ガルンガン。

ガルンガンの祭りが無事終わって、今日はマニス・ガルンガンの休日。どの家もゆっくりと過ごしている日です。
遊びに行くときっと混んでいるから、今日は外出をしないほうがよい日。

アグン山も落ち着いていて、警戒レベルが3になってから噴火の兆候もないままですが、まだ噴火する可能性は残っているそうです。
それでも、ガルンガンが無事すごせて、本当によかった!
頂上から6キロ以内の人々はまだ避難所にいます。ガルンガンも家に帰ることができずに避難所で祝うことになった危険区域の人々は本当に大変です。このまま長く続けば、バリ島全体の経済が低迷し、たくさんの失業者が出ます。もうカランガサム県ではじかに影響が現れていて、丘の上の主人たちの宿も・・・閉めるしかなくなってきました。
外見上は、のんびり見えても・・・深刻な問題が迫ってきています。

どうか、早く完全に活動をストップしてくれるか、あるいは小さな規模で噴火してほしい。みんなはそんな風にアグン山に願いをこめています。

ガルンガンの2日前、準備の日の前日。夕方訃報が届きました。あの朗らかでふくよかなコマン・カリが、亡くなったという知らせです。
コマン・カリは47歳くらいで、高校3年生と中学2年生の母。3年前から糖尿病であったと言われています。村では収入のある仕事ができないからと言う理由で、その頃からデンパサールの弟の家でベビーシッターをして村の自宅を離れ、息子たちとご主人とは別の暮らしを始めました。休みや冠婚葬祭の御呼ばれで時々帰ってくるたびに、しおれてしまってふけてしまった印象、みんなが健康状態を気にしていましたが、本人はなんでもない健康だと言い張っていました。
ところが、先週に脳梗塞で入院したと知らせがあったばかりでした。8日間意識は回復しないまま、帰らぬ人となり、みんな集まった自宅に亡骸が帰ってきました。
中学2年生の息子はお母さんに甘えていつもくっついていました。デンパサールからお母さんが帰ってくるたびにこの家は明かりがついたように明るく笑い声でいっぱいになりました。
この日、中学2年の次男は泣き崩れ、母親のなきがらから離れずにいました。

バリ島では、亡骸を聖水で清め、火葬場に運んでガスバーナーで灰になるまで火葬します。きれいに灰になるまでの間、親族や村人たちはみなゆっくりと故人の思い出を懐かしみながら、泣いたり笑ったりして待つのです。

ここでも、次男は大泣きし、みんなに抱きしめられていました。どうか、まっすぐに大きく成長してね、お母さんの自慢の息子たち!
亡骸は2時間ほどで灰になり、灰の中から骨を拾ってもう一度人間の形を作り、花や聖水そしてお金も入れて白い布に包み、儀式をします。供え物とともに布で包んだ魂の象徴を持って川に行き、海に流す儀式をします。

早いか遅いかの差こそあれ、必ずみんな、この道をたどるのです。コマンカリ、またいつの日か向こうでおしゃべりしましょうね。
明るくて楽しいおしゃべりなふくよかな女性でした。



b0161391_11542568.jpg
コマンカリは親族なので、わが一族はガルンガンのお祈りを家の中だけですることになりました。死者が出た一族は寺に入ってはいけないという規則があります。

翌日のプナンパハン、ガルンガンの準備の日は、ご馳走つくりと供え物の仕上げで午前中いっぱいをすごしました。

b0161391_12062412.jpg
夜はナタブという儀式。それぞれの子供たち専用に供え物を作って、お線香の煙を願いの言葉とともに振り掛ける儀式です。
その後はご馳走を食べて一家団欒の時間。

b0161391_12072694.jpg
早朝から弟の嫁が家の敷地内の各場所に供え物を備えて祈って歩き、各自マクサンでお祈りをします。
これで今年はガルンガンのお祈りは終了。いつもなら、母寺や村の中心寺や、いろいろなお寺を新調した民族衣装で祈って歩くのが楽しみなのですけれど。
b0161391_12094153.jpg
せっかくお揃いで弟の嫁がしたくしてくれたクバヤとサロン。娘の絵美と従妹のマンミンの写真を撮ることにしました。
娘は大学1年生(19歳)で身長は158cmほどですが、マンミンはなんと小学4年生!9歳で、身長は155cmくらいはあります。大きくなったこと! 後ろにいる小さい茶色いのはマンミンのパパが連れてきたちょっと不細工なポポの弟。
b0161391_13463084.jpg
黒いポポとシノはいつも一緒にくっついて走り回っています。
b0161391_13480818.jpg
シノがウィンクしている。
b0161391_13484171.jpg
幸せなシノ。でも、ポポが来てからご飯をほとんど食べないで遊んでいるのでちょっと心配。
b0161391_13532564.jpg
従兄弟のリヤンは絵美と同じ大学1年生になりました。勇気と従兄のパンジーがジャカルタにいるので、リヤンだけが我が家の男子。
b0161391_13493128.jpg
シンガラジャの弟一家は嫁の家の儀式で出かけたので、私と絵美は主人の叔父のウィディア叔父さんの家に行きました。
みんな集まっていて、楽しい話で大笑い!大人も子供も素敵な時間を過ごしました。
b0161391_13502379.jpg
b0161391_13504383.jpg
それから、主人の従兄マデ・グヌン夫妻と、丘の上に散歩に行くと、主人やカチャン、ボディや村の男の人たちがカードゲームをしていて、リヤンが興味深そうに観戦していました。
ゆっくりと午後の平和な時間は流れて、アグン山の噴火騒動がまるで夢のように思え、この何もない平和な時間が一層味わい深くも感じられます。
b0161391_13522470.jpg

明日は娘がデンパサールで講座があるので、送っていて、2時間ほど待ってからまたこちらに一緒に戻ると言う計画です。



アグン山はどうも、噴火をしないほうが確率的には高そうです。噴火をしても前回ほどの規模ではないと言われていて、そうすると、アバビ村にはほとんど影響がないことになります。
9月の22日からの警戒レベルが4になったときから、たくさんの方々にご心配して頂き、お祈りしていただきまして、ありがとうございました。
お蔭様で、何とか無事に日常生活を送ることができています。

お人形もそろそろ制作を始めようかなあ、と思うのですが、娘の休暇が終わる来週くらいから、本格的に集中してみようと思っています。

リエルちゃん、そしてスーリオン君、無事到着のお知らせを頂き、ほっとしております。ありがとうございました。




# by ekadantaya | 2017-11-02 14:51 | Trackback | Comments(0)

アグン山が警戒レベルを下げ、無事にガルンガンが迎えられそうです。

アグン山の噴火活動、昨日37日ぶりに警戒レベルが3に下げられました。

毎日母屋の入り口から望遠レンズで撮っていた山頂の煙も、いまはうっすらと立ち上るのみになっています。
山頂から6キロ以上の地域の人々は避難先から家に戻ることができました。

アグン山の噴火活動は完全に止まったわけではないのですが、日に日に落ち着いてきています。
どうぞこのままアグン山が御鎮まりになってくれますように・・・・。

なぜなら明日はガルンガンの前日、プナンパハンの日。先ほど、従妹たちと一緒に娘の絵美も帰ってきました。
夜にはシンガラジャから弟一家も戻ってきます。

バリ中がガルンガンを祝う準備で大忙しです。私も早朝5時に市場に行って、甘いとうもろこしを2キロ、鶏肉も買い込み、卵も1キロ買い込みました。昨日までにフレンチフライの下準備も済んで、今日はソーセージとナゲットも完成。明日は注文してある海老をとりに行って、エビフライの制作です。今晩から、親戚が集まってご馳走の準備。そして供え物の仕上げに入ります。

さあ、どうか無事にガルンガンが過ごせますように。

b0161391_15384966.jpg
朝日を浴びたシノを望遠レンズで撮ったら、なんだか不思議なお顔に。
このあと、予期しなかった突然の幸せ! 待ちに待った黒いポポがシンガラジャから私の荷物とともに帰ってきたのです。
だから、この写真のときまでで、シノの一人の時間は終了しました。
b0161391_15391309.jpg
作りかけの小さな妖精たちがいます。
男の子はとっても気に入ったのですが、二人のスリーピングフェアリーは、まだちょっとバランスもまとまりも悪いので、またいつか・・・ゆっくりと仕上げてあげましょうね。

b0161391_15394780.jpg
それでは、まずはガルンガンの大祭、家族と帰ってくるご先祖様たちと神々と、素晴らしい時間をすごすことができますように。
アグン山がどうかこのまま落ち着いてくれますように・・・
出発したスーリオン君とリエルちゃん無事にお手元に到着しますように・・・・

Selamat Hari Raya Garungan 2017


# by ekadantaya | 2017-10-30 16:04 | Trackback | Comments(0)

スーリオン君、リエルちゃん、衣装とお友達が完成しました。

風の子・スーリオン君、衣装が完成しました。
夜になってしまったので、また室内の照明ですが、写真をアップします。


b0161391_21102731.jpg
帽子とマフラー、リネンの青いお花の生地でロンパースを作りました。お供にすやすや眠る幼虫君を一匹。
b0161391_21120644.jpg
風の子・・・正確には風の息子・スーリオン君は、風のまた三郎の従兄弟かもしれませんね。

b0161391_21123620.jpg
b0161391_21130240.jpg
山の神様、どうぞ御鎮まり下さい。
b0161391_21132406.jpg

b0161391_21141656.jpg

b0161391_21144755.jpg
出生カードを作って、出発の準備です。
b0161391_21150546.jpg
芋虫君は、極小の子も生まれました。小さい子はリエルちゃんのお友達です。
b0161391_21154308.jpg
リエルちゃんは絹のドロワーズも完成。
b0161391_21161473.jpg
ちっちゃな芋虫君を抱っこして嬉しそう。
b0161391_21165606.jpg
b0161391_21171474.jpg
b0161391_21173285.jpg
b0161391_21175555.jpg
明日出生カードを作って、お支度をします。明後日の朝までには郵便局から発送できますように。
b0161391_21181751.jpg
アグン山は昨日より噴煙も落ち着いているようです。来週の月曜日にみんな帰ってきてガルンガンが始まるのですが、どうかこのまま鎮まってくれますように・・・・。




# by ekadantaya | 2017-10-24 21:34 | Trackback | Comments(0)

小さなお花の妖精「リエル」ちゃん、誕生。スーリオン君もボディが完成。アグン山の噴煙は一段と成長しました。

小さな妖精の女の子、お名前もいただいて、完成いたしました。

お名前は、「花冠をした女の子」と言う意味のエルフ語で、「リエル」ちゃん、と付けていただきました。

名前にぴったりの花冠をしたお花の妖精リエルちゃん、ドレスと花冠、そして小さなブーケも完成しましたのでたくさん写真をアップします。

b0161391_09422898.jpg

b0161391_09425303.jpg
b0161391_09431926.jpg
b0161391_09433930.jpg
b0161391_09440336.jpg
b0161391_09442245.jpg
ドールスタンドに立たせるときには、腕を後ろに置くと、また可愛い子供らしいポーズになります。
b0161391_09445860.jpg
b0161391_09451420.jpg
お花をい一輪持っても可愛い。
b0161391_09454572.jpg
小さないすに腰掛けても・・・。
b0161391_09461349.jpg
b0161391_09462871.jpg
早く早く~~~ママのところに行きたいよ~~~と暴れるリエルちゃんですが、ちょっとだけ待っててね~。ドロワーズがまだなんです。
b0161391_09472632.jpg
そして、風の妖精、スーリオン君は、革の腰部分が仕上がり、全体がつながりました。ふっくらした子供らしい手足ですが、少年らしく敏捷そうなボディです。
b0161391_09474639.jpg
b0161391_09481252.jpg
大きな青い瞳にあわせて、衣装をこれから作るところです・・・。間に合うかな?
b0161391_09483128.jpg
b0161391_09485203.jpg
昨日から、アグン山の白い噴煙は巨大になりました。
b0161391_09490835.jpg
こ~~んなにモクモクと!入道雲みたいに分厚い煙ですが、まだ白いので、噴火ではありません。水蒸気ですが、火口のマグマはかなり上がってきている様子。

b0161391_09492262.jpg

あとちょうど1週間、ガルンガンが来ます。半年に一度のバリ島最大の祝祭日で、日本の迎え盆にあたるガルンガンは、娘もシンガラジャの家族もみなこちらに帰る予定です。
それまでに、お人形は仕上げて郵便局から発送したいのですが、アグン山がまだ待っていてくれますように。

そろそろ、いろいろな準備を始めておかなくては。まずは、お水の確保。おばあちゃんはお米をたくさんストックしているので安心。
市場が閉じるために、犬用のお肉はドックフードを買いこんであります。

さあ、毎日どっきどき。果たしてガルンガンは家族みんなで過ごせるのか。

とりあえず、シンガラジャに預けてある私の荷物と、おばあちゃんとシノが心待ちにしている黒いちび犬ポポをガルンガンに持って帰ってきてもらう予定です。

いざ、噴火したら、とりあえずはみんなで丘の上の家に行く予定です。

さ、スーリオン君、もう素敵な色合いの布を選んだあるので、今日は型紙を作ってしまいましょうね。リエルちゃんは、ドロワーズを作ってしまいましょう。

さて、たくさんのアバビ村からの子供たちがお世話になっているお家に、Cocoちゃんがお迎えされ、幸せなお写真を頂きました。
みんなとっても幸せそうで、いろんなおしゃべりをしていそうですね。アグン山の噴火のこととか・・・心配しているかもしれないわね・・。
b0161391_10525096.jpg


# by ekadantaya | 2017-10-23 10:10 | Trackback | Comments(0)

妖精たち半分完成。コミンの儀式と、アバビ村の意見。

4人分の腕と、3人分の足が完成しました。

裏山の妖精君は、腕が大きすぎて、作り直したので、足はまだこれからです。

b0161391_16212156.jpg

b0161391_16214036.jpg

この子の名前は、シンダール語で風の息子、という意味の言葉、Sulーion スーリオン君と命名します。

ほんの少しの空気の動きでもなびく羽毛の髪の毛なので、風の息子、スーリオン君です。

b0161391_16225372.jpg
b0161391_16231036.jpg
最初に作った腕は大きすぎて、もう一回り大きなお人形ができたときに使えるかな・・・ひとまずはしまっておきましょう。
新しい腕はふっくらとして子供らしい形で、スーリオン君にとってもぴったり。では、強くて可愛い脚も作ろうね。
(スーリオン君はご予約済みです。)
b0161391_16234022.jpg
小さな妖精の女の子。この子も長い間のお約束をやっと形にしている子で、お迎え先が決まっているのですが、自分でも、この腕の形は可愛い!動きが気に入ったので少したくさん写真をアップします。
b0161391_16261662.jpg
この小さな妖精の少女を待っていてくださる方は、旅行の大好きな方で、ガーナベイビーズのお人形をたくさんお迎えくださっているので、毎回お人形たちを素敵な景色の場所に連れて行ってくださるのですが・・・かばんに入れて・・・毎回大き目のお人形は指が折れてしまいます。そこで、指を閉じた形で・・・壊れにくい形にして、一緒にどこにでも連れて行けるような子を・・・と、お約束していたのです。この形・・・・頬杖を付く様でもあるし・・・なんか可愛い。小さな小さな花束とか、抱きかかえることもできますね。
b0161391_16265059.jpg
b0161391_16271005.jpg
b0161391_16273075.jpg
b0161391_16274816.jpg
b0161391_16281098.jpg
もう脚も出来上がっているので、布の腰部分を作って早くつなげてあげたいです。アグン山が噴火する前に、郵便局が閉じる前に・・・お送りできますように!
b0161391_16285043.jpg
そして、小さな妖精の男の子も一人・・・・。
b0161391_16302466.jpg
b0161391_16304546.jpg
でも、この子はお顔をもう少し作り直したい。どうにも弱虫君で・・・もう少しだけ力のあるお顔にしたいと思っています。
b0161391_16310239.jpg
全体感は・・気に入っているのですけれど。
b0161391_16321027.jpg
眠り妖精ちゃんは、モヘアウェフティングを貼り付けたままで、まだ髪形を整えていませんが、なんとなくこんな感じ・・・。
もう少しお顔を仕上げなおしてみようかな・・・とりあえず、布ボディでくったりと仕上げてみましょう。
b0161391_16331479.jpg
b0161391_16332913.jpg
b0161391_16334876.jpg
昨日は、姪っ子のコミンがムテバサンという儀式をしました。
この儀式は子供のうちに人間の中の野生の部分をコントロールするように行う儀式で、これをするともっと落ち着いた健康な子供になる・・といわれています。いたずら小僧だった私の息子は、この儀式の最中に悪魔祓いみたいになって、聖水をかけるプーマンクーに、「ぎゃ~~~そんな水かけるな!ぎゃ~~~汚い水かけるな!!うぇえええ~~~!!」と叫びだしたので、ああ、子のこの中に入っている精霊はよっぽどの小悪魔だわね、と思ったのです。そのときのプーマンクーはパ・カッテンでしたが、恐縮して謝る私に、「いやいや、この儀式の後は見違えるように落ち着いた子になるよ。」と言ったのですが、確かに、そのとおりでした。
不思議でなりませんけれど・・・・。
従兄弟の中で一番年下のコミンが、最後のムテバサンの儀式です。
b0161391_16344728.jpg
主人の弟の嫁、カデ・ウィルは身長が170センチ近いすらりとした美人で、2人の男の子とこのコミンの3人のお母さん。
従兄のパンジーは運輸省の陸運大学でジャカルタにいて、私の長男も同じ運輸省の航空大学で、ジャカルタ、娘の絵美とパンジーの弟リヤンはデンパサールで大学に通い下宿していますから、親の手元にいるのはこの小学4年生になったばかりのコミンだけ。
b0161391_16351612.jpg
このコミンがなんと、巨大で・・・・。身長は155cmはこえていて・・隣に移っているのは近所の子ですが、小柄な小学3年生。
高校生と幼稚園児くらいの差がありますが、会話はぴったりあってました。
b0161391_16354920.jpg
朝からお父さんたちやおじさんたちや男の人たちはご馳走を作って、儀式の後ももっといっぱい集まってきて宴会。
ダダプもジャヌールもスマディも、パ・サヴァも・・・タルサンもマレンもドナルドも・・・・もうきりがないほどやってきて、久しぶりにそろってバレグデで美味しいつまみとビールと椰子酒。
みんな、主人も、噴火をわくわくして待ってます。噴火しても避難しないそうです。おばあちゃんも。
ブダクリンの水なし川は、あの野生の芸術家メ・タンジュンの才能が開花した場所でしたが、もともとは1963年の溶岩流のあと。
あそこに真っ赤に燃え滾って流れる溶岩を見物しに行った昔の人々の話をし、大勢の人が丘に行くのは噴火のスペクタクルを見物するためだと言っていました。
主人の弟の国立電気会社のニョマンプトゥでさえ、噴火しても電気は止まって1日くらいで、大丈夫だと太鼓判を押し、インターネットも大丈夫だ、水も泉に汲みに行けば大丈夫、溶岩流で道がふさがれても重機ですぐに取り除き、通ることができるようにする準備を政府がしているから、あわてる必要はない、と・・・・・みんなのんびりしたものです。のんびりを通り越して、こんなにわくわくしている男たちを見たことは今までなかったくらい、嬉しそうです。
そんなこといっていて、噴火が前よりも大きくてみんな死んだらすごい恥ずかしいニュースとして世界中に流れるわね!と言うと、大笑いして、恥ずかしいのは生き残ったやつだけだからいいんだ、そうです。
b0161391_16362008.jpg
私は、20年間ここに住んでいて、主人や村の人々が確信していうことが、科学的には証明できなくても、大方当たっているということを実感しています。
今回は、規模が小さいから、避難しなくても済むかも知れんぞ・・というのが大方の意見です。1週間くらい不便でも何てことない、そんな強い人々です。

美味しいものが大好きなコミンの為に、早朝5時に市場に行って、甘いとうもろこしや、豚肉のブロックを買ってきて、私が3時間もかけて作った豆と豚肉のスパイス煮込みティム。とろけるようにやわらかく美味しくできました。
b0161391_16364327.jpg
男たちの宴会の間に、主人に頼んでコミンとカデを連れて川魚の料理店へ。これはフルーツカキ氷のようなデザート。
b0161391_16371101.jpg
主人とカデはグラミー・ペペスを頼んで、コミンはえびのから揚げ、私は海老のスパイス焼き。
噴火を待ちながらも、お客さんは結構入ってました。でもいつもよりすべてが一回り小さかった気がします・・・。
b0161391_16373622.jpg
前回1963年の噴火はガルンガンの2日前に起こったので、バリの人々はガルンガンの近くに噴火すると思ってます。
主人の弟夫婦は12日後のガルンガンの日にまた帰ってきますので、そのときに一緒にシノとシンガラジャへいくことに一応しました。
一つ空いている部屋があるので、そこに冷房を取り付けて、私が人形を作ることができるようにする・・・ということになったのですが・・・
さあ、どうしようかな。それまでに噴火することもあるだろうし、ガルンガンすぎても噴火しないこともあるだろうし・・・ただ、主人やおばあちゃんを残してシンガラジャに行ってしまったら、またやきもきしなくてはならないし・・・。

みんなが確信を持っていうのは、1963年のこの村でのことを覚えている人々がたくさんいて、大変に大きな噴火にもかかわらず、ここまで来たのは小石や砂の雨が1日、灰は屋根や木々に降り積もったけれどもうっすらで、数日で終わるし、大きな噴火が一度だけだったというのと、溶岩は噴火の後1週間してから噴出したということ。だから、問題は食料が薄くなると言うことだけなので、あわてずにゆっくり移動すればよい・・・というのです。それが主人の意見でもあるので、まあ、どんと構えて、お人形たちを仕上げてしまいましょう。
それから、荷作りです。



おばあちゃんの母屋の入り口から見えるアグン山の頂上。

さっき、撮った写真ですが、今日は白い煙が500メートルくらい上がっていますね。
白い噴煙は水蒸気で、まだ噴火ではないのですが、連日の雨で火口には大量の雨水が流れ込んでいる様子です。
b0161391_18323061.jpg
b0161391_18310039.jpg




# by ekadantaya | 2017-10-19 17:49 | Trackback | Comments(0)