小針家と、海の休日。

高校時代の後輩で、古くからの友人である小針君。ジャカルタに住んで22年。(私はバリに住んで22年です。)
今回はレバランの休暇で3週間を一家でバリ島の休日です。
丁度勇気も休暇で帰っているので、私達家族もアメドに宿を取り1泊。小針君の息子キキちゃんとは14年ぶりの再会になりました。

まずは、小針家の泊まっているコテージで寛ぎ・・・

b0161391_15570593.jpg
私たちの泊まる宿にチェックイン。
一つは現代的な冷房の聞いたこぎれいな部屋で、もう一つはちょっと個性的な木作りのジャワの昔の家のようなコテージ。
b0161391_15585544.jpg
絵美がどうしてもこっちの部屋がいいと言い張り(確かにおしゃれで素敵なのですが)、冷房を最高にしても板の隙間から漏れる日光で暑い木のコテージに女性軍。
快適な冷房の効いた現代的コテージに男性軍とシノが泊まることになりました。

心配していた夜は、蚊もいないし、とても涼しくて、冷房無しでぐっすり眠れてほっとしました。

b0161391_15580991.jpg
ランチは小針君と奥様のローラさんが予約してくれて、丘の上のレストランThe geriaへ。
b0161391_16000151.jpg
シノは宿に残して行こうと思ったのですが、珍しく騒ぐので、連れて行ったら・・・大変良い子にテーブルの下で昼寝をしていました。
シノは普段パンを食べないのですが、ここの手作り焼きたてフランスパンは2枚も平らげていました。
b0161391_16003571.jpg

大きくなったキキ君。17歳になりました。勇気は8月で20歳になります。ボンユウは11月に11歳になります。笑顔が、小針君に良く似ているキキ君。勇気はBimaでも休暇中も良く食べて、一回り大きくなりました。背も1・5cm伸びて、176,5cm。

b0161391_16321224.jpg
夕方は小針家のコテージの前のビーチで子供達が泳ぎました。
b0161391_15593595.jpg
見守る2人のお父さんとシノちゃんの背中。
b0161391_16012631.jpg
ははは・・・と笑うシノ。
b0161391_16020352.jpg
b0161391_16030339.jpg
b0161391_16033698.jpg
大きくなりましたね~~~~。
b0161391_16385606.jpg
14年前はこんなに可愛かったのに・・・うそみたい。
b0161391_16392190.jpg

夜は、ローラさんが手料理を出してくれて、宿のオーナーが焼いてくれた魚と浜辺でディナー。隣に泊まるスペイン人の若いカップルも招待して、楽しい時間を過ごしました。甲斐甲斐しく手料理でもてないしてくださって、ローラさん、小針君、ありがとう!とっても楽しい一日でした。
b0161391_16051348.jpg
夜は静かで涼しくて、ぐっすり眠り、早朝私たちの宿の前の海岸でお散歩。

b0161391_16061959.jpg
すると、とっても可愛いものに出会いました。
b0161391_16093379.jpg
パグの赤ちゃん。1ヵ月半だそうですが、よちよちなのにすごい元気。人懐こくて、私たちのそばから離れようとしません。
b0161391_16101376.jpg
b0161391_16104413.jpg
この若いお兄さんが連れていたのですが、どうしても離れないので、抱っこしては遠ざかり、離すとまたかけて戻ってきて・・・すごく可愛かった。
b0161391_16114319.jpg
絵美はパグと遊んでいるうちに日が高くなってきたので、泳がず、
b0161391_16125210.jpg
遅れて来た勇気とボンユウが飛び込みました。

b0161391_16132575.jpg
シノも海岸がとても気に入った様子でした。早朝は子供達や犬が散歩に来て、天国みたいなビーチです。
b0161391_16134966.jpg
パパが、始業前の事務で忙しいので、学校に出勤しなくてはいけないし、朝食を食べてすぐにチェックアウト。
帰ったら、みんなまずジャンブーの木下に。

b0161391_16142963.jpg
一日離れただけなのに、赤く色の付いた実が一杯!
b0161391_16141300.jpg
ほうらこんなに大きくて真っ赤な実が取れました。
b0161391_16150519.jpg
勇気がジャカルタの大学に戻る7月1日までは毎日美味しいジャンブーが食べられそうです。











by ekadantaya | 2017-06-27 16:52 | Trackback | Comments(0)

オダ・ティラムを送る・・・盛大な祭りとしての葬儀

あの優しい笑顔が目の前にずっとある、オダ・ティラムの葬儀の祭りはみんなが同じように感じているようでした。

b0161391_22471572.jpg

b0161391_22475226.jpg
b0161391_22482969.jpg
b0161391_22493824.jpg
いとこ。
b0161391_22502659.jpg
大家族の一部分。
b0161391_22520646.jpg
b0161391_22554997.jpg
b0161391_22565410.jpg
b0161391_22592979.jpg
b0161391_23001330.jpg
b0161391_23003776.jpg
b0161391_23013910.jpg
b0161391_23021588.jpg
庭のジャンブーも色付き始めました。

b0161391_23025545.jpg
b0161391_23031709.jpg






by ekadantaya | 2017-06-25 23:22 | Trackback | Comments(2)

Mimpちゃんの幸せなお迎え。家族の穏やかな休日。

昨日のオークションは、まるでMimpちゃんの夢の中のような、スペクタクル展開になりました。

終了時の入札履歴は116、アクセス数がなんと3971回、ウォッチリスト追加数が253、スペクタクルな数字。

沢山のウォッチとご入札、ありがとうございました。

素敵なご縁をいただいて、Mimpちゃんと芋虫君は先ほど出発いたしました。無事到着するまでしばらくお待ち下さい。


b0161391_15261015.jpg
我が家の庭のジャンブーの実も、色付き始めました。
b0161391_18420643.jpg
b0161391_18523967.jpg
一つだけ大きく熟れた実。初物ですから、まずは神様にお供えして、家族みんなで分けて味見。わあ甘~くてみずみずしい最高の出来!
b0161391_18531003.jpg
2匹の犬たちも朝夕2時間ずつ、ゴージャスな時間を過ごしております。ポポもお兄ちゃんにすっかりなれて・・・・。
b0161391_18534378.jpg
シノのおもちゃをすばしこいポポがくわえて庭中走り回ります。それをシノが追いかけて、追いつくとプロレスごっこです。
b0161391_18550515.jpg
この朝夕の時間はパパもコーヒーを片手に、おばあちゃんもやってきて犬たちを眺め、家族団らんの庭となります。数日間、穏やかな素敵な休日になりました。でも明日から日曜日までは儀式続きで大忙しになります。
b0161391_18555970.jpg
くたくたになるまで走り回る犬たち。休憩時間のおやつはドックフードにしていたら、二匹とも噛まずに飲み込むせいでちょっと胃の調子が悪くなりかけたので、何が入っているのか不確かなドックフードは止めて、パパイヤをあげることにしました。
大喜びでパパイヤを沢山食べて、2匹ともお腹も絶好調。
b0161391_18553403.jpg
週に一回のシャンプーと、毎日遊んだあとにぬれタオルで体を拭くので、ポポも毛並みがとてもつやつやハンサムになってきて、お顔が変わってきた気がします。目と目の間がくっついていて貧相だったのに、今ではなんだか目の間が離れてのんびりした大らかで幸せなお顔になってきたみたい・・・不思議。
b0161391_18562702.jpg

こうして2匹で居る時は、見ているほうもほんわか幸せな気分になります。本当に、ロッキーとボリーの生まれ変わりみたい!
b0161391_18565323.jpg
先週の日曜日は、海のパパ、後藤さんに絵美の大学合格のお祝いをしていただいて、チャンディダサのラ・ルージュというレストランで素敵なディナーをご馳走になりました。海のパパとはもう10年近くお世話になり、2ヶ月に一回バリに釣り三昧に来られる後藤さんに子供達もとても良くして頂いています。小学生だった二人がもう大学生、後藤さんは73歳だったのに、83歳になられましたが、まだまだお若くてゴージャスな海のパパ。いつまでもお元気で!
b0161391_18574011.jpg
そして、イタリアへ数ヶ月の旅に出ているセリーから便りがあり、娘の大学合格を祝ってくれました。
親友のヘレンとビルとの旅ですが、今滞在している場所はコトールという港で、客船がいつも入ってくる眺めの良い入り江です。
その写真がまるで、ロードオブザリングスの映画のラストシーンのように美しいのでアップします。
エルフのようなセリーやヘレン、そしてモデルでもあったハンサムなビル、数年前はロジャーと旅した大好きなイタリアで素晴らしい時間を過ごしています。
b0161391_18590500.jpg
b0161391_18593617.jpg
美しい風景の中で、この大きな船は、エルフの国に旅立つみたいに見えます。

さあ、明日はオダ・ティラムの葬儀のための儀式に参加し、隣の家の建て増しの儀式にも顔を出し、25日にはオダ・ティラムの葬儀に総長から参加してその後にコージの家の儀式。
26日からは小針一家と合流し、シノも連れてアメドで一泊の休日。
14年ぶりに小針君の息子キキちゃんと、勇気・絵美が再会します。楽しみ~~~。
14年前は、可愛かったねみんな。
b0161391_19495013.jpg







by ekadantaya | 2017-06-21 19:52 | Trackback | Comments(2)

家族の休日始まり、ママは仕事が倍になる。

インドネシアはレバランの休日、学年末休暇と重なって学校も7月半ばまでお休み、息子も2週間ほどのお休みに入りました。
16日に息子を空港に迎えに行き、その帰りにマタハリ・デパートで素敵な化粧箱を2つ、買って来ました。
緑の少し大きい箱はグロリエルちゃんの為に、銅色の箱はミンプちゃんのために。
グロリエルちゃんは明日出発予定です。
ミンプちゃんのオークションは20日の夜に終了ですが、驚くほど沢山のアクセスとウォッチ(日曜日もお昼ですが、今アクセス数が1784、ウォッチリスト追加数が162、)沢山のご入札もありがとうございます。

ところで、先ほどオークションの質問欄からご質問を受けましたが、回答の文字数制限があるので詳しくお答えできませんでした。
まず、髪型を変えられるか、というご質問ですが、既製品のウィッグを使わず、モヘアウェフティングを貼り付けていますので、できればそのままにして可愛がってくださると嬉しいのですが・・・・・。出来ないことはないのですが(私はできますが)慣れないとモヘアの髪を梳かす事はまず一苦労、そしてうまくやらないと貼り付けている地肌がはげのように見えたり・・・散々な目にあって、結局元通りに出来ない、ということになりかねません。創作人形やアンティークのお人形のデリケートな扱いになれた方には問題ないのですが、既製品の量産の丈夫なお人形を扱うように楽しむのは・・・ちょっと無理があります。
そして、全てが手作りですので、樹脂粘土の性質上小さな埃が入ったり、焼くときに出来る小さな亀裂などもありますので、量産の既製品のようには完全無欠ではありません。初めて樹脂粘土の作品をお迎えくださる場合にはその点もご了承下さい。

それでは、手作りの個性の至らぬ点も含めて、可愛がっていただける方の元へ、ご縁がいただけますように・・・・祈りながらミンプちゃんもお支度開始です。


b0161391_13481981.jpg
金曜日は、アバビ村を午前9時に出て、デンパサールに着いたのは午前11時くらい。主人がタイヤを新しくしたいと言うのでデンパサールの町のタイヤ屋さんを巡り歩いたのですが、全く我が家の車に合うタイヤがなくて、諦めて今度ディーラーへ行くことにして、空港に。


b0161391_13492204.jpg

b0161391_13520251.jpg
空港で待つこと1時間半、1時間遅れでお兄ちゃんが午後3時半に出口から出てきました。
b0161391_13501565.jpg
3ヶ月の研修生活で、髪の毛がぼうぼうに生えている。近寄っただけで臭い!ジャケットを洗濯したことがないと!!!
Bimaの管制塔では、官制官の先輩が大変良くしてくれて、しかも飛行機も一日20機ほどしか出入りしないので、のんびりとして、天国のような日々だったそうで・・・・いつも美味しいものをご馳走になって太っていました。
これから学校にまた戻るのが気が重いそうですが、その前に、2週間の休暇。
髪の毛はそれまで生やしているそうです。

妹の絵美は念願のストレートヘアにして、大学入学準備の手続きの書類などお兄ちゃんに手伝ってもらおうと甘えています。
私は山ほどの洗濯物(この黒いジャケットは洗剤に付けたらドロのような水になって驚きました!)一日がかりで済ませて、夕べは娘と半分ずつアイロンかけ。
息子が帰るとつい私と絵美も食べ過ぎて太るのですが、今回は気をつけよう気をつけよう。

ここ2日間、のんびりとガンプラを作って、アイアンマンの手の続きを製作している息子と、張り切って掃除やアイロンかけをして、お兄ちゃんにくっついておしゃべりをしている娘。シノも毎朝・夕、ポポと駆け回って、何もなくてもしあわせそうです。

そうですね、私も実家に帰るとホ~~~っとして、子供時代に戻りリラックス。それも元気に頑張る母のお陰です。
だから私も頑張って、戻ってきてホ~~とする実家を作っていかなくちゃね。


by ekadantaya | 2017-06-18 14:43 | Trackback | Comments(0)

Sleeping fairy ミンプちゃん、オークションに出品しました。

Mimpちゃん、先ほどオークションに出品いたしました。
来週の6月20日(火曜日)の夜まで出ていますので、お時間のあるときにどうぞ見に行ってあげて下さい。

さあ、ドキドキですが・・・良い夢見ていてね、ミンプちゃん。

作りすぎかなと思ったのですが、着せ替えようのスカートを3着も・・・・作ってしまいました。
とはいっても、ギャザーを寄せて小さなスナップを付けるだけの簡単なお裁縫だし、可愛いアンティーク素材がぴったりの幅でまた見つかってしまったし、もしかしたらこっちの方が可愛いかなあ・・なんて、つい。
オフホワイトのレースのスカートとほぼ同じくらいの丈で、セピア色のチュールレースのギャザースカートが出来ました。

b0161391_15103102.jpg
こんな色合いです。そうそう、先日アップした時は髪型の後ろ向き写真がなかったので、ついでに。最近取得した技、編みこみです。
b0161391_15113923.jpg
3枚目のスカートはミンプちゃんのブラウスと同じ色です。
b0161391_15121673.jpg
この写真は気に入っているのだけれど、はっと気が付いたらドロワーズのお尻の袋縫いにした縫い代からはみ出した糸くずが・・・。直さなきゃ。
b0161391_15125576.jpg
このチュールのロングスカートは胸の辺りに着せると、ネグリジェらしくなります。
b0161391_15132044.jpg
b0161391_15133765.jpg
b0161391_15140905.jpg
b0161391_15142669.jpg
写真だと色の違いがあまり判りませんが、セピア色とオフホワイトのお花のようなギャザースカート2着。
b0161391_15145661.jpg

b0161391_15261015.jpg
それでは、ミンプちゃん、素敵なご縁に出会えるように祈りながら・・・おやすみなさい。

ところで、グロリエルちゃんですが、素敵なご縁でお迎えしていただくことになりました。いつも大変にお世話になっているとてもお人形達を可愛がって下さる方の元へ、月曜日に出発予定です。
この子は特に仕上げまで手が掛かった子ですが、なんとなく特別のオーラの出ている子で、特別のお迎え先に行くことになって、私も嬉しいです。出発までしばらくお待ち下さい。

b0161391_15280495.jpg

b0161391_15322110.jpg
うちの娘も、8月には大学が始まるので、下宿先を探して引越しです。また新しい生活がそれぞれ始まりますけれど、ワクワクしていますよ。
明日はBIMAの飛行場での3ヶ月研修を終えて、お兄ちゃんが休暇で帰って来ます。
空港に迎えにいって、2週間はまたまた賑やかな我が家。
オダ・ティラムの葬儀の祭りが6月25日にあります。その前に親戚みんな帰って来て、久しぶりに楽しいひと時です。
18日にはシガラジャのいとこたちの家に遊びに行く予定ですし、26日には小針一家とアメドで海の休日を過ごしに、シノも連れて一泊、バンガローを予約しました。
子供たちが巣立つということは、確かに寂しいと思えば寂しいのですけれど、嬉しいと思えばこんなに嬉しいこともないのです。

さあ、時が過ぎて全てのものが進んでいくことを寂しいと思うかワクワクすると思うか・・・・選択はふたつに一つ。私なら、ワクワクする方を選びますよ。

さて、それでは、まず先にグロリエルちゃんのお支度から・・心を目一杯込めて、始めることにしましょう。











by ekadantaya | 2017-06-15 15:42 | Trackback | Comments(0)

ほ~~っとひと安心。

昨日は大変緊張する午後3時、ネットでの発表をシノまで参加して家族で見守り・・・・
第二希望のウダヤナ国立大学に合格しました!安堵~~~~~。

第一希望のボゴールのIPB(ボゴール農業専門国立大学)には惜しくも至りませんでしたが、第二希望のウダヤナ国立大学農業技術科に合格しました。
そこで、彼女はバイオ化学を学び、4年生で文部科学省の留学生として日本で大学院に進む、というのが今後の目標になりました。

バリ島の農業事業を開拓することが出来たら、豊かな自然と共存し、神々や精霊達と共に暮らす伝統文化も守られる・・・・小さな頃から息子と娘にそんな話をして育ててきました。
それが一つの道になって、彼女の開けた扉に続くかもしれません・・・。

そして、何よりおばあちゃんが・・・他の島に行くのは反対でしたから、バリ島の中の大学で、車で2時間の距離、すぐ帰ってこれる近さでよかったよかった。

小さな頃からお世話になった皆様、子育てを応援してくださったお友達の皆様、アバビ村の皆様、今まで本当にありがとうございました。
どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

昨日は朝から夕方まで続いていた雨も、今日はすっかり晴れ上がり、庭掃除をして、犬たちを放して、娘は洗濯物を山ほど外に干しました。
私は明後日帰ってくるお兄ちゃんのために、真っ暗な早朝の市場に行き、豚肉の塊と丸ごとの鶏肉を買って、焼肉と豚ハム・鶏ハムを仕掛け、トマトシチューとトウモロコシご飯をランチに作っていただいたところです。

久しぶりに窓を大きく開けて、入ってくる優しい日差しにお人形達も喜んでいます。
b0161391_12095743.jpg

では、これからもう少し眠り妖精姫の仕上げをして、もしかしたらもう一枚のスカートの着替えを作ってあげるかもしれないのですが・・・写真を晴れた光で撮り直して・・・遅くとも明日の夜までには・・・オークションに出します。
この子の名前は、インドネシア語の「夢」にしようと思うのですが、ずっと前にMimpi(ミンピーちゃん)という大きな眠った子が生まれているので、この子はMimp(ミンプ)ちゃん、と呼びましょう。妖精らしい響きですしね。
b0161391_16435430.jpg
新しい世界へ移行していく子供たちの大きな夢がすくすく育ちますように・・・・。

それでは、オークション出品まで少々お待ち下さい。



by ekadantaya | 2017-06-14 12:32 | Trackback | Comments(4)

Sleeping Fairy と白い妖精王子の衣装が完成しました。

 ついに明日、娘の大学の合格発表の日です!

心を落ち着けさせるためには、毎日のお祈りと同じくらい効果的なのが、手仕事。 

ちくちく・・・一針ひとはり愛を込めて、Sleeping fairyと白い妖精王子の衣装を仕上げました。

Sleeping fairyの妖精姫は、近日中にオークションに出品予定ですが、まずは画像をアップします。

トップのブラウスはアンティークレースを縫い付けて、着脱できないようにしてありますが、スカートを2種類着替えられるように作りました。ドロワーズもセピア色のアンティークシルクで作りました。
そうして今回は、眠り姫のために小さなクッションを、アンティークシルクとアンティークレースモチーフで作りました。
ちくちく・・・レースを縫いつけていると、そわそわする心は落ち着いて来ます。

b0161391_16361898.jpg
アンティークシルクの生地で、小さいクッションを作り、そこに直接アンティークレースのモチーフを縫い付けています。

b0161391_16364784.jpg
ドロワーズを履いたところ。
b0161391_16374201.jpg

b0161391_16405002.jpg
お花の妖精らしいフレアースカート。
b0161391_16414673.jpg
眠る芋虫君も一緒です。
b0161391_16421552.jpg
寝相は悪い方が気持ちよさそう。
b0161391_16424582.jpg
b0161391_16430600.jpg
チュールレースのロングスカートは、ネグリジェみたい。
b0161391_16435430.jpg
b0161391_16441904.jpg
b0161391_16445243.jpg
b0161391_16452549.jpg

b0161391_16455379.jpg

白い妖精王子は淡いピンクのリネン生地でとんがり帽子とスーツを作りました。
b0161391_16071227.jpg
小さな白いポンポンをボタンの代わりに飾りたいのですが、まだ材料がないのでそのうちに。
b0161391_16073801.jpg
優しい妖精の王子様になったみたいね。
b0161391_16081456.jpg
この王子様の名前はまだ考えていないのですが、エルマちゃんとあまりにお似合いなので、9月の展覧会に一緒に出してあげようかなと思います。
b0161391_16084343.jpg
なんだか、離せない雰囲気。
b0161391_16094400.jpg


b0161391_16140084.jpg
そして、赤毛の妖精姫様2人は・・・小さなギルちゃんと少しのっぽのグロリエルちゃんも、姉妹のようでなんとなく手放しがたい二人なのですが、明日の娘の試験結果によって・・・・この二人も方向性が決まりそうです。
b0161391_16334143.jpg
なんだか、この4名はとっても可愛い。
b0161391_16340991.jpg

Cocoちゃんは、今朝4時に目が覚めて、ふと見たら唇の輪郭がはっきりしすぎていたので、またもや修正しました。
薄ピンクのリネンで、Cocoちゃんにも楽しいお着替えを作ってあげたいと思っています。
b0161391_16352960.jpg
カラネルちゃんは、衣装が一人だけシンプルすぎるので、もう一着、小さな妖精達に負けない衣装を作ってあげたい!

今年は特にとんがり帽子にはまっている私なので、カラネルちゃんもCocoちゃんも、やっぱりとんがり帽子で・・・・。

b0161391_16344379.jpg

それでは、そろそろ夕方。娘が犬たちを遊ばせながら庭を掃除してくれましたので、私はこれからヨガと筋トレ、そしてお風呂に入って、家中をお祈りしてまわります。(いつもは娘が夕方家中に供え物を置いてお祈りして回る役目なのですが、昨日と今日は特別に私が・・・。)
特に今日は、明日の試験結果発表のために緊張する心を思い切り・・・・神々とご先祖様に訴えて、強くお祈りしてまいります・・・。

















by ekadantaya | 2017-06-12 17:32 | Trackback | Comments(0)

妖精達の手足、ボディ完成。シノの庭はポポの楽園。


私にとって、手足を作ることは、深い集中で一気に描く水墨画みたいな作業です。
微妙な大きさのバランスで、お人形の全体の印象も変わります。
だから、お顔と同じくらいの表情も出ます。
まずは左右片方ずつ、てあしを焼いて、大きさをあわせて残りの一方も焼きます。

b0161391_22245448.jpg
b0161391_22310560.jpg
b0161391_22320329.jpg


b0161391_22313760.jpg

b0161391_22331445.jpg

そして、全体が繋がった妖精王子・・・。はあ~~と、ようやく自由になって、ため息をついているみたい。
b0161391_22335981.jpg
b0161391_22343322.jpg
b0161391_22345843.jpg
b0161391_22352260.jpg

妖精眠り姫はボディを胸まで布にして、腕も糸ジョイントで、くったりとすやすや眠る子供のボディに仕上げました。
小さなクッションを作って、ベッドにしてあげようね。
ドレスは夢見る眠り姫にぴったりな、アンティークチュールレースを見繕いましょう。髪の毛はあとでセットしなおしましょう。
編みこみがいいですね。
b0161391_22373890.jpg
b0161391_22380021.jpg
b0161391_22392915.jpg
b0161391_22405015.jpg

b0161391_22415477.jpg

さあて、この二人は今日から衣装の型紙を作り始めます。できれば、Cocoちゃんやカラネルちゃんの着替えの型紙もできたらいいな。
b0161391_22422675.jpg
あと5日、娘の大学試験発表・・・・ドキドキ・・・まるでドラムの音がどんどん大きくなってくるような我が家。
どの扉を開けることになるのかしら・・・・・。

b0161391_22434702.jpg
毎日娘が掃除やアイロンかけをしてくれているので、私は時間に少し余裕が出来て、大変久しぶりにアップルパイを焼きました。
バターがたっぷりの、カリカリのパイ皮は、大正時代のお菓子の作り方の本を見て失敗なく出来るようになりました。
(素朴なパイ皮の作り方:200gの小麦粉にお水を入れて練った生地を冷蔵庫で1時間ほど寝かし、冷蔵庫で冷やしたバターを180g、ラップにくるんで綿棒で伸ばし、生地も伸ばして真ん中に置き、三つ折にして、綿棒で伸ばし、また三つ折にして・・というのを10回くらい繰り返します。それだけで、本当に美味しいパイ皮になります。お砂糖も入れていないので、ミートパイや、チキンシチューを入れてポットパイにもできます。)
りんごにはシナモンがたっぷり。お砂糖は少なめに、こちらのゆずのような小さな柑橘類の絞り汁を加えて。

子供達が小さな時には手作りのお菓子もケーキも、ソーセージまで良く作りました。
その頃は、お人形は作っていなかったので、オーブンは子供たちのお菓子を焼くためにありました。

久しぶりに作ったアップルパイがとても美味しかったので、また1キロ体重が戻ってしまって、がっかり。
今日はご飯を食べないようにしよう、と思っても、ご飯を炊けば炊き立ての湯気につい手が伸びてしまいます・・・・・。


b0161391_22444887.jpg

b0161391_22442640.jpg
今日は昨日の夜から、今もずっと雨がやみませんので、犬たちは可愛そうに遊ぶことが出来ませんが、
晴れて日は毎日、おばあちゃんの母屋につながれているポポを朝・夕自由にして、2時間ほどシノと一緒に遊ばせています。
2匹とも、その朝と夕方の時間をとっても楽しみにしています。
特に、いつもは繋がれているポポは本当にまるで空を飛ぶような喜びで走り回ります。
可愛そうだけれど、おばあちゃんの犬ですからおばあちゃんが出来る範囲でしか生きられないポポ。おばあちゃんは餌をやることしか出来ません。放し飼いにする気もないし、離したと単に逃げ出して車に轢かれてしまいかねません。
かわいそうなポポは、年齢も判らない。ほぼ1歳か、それ以下、でも成犬に近い若い犬です。
人間の言葉もわかっていませんが、毎日シノと一緒に遊んでやっている間に、娘や私にとてもなつくようになって来ました。
b0161391_08154875.jpg
こうして一緒に走る様子は、白いボリーと黒いロッキーの2匹を思い出させます。子供達が3歳と2歳の時から、お兄ちゃんが小学校を卒業するまで9年間、私や子供達のそばを離れず守ってくれた2匹の大きなオス犬でした。
b0161391_08161571.jpg
ポポはシノとは違って、貧相なんですけどね。とっても小さな頭に、細い足、ごわごわの毛並み、小さくて消え入りそうな目。でも真っ白い鋭い歯が生えています。
b0161391_08173263.jpg
アップで撮ると、そう不細工でもないわね。毛並みは狸みたいですけど。広い庭をすごい勢いで走り回り続け、シノと取っ組み合いのじゃれあいを2時間も続けるので、おしまいにはさすがのいたずら小僧も息が切れてお疲れの様子。
ポポ君は、シノのおもちゃを投げると、真っ先に拾いに行って、全て自分の基地(庭の隅に決めてある場所)へ持っていってしまいます。
シノが加えているおもちゃも、口から横取りして、持って入ってしまいます。
それでも、シノは怒ったりしません。いいおばちゃんね。
ただ、おばあちゃんの飼っている放し飼いの鶏の親子が横切ると、ポポが追いかけて大騒ぎになってしまうところが困ったところ。
b0161391_08203303.jpg
5歳になったシノは途中で高いところに登って休んでいたりしますが、それでもポポを追いかけて、2時間まだまだ十分な体力のある叔母様って感じ。ゴージャスなシノの絹のようなウサギみたいに柔らかな毛並みはポポと遊ぶとドロだらけになるので、毎日ハーブスプレーをしみこませた濡れタオルで拭いてから、お洋服を着ます。
でも、シノはポポが来てとっても嬉しいみたい。
b0161391_08212985.jpg




by ekadantaya | 2017-06-08 09:31 | Trackback | Comments(0)

白い妖精王子と、赤毛の眠り姫。

小さな妖精の王子様と一緒に生まれたのはSleeping Fairy の眠り姫でした。
もう一人の王子様と思っていたお顔が、どうにもお顔のバランスが男の子ではなくて、作り直しました。

王子様は白いフェザーを髪の毛にして仕上げました。 眠り姫は赤毛のモヘアウェフティングで。


b0161391_22180573.jpg
白い妖精王子は、繊細そうな性格が生まれながらに出てきましたので、そのまま自然に仕上がりました。
b0161391_22190406.jpg
b0161391_22195508.jpg
b0161391_22203097.jpg
Sleeping Fairyの眠り姫は、王子様より少し大きめの太った子になりそう。
b0161391_22170835.jpg
眠ったくったり感が出るように、布ボディにして、腕を糸ジョイントにするつもりなので、首から胸まで作りました。
b0161391_22212769.jpg
b0161391_22223860.jpg
b0161391_22235839.jpg

さて、来週は2人ともボディが完成しますように。
b0161391_22245374.jpg


by ekadantaya | 2017-06-03 22:38 | Trackback | Comments(0)

小さな妖精王子2人のお顔。ポポとシノの新しい日常。 

今日から、6月。

娘の大学受験の結果もあと12日に迫りました・・・・。3つ可能性が待っています。
第一志望に合格したら・・・ボゴールの国立大学IPBのバイオ化学科。
第二希望なら、デンパサールの国立大学UNUDの農業バイオ化学科。
両方落ちたら、浪人ですが、しばらく日本のおばあちゃんと一緒に過ごしてから、予備校に通うと、娘は決めています。

私も娘の行く先が決まってから、色々な予定も立てられるので、今はとりあえずあせらずゆっくり丁寧に・・・毎日を娘と過ごしています。
未熟児だった赤ちゃんが、もう巣立とうとしていて・・・田舎の村ですから、大学は遠くで下宿することになるので、仕方ないのですが、年子で大変だった分、手を離れるのも一気でちょっと拍子抜け。

何年か前に、セリーと一緒にお人形を実に我が家に来たジェーンが、「手をかけて仕上げたお人形を手放すのは辛いでしょうけれど、子供達と一緒でいつかは親元を巣立っていくものなのだから・・・。」と、母性愛に満ちた瞳で語ってくれたことが思い出されます。
そのときは、まだまだ子供達は手が掛かって大忙しだったので、そんな日が過ぎにやってくるとは実感できなかったけれど。

う~~ん、お兄ちゃんがいないのになれたばかりなのに、娘まで巣立てば、生活が大きく大きく変化することになるでしょう。

それは、子育ての仕上げ段階。そしてこれからは、子供達がそれぞれの人生に羽ばたいていく姿を祈りながら見守る役目になって行きます。子供達のお世話で目一杯で、何も面倒を見ていなかった主人にも、ちょっとは手をかけて、恩返ししなくちゃね。

これから先は、お人形達にも、もっともっと手をかけてあげる時間が出来そうです。
Cocoちゃんには、日本から素敵な生地が届きました。
注文した日本製のリネンですが、とっても淡いピンクで、少しグレーが入っているような・・・優しい優しい色合いで、たっぷりダブル幅で4メートルほどあるので、Cocoちゃんのお着替え用のドレスと、私と娘のチュニックくらい作れそうです。


b0161391_19422282.jpg
そしてここ2日間、作っていた小さなお顔。
小さな妖精王子様のお顔が2人できました。

b0161391_19445626.jpg
性格の違う兄弟のような二人の男の子のお顔です。
b0161391_19575844.jpg
b0161391_19582571.jpg

ところで、一月ほど前から、おばあちゃんが母屋の方に繋いで飼っている新しい犬がいます。
シガラジャの弟夫婦が、生まれた子犬(と言ってももう1歳くらいなのですが)を持ってきて、誰かに上げようとしていたところ、おばあちゃんが欲しがって、もらうことになりました。
でも、おばあちゃんは繋いだまま、餌をやるだけで、大変かわいそうな状態なので、私と娘が毎日朝と夕方こちらの家の庭に離して、シノと運動させることにしたのです。
この黒いちょっとお世辞にも美しいとはいえない毛並みと小さな目の犬は、ポメラニアンの雑種で、名前はポポ。
男の子で、大変にすばしこくて、体力もあるので、シノは付いていけない時もありますが、毎日朝と夕方を楽しみにして、シノと一緒に走り回り、プロレスごっこをしています。
b0161391_19590635.jpg
シノも楽しみにしていて、5歳といえばもうそろそろ中年に差し掛かったシノちゃんですが、ポポと一緒に走り回って、毎日くたくたになるまで遊びます。
取っ組み合いの噛み合いもするので、お互いのよだれが付いて、毛が汚れてしまいますから、シノはお洋服を脱いで遊び、御家に入るときにはぬれたタオルで全身を拭いてから入らなければいけないという手間が増えました。
明日はポポをお風呂に入れてみる予定です。(おばあちゃんは犬をお風呂に入れたことがないので、明日は娘がおばあちゃんに犬の洗い方を教える予定です。)
b0161391_19594034.jpg
何回もおもちゃを投げて広い土の庭を思い切り駆け回ったあと、二人はおやつタイム。
ポポは小さいのにすごい食い気です。おもちゃも全部独り占めしてしまうすばしこいポポに、シノは時々あきれた様子。
b0161391_20004351.jpg
動き回るので写真がちゃんと取れませんが、今まで見た中では一番みすぼらしい毛並みの貧相なお顔立ちのポポ君です。
シガラジャでもケージに入れられたままで、我が家に来て彼は本当に幸せそう。
明日は午前中に晴れ間がありますように。ポポもシノもお風呂に入れる予定です。

b0161391_20010621.jpg
そうそう、明日はまた3日に一度の朝市。
5時には真っ暗な道を市場まで歩いて、紙に包んだお弁当を朝食用に買い、野菜を買い、新鮮な豚肉の塊と鶏肉、そして果物を買います。
それから家に帰って朝ごはんの支度。庭で取れたパパイヤを切って、バナナも乗せて、コーヒーを入れ、主人と娘が起きて来るまで私はヨガと筋トレです。
朝食後は犬たちの時間。おばあちゃんの母屋からポポを連れてきて、朝の大運動会。

庭掃除は私、家の中は娘が掃除して、私は料理を済ませてから、ようやくお人形達との時間。



by ekadantaya | 2017-06-01 20:50 | Trackback | Comments(0)