腹に。(痩せ型なので目立ちませんが、服を脱いだら、おばあちゃんにも、勇気の腹!と笑われるくらいです。)妹の絵美は、少し食べても太る体質で、毎日筋トレや運動を必死にやっていますので、もっとしまった体型になっています。運動っていうのは、本当に効果てき面。結果がすぐ出ます。
b0161391_11150894.jpg
しのちゃんは賑やかな夕方のお庭で、嬉しそうにみんなを眺めていました。
b0161391_11150937.jpg
ボンユウは、勇気お兄ちゃんがジャカルタに帰った後でも、一人で7月の休みをうちのパパと過ごす約束をしました。毎日運動をして、ティルタガンガのプールで泳いだら、3週間で驚く効果があるでしょう。
b0161391_11160438.jpg
この日は夕飯の後にはボンユウはぐっすり眠ってしまいましたが、数時間後にまた起きてきて、勇気お兄ちゃんとゲームして夜更かし。
b0161391_11160501.jpg
今日はこれから、岩村先生の泊まっているウブドに家族で向かう予定です。

ウブドの小寺さんの家で今夜は焼き魚パーティーに招待されているので、パパに送ってもらい、私と子供たちだけ岩村先生と同じホテルに2泊。
そのまま15日の朝に勇気は空港に行き、ジャカルタに戻る予定です。

私たちは岩村先生と小寺様御一家とともにアバビ村へ戻ることになっています。

岩村先生は、23年も前、私が東京都の図工の教師を退職してバリ島に来る前に、大変お世話になったベテラン先生。子供の気持ちを掴む、天才先生でした。もう10年ほど前に退職されて、ボランティアの活動をされています。久しぶりに、子供達と一緒に会えるのが、とっても楽しみです。

小寺さんご一家とも、もう10年以上のご無沙汰で、お互い大きくなった子供達と一緒にお会いできるのは、ワクワクする楽しみ!

アバビ村は朝から雨ですが、そろそろ出発の準備をしましょう・・・・。










# by ekadantaya | 2019-06-13 11:47 | Trackback | Comments(0)

腕が完成。ティルタガンガの聖水のプールと不思議な動物達。

エルフ少女と男の子、二人の腕が完成しましたので上半身が繋がりました。二人とも、肩と肘だけ球体を入れています。

今二人の片方の足を焼いているところです。足も、膝だけ球体を入れる予定です。

b0161391_16234099.jpg
男の子。
b0161391_16235811.jpg

b0161391_16240980.jpg


女の子のエルフはこんな感じの手の表情に・・。


b0161391_16253285.jpg

b0161391_16254332.jpg
Minaちゃんとまな太郎くんは、革靴の底の部分だけできたのですが、仕上げるのは7月、日本から帰ってきてからになるかな。
b0161391_16264052.jpg
滅多に会えない、いとこのお兄ちゃんがジャカルタから帰ってきたので、2日間続けてティルタガンガに泳ぎに行きました。
b0161391_16352570.jpg

b0161391_16353714.jpg

b0161391_16354562.jpg
泉から湧き出す大量の聖水で満たされたプールは、ひと時も水が止まらずに新しくなっている世界一贅沢な清らかな水のプールです。入るときにはひやりとしますが、入ってしまえばその気持ち良さに出たくなくなってしまいます。でも、観光客は外でセルフィーばかりで、プールで泳ぐ人はほとんどいません!それは、私たちには幸運ですけど。
b0161391_16355587.jpg
泳いだ後は、記念撮影。みんな大きくなりました!うちのパパが撮っているので写っていませんが、シンガラジャの弟一家と私と子供達。
b0161391_16360540.jpg
巨大な鯉に餌をあげるのですが、なんだかいつも哀れな気がします・・・。
丸々太った鯉巨大なが餌を求めてうようよ集まってきます。
b0161391_16363123.jpg
観光客はこの古くもなく歴史もない、最近セメントで作った像の飛び石のところでうようよ写真を撮ってます。
b0161391_16365284.jpg
セルフィーをインスタように取りに来るのが目的なので、こういう虹色に髪を染めた女の子とか、ロングドレスの中国系の女の子とかアフリカ系やインド系カップルも、ドレスアップしてきます。
b0161391_16370211.jpg
私たちアバビ村の住人はすべて無料。でも、駐車場は朝から一杯なので、知り合いのワルンの前に車を停めさせてもらいます。
b0161391_16373490.jpg
また外の不思議な動物達と記念撮影。(これもお店の人が知り合いなので、料金をどうしても受け取ってくれません。)私は大きな蝙蝠と。
b0161391_16374282.jpg
息子はもうこの子達に夢中!小型なフクロウ達です。可愛すぎ。声もとっても可愛いです。
b0161391_16375288.jpg

b0161391_16380242.jpg
無精ヒゲが伸びた息子。でもこんなに嬉しそうな顔は普段見せません。
b0161391_16381159.jpg
一回10匹、一日3回、生きたコオロギを食べるというこの子達、家で飼うのは難しそうだけど、
10年くらいの寿命だそうで、この子達は2〜3歳。とってもよく慣れていて、羽を切っていなくても遠くに行くことはありません。
b0161391_16382115.jpg
いとこのパンジーお兄ちゃんも、勇気も、メロメロ〜。
b0161391_16383250.jpg
今度小学校6年生になるコミンと絵美も。
b0161391_16385234.jpg
ひい〜可愛すぎ〜〜〜〜〜。
b0161391_16390280.jpg
フッワフワ〜〜〜
b0161391_16391173.jpg
運輸省のオフィスで仮就職中のパンジーは、厳しい陸運大学の寮生活で引き締まった体が、元のただのおデブに戻ってしまいましたが、元々の優しい性格も変わらず、大蛇をやさし〜く撫でていました。
b0161391_16391919.jpg
今、追跡中のMimoちゃん達は、ほぼお手元に到着しかかっています!今日中に届くかしら!!
無事にお届けできますように・・・・。
b0161391_16395481.jpg

































# by ekadantaya | 2019-06-08 17:28 | Trackback | Comments(0)

Mimoちゃんたちが出発致しました。

昨夜はMimoちゃんのオークションが熱いバトルで終了致しました。
ご入札頂いた方々、沢山のウォッチとアクセスも、今回も有難うございました。

Mimoちゃんはとても大切で特別のご縁を頂き、今朝無事に郵便局から出発致しました。

昨日は夜なべをして・・・心を込めてお支度をし、朝いちばんに娘に朝郵便局からMimoちゃんを送るのよ、と言ったら、「ママ、今日は郵便局休みよ!」と。レバランの休日で、公共機関や学校が今日から7日までの連休に入ると言います。ええ〜〜〜今日はやっているわよ、レバランの当日は明日だもの・・と言いながら、起きてきた主人に聞くと、娘と同じ意見です!!
大慌てで、取引連絡からご連絡をさせていただき、パニックになっていたのですが、そのあとにふと、以前ジャカルタの息子に荷物を送った運送会社があるのを思い出し、ネットで調べると今日も営業・・・
早速主人と行ってみましたら、海外へは書類のみ扱います・・ということで、がっかり・・・。
物は試しで行ってみようよ、と郵便局に行ったら、扉が閉まっています。
主人が聞いてくると言って中へ入ったら、「営業している!」ということがわかりました。

ヒンドゥ教のバリ島ではイスラム教の社員だけが休みで、今日まで通常営業だとわかり、早速Mimoちゃんは出発致しました!

とっても楽しみにしていてくださるのに、7日まで休み、土日を挟めば10日まで発送できない・・・というのは心が痛く、どうにかして送りたいと思っていましたので、本当に良かった!バリ島だけは他のインドネシアの地域と違っていて!

元気一杯出発した二人(もう一人小さい生き物も一緒に入っていますが・・・)緑のエネルギーをたくさん持って、日本に向かっています。お届けまで通常5日から7日かかっていますので、お手元に到着するまでどうぞ今しばらくお待ちください。

Mimoちゃん、Jimmy君、どうぞ1日も早く、無事に待っていてくださる優しい方の元へ!

b0161391_11194168.jpg
b0161391_11203773.jpg

b0161391_11205598.jpg

b0161391_11205665.jpg

b0161391_11195626.jpg

b0161391_11210752.jpg

エルフたちは今腕を製作中です。あとは色を焼き付けて繋げれば、上半身が完成します。

b0161391_11212345.jpg
まな太郎とMinaちゃんは靴を作る予定ですが、来月日本から帰ってからになるかな。
b0161391_11213784.jpg
土曜日に、ジャカルタから小針ご夫妻が友人親子を連れて丘に寄ってくれました。
レバランの休暇をアメドで過ごす予定です。
ちょうどオーストラリアから帰ってきていたmade・カロンとも30年ぶりくらいの再会でした!
左からうちのパパ、息子の勇気、マデ・カロン、会うたびに大きくなる小針君〜〜〜。
b0161391_11215556.jpg
私が最初にmade・カロンに出会ったのは、マデが21歳の時。私は27歳。今息子の勇気がちょうど21歳です。小針君は高校の2年後輩。なんという古い腐れ縁・・というか友人でしょうか。
b0161391_11214652.jpg
一番左の赤い服が小針君の若い奥様ローラさん。その横の3人は真ん中がお母さんのようこさん、黄色いTシャツはお嬢様のあかねちゃん23歳の大学生、そしてかわいい14歳の小雪ちゃん。ジャカルタに住んで25年というようこさん親子。そしてますます太ったマダムの私。ジャケットがパンパン。
b0161391_11220238.jpg
楽しい時間をありがとうございました。
b0161391_11232152.jpg
日曜日は娘も帰ってきたので、一緒に丘の家へ。
どんどん来る子供の数は減ってきて、今日は女の子2人と男の子2人だけ。
でも楽しくあっという間に2時間経ちました。

可愛い2年生のメラニーちゃん。
b0161391_11234114.jpg
プトゥ・クンティはいつもふざけているのに、写真の時ににっこり笑うということができない子です。
b0161391_11235197.jpg
ナディとデデ。この二人の証言によると、他の男の子たちは皆休みはスマホを持って村役場に行き、WFでネットゲームをしているというのです。だから、お絵かきにも来なくなったし、ティルタガンガへ泳ぎに行く子も減った・・・。無料WFはパスワードを漏らした人がいるので、村役場の周りに子供の群れが集まるようになったのです!困ったものだけど・・・。村長さんにパスワードを変えるように言わないと。
b0161391_11235994.jpg

今日はシンガラジャの弟家族も帰ってきます。運輸省にいるいとこのお兄ちゃんも休暇で帰ってきて、久しぶりにいとこたちが集まることになりました。
私も娘もそれぞれ手料理を支度しているところです。

来週は12日から、お客様と家族のイベントで忙しくなります。それから日本に行く準備・・・間に合うかな。
今週末は、息子がデンパサールの親戚の家に行くというので、その間にエルフたちの腕を仕上げてしまえそう。

お人形は出来るところまで進めて、7月の半ばから本格的に製作を再開する予定です。

アグン山は小規模の噴火を繰り返していて、今回は灰がかなり振りました。噴火の間隔が短くなってきているようです。外出の時にはマスクをするように気をつけたいと思います。

こちらにいらっしゃる方々も、マスクは必須です。(葉っぱや家の屋根など高いところに積もった細かい火山灰は風で飛んできますから。大雨が一度振るといいのですが。)

Mimoちゃんが、早く無事に到着しますように・・・。



















# by ekadantaya | 2019-06-04 12:07 | Trackback | Comments(0)