出来上がったら、別人。エルフの少女セポイちゃんでした。

昨日から、なにかむずむずして眠れないので・・・・朝4時に起き上がってよくよく考えたら、作っていたセポイ姫のお顔がどうやっても納得いかないのでした。
きれいで可愛いし・・・娘はとてもお気に入りなのでしたが・・・私には何かが大きく欠けているように思えていたのが・・・つないでみたらやはりはっきり見えたのです。
何が大きくかけているのか・・といえば、目がまるで空洞のような・・・・目に力がないと生命力が欠けて私はどうやっても好きになれないお人形さんになっていたのです。ぶりっ子というのか・・・媚びた表情がどうしても気にかかり・・・目ですね・・目が本当にものを言っている・・・。

そこで、朝ごはんの支度をする前からもうウィッグをはがし、粘土を持ってきて・・・・・・・。大変思い切った試みですが、顔の目から上の部分を作り直しました。骨格をしっかりとさせて、おでこもそれなりに意志の強いでこっぱちぎみに・・・。

そうして、納得の行くお顔が出ました。このこはお姫様ではないですね・・・。エルフの少女・・セポイちゃんです。
b0161391_1441345.jpg
b0161391_1443377.jpg

人毛ウィッグは金髪にして、やはり人毛のまつげは粘土に埋め込みました。この子なら、ハードボードジョイントの上げ下げ自在の手で未来をつかめそう・・・・。
b0161391_14455085.jpg
b0161391_14493771.jpg
b0161391_14503570.jpg
b0161391_14514086.jpg

そばかすが似合う子がやっとまたできました。
b0161391_145581.jpg

さて、これで今週はゆっくりとお裁縫に入ることができます・・・。
今週仕上げたいのは、海ちゃんの上着、そしてセポイちゃんのお洋服、小人さんたちのお洋服。豆がネーシャのボディ・・・・・・無理なのでできるところまで・・・・。

# by ekadantaya | 2011-10-17 15:18 | Trackback | Comments(0)

3年に一度の村の中心寺(プラ・プサ)の大祭始まり。

始まりは11キロの距離を行進してジャシーの海に行きます。
アバビ村のほとんどの元気な人は参加するので、きっと1万人は超えている参加者の数。
b0161391_115383.jpg
プラ・プサをみんなが出発したのは朝の7時。
b0161391_1158275.jpg
b0161391_1232364.jpg
ガムランの楽隊とそしてたくさんの小さな神輿。
b0161391_1274877.jpg


若者が勢いをつけて走りながら運ぶ神輿にも、女性たちが代わる代わる頭に載せて歩く美しい箱の中にも、神々がいるのです。私も今年は少しだけ神様を頭に載せて運びました。
ガムランのリズムに乗って、顔見知りにあうたびにこぼれる笑顔の輝き、そして親しい人々との楽しいおしゃべり・・・・飛んでいるように・・・どんどん小走りに進んでいく大群衆。空からこの行列を見たら、きっとカラフルなうろこの巨大な竜に見えるはず。そして、いつも思うことは、人って言うのは本当はこんな姿なのではないかしら・・・・個人というのは実は人という大きな竜のひとつの細胞なのではないかしら・・・。だから、こうして一緒に歩くと、みんなきらきら輝く幸せで本当の自由を感じることができるような気がします。
b0161391_134661.jpg
神々と共に海に行く。これが祭りの始まりの大イベント。そう、人は人だけではなく、自然やその神々とも一心同体になったときこそ、完全な姿になるのでしょう。
b0161391_1219556.jpg
b0161391_12231114.jpg

町に差し掛かると、道々で差し入れの人々が・・・スイカや飲み物、お弁当まで配られています。早速甘いスイカをかじりながら、お弁当もぶら下げて、みんなあと半分・・・・海に着くまで・・・・。
b0161391_1364728.jpg
b0161391_1418882.jpg

ところが、かなり暑くなってきて・・・ちょっと足が痛いな、と気がついたら、足にはいつも履いているサンダルが・・・あ、かかとが少し頼りないちょっと細い・・・・あと1キロのところで、足がつりました。
そこへアバビ村で診療所をやっている女神様のように美しくやさしいイブ・デウィが現れ・・・ゴムぞうりとウェットティッシュを買ってくれて、つった足をマッサージしてくれました。
さあ、娘も疲れてちょっとふてくされているところを頑張って倒れこむようにジャシーの海岸へ・・・・・到着したときにはみんなはもう木陰でお弁当を食べておりました。
ああ、オアシス
b0161391_14243537.jpg
さて帰り道・・・元気な人々と共に、息子たちは帰りはもっと遠回りでしかもお昼の炎天下を15キロ歩くのですが、私と娘はパパに車で迎えに来てもらいました。
b0161391_14273114.jpg

主人の顔を見てほっとした私がふと横を見たらこんなものが・・・
b0161391_1632404.jpg
b0161391_16364496.jpg

コンクリートで作った笑う番犬。

帰ってきてから、アバビ村の入り口で売っているバビグリン(豚の丸焼き)のお弁当を買って、娘と主人と食べましたら、これ以上のご馳走はないほどの美味しさ!!

少しして、帰ってきた息子も加え、それぞれの部屋で夕方まで眠りました。

祭りは始まったばかりです。今日は夜の寺にお祈りに行きます。
そして第2のイベント・・・・山の神を招待して、若者たちが神々の軍隊になって剣を掲げて山から16キロを駆け下りてくる・・・・例の祭り・・・・明後日に迫っています。

チビウータンちゃん・・・オークションでは手に汗握る感動のバトルを・・・ありがとうございました。
明日の朝出発いたします。

そして・・スモゥリーちゃんの可愛いお写真を頂いております。
尊敬するちえまるさまの素晴らしい手編みのお洋服セットを見事に着こなすスモゥリーちゃん・・・・・。
b0161391_1558362.jpg

ジャストのサイズでしたね・・・・。ありがとうございました。

アジアでは物の中にも命が宿る・・・と信じられていますね・・・。神々さえ入ってくるし、恐ろしい妖怪でさえも入るものだと。

だからでしょうか、そのものの外側だけではなく、中身を・・・見えない中身を見ることができる能力もアジア人は伝統的に備わっているように感じます。
時には外側がどうでもよい・・・・中身のほうを優先することさえあるのです。

アメリカの方々から見たらきっと、アメィジング・・・な能力ではないかと思います。

そんなアジアで暮らせ、祈ることもでき、お人形を作って見て頂ける幸せ・・・・かなりなゴージャスを味わっております。感謝を込めて、5日間のお祭りに祈ってまいります。

# by ekadantaya | 2011-10-11 16:08 | Trackback | Comments(0)

おめでとうございます。無事に美少女チンパン・・・サラスちゃん・・・ご誕生です。

頑張った甲斐もあり・・・今無事に誕生いたしました。
美少女チンパン・・・・・名前はムサシの恋人のOTSUとしようと思ったら、なんだか大きすぎるくせに幼くて、ボツ。
美と芸術、知識の女神、サラスワティの名前をいただくことにしました。サラスちゃんです。どうぞよろしく。
b0161391_10594712.jpg

b0161391_112980.jpg
アンティークのコットンキャミソールと髪には頂いたばかりのパンジーの布花。この花束にはアンティークな感じのリボンがついていて、この花にぴったりの可愛い少女がきっとできるから取っておこうと・・思ったばかりだったのですが、この子以外には考えられない絶妙な取り合わせ・・・チンパンジーにパンジーの花・・とは・・・。グッドなカルマですね。
b0161391_1134120.jpg


この子はクリスマスのぼらんどぉるで皆様をお待ちする仲間に入りました。
では、裸の姿を・・・・。結構ワイルド・ビューティーです。
b0161391_115258.jpg
b0161391_11111662.jpg
b0161391_11131628.jpg
b0161391_1115747.jpg
頭にはフォックスの毛皮を貼り付けてふわふわですが、体はハードボードジョイントのぬいぐるみボディ。毛足の長い黒いファーを使いましたので毛の手触りはごわごわっていう感じ。
b0161391_111674.jpg
抱いた感じもぴったりフィットで・・・等身大のチンパン赤ちゃん。大きさは曲げた足のままだと50cm、足を伸ばすと60cmですが、銀次より大きな感じです。
チンパンジーを作るのはかなり気持ちがよくて・・・作りながらなんだかストレスも爽快に吹き飛ぶような・・・ワイルドな自由な・・そして暖かな気持ちになります。
人間の社会より、類人猿の群れはもっと民主的で、マナーが守られていて、平等で、そして愛で結ばれていると読んだことがあります。今の人間よりずっと人間らしさを保っているのだと・・・。

今朝、前の道では近所のお父さんたちが集まって、月曜日から始まる大きな村の寺の祭りに使う竹飾り(ベンジョール)を作っていました。平日にこれだけ集まれる、お勤め人ではない・・遊び人も混じって・・自由な人々が多いのもこの村の特徴。スマディもいますね・・・・。
b0161391_11195655.jpg

月曜日は村中の人と一緒にガムランの楽隊と大行進をして11キロ先のジャシーの海まで行ってきます。これは本当にゴージャスなイベント。11キロ炎天下をあるくけど、みんなとガムランに合わせて歩くと、足が浮いているような感じで疲れないんです。本当に。息子はたった6歳で歩きとおしました。
明後日、娘と参加したら・・置いてかれそうだな・・・。でも、思い切り歩いて見たい気もします。

そして、先ほど個展の大成功のお知らせを頂いたヒデマロ画伯・・・・
b0161391_1126186.jpg

こちらが個展の様子、ライブの動画も見られます。
TAMBOURIN GALLERY Diary: たかはしひでまろ展「Ordinary Days」

クリスマスに・・・こんな怪しいインド人のおじさんがぼらんどぉるで歌っていても・・驚かないでくださいね・・・・。

そして、海ちゃんですが・・・・コンクールで優勝したにもかかわらず、賞は頂きたくないものでお断りしたら、その賞品のお値段の1295ドルは現金でくれる様子もなく、ただ私のところだけ長々と宿とブログの宣伝を付け加えてくれました。
Johnston Original Art Dolls

# by ekadantaya | 2011-10-08 12:05 | Trackback | Comments(0)

海ちゃんのドレス。チビウータン出品。チンパンジーの美少女。

今週は大変たくさんのかたがたから暖かなお祝いのメールをいただき・・・そして、コンテストの賞品に関して何度も何度も主催者のジャックさんとメールのやり取り・・・・・。
きっと賞を取ってからどうなったのだろうかと・・・気になっている方がいっぱいいらっしゃると思いますのでここでご報告。
優勝の賞金は1295ドル・・・ということを大変期待していましたが、それは賞金ではなく、賞の金額という分かりにくいことであったのです。
そして、賞とはなにかといえば、来年の9月、ユタ州ソルトレイクで行われるジャックさんの最高クラスのセミナー5日間の費用。これが1295ドルぴったりかんかんのお値段ということで、つまり今年最優秀のアーティストということでご招待され、そのユタ州まで行けば、5日間つききりでジャックさんと粘土を学び、ドールショウに出品し、さまざまなアーティストや大手の企業に紹介してもらい、業界デビューをする!!!と・・・言うことだったのです。ま、出世・・アメリカでは出世の道ですね。

よくよく考えて、いろいろとHPもギルドの参加作家の作品もあわせてみて見ましたが・・・どうも・・・趣味が違いすぎる・・・・ううむ・・ご縁のない世界。
それに・・・・アーティストが組合に入っていいのだろうか??やはりムサシの様に自由に群れを離れていないとナ・・・。
しかも、アメリカはバリ島からばか高い交通費もかかりますし、時間がない。(ヨーロッパなら・・行って見たいのですが・・インドなら絶対行くのですが・・・)ただでさえ忙しいのに・・・・もっと忙しくなったら、大事な仕事がおろそかになる(今でも満足にできていないのに・・)と、考えまして、ジャックさんに低調にお断りし、どうぞバリ島の私の宿までいつか来てください・・とお誘いしたら、奥さんといつか行くといっていらっしゃりました。

海ちゃんは実はお洋服ができていないままのあの姿・・・私の部屋の普段の姿で・・・あのHPにずっと座っていることになったのです。
時々思い出したら見に行ってやってくださいね・・・。大変よい記念になりました。
暖かなお祝いのお言葉・・・ほんとうにありがとうございました。

海ちゃんのドレス、出来上がりました。でもエルフらしくお袖をたっぷりに仕上げたら、上着の袖が入らなくなって・・・・上着は作り直しですね・・・。
b0161391_18422526.jpg


そして、チビウータン、一番のっぽでおとなしそうな子を一人・・・・オークションに出品しました。
日曜日の夜までこちらに出ていますので、どうぞ見に行ってあげてください。
*ガーナベイビーズ*オランウータンの赤ちゃん* - Yahoo!オークション
b0161391_18433094.jpg
b0161391_18503032.jpg
b0161391_18572354.jpg
b0161391_1904822.jpg


そして今さっき、出来上がった大きな首ですが・・・。
美少女OTSU・・・・おつ・・といいます。
b0161391_20591752.jpg

b0161391_2111042.jpg
b0161391_2131230.jpg
b0161391_2164153.jpg


ムサシの彼女ですが・・・・大きな子になりそうです。

# by ekadantaya | 2011-10-05 21:40 | Trackback | Comments(0)

海ちゃんの希望はやはりママの手作り・・・

思わぬ出来事に・・・・ここ数日ちょっと緊張したので、今日は村の指圧師、パ・トゥンタンを頼んでマッサージしてもらい・・・・。
すっきり。 さて、前に進もう。

そして、海ちゃんと向かい合って見ましたら、いやだと・・・。
買ってきたアンティークのベビードレスはいやだよん、というのです。
なぜなら、私の手作りの上着がとても気に入っていて、ドレスもママの手作りがいい!!と。

思い切って、インド綿のコットンレース生地を紅茶で染めて、頑張ってます。
かた袖をつける前に試着させたら・・・やっぱり可愛い!!
本当に、手作りのほうが似合うのです。

b0161391_14513799.jpg

b0161391_14523697.jpg


お洋服を作ることが好きになってきたこのごろ・・・。

そよ風ちゃんのボディと同時進行で今週中には完成しますように・・・・。
そよ風ちゃんにもおそろいの生地でシンプルなワンピースが作れそうで・・ウキウキ。

# by ekadantaya | 2011-10-03 15:09 | Trackback | Comments(0)