始まりました・・世界創作人形展・搬入からオープニングレポ。

天気予報を見ながら早めに東京へ。

八重洲中央口地下道を抜けたら歩いて5秒のビジネスホテルへチェックイン。

b0161391_99423.jpg

ホテルの部屋で休みながら地下街で買ってきたお弁当など頂きながら時間をつぶす。
少々強まってきた風にほんの5秒だけ吹かれ、無事にオアゾへ。
嵐の予報をものともせずに駆けつけてくれたマヤさんと展示会場へ・・・・。
比較的スムーズに展示は終わり・・・懐かしい方々や初めての方々とのおしゃべりにお花が満開・・・楽しくて楽しくて・・そして展示されたばかりの膨大な量の作品群を見て歩くのが楽しくて楽しくて・・・・・・展示後の写真を撮り忘れました。優しい暖かな空間があっという間に構築されて、いつまでもそこを離れたくなくなるほどでした。展示に夢中だった2時間ほどの時間で、嵐はすっかり去ったようでした。
b0161391_9102491.jpg

帰りには自然な流れでその場にいた方々でちょっとした打ち上げ会・・・
b0161391_9112613.jpg

集合写真・・・一応。お顔は日本ではボカシを入れるものだそうですので・・・変だけどボカシテあります。
b0161391_938481.jpg

初日の朝はすっかり晴天。
b0161391_9124680.jpg


展示風景は自分のところだけ何とか撮りました・・。
他の素晴らしい作品の展示風景は
こちらのHPでご覧になれます。
World Ningyo Exhibition

b0161391_911569.jpg


b0161391_9333682.jpg


b0161391_9343541.jpg


ドキドキしながら会場に行くと、今年はまばらなお客様のなかに一人の女神が・・・・Wulanちゃんが始めに
お迎えされる事になりました。そして直ぐにインダちゃんもお迎えが決まりました。本当にありがとうございました。040.gif
b0161391_9362457.jpg

セイメイ君とダーカラ君にはお問い合わせをいただきましたが、まだご予約は未定です。

そしてどんどんにぎやかになっていく会場には沢山のお友達もどんどんやってきてくれて・・・
b0161391_9372048.jpg


b0161391_9373630.jpg


b0161391_9374976.jpg

にこやかで優しいキラキラした笑顔に一日中包まれて、9時から夕方7時ごろまで立ちっぱなしのハードワークも全く疲れを感じさせませんでした。楽しいっていうのは労働の基本、生きる力の源。

最後に来日したアーティストのご紹介がありましたが・・・・私も半分外人の気持ちがするので・・・・
b0161391_9434114.jpg


b0161391_9441073.jpg

とても仲良しになった方々がいます。最終日まで待ってお迎えが無い子がいたら、交換っ子しないか??と、持ちかけられているのですが・・・・・ヴィタリスさんとその奥様。
b0161391_10384625.jpg
 かなり好みな・・・廃材利用の自由工作のように素敵な作品のヴィタリスさん!!最終日が少し楽しみです。

摩天楼と夜桜というかなり外人としてみたら狂喜ものの風流な景色を見ながら・・・・・入り込んだ路地のネオンにも又感激~~~~~~!!!
b0161391_945968.jpg

b0161391_9461761.jpg

b0161391_9464336.jpg

b0161391_9474540.jpg
この魔女はアメリカから来ていらっしゃります。

明日はガイジン観光客ご一行様+素敵な日本のお人形作家様たちをまとめて鎌倉をご案内するお手伝いのお約束を・・・・してしまいました。

自分がそもそも半分外人客なので、鎌倉で桜を見ながらセリーにプレゼントする和紙を買い込んでこようと思います。すっと解けるように親しくなった何人かの素敵なアーティスト達と又ゆっくり会えるのも楽しみです。

・・そういえば、顔を見ると別れが悲しくて涙が出てくる私に、セリーが言っていた言葉を思い出しました。
「ポジティヴにどんどん元気に前に進まなくては駄目よ!必ず大きな新しい出会いが来る。』そんな風に励ましてくれたのですが・・・・どうやら本当に・・・・不思議なつながりがありました。

明後日の7日は日本橋三越で開催中のNOEさんの個展を見てから、丸善の会場にお昼前には行きます。そのあと3時からムサビ彫刻科のメンツが集まりだし・・29年ぶりの同窓会に突入。
そして8日も午前中から夕方まで丸一日会場にスタンバイの予定です。
土日はお客様友人知人の皆様とのおしゃべりの時間が重ならないように・・・・・どうぞメールにてご来場時間をお知らせください。

最終日は4時までですので10日の最終日にお越しの場合はお早めにご連絡ください。

# by ekadantaya | 2012-04-05 10:51 | Trackback | Comments(0)

天気予報が嵐ではありますが、搬入・展示、いってきま~ス。

テレビの気象予報では・・・・夕方から夜にかけて強い暴風雨、交通機関も泊まる恐れがあり外出を控えるように・・・親切に何度ものご案内が・・・。

東京駅から、走れば一瞬しか雨にもぬれないほどの場所にビジネスホテルを予約しました。

そうしたら・・・・なんと・・・東京のど真ん中のビジネスと言う名前もつけたホテルであるくせに・・・ネット環境が無い・・・。5日、自宅で落ち着きましてから・・・・展示の様子、初日の賑わい・・・アップいたしますね。

そして、会場配置図ですが・・・・

b0161391_11225176.jpg


入って一番左側の壁際に・・・・・ガーナーベイビーズのコーナーをいただきました。そちらのあたりで4日は9時ごろから夕方までお待ちしております。

では・・・暴風雨警報の中・・・・無事展示ができますように・・・・行ってきます!

# by ekadantaya | 2012-04-03 11:34 | Trackback | Comments(0)

準備ほぼ完了

飾り付けまであと2日・・・。

お人形達は最終チェック、細部の仕上げなおし等・・・お支度もほぼ完了。
海ちゃんは皮ボディを新しくして少しだけスリムになり、りかこさん作の花冠とブーケも昨日届いて・・・・やっと完成!! 当日の飾りつけもりかこさんの素敵なリースを中心にディスプレイする予定です。

b0161391_8545882.jpg


b0161391_8553030.jpg


b0161391_8555022.jpg


b0161391_8561490.jpg


b0161391_8565242.jpg
今日は梱包して夕方会場に向けて発送の予定です。

夕べは、あゆみちゃんと待ち合わせして夜の街に・・・・・。時間を取り戻すかのように喋り捲ってしまった・・・・。飲めないお酒ですが久しぶりの熱燗は美味しかったです。
b0161391_8572556.jpg

植木先生が透明になってから早や8年。
本当に早かったね~~。子供達がぐんぐん大きくなって、ママ達はちょっとしおれましたが・・・・・あゆみちゃん、本当に素晴らしく頑張りましたね。
b0161391_8574217.jpg

エゴン植木の残した宝の中から、2004年作の植木先生の皮小銭入れ・・・・49歳の植木から49歳の道代にと・・・お誕生日プレゼントをいただきました。
とっても不思議で・・次元を超えていて・・・・ものすごく嬉しいプレゼント。一生宝物にしますね。あゆみちゃん、ありがとう。

丁度なくなる前の年、西高校の美術の授業で・・・生徒に皮細工を教える見本を作っていたらしく・・・・その頃私は先生の代理で臨時採用教員として2ヶ月高校美術教師を体験していましたがその前後の作品でしょう。

「お金持ちになりますように。」と願いをかけたら、帰るまでに小銭入れははちきれそうなほど小銭でいっぱいに・・・・。酔っ払っているので願いのかなう財布だと喜びましたが・・・・飲み代とタクシー代のおつりですね。

今年は、みほちゃん、アバビ村に絶対来てね。

さて、3日の搬入飾りつけ、チクちゃん、まやさん、またお世話になります。

それでは、4日当日・・・沢山の方々にお会いできる事を楽しみに・・・・・・会場でお待ちしております。

b0161391_9302517.jpg


b0161391_9303983.jpg


★在廊予定日 : 4日(火)・初日)、7日(土)、8日(日)、10日(火)・最終日・閉館4時) 

# by ekadantaya | 2012-04-01 09:38 | Trackback | Comments(0)

帰国しました。

夕べ真夜中、無事羽田に到着しました。

クアラルンプールでの乗り換えに約時間待ち時間がありましたが、なぜだか、言葉が同じ(マレー語とインドネシア語はほぼ同じ)せいだか、大変親切にしてもらって、快適な時間を過ごしました。

チキンパイとカフェ・ラテは最高においしかった。味はオリエンタルで、スパイシーなのですがどこか味噌風味がしたり、しいたけが使ってあったりで、マレーシアのアジアン・インターナショナルな味。チャイニーズもインド人もマレー人もアラブ人も・・・みんな混ざったお味でした。

b0161391_756625.jpg


そして今、羽田エクセルホテルで朝焼けを見ながらレンタルPCでアップ。

b0161391_7563391.jpg


せっかくなので、チェックアウトぎりぎりまではゆっくりしていこうかな。

エアアジアは体力こそちょっと必要ではありますが、無駄の一切ない、気取ったところが微塵もない、庶民的なまるで長距離バス旅行のような感じでした。
それにスチュアートもスチュワーデスも、若いチャイニーズ系マレ-シアンで、近未来的ななんというのか・・・姉ちゃん兄ちゃんのような庶民性のある・・・ものすごくこまめに立ち働く・・・重労働をこなしていてさわやかでした。

このエアアジアのおかげか、アジアから日本への旅行者がたくさんで、日本が不思議な観光地になっていくかも・・・と思うと楽しい気がしました。私もその旅行者の一人かもしれませんね。

さあ、とりあえず・・・・2週間とちょっとの短い間ですが、有意義に時間を使い、実家に着いたら明日から作品の出品準備、そして父や母、妹と一緒の時間を大事に味わって・・・・今回は大学時代の友人BOYSもFace Bookでつながったし、あいたい人にできるだけ会って、できたら植木先生にお線香を上げて・・・帰りたいです。

それでは・・・4月4日までの準備が順調に進みますように・・・・・。もうすぐお会いできると思うと・・・わくわくどきどき・・・・寝てなくても全然疲れていない私です。

# by ekadantaya | 2012-03-29 08:13 | Trackback | Comments(0)

ニュピ・・・新しい変化の兆し・・・

3月22日。ついにニュピ前日。

フェンディがリーダーとなり、仕上げたアートクラスの丘の子供たちのオゴオゴ完成。

b0161391_1831631.jpg


みんなで力をあわせて通りに運びます。総勢20人くらいで運ばないと、障害物が〔電線とか木の枝とか)多いので大変。
b0161391_18253531.jpg


丘の青年たちの作品、カデ・スーが指揮をとって仕上げたかっこいいオゴオゴが先に道端で待っていました。
b0161391_18295743.jpg


時間まで道端でスタンバイ。
b0161391_1834384.jpg


いよいよ夕方、寺に向かって出発!
b0161391_18402081.jpg


b0161391_18482347.jpg


小さいのも・・・
b0161391_18535299.jpg


大きなものも・・・
b0161391_1915945.jpg


b0161391_192511.jpg
今年は小さな子供たちも含めて、25体ものオゴオゴがアバビ村で担がれました。

b0161391_21273955.jpg
夜遅く、墓場まで担いで行き、そして燃やすのでス。
何とか背丈だけはいっぱしにのっぽになった息子も、今回は真夜中まで男の群れの中でオゴオゴを担ぎ、そして墓場で燃やして帰ってきました。感想は・・・最高!!だと。

そして、一夜明けてニュピの朝・・・・
b0161391_21291265.jpg
一日中、小鳥の声と子供の声しかしない日。道には車もバイクも何もない・・・静寂が広がり・・・心が広がり・・・・電気も火も使わない静かな夜にみんな寄り添って語り合うのでした・・・・。

そして、今日・・・ニュピが明けて、2日目、旧暦の新しい年に・・・・ニュージーランドから帰ってきたセリーに朝のお茶に誘われて行ってみると・・・
b0161391_21311389.jpg
もって行ったセリーへのお誕生日プレゼントのアバビ娘がなぜ悲しいお顔をしていたか・・・分かることになりました・・・。
包みを開けてこのアバ日の娘を見たセリーは抱きしめながらおいおい泣くのです・・。

なぜなら、セリーは急にオーストラリアに帰らなくてはならない状況に・・・・。
85歳のお母さんのそばにいなくてはならなくなったと・・・。
b0161391_21342033.jpg

そして、セリーの選択は本当に素晴らしいと思いました。セリーのお母さんは真っ白い髪の毛に真っ白な肌の本当に美しい85歳のおばあちゃんです。
そのお母さんがセリーを見て、もう会えないかもしれない・・と泣いたと言うのです。
お母さんは養老施設に入って暮らしていますが、セリーはすぐ近くに家を持って、ロジャースと共にお母さんのそばにいることに決めたのです。そして、孫を見ることも加わりました。ロジャーの娘はシングル・マザーで、仕事を持ち、孫たちを見てやらなくてはならないと2人が思ったのです。

ちょうど5月で5年・・・セリーは素晴らしい花を咲かせてくれました。大きな大きな友情の花・・そして、その花はアバビ村の子供たちにとっても掛買いのない宝物。

私にとっては、こんなに素晴らしいエルフに今まで会ったことはないし、此の先もきっといないと思う素敵なセリー・・・セリーは私とジェーンはかけがいのない親友だと・・・ついまたおいおい泣いてしまいましたが、もう2晩泣いたから、ポジティブに行動しなくてはいけないと・・・。
まずは1年は帰って来れないだろうけれど、メールでいつでも連絡しあえるし、遠くにいても必ず繋がっているから!!と、家にある素敵な品物全てを私にくれると言うセリー。
セリーが持って帰るのは、本と、私のお人形だけだと言うのです。
そして、人生の時間の夢のような速さに感慨深く・・お茶とコーヒーを何杯飲んだか・・
私たちみんなの夢・・丘の上の学校をここに始めよう・・とセリーと話し合いました。
そして私のアトリエ、村の若い絵描きたちや子供たちの集まる場所にしようと。
セリーとロジャースが帰ってきたら、ここに必ず泊まるようにしてもらうことも。
だから、子供たちと一緒に、ロジャーが丹精込めて手入れをした庭や菜園や、そして素敵な部屋を今までどおりに保つように・・・私が毎日お人形を作りにかようアトリエにすることにしました。
日曜日は子供たちのアートプロジェクトを続けます。今までのようにカードを販売したりは出来ませんが、何とかきっとなると思います。

b0161391_21375591.jpg

ああ、大好きな隣人・・・尊敬するヒッピー先生・・・・魔法使いの大親友・・・エルフセリー・・・
b0161391_21454766.jpg


きっと、育たなくてはならないときなのでしょう。私もロジャーとセリーが選んだ責任・・・・をみんなのための選択をしなくては。


しあさってに迫る帰国。最後の製作も仕上げを今日終えました。
この二人の子はムリンジョウの木の実で、大きいほうはインダちゃんの、小さいほうはWulanちゃんのオマケとしてついていくことになっています。
b0161391_21595556.jpg


b0161391_2154531.jpg


b0161391_2232565.jpg

ボディはアンティークな着物の絹で、大きい子はフランスアンティークレース、小さい子はWulanちゃんと友切れの絹の古布でお着替えを作りました。
b0161391_228987.jpg


さあ、あさってはグデ・ラオスのブルシ・ガナと断髪の儀式。ぎりぎりまで大勢の中で大忙しなのが救いでもあります。セリーの言うとおりに、ポジティブにどんどん進まなくてはいけないのが人生ですから。

b0161391_22135017.jpg


私がアバビ村に帰るのが4月15日。セリーの出発が17日。16日が盛大なお別れパーティーです。

私は帰ったら、犬を飼う計画を立てています。また新しい扉を開ける時がきた・・・どんどん次へ行かなくてはならないのが、生きているということですね。

それでは、日本に到着して落ち着きますまで・・・・今暫く。

# by ekadantaya | 2012-03-25 22:57 | Trackback | Comments(0)