ヒトガタ展、終了いたしました。アグン山の噴火活動と現在のアバビ村の人々の様子。

ヒトガタ展が無事終了いたしました・・。今年も沢山の方々に見に来て頂き、お人形達も大変幸せでした。
今年はアグン山の噴火活動が始まった最中の帰国となりまして、毎日LINEで家族と連絡を取りながら、現地のニュースをネットで見張り、眠れない日々が続いていました。
ヒトガタ展は初日だけ出ることが出来ましたが、そのほかの日はせっかくいらしていただいて、お約束もしていた方々、お会いできずに申し訳ございませんでした。
片付け・梱包はドルスさんにお任せしてしまいまして、大変お手数をおかけしてしまいました。ありがとうございました。
お陰さまで、私はパスポートを受け取り、ビサカードも届きまして、チケットを買いました。

カメラも壊れてしまって、慌ててアマゾンで買った中古のカメラがなんと大変おばかさんで・・・・写真がレトロですが、Cocoちゃんも、エルノ君エルマちゃんも、今頃お迎え先に向って飛んでいるのでしょうね・・・

今年は私が大慌てでしたのですが、お人形達は落ち着いて、しっかり立っていてくれました。皆元気で、幸せになってね。


b0161391_17320257.jpg

b0161391_17321526.jpg
b0161391_17322699.jpg
b0161391_17340212.jpg
ヒトガタ展の初日にも、沢山の方に心配していただき、メールでのお見舞いも頂きありがとうございました。
現在、アグン山の噴火活動は依然として同じようで、警告レベル4という危険な状態で、いつ噴火してもおかしくないのですが、ここ数日、それにもう一つの可能性、このまま固まって噴火しない可能性もある、と言うのが出て参りました。
アバビ村の人は殆んど家に帰り、日常が始まっています。学校も始まっています。

アバビ村は厳密に言えば、危険地域の中では安全地域である・・という微妙な位置です。といいますのは、高台で溶岩が流れない・・という地形の為ですが、山頂から11キロという近さのために、火山灰や石などが降ってきて、毒ガスも発生し、危ないことに変わりはありません。しかし、いざとなったら、家の中でじっとしていれば、何とかなる・・・と、皆確信していて、県も強制非難の地域には指定していないのです。

そして、3日には村の中心寺で、予定通りに大きな祭りが行われました。お婆ちゃんも近所の人もみな2日には家に帰ってきました。
それでも驚きですが、もっと驚くことには、本日、5日にアグン山の上にあるバリヒンドゥの総本山ブサキ寺院が、プルナマ・カパットの大儀式を行いました!アグン山を鎮める為に祈りをささげる目的です。
多くの人々が、噴火を恐れず、政府も許可をして、白い衣装に身を包んで聖なる場所で聖なる山に祈る・・・・
バリ人は,儀式となったらもう、止めることはできません。
写真が現地のニュースの記事になっていましたので載せて置きます。これが、私の夫の世界です。日本とは、異次元な場所に私は嫁に行ったと思います。


b0161391_16544235.jpg
アバビ村は一番外側の危険地域の輪の中に入っていますが、
b0161391_16545418.jpg
青いところがグリアスマルン、私達の宿で丘になっています。私の自宅も同じ用に黄色で囲まれた長細い部分に入ります。
黄色は、溶岩による土砂が来る部分です。

今はみな噴火活動がこのまま収まるようにと、祈っていますが、来週の12日までに地震も少しずつ減って、噴火しなければ、警戒レベルが下げられるそうです。

そうしたら、シノを迎えにいって、お家に帰れます。
どうか、アグン山が落ち着きますように、鎮まりますように・・・。

そう祈りながら、今私は妖精のお顔を焼いているところです。
空港に送る荷物を集荷に来るのが7日の夜ですから、それまでに妖精たちのお顔を作ってバリに一緒に帰るつもりです。
この妖精たちは、実家の裏山に住む日本の秋の妖精たちになりますね。

私の実家の横にはこんな景色があって、アバビ村にそっくりではないですか! でも竹の葉っぱが日本のは細かいです。やしの木がないのと、カラスの群れが夕方になると山に帰ってくる光景がアバビ村とは違います。
b0161391_17250423.jpg
b0161391_17253588.jpg
b0161391_17252018.jpg
それでは、祈りを込めながら、明後日宅急便がトランクの集荷に来る前に、実家の裏山妖精ちゃんのお顔を仕上げてしまいましょう。

・・・と、言っている間に一人お顔が出て来ちゃったのでアップします。
お目目が大きな、男の子か女の子かまだ分からない、幼いけれども目力のある子です。薄めに色を焼き付けてありますが、まだまつげも無いし、細部はあとで・・・ウィッグはチベットラムファーで作りましょう。

それでは、日本で生まれた妖精のお顔、裏山から来たおちびちゃんです。

b0161391_21071011.jpg
b0161391_21072394.jpg
b0161391_21082354.jpg
b0161391_21084026.jpg
b0161391_21085950.jpg
明日の午前中にもう一人生まれるかな・・・。






# by ekadantaya | 2017-10-05 17:44 | Trackback | Comments(0)

人・形・展 無事初日を迎えました。主人も避難を終え、家族全員安全な場所に移動しました。


第12回人・形展、無事初日を迎えました。
前日展示の後に泊まったいつものホテルで、主人がシンガラジャの弟の家に避難したことを知り、ホットひと安心したものの、まだ残っている人々のことを考えると眠れず、FacebookやLINEで連絡を取りあっていました。
なので、眠らないまま、会場に行きましたが、そこには、天使のような笑顔でお人形達をお迎えにきてくださった方々が・・・待っていてくださりました。

初日の開店後すぐにCocoちゃんとエルノ君はお迎えが決まり、残念なことに抽選の順番が遅くなって、それぞれに残念がってくださって名残惜しんでしばらくの間愛情のこもった目で見つめてくださる方が2名・・・そしてお電話ですぐにエルマちゃんのお迎えも決まりました。

本当に、ありがとうございました。3人共に大変遠くから来てくださった方の元に、幸せなお迎えを頂きました。

b0161391_08011662.jpg
朝は7時に、ホテルの地下にある居酒屋で納豆定食を頼みました。いつもホテルに付いている朝食券でここに来て、東京丸ノ内のサラリーマン達と(今はサラリーマンなんていわないか?)朝ごはんを頂きます。
半ライスにしてもらい、とろろと納豆、マグロのお刺身と味噌汁、海苔と漬物、ひじきの煮物。なかなか素敵な朝食です。
そして、9時にはチェックアウトしてオアゾへ・・・。毎年今まで続けてきた同じコースなので、なんだかここはもう一つの実家のように落ち着きます。
b0161391_07510971.jpg
会場に着くと、すでに朝抽選で並ばれていたお客様達は会場の中に入り、丸善ギャラリーの方がCocoちゃんはお迎えされましたよ、とすぐに教えてくださりました。大阪から新幹線に乗って早朝に来てくださったK様と、その生徒様二お会いして、ランチのお約束をし、急いでCocoちゃん達の展示の前に行くと・・・熱心に眺めてくださっている方々が・・・
残念なことに、抽選で引かれた番号が遅く、Cocoちゃんとエルノ君をご購入できなかったお二人の素敵なマダム達が・・・

お人形への暖かな思いや愛情を感じ、作る側の私は本当に幸せな気持ちになりました。これからも心を込めて素敵な子が自然に生まれてくるように精進いたします。



b0161391_07560619.jpg
カメラが壊れて、アマゾンで買った同じ種の古い型のカメラは・・どうもシャッターがのろまな上にまだカメラケースが届かないので、スマホの写真ですみません。幸せ一杯のお迎えを頂いた3名のアバビ村スマルンの丘の子供達です。
b0161391_07520254.jpg
b0161391_07523406.jpg
b0161391_07524916.jpg
b0161391_07530548.jpg
芭璃庵和尚こと佐治さんは、ご病気をされていたので心配していましたが、なんと、前よりずっと若々しくて素敵になって、お元気そのもので会場に来てくださりました。娘に写真を送ったら、どうして若返ったの?・と不思議がっていましたよ。
さすがは不思議な芭璃庵和尚様です。


b0161391_07542097.jpg
会場のほうはゆったりと、お客様や作者の皆様で和やかに賑わっていました。

b0161391_07552508.jpg
b0161391_07560619.jpg

午後に約束したうっちゃんと美奈子ちゃんが来たので、徹夜明けの私は午後3時に会場を出て、下のカフェでアボガドとホタテのタルタルサラダと美味しいぶどうジュースを・・・またまたうっちゃんにご馳走になりながらお友達との懐かしいおしゃべりの時間・・・
せっかくなのに、睡魔には勝てず、背中も痛いし足も吊る・・という疲れもどっと出て、早々にお別れして東京駅へ・・・


b0161391_07570253.jpg
電車に座れてほっとしたら、そのまま乗り越して茅ヶ崎駅まで行ってしまいました・・・・


ニュースやブログをご覧になって、バリ島のアグン山の噴火活動をご心配してくださり、ありがとうございます。
メールも沢山頂きまして、今日落ち着いたらお返事をさせていただく予定です。

一昨日の半夕の後に主人が避難したことを知ったときは本当に大きな荷物が肩から降りた感じにほっと致しました。
頑固に避難を拒否していた村人も次々避難を開始しているそうです。

どうか今回の噴火では一人も犠牲者が出ませんように。それだけを祈っています。

私は家族と連絡を取るのにLINEを使っていますが、WIFIの無い場所では私の携帯では繋がれない為に、かえるまではなるべく外出をせずに家にいることにしました。お約束をしていて叶わなかった友人の皆様・・・来年ね!今度会うときには元気一杯乾杯しましょう。

今後の予定ですが、私は更新手続きをしたパスポートが10月2日に受理できるので、作り直したビサカードが届けば出国できます。
(23日にネットで手続きをしたときには、10日前後で出来ますと書いてあったので)3日、遅れても4日か5日にはほぼ間違いなく届くはずですから・・・7日の土曜日、成田発の直行便ガルーダでバリに帰るつもりです。












# by ekadantaya | 2017-09-28 13:05 | Trackback | Comments(0)

Cocoちゃん達の展示終了。

今日は午後から東京駅の八重洲口を出てすぐのホテルにチェックイン。
毎年同じホテルですが、何故か今年は丸善オアゾのビルまで迷ってしまいました。
やっぱり動揺していますね。

それでも無事に搬入、展示、先程終了いたしました。
ドルスバラードの皆様、今年もお世話になります。どうぞよろしくお願い致します。

Cocoちゃん達を飾り終えると、どうにもこうにもその場を離れにくくなる・・・・毎年ですが、お人形をこの会場に置いていくのがとってもつらい・・・・・。明日、朝来るからね。ちょっと待っててね、Cocoちゃん達・・・。

b0161391_22094783.jpg

b0161391_22101681.jpg
Cocoちゃん達は、会場入って突き当たりの壁側、右の一番奥にいます。端っこなんですが、一番証明がキラキラしていて、素敵な場所になりました。ライトのせいかしら・・Cocoちゃん達のせいかしら????

ぜひ、お時間のある時に、Cocoちゃんと丘の妖精たちに会いに来て下さい。

明日は朝9時からお昼まで会場に居ります。

ドルスバラードの皆様、丸善ギャラリーの皆様、10月3日まで、Cocoちゃん達をどうぞよろしくお願い致します。



# by ekadantaya | 2017-09-26 22:19 | Trackback | Comments(0)

アバビ村の運命。Cocoちゃんの使命。

アグン山の噴火は、警戒レベル最大となり、いつ噴火してもおかしくないところ、バリ島では10万人が避難をしました。
アバビ村では、まだ残っている人が沢山いますが、根気よく説得して今日から又避難が始まっています。

丘のうえの宿のスタッフは、主人と一心同体。丘の宿を仮の避難所にして、人々をまとめています。
そんなことをしているので、主人も、ダダプも、ジャヌールもニョマンスディもカチャンやボディも、最後まで丘を離れないつもりのようですが・・・どうか噴火の前に、デンパサールやシンガラジャのライフラインがしっかり確保できる親戚のところに避難して欲しい・・・。
今はそれだけが心配ですが・・・あの美しい丘には、火山灰は積もっても、溶岩で破壊されることは無い・・・いつの日にかまたあの丘で皆一緒に会える日も来るでしょう。

丘のエルフや妖精たちも震えながら聖なるアグン山の噴火を待っています。

まだ避難していない人々が心配ですから、どうか一刻も早く避難するように、LINEで主人に何度もしつこく連絡をしています。
先程からLINEのファミリーで息子と娘と三者会談をして、兎に角パパとその仲間がアバビ村に残っている人々と安全な場所に移るようにみんなで説得することにしました。

必ず噴火はすることでしょう。でも、今回は、犠牲者が一人も出ませんように・・・・・。


b0161391_19021080.jpg


丘から避難してきたみたいになったお人形達・・・。
カレネルちゃんは、長いことお待ちくださった優しい方の元へ無事出発しました。
b0161391_19011928.jpg
りかこさんが今年も作って下さったドライフラワーのリース。アナベルという名前のアジサイの花だそうです。とっても大きくてゴージャスで、淡いグリーンがスマルンの丘を思い出させます。
b0161391_19024365.jpg
Cocoちゃん達も元気です。
b0161391_19004853.jpg
展覧会ではドールスタンドにしっかり立って未来を向こう。

b0161391_19042344.jpg
毎度恒例の、ドルリルちゃんのメンテナンス。
今回は、左の人差し指が折れてしまって、ついでにちょっとお鼻の先がこすれて色が取れていたので、明るい色に全体のメイクを加えました。
b0161391_19090885.jpg
ドルリルちゃんも元気一杯に先程出発しましたし、Cocoちゃん達をまた梱包して、キャリーバックに入れましょうね。
b0161391_19100435.jpg

避難生活が数日続いた今も、日常が全てストップしてしまったアグン山周辺地域,カランがサム県は政府からの援助物資が必要になっています。噴火してしまって、LIFE LINEが確保される場所にいればいいのですが、アバビ村は溶岩流に道をふさがれて孤立状態になります。ですから今のうちに・・・どうか避難して欲しい。

不思議な偶然で、私の帰国とアグン山の噴火活動が同時になって、パスポートが2ヶ月しか残っていないので更新をしなくてはインドネシアに入れず、ICチップが擦り切れていたビザカードも作り変えないとならなくなって・・・10月3日までは帰れないことになりました。そして、その間に噴火してしまうと、空港は閉鎖されて、バリに帰ることが出来ない。
ですから祈るしかないのですが、アバビ村の人々、主人や丘の仲間たちの無事を祈り、Coco ちゃんは、もしもお迎えがあったら、村のみんなの今後の生活費の足しにになるようにしたいと思います。

だから、どうぞ皆無事で!  

本日、父のお墓参りに母と妹と行ってから、横浜のパスポートセンターへ申請に行き、
明日26日はCocoちゃんたちと張り切って東京に向います。
27日にはお約束の方々とお会いできるのを楽しみにしています。


b0161391_19035262.jpg





# by ekadantaya | 2017-09-25 06:45 | Trackback | Comments(0)

日本に到着いたしました。

早朝、無事成田に到着しました。

b0161391_17465958.jpg
成田から待ち時間を含めて電車で3時間・・・・タクシーに乗って実家に到着し、そのまま妹のパソコンで向こうから持ってきたスマホを充電しながら家族にLINEで連絡を取り、行ってきました鎌倉行政支所。
そうしたら、パスポートの切り替えには戸籍抄本はいらないと・・・パスポートセンターのHPを何度見ても用意するように書いてあったのに、それが間違えでした。
親切に10年更新用の申込用紙も2枚に説明書も下さって、本当に日本のお役所は親切!
そうしてコウナンという近所のショッピングセンターへ行き、カレネルちゃんのはいる素敵なふたつきの段ボール箱を購入。展示に必要なテープやピンも買いまして、そのまま郵便局に現金を下ろしにいくと・・・・
このカードはご使用になれません・・・とまたでました。
去年から、しばしば合ったことですが、今回は何処でやっても駄目。
ICのチップが傷ついているので、もう作り変えるしかないでしょう・・・
そして、手荷物で持ってきたカメラが壊れた・・・・・これで2台目です。
去年買ったばかりなのに・・・鞄に入れて手荷物で持ってきたので、衝撃で・・・カメラがおじゃんになるなんて・・・ああ、がさつでした。

お人形達は、急いで梱包を解いて調べましたが、皆元気元気!!

さあ、カメラは同じレンズが使えるオリンパスのペンの中古を今アマゾンで注文しましたので、届いてから・・・
お人形達の写真を撮って、カレネルちゃんを梱包し、発送の準備、」そして展示のシュミレーションも。

ああ、いろいろと落ち着かない中、大失敗がないように・・・落ち着いてまずは・・・カレネルちゃんのお支度、展示のシュミレーション、25日には父のお墓参りに家族で行ってから、パスポートを申請に横浜のパスポートセンターへ。

26日はいよいよCOCOちゃんと妖精たちと丸ノ内へ・・・展示に参ります。
翌日の27日、初日には会場で又お会いするのを楽しみにしています。

さて、私がアバビ村から昨日、ニョマンスディの運転で空港に向うとき、夜なのに渋滞。
すでにアグン山の近くの村々からの避難が始まりました。

私はヒトガタ展が終わって、パスポートを受け取り、早々にバリへ帰る予定ですが、10月8日のチケットを買おうと考えています。
でもその前に噴火があったら????とか、色々考えてまだ買えずにいます。

先程LINEでシンガラジャの弟の嫁、カデが送ってきた写真。
アグン山に多い被る竜の形の雲です。
b0161391_18064451.jpg
この竜はアグン山からバリを守ろうとしているのか、あるいは噴火の力そのもののビジョンなのか・・・・どうかどうか、被害が最小限に収まりますように・・・・
祈るしかないことばかりの世界に生きているのです。

祈りと言う意味、そしてその力を、私はアバビ村で少し学びました。

それでは、お人形達に愛と祈りを込めて・・・準備を致しましょう。



# by ekadantaya | 2017-09-22 18:11 | Trackback | Comments(0)