朝のつばさ君追加画像とコージの晴れ姿。

ヒカリの足りない写真をオークションに出しているので、朝日の中のつばさ君をアップ。追加画像です。
b0161391_13285844.jpg
b0161391_13295417.jpg
b0161391_13305739.jpg
b0161391_1332169.jpg
座ると股が開く・・という特徴も付け加えます。
b0161391_1334750.jpg


では、コージの晴れ姿・・・ちょっと記念写真をアップ。
b0161391_1336204.jpg
b0161391_13374086.jpg
b0161391_1339636.jpg
b0161391_1347524.jpg
私も主人もいますね・・・。ばあちゃんも。
客はビュッフェを堪能し・・・
b0161391_13482390.jpg
b0161391_13493248.jpg
小さな子供達はリラックス・・
b0161391_13503993.jpg
大きくなった子供は大人に混じって働く働く・・・
b0161391_13514249.jpg
b0161391_13522977.jpg
b0161391_13533926.jpg
みんなの幸せをみんなで作る・・自分もその一部になって大いに働く・・というアバビ村の基本を大喜びで学ぶ子供達でした。そして私はまだいた美容師に頼んでちょっと髪の毛を結ってもらい・・
b0161391_13552861.jpg
後姿をみんなに見せびらかし、娘も花乃さまに頂いたブーケでさりげなくおしゃれ。
b0161391_135731100.jpg

b0161391_13584865.jpg

この後疲れて喧嘩になったようですが何はともあれ・・立派に開幕。おめでとう!コージとノピー。

# by ekadantaya | 2010-05-07 13:59 | Trackback | Comments(0)

コージとノピーの結婚・・その一。

では、今日は主人の従兄弟、私が嫁に来たときから我が家で学校に通った中学生であったコージ・・・今は医者となって今までの恩義を返すため、アバビ村ではお金は取れないタダ医者となっている秀才コージ・・・そしてそのコージより数倍できの良い・・医科大学の教授となった・・素敵なノピーの・・結婚式レポ。
b0161391_14542225.jpg
つばさ君の持っているのは引き出物のぬいぐるみが持っていた二人の名まえ入りのハート・・・・。
b0161391_14562667.jpg
コージの正式な名まえは、グデ・パルワタ、そしてノピーの正式名はマデ・ノピヤニ。

初日の朝・・親族・親戚・村の人々も・・・みなコージの家に集合。
8台の車に乗れるだけ乗り・・乗れないヒトは午後の食事会の準備に残り・・・・
b0161391_1511493.jpg
b0161391_1553167.jpg
田んぼを通り山に向かって約一時間半の道のりをドライブし・・・到着したのはノピーの家。
b0161391_15112342.jpg
b0161391_15164927.jpg
みんな座って出されるお菓子やコーヒーを飲みながら延々と・・・2時間はおしゃべくりで待っています。
何を待っているかといえば・・・両一族の代表が長い演説会を・・・・しているので、それが終わるのを待っています。ブーブー言いながら待ってます。格式高い演説は・・いつでも人々をいらだたせますが・・・家の主人はそれが得意。この日も一族代表で・・のピーを嫁にもらうための会議の中心にいました。
b0161391_15223548.jpg
絶対に足がしびれているノピー。
b0161391_15263363.jpg
あからさまに飽きた顔をしているコージ。
b0161391_15301287.jpg
b0161391_15323530.jpg

そしてやっと待ちに待った・・・長話の終了。みんな晴れやかに立ち上がって・・・ノピーの一族が用意したビュッフェを堪能し・・・また車に乗って今度はノピーも一緒にコー時の家に・・・・・。
すると、門の上には・・・香港映画のボスターのような・・・二人の写真がはためき・・ちょっとびっくり。
b0161391_15382999.jpg
でもその下では伝統的にござを敷いて・・・母ちゃん父ちゃんたちが大事な儀式の準備をして待っていた・・・。
b0161391_15413635.jpg
これは花嫁花婿が家の敷地に入るという魔法的な儀式・・・・複雑な供え物の中にはタケに入った卵が印象に残っている・・。これを踏み潰して・・思い切り踏み潰すのですが・・つぶれれば子宝に恵まれるとか・・・一つ一つに意味があるが詳しくは誰も知らないという儀式・・・これで結婚式が済むまでの3日間外には一歩も出られない・・という決まりもあって、私は大変びっくりした決まりでしたが・・ちょっと覚悟のいる儀式です。
b0161391_15511748.jpg
昨日まで・・はしゃいでいたコージも・・・神妙なお顔に・・・これから3日間のすさまじい・・・結婚式の工程を予期しているかもしれない二人。
b0161391_15545581.jpg


このあとは、ノピーの一族とこちらの一族の楽しい団欒・・・おしゃべりの時間・・・そしてこちらで用意したビュッフェを今度はノピーの一族がお食べになり・・・・夕方になって初日のイベントは終わり・・・明日の準備が始まりました。夜も寝ないで引き出物のぬいぐるみ(これも・・・びっくりするコージの趣味でしたが・・)を包んだり・・・スプーンやフォークを紙ナプキンでくるんだり・・・・2日目は招待客をもてなすレセプション。

では、また明日その派手な現代風のレセプションの様子を・・・・レポします。
悔しかったのは大変に魅力的な注文したご馳走もアイスクリームも・・・招待した側の私の口には入らなかった・・・それでも、台所の裏で働いていた近所のヒトは朝から何も食べていないと・・・私に言ったので、コージの一家は表側だけ豪華に客を接待し、家族隣人は空腹にしたという・・・・過ちを・・・3日目の大雨で思い知ることに・・・・。(この村では雨を意識的に降らせる術をもったヒトがいっぱいいると・・信じられています。)
大雨だし・・・3日目の村人用の招待の日には私は家でつばさ君を作るために結婚式は一日エスケープしたのでした。
そして4日目、式のクライマックス・・・家の寺で結婚の儀式そして親族の赤ん坊の髪を切る儀式を済ませた後、また親族全員で車に乗ってノピーの家に行き・・・ノピーの寺でお別れの儀式。

新郎新婦は貸衣装を4回も取替え・・・(一日一種類)そしてカメラマンまでセットで・・・そのゴージャスがあだとなり、最後は二人ともつかれきって喧嘩した様子でしたが・・明日はその豪華な衣装と派手なレセプションの様子を・・・アップしましょう。

現代風に・・・移行する今・・まるで日本のちょっと昔を見ているような・・・コージの結婚式でしたが、通常アバビ村ではこのような派手な衣装もレセプションもなく、迎えに行く儀式、そして結婚式の2日間で終わります。
お金もかからず人々も疲れず・・・なにより当の二人が喧嘩にならない・・・そんな結婚式が普通です。

# by ekadantaya | 2010-05-06 16:27 | Trackback | Comments(0)

つばさ君・・・オークションに出品しました。

ウェディングウィークも・・今日が片付けで・・親族もやっとそれぞれの家に帰り・・・・さっきいきなりオークションに出品しました・・・・。
実は・・忙しいさなか・・・親戚が儀式の手伝いや客の接待をしている喧騒の中を・・隠れてチョコチョコ作る時間があったのです。チョコチョコ・・玉を作って・・・・一人出来上がりました。

翼の生えた男の子・・・つばさ君です。
小さいのですが・・・球体関節。25cmです。

b0161391_20403576.jpg

日曜日の夜まで・・4日間、こちらに出ています・・・覘いてやってください。
*ガーナベイビーズ*つばさ君*球体関節・樹脂粘土* - Yahoo!オークション
つばさ君は小鳥のような男の子なのですが・・・自立します。でも息を吹きかけたりしたら・・倒れるので、ドールスタンドに立たせた方が安全です。
羽は針金を芯に関節部分が樹脂粘土の球体、そして皮を貼りその上に一枚づつ白いフェザーを貼り付けています・・。剥製の鳥の翼のように頑張ったのですが、肌色の皮の部分がうっすら透けて見え、雛のような翼だと娘に言われました。でも、今まで出一番上出来だと思う・・・翼です。
b0161391_2062986.jpg
b0161391_19415141.jpg
b0161391_19472730.jpg
b0161391_208326.jpg
b0161391_2092656.jpg
b0161391_20101553.jpg
b0161391_2011533.jpg
b0161391_2012114.jpg
b0161391_201354.jpg

久々のオークション・・・・つばさ君はどこに飛んでいくのかな??
b0161391_20145648.jpg


明日から、ウェディングウィークの・・コージの盛大な結婚式の様子をレポすることにして・・・まず一枚だけアップ。
b0161391_20253737.jpg


こんな写真を・・・いたるところに飾るコージの趣味が・・・・理解不可能でしたが、案の定・・・アバビ村では大変珍しいど派手なウェディング・・・・。アバビ村の無料医者・・として活躍するコージも医者の端くれ・・・お金は持ってる。しかも・・奥様のノピーは大学の同級生でクラスでトップ、今では大学で医学生を教える教授になっている秀才妻・・・。・・しかし、コージが思い切り派手な結婚式をしたのにもうなづける理由があります。
秀才妻ノピーは・・今月31日から・・2年間も・・・オーストラリアの大学に留学することになっているのです!

さて・・・どんな結婚式だったか・・・明日から数回に分けてのレポ。

思う存分・・・・みんな疲れました。
日本のGWは・・いかがでしたでしょうか??

# by ekadantaya | 2010-05-05 20:32 | Trackback | Comments(0)

赤ん坊の6ヶ月目の儀式・・そして4人兄弟の話。

 今日は去年の12月20日から数えて・・・16日目で・・初めて粘土に一回も触らなかった日。
主人のいとこの赤ちゃん・・メヒーラちゃんが6ヶ月の儀式の日でありました。

昨日まで約一週間、近所の女性達が毎日家に集まって供え物を作り・・・私は人形を作っていましたが、昨日は男達の出番が来ました。
男達の出番の最初は・・どの儀式でも同じですが、まず殺生・・・・。
b0161391_1936594.jpg

供え物になる動物を苦しむことのないように絞めるのが・・男の技。
b0161391_193872.jpg
そして儀式のための料理も・・・男達の仕事。
b0161391_1950795.jpg

そして・・子供達はその間楽しくご機嫌に遊びまわっているのが仕事。娘はもう大好きなお仕事・・ベビーシッターに朝から晩までご機嫌です。
b0161391_19511713.jpg
b0161391_19522119.jpg

そして、出来上がった供え物をおばあちゃんや近所の主婦が手際よくセッティングして・・・プーマンクー(僧)を待ちます。この時間が長~いのです。今日は約3時間・・待ちました。
b0161391_19531529.jpg

やっと到着したプーマンクーと共に始まった儀式は・・・雨を呼び・・・
b0161391_1954634.jpg

どんどん土砂降りになって・・雷まで轟き・・・停電まで・・・・
b0161391_1955322.jpg
子供達やお母さん達そして大事な供え物を土砂降りの雨から守るために・・お父さん達はずぶぬれでビニールシートを広げ・・守ります・・すばやい機動力が男達の日ごろのチームワークで活用されます。
b0161391_1956123.jpg

そして、無事、メヒーラちゃんは赤ん坊として最後の儀式・・・6ヶ月の儀式を終えました。
b0161391_1957315.jpg



ここで、今日は出生にまつわるこちらの世界観・・・私の一番好きなヒンドゥの考え方なのですが、4人兄弟のお話を載せてみます。
これも、私が記録した文章の中から・・・人間の誕生は・・・実は一人で生まれて一人で死ぬのではない・・という・・お話を。

{ バリ・ヒンドゥには独特の生命誕生理論がある。人間というのは、一人で生まれてくるものではない、というのだ。見えないもう4人の兄弟(姉妹)と一緒にこの世に生まれて来て、名前まである。生まれた時には生命を持たないが体まである。
一番先に生まれるのが、アンガ・パティ(破水した時の羊水)2番目にバナス・パティ(血液)そして本人が
人間の体で生まれ、次にムラジャ・パテイ(胎盤)最後にバナスパティ・ラジャ(その他、後産)の順で生まれるので肉体を持った人間として生まれた当人は3番目の子、上に二人の兄(姉)がいて、下にも二人の弟(妹)
がいる。
その見えない兄弟は霊として人間が死ぬまで付き添い導くという。しかし、その4人兄弟には人間的な不完全さがあって、真ん中にいる人間が上の兄達の言う事を聞かずに下の弟達を正しく教育出来なければ、多重人格者のように自己分裂が起こり持っている可能性も力も出せない。
これは人間の中にある上層の超意識に繋がる深い知恵と思慮の精神、そしてより低い部分にある自己の動物的な欲望や感情とが一つに繋がった時に人間の能力が最大限に開かれる、というヒンドウ哲学に沿った理論で、生き生きとしたリアリティがあり思わず私の上に天使のように4人の赤ん坊が飛び回る様子を想像してしまう。
人間は生まれる時から一人で死ぬ時も一人で死んで行く、という常識はここでは全くナンセンスである。しかも、魔法使いの秘密もここにあるのだ。
魔法を使うには、この4人兄弟と固いチーム・ワークで結ばれていなくてはならない。
瞑想を通して天と地に繋げるのはそれぞれの兄弟達であって、日ごろから常に関っていないとそのチーム・ワークは育てられないため、食事の前には4人兄弟に先に食べさせる。
「アンガパティ・バナスパティ・ムラジャパティ・バナスパティラジャ、どうぞお先に召し上がりください。私はその後頂きます。」もしも、食堂で食事の前にぶつぶつ言ってなかなか食べ始めない人がいたら、魔法使いの弟子かもしれない。
 魔法使いではない普通の人々も、生まれた時から6ヶ月までの赤ん坊の儀式やその他必要な時に供え物をして4人兄弟を祭る。危険や病気から精神と体を守り、知恵と力を与えてくれるようにである。
自分自身が見えない外の4人兄弟に守られていることを常に意識していると、聞こえぬ保護天使の声が心を導いてどんな時でも状況に迷わされず冷静で落ち着いた判断が出来るようになる。
 子どもが生まれると、父親は胎盤や後産をビニール袋に入れて、どんなに遠くからでも真夜中でも家に帰って決められた場所に埋めて竹のサンガを立て、供え物と御香で祈るまでは、出産は終わった事にならない。}
(風の丘より)


こんな考え方は、私の中ではもうファンタジーのように定着し、いつでも自分の周りに小さな4人の赤ん坊の姿の兄弟が天使のように飛び回っているような・・楽しい気分がします。

そして、ここでは出生の神秘・・人間の一生の不思議を赤ん坊の存在に見出し、6ヶ月までの儀式を大変重要に行うのです。
赤ちゃん達は・・・しゃべることが出来るまでの間は・・実は色々と見えない世界についても・・詳しく知っているような気がします。

b0161391_20343229.jpg

# by ekadantaya | 2010-01-04 20:34 | Trackback | Comments(0)

アバビ村の少女・途中。


ナタリーちゃんのキモノが終わり、今日は課題の出ていたアバビ村の女の子を粘土の部分は完成。足はまだオーブンから出したばかりですので、上半身だけアップしてみます。
美少女にするつもりでしたが、出来上がってみたら、アバビ村には星の数ほどいる子供の顔。これが、平均的な女の子のお顔です。サイズは小さめ。出来上がりで大体28cmくらいでしょう。
b0161391_20174381.jpg
b0161391_20185082.jpg
b0161391_20193426.jpg

このキラキラしたうるんだ瞳がなんといってもアバビ村の女の子の特徴。
b0161391_2020256.jpg
そして、ちょっと横に広がった丸いお鼻も。
b0161391_2021582.jpg

それから、特に足が違います。足は日本人と全く違う動物のように、広がっていて、しっかりした指にカモシカのようなすばしこそうな細い足。
明日、繋いで、ナタリーちゃんや、洋服の届いたミミちゃんと写真取る予定です。
この子の衣装は簡単。布を巻いて、髪にお花を飾れば、十分。

名前は、金のキュウリちゃん。なぜかと言うと、こちらで1番有名な昔話のヒロインが「クティムーン・マス」(金のキュウリ)という名前なんです。キュウリから生まれた、とても可愛らしい小さな女の子なのですが、賢さで大きな鬼をやっつけてしまうというすごい子です。ここでは、男の子だけでなく、女の子も賢くて優しいばかりでなく、強いこと、が要求される土地柄ですね。

# by ekadantaya | 2009-06-01 20:37 | Trackback | Comments(0)