妖精達の手足、ボディ完成。シノの庭はポポの楽園。


私にとって、手足を作ることは、深い集中で一気に描く水墨画みたいな作業です。
微妙な大きさのバランスで、お人形の全体の印象も変わります。
だから、お顔と同じくらいの表情も出ます。
まずは左右片方ずつ、てあしを焼いて、大きさをあわせて残りの一方も焼きます。

b0161391_22245448.jpg
b0161391_22310560.jpg
b0161391_22320329.jpg


b0161391_22313760.jpg

b0161391_22331445.jpg

そして、全体が繋がった妖精王子・・・。はあ~~と、ようやく自由になって、ため息をついているみたい。
b0161391_22335981.jpg
b0161391_22343322.jpg
b0161391_22345843.jpg
b0161391_22352260.jpg

妖精眠り姫はボディを胸まで布にして、腕も糸ジョイントで、くったりとすやすや眠る子供のボディに仕上げました。
小さなクッションを作って、ベッドにしてあげようね。
ドレスは夢見る眠り姫にぴったりな、アンティークチュールレースを見繕いましょう。髪の毛はあとでセットしなおしましょう。
編みこみがいいですね。
b0161391_22373890.jpg
b0161391_22380021.jpg
b0161391_22392915.jpg
b0161391_22405015.jpg

b0161391_22415477.jpg

さあて、この二人は今日から衣装の型紙を作り始めます。できれば、Cocoちゃんやカラネルちゃんの着替えの型紙もできたらいいな。
b0161391_22422675.jpg
あと5日、娘の大学試験発表・・・・ドキドキ・・・まるでドラムの音がどんどん大きくなってくるような我が家。
どの扉を開けることになるのかしら・・・・・。

b0161391_22434702.jpg
毎日娘が掃除やアイロンかけをしてくれているので、私は時間に少し余裕が出来て、大変久しぶりにアップルパイを焼きました。
バターがたっぷりの、カリカリのパイ皮は、大正時代のお菓子の作り方の本を見て失敗なく出来るようになりました。
(素朴なパイ皮の作り方:200gの小麦粉にお水を入れて練った生地を冷蔵庫で1時間ほど寝かし、冷蔵庫で冷やしたバターを180g、ラップにくるんで綿棒で伸ばし、生地も伸ばして真ん中に置き、三つ折にして、綿棒で伸ばし、また三つ折にして・・というのを10回くらい繰り返します。それだけで、本当に美味しいパイ皮になります。お砂糖も入れていないので、ミートパイや、チキンシチューを入れてポットパイにもできます。)
りんごにはシナモンがたっぷり。お砂糖は少なめに、こちらのゆずのような小さな柑橘類の絞り汁を加えて。

子供達が小さな時には手作りのお菓子もケーキも、ソーセージまで良く作りました。
その頃は、お人形は作っていなかったので、オーブンは子供たちのお菓子を焼くためにありました。

久しぶりに作ったアップルパイがとても美味しかったので、また1キロ体重が戻ってしまって、がっかり。
今日はご飯を食べないようにしよう、と思っても、ご飯を炊けば炊き立ての湯気につい手が伸びてしまいます・・・・・。


b0161391_22444887.jpg

b0161391_22442640.jpg
今日は昨日の夜から、今もずっと雨がやみませんので、犬たちは可愛そうに遊ぶことが出来ませんが、
晴れて日は毎日、おばあちゃんの母屋につながれているポポを朝・夕自由にして、2時間ほどシノと一緒に遊ばせています。
2匹とも、その朝と夕方の時間をとっても楽しみにしています。
特に、いつもは繋がれているポポは本当にまるで空を飛ぶような喜びで走り回ります。
可愛そうだけれど、おばあちゃんの犬ですからおばあちゃんが出来る範囲でしか生きられないポポ。おばあちゃんは餌をやることしか出来ません。放し飼いにする気もないし、離したと単に逃げ出して車に轢かれてしまいかねません。
かわいそうなポポは、年齢も判らない。ほぼ1歳か、それ以下、でも成犬に近い若い犬です。
人間の言葉もわかっていませんが、毎日シノと一緒に遊んでやっている間に、娘や私にとてもなつくようになって来ました。
b0161391_08154875.jpg
こうして一緒に走る様子は、白いボリーと黒いロッキーの2匹を思い出させます。子供達が3歳と2歳の時から、お兄ちゃんが小学校を卒業するまで9年間、私や子供達のそばを離れず守ってくれた2匹の大きなオス犬でした。
b0161391_08161571.jpg
ポポはシノとは違って、貧相なんですけどね。とっても小さな頭に、細い足、ごわごわの毛並み、小さくて消え入りそうな目。でも真っ白い鋭い歯が生えています。
b0161391_08173263.jpg
アップで撮ると、そう不細工でもないわね。毛並みは狸みたいですけど。広い庭をすごい勢いで走り回り続け、シノと取っ組み合いのじゃれあいを2時間も続けるので、おしまいにはさすがのいたずら小僧も息が切れてお疲れの様子。
ポポ君は、シノのおもちゃを投げると、真っ先に拾いに行って、全て自分の基地(庭の隅に決めてある場所)へ持っていってしまいます。
シノが加えているおもちゃも、口から横取りして、持って入ってしまいます。
それでも、シノは怒ったりしません。いいおばちゃんね。
ただ、おばあちゃんの飼っている放し飼いの鶏の親子が横切ると、ポポが追いかけて大騒ぎになってしまうところが困ったところ。
b0161391_08203303.jpg
5歳になったシノは途中で高いところに登って休んでいたりしますが、それでもポポを追いかけて、2時間まだまだ十分な体力のある叔母様って感じ。ゴージャスなシノの絹のようなウサギみたいに柔らかな毛並みはポポと遊ぶとドロだらけになるので、毎日ハーブスプレーをしみこませた濡れタオルで拭いてから、お洋服を着ます。
でも、シノはポポが来てとっても嬉しいみたい。
b0161391_08212985.jpg




# by ekadantaya | 2017-06-08 09:31 | Trackback | Comments(0)

白い妖精王子と、赤毛の眠り姫。

小さな妖精の王子様と一緒に生まれたのはSleeping Fairy の眠り姫でした。
もう一人の王子様と思っていたお顔が、どうにもお顔のバランスが男の子ではなくて、作り直しました。

王子様は白いフェザーを髪の毛にして仕上げました。 眠り姫は赤毛のモヘアウェフティングで。


b0161391_22180573.jpg
白い妖精王子は、繊細そうな性格が生まれながらに出てきましたので、そのまま自然に仕上がりました。
b0161391_22190406.jpg
b0161391_22195508.jpg
b0161391_22203097.jpg
Sleeping Fairyの眠り姫は、王子様より少し大きめの太った子になりそう。
b0161391_22170835.jpg
眠ったくったり感が出るように、布ボディにして、腕を糸ジョイントにするつもりなので、首から胸まで作りました。
b0161391_22212769.jpg
b0161391_22223860.jpg
b0161391_22235839.jpg

さて、来週は2人ともボディが完成しますように。
b0161391_22245374.jpg


# by ekadantaya | 2017-06-03 22:38 | Trackback | Comments(0)

小さな妖精王子2人のお顔。ポポとシノの新しい日常。 

今日から、6月。

娘の大学受験の結果もあと12日に迫りました・・・・。3つ可能性が待っています。
第一志望に合格したら・・・ボゴールの国立大学IPBのバイオ化学科。
第二希望なら、デンパサールの国立大学UNUDの農業バイオ化学科。
両方落ちたら、浪人ですが、しばらく日本のおばあちゃんと一緒に過ごしてから、予備校に通うと、娘は決めています。

私も娘の行く先が決まってから、色々な予定も立てられるので、今はとりあえずあせらずゆっくり丁寧に・・・毎日を娘と過ごしています。
未熟児だった赤ちゃんが、もう巣立とうとしていて・・・田舎の村ですから、大学は遠くで下宿することになるので、仕方ないのですが、年子で大変だった分、手を離れるのも一気でちょっと拍子抜け。

何年か前に、セリーと一緒にお人形を実に我が家に来たジェーンが、「手をかけて仕上げたお人形を手放すのは辛いでしょうけれど、子供達と一緒でいつかは親元を巣立っていくものなのだから・・・。」と、母性愛に満ちた瞳で語ってくれたことが思い出されます。
そのときは、まだまだ子供達は手が掛かって大忙しだったので、そんな日が過ぎにやってくるとは実感できなかったけれど。

う~~ん、お兄ちゃんがいないのになれたばかりなのに、娘まで巣立てば、生活が大きく大きく変化することになるでしょう。

それは、子育ての仕上げ段階。そしてこれからは、子供達がそれぞれの人生に羽ばたいていく姿を祈りながら見守る役目になって行きます。子供達のお世話で目一杯で、何も面倒を見ていなかった主人にも、ちょっとは手をかけて、恩返ししなくちゃね。

これから先は、お人形達にも、もっともっと手をかけてあげる時間が出来そうです。
Cocoちゃんには、日本から素敵な生地が届きました。
注文した日本製のリネンですが、とっても淡いピンクで、少しグレーが入っているような・・・優しい優しい色合いで、たっぷりダブル幅で4メートルほどあるので、Cocoちゃんのお着替え用のドレスと、私と娘のチュニックくらい作れそうです。


b0161391_19422282.jpg
そしてここ2日間、作っていた小さなお顔。
小さな妖精王子様のお顔が2人できました。

b0161391_19445626.jpg
性格の違う兄弟のような二人の男の子のお顔です。
b0161391_19575844.jpg
b0161391_19582571.jpg

ところで、一月ほど前から、おばあちゃんが母屋の方に繋いで飼っている新しい犬がいます。
シガラジャの弟夫婦が、生まれた子犬(と言ってももう1歳くらいなのですが)を持ってきて、誰かに上げようとしていたところ、おばあちゃんが欲しがって、もらうことになりました。
でも、おばあちゃんは繋いだまま、餌をやるだけで、大変かわいそうな状態なので、私と娘が毎日朝と夕方こちらの家の庭に離して、シノと運動させることにしたのです。
この黒いちょっとお世辞にも美しいとはいえない毛並みと小さな目の犬は、ポメラニアンの雑種で、名前はポポ。
男の子で、大変にすばしこくて、体力もあるので、シノは付いていけない時もありますが、毎日朝と夕方を楽しみにして、シノと一緒に走り回り、プロレスごっこをしています。
b0161391_19590635.jpg
シノも楽しみにしていて、5歳といえばもうそろそろ中年に差し掛かったシノちゃんですが、ポポと一緒に走り回って、毎日くたくたになるまで遊びます。
取っ組み合いの噛み合いもするので、お互いのよだれが付いて、毛が汚れてしまいますから、シノはお洋服を脱いで遊び、御家に入るときにはぬれたタオルで全身を拭いてから入らなければいけないという手間が増えました。
明日はポポをお風呂に入れてみる予定です。(おばあちゃんは犬をお風呂に入れたことがないので、明日は娘がおばあちゃんに犬の洗い方を教える予定です。)
b0161391_19594034.jpg
何回もおもちゃを投げて広い土の庭を思い切り駆け回ったあと、二人はおやつタイム。
ポポは小さいのにすごい食い気です。おもちゃも全部独り占めしてしまうすばしこいポポに、シノは時々あきれた様子。
b0161391_20004351.jpg
動き回るので写真がちゃんと取れませんが、今まで見た中では一番みすぼらしい毛並みの貧相なお顔立ちのポポ君です。
シガラジャでもケージに入れられたままで、我が家に来て彼は本当に幸せそう。
明日は午前中に晴れ間がありますように。ポポもシノもお風呂に入れる予定です。

b0161391_20010621.jpg
そうそう、明日はまた3日に一度の朝市。
5時には真っ暗な道を市場まで歩いて、紙に包んだお弁当を朝食用に買い、野菜を買い、新鮮な豚肉の塊と鶏肉、そして果物を買います。
それから家に帰って朝ごはんの支度。庭で取れたパパイヤを切って、バナナも乗せて、コーヒーを入れ、主人と娘が起きて来るまで私はヨガと筋トレです。
朝食後は犬たちの時間。おばあちゃんの母屋からポポを連れてきて、朝の大運動会。

庭掃除は私、家の中は娘が掃除して、私は料理を済ませてから、ようやくお人形達との時間。



# by ekadantaya | 2017-06-01 20:50 | Trackback | Comments(0)

Cocoちゃん、お顔がこんどこそ本当に本当に仕上がる。グロリエルちゃんの魔法のドレスも完成。


今日は久しぶりに娘もお出かけ、朝からとても集中した日。
それでは、と、Cocoちゃんのお顔の仕上げをしておりました。

眉と口、そして小鼻の当たりも、お顔の色合いも、やっとやっと・・・Cocoちゃんになってくれました。
カレネルちゃんと同じで・・・・何度もやり直して、まだまだと思っていたのですが、ここでCocoちゃんのお顔、ついに本当に本当に、完成しました。
何度も何度もすみません。一度やり直すと、迷宮にはまってしまうことがあって・・・ラインは0,2ミリでも違うと全く違うし、色の具合も本当に魔法のよな集中した時間がないと、やっぱり見つからないのです。

でも今日は、魔法のような時間が突然やってきましたよ。

また写真が多いのですが、Cocoちゃんのお顔を・・・・。お顔の色だけではなくて、口の形や鼻のフォルムをほんの少しだけ、仕上げなおしています。今迄で一番ナチュラルな仕上がりです。



b0161391_16223394.jpg



b0161391_16233161.jpg
b0161391_16235747.jpg
Cocoちゃんは、おしゃべりな子なんです。お話が一杯で・・・・お口はたっしゃ過ぎて・・・困るくらい賢い子です。

(いつも腕で色を試しぬりしてから彩色しているので・・・・腕に色々赤い線が入っていました。ちょうどここちゃんの唇の仕上げをしたまま、洗わないで写真を撮ってしまい失礼しました・・・。)
b0161391_16241905.jpg
何度つなぎなおしたか・・・・。お疲れ様。これでオッケーよ。
b0161391_16245742.jpg
髪の毛も5ミリくらいカットしました。耳たぶが隠れるぎりぎりのおかっぱ。
b0161391_16253212.jpg
アンティークのボンネットをリメイクしてみました。これをかぶるとちょっとおしとやかな感じね。
9月までには靴や着替えも作ってあげたいのですが、このアンティークのドレスとボンネットはとっても素敵。展覧会にはこのスタイルにしようかな。
b0161391_16280669.jpg

そして、グロリエルちゃんのドレスと帽子も完成しました。
名前を付けてみたら、お顔立ちといい、やっぱり魔法使いね。なので、新しくゴージャスなアンティークチュールレースのドレスと魔法の帽子を作りました。
b0161391_16294727.jpg
ネットで調べて、苦手な編みこみ三つ編みに挑戦。娘にやってもらわなくても自分で出来ました。
b0161391_16305307.jpg
では、グロリエルちゃんの魔法のドレス姿・・・・
b0161391_16321310.jpg
b0161391_16330980.jpg
b0161391_16342287.jpg
b0161391_16350983.jpg
結構すごい魔法が使えそう。
b0161391_16381867.jpg
b0161391_16420910.jpg
そうそう、始めに作ったアンティークの白い麻のドレス、ミニに直してみました。グロリエルちゃんが魔法を使わない時の着替えにしましょう。
b0161391_16425969.jpg

3人の妖精姫。
b0161391_16442310.jpg

b0161391_17071843.jpg
さあこれで、ひとまずみんな仕上がりましたね。

b0161391_16475232.jpg

それでは、明日からまた新しい小さなお顔達を作り始めることにしましょうか。

アバビ村は毎日夕方から雨で、午前中は曇りの日々が続いています。
娘は大学入試の発表を待っていますが、昨日は髪の毛を念願のストレートにして(似合うかどうかは別として)大変ご機嫌です。

お友達もまだみんな試験の結果を待っていて、これから受験を控えている子もいて、まだまだ落ち着かず、お休みを楽しめないようですが、
何はともあれ、6月半ばまでの辛抱です。

わが娘は、国立大学の発表が6月13日、それから6日後にお兄ちゃんも休暇で帰って来て・・・・従兄のパンジーも帰ってくるし、ティラムおばあさんの葬儀が6月25日にあって、26日からはアメドに一泊して、14年ぶりに小針君の息子さんと遊ぶ約束。

また忙しくなる前に、みんな何とか仕上がってよかった・・・。










# by ekadantaya | 2017-05-29 17:26 | Trackback | Comments(0)

マクサンからの祈り。カレネルちゃんの髪の毛とメイク完成。赤毛のグロリエルちゃんボディ完成。

昨日はマクサン(我が家にある本家の印、一族の先祖代々の霊や神々を祭る家の中の寺)の半年に一回の儀式でした。
今年は、母寺の儀式が大きくて豚の丸焼きを供える大々的な儀式なので、家のマクサンでは小規模な儀式。
来年は反対にマクサンの儀式が大きく、母寺のが小さくなるという風に繰り返されます。
結婚してからここで何度目の儀式かしら。半年に一回だからこの儀式は20年かける2回で40回目ですね。
 儀式の前日に(大きな儀式は1週間前から)おばあちゃんの手伝いをする数名の女性やアバビ村に住むコージの母などが3~4人で供え物の仕上げをします。私もほんの少し手伝うまねごと。
娘は受験も終わって結果発表までの1ヶ月間は、勉強はしないけれどそう浮かれる気分にもなれないという卒業休み。
ハトコのコマン・ジェニーをデンパサールへ迎えに行って、二人で仲良く休暇を楽しんでいます。
その二人は供え物のチャナンに花を飾りました。

b0161391_12445401.jpg

b0161391_12452007.jpg

b0161391_12460083.jpg

b0161391_12462308.jpg
どうか、合格しますように~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。だめな場合は日本でおばあちゃんのお手伝いを半年やり、そのあと予備校に行き、もう一回チャレンジする、と決めています。
世界が平和になりますように。世界中で戦争やテロや人間のエゴによってどんな生命も予測無しに命を奪われるということがなくなりますように。
子供達へ未来の地球をしっかりと渡すことが出来ますように。
そして何より、神様にお願いすることは、家族の健康が第一番です。
b0161391_12465578.jpg
赤い髪の少女は新しいからだが完成しました。このバランスでとても良いと思います。
名前も付けました。Glor (輝く・あるいは・金の)+ iel (~の娘)という意味で、Gioriel グロリエル と命名いたしました。前のドロワーズと白いワンピースは長すぎるので、また作り直してあげましょうね。健康的な綺麗な足をしているので、ミニスカートにしようかな。
b0161391_12430746.jpg


b0161391_12441915.jpg

そして、エルフ姫のカレネルちゃん、日の光のエルフという名前のとおりに、朝日のように輝くとても質のよい金髪のウィッグが日本のカツラ屋さんから到着しましたので、ウィッグを取替え、眉も仕上げて、自然光で写真を撮りました。
シノちゃんは5歳になって、1キロ増量したのですが、太ったのではなくて、長さが増したと思います。
b0161391_12334777.jpg
髪の量は少なめの少女らしいロングヘアの大変丁寧な作りのウィッグで、合成ですがやわらかく細いとても質のよい素材です。
このくらいの大きさのお人形には人毛はごわごわしすぎて、こちらの方が自然です。
b0161391_12355602.jpg
b0161391_12362198.jpg
前髪のない真ん中分けのスタイルなので、前の部分を少しねじって後ろに結び、自然に耳が見えるようにしました。
b0161391_12365002.jpg
b0161391_12372008.jpg
大きな、ネズミみたいなお耳。
b0161391_12382439.jpg
b0161391_12400477.jpg
ぽや~っとしたおかお。
b0161391_12402144.jpg
b0161391_12404148.jpg
シンプルな白いコットンドレスは、ドロワーズのレースが少しおしゃれにしました。
b0161391_12411018.jpg


そうして、久しぶりにアルスちゃんのお写真を頂きました。
これは梅の花ですね。桜の花かしら?? アルスちゃんの可愛いジャケットがまだ肌寒い早春を感じさせます。



b0161391_12473085.jpg
このお写真は、見晴らしのよい場所で、観光客らしくポーズを取って、大変リアルにアルスちゃんの旅姿が写っています。
ちょっとピンボケのところとおでこにお日様の光がちょっと差しているところ、アルスちゃん生きているみたい。このあとのどが渇いて缶ジュースを買いに走り去る気がします。
b0161391_12481148.jpg
今日のシノちゃん。耳が後ろに立ててあるので、なんだか蛾みたいな、触角が生えているみたいに見えます。
大人しいけれど、自己主張は完璧で、シノの言葉を理解できないということは不可能なくらいに、完璧なタイミングを見計らって的確な意思表示をし、人間の言葉も90%は理解している5歳です。今は毎日の健康にただただ感謝。元気に長生きしてねシノ。

b0161391_14245461.jpg

















# by ekadantaya | 2017-05-25 14:33 | Trackback | Comments(0)