Nyepi君と赤ちゃんドラゴン、オークションに出品しました。

旧暦の静かな新年、Nyepiの日が終わって、来週すぐにまた来る大きな祭日Garunganの前に、オークションに出品いたしました。
Garunganの当日の4月5日までこちらに出ています。お時間のあるときにまたどうぞ覗いてやって下さい。



さて、それでは、Nyepi君、衣装も仕上がり、お供のドラゴンベビーも仕上がって、写真も沢山撮りましたので、オークションの追加画像です。ご覧下さい。

今回はめずらしく、着物のカラフルな古布を使って、男の子の小人さんの衣装を作りました。
とんがり帽子で、つなぎのズボンと首にちょっと飾り物を。木の赤いビーズをつけて、飾りました。

b0161391_11010568.jpg
b0161391_11250056.jpg
私にしてはカラフルなカラーコーディネイトではありますが、緑の熱帯雨林に住む、かえるみたいな配色かもしれません。
b0161391_11121549.jpg
ドラゴンちゃんはまだ生まれたばかりで、羽根も乾いていないオチビちゃんなので、眠ってばかりいます。
b0161391_11130223.jpg
Nyepi君は、賢く頼もしいドワーフの男の子。未来への冒険の夢は膨らむばかり。
b0161391_11133211.jpg

b0161391_11154442.jpg

b0161391_11185591.jpg
わ、こんな所に、良いものがいるぞ。
b0161391_11162483.jpg
この小さいドラゴンの赤ちゃんを大事に大事に育てれば、背中に乗って世界中を飛び回る事だってできる!
よし、この子は僕が絶対に守るぞ!!・・・と、野心的な動機から、ドラゴンの赤ちゃんを育てる決心をしたNyepi君でした。
b0161391_11173630.jpg

b0161391_11175975.jpg
さあ、Nyepi君の運命はいかに・・・・。素敵なご縁がありますように。
b0161391_11201119.jpg

b0161391_11204141.jpg
小さな花柄の化粧箱をチャンディダサのアスリーショップで見つけていくつか買ってきましたので、その一つに二人ともぴったり入る大きさ。衣装は全て着脱できるので、お裁縫の好きな方にご縁がいただければ、新しい小さなジャケットとか・・・色々と着せ替えも出来ます。
b0161391_11221435.jpg

ところで、一昨日、BIMAに研修生として配属された息子ですが、初めて写真を送ってきました。
小さな空港の管制塔ですが、息子にすれば初めて本物の飛行機を誘導した経験でした。
2機、誘導したと、感動してすぐLINEで写真を送ってくれました。先輩にとってもらったとのこと。
なんだか、本当に本物の管制官になったみたいで、家族中が感動。
でも、大学はあと2年間。研修で技能を磨いて、プロの管制官として巣立つまでにはまだまだ頑張らなくちゃね。
b0161391_11224351.jpg

b0161391_11231013.jpg

b0161391_11232687.jpg
夕べは、私の誕生日に、娘がまたサプライズでプレゼントをくれました。手作りの壁掛けで、写真をわざわざプリントしてきて、私と娘の写真だけ、昔から今まで飾ってあります。
思えば、もうすぐ娘も大学に入って、家を巣立つことになります。なんだか、心細いなあ・・・。
ちょっと今からドキドキする、子供達がみんな巣立ったあとの生活変化。
b0161391_11241022.jpg
ドーナツに、大きなこれでもかというくらいのはっきりとした数字。54か~~~~~~。さかさまにしてもまだ多いわね。
b0161391_11254390.jpg

それでは、3日後に始まるGarungan の準備。今日は町に行って、果物や冷凍のポテトフライやソーセージなどを仕入れてきましょう。ガルンガンの前日には親族が沢山帰って来ますから、私の任務は子供たちの食糧確保。

さて、すでに54歳になってしまったし、まずは無駄を省き、色々と落ち着いて、大事なポイントだけに贅沢に時間が使えるような賢さを身に付けて行きたいと思います。

どんどん、シンプルに。





















by ekadantaya | 2017-03-31 12:17 | Trackback | Comments(0)

Selamat Hari Raya Nyepi 2017

今日は朝から道路には車もバイクも走っていなくて、小鳥の声と子供達の遊ぶ声だけが聞こえてくる静かなNYEPIの日。

昨日の晩は打ち上げ花火と共に、オゴオゴの山車が沢山練り歩き、お祈りを済ませてみんな静かな旧例の新年に入りました。

オゴオゴは人々の欲望や穢れや罪の象徴。オゴオゴの怪物に寺で祈りを捧げ、火葬場にもって行って焼く、という行事がニュピの前夜です。

b0161391_15215620.jpg
そして今日は、静かな静かな一日。外に出てもいけないし、電気や火を使ってはいけないし、車やバイクもだめ。
バリ島はこの一日、本当に天国のように美しい島になります。

でも、好きなことをしてよいのですから、娘は羊毛フェルトをして遊び、私はお人形を仕上げました。

ちいさ~~~~い、小人さんの男の子です。
名前は、NYEPIにちなんで、ニェピでいいわね。本当にはニュピと読むのですが、字のとおりに、ニェピ君にしましょう。

b0161391_15490349.jpg
この子は本当に小さくて、13cmです。
b0161391_15434804.jpg
でもお顔がやけに、しっかり落ち着いているから、小人さんの少年ですが、中学生くらいかしら。
b0161391_15453689.jpg

b0161391_15364968.jpg

b0161391_15475010.jpg
お洋服は、また明日からね。
b0161391_15414965.jpg
他の妖精達と比べると小さいのが良く分かります。
b0161391_16025289.jpg

こうするともっとはっきり。やっと少し賑やかになってきたわね。
b0161391_16060418.jpg
今日まで息子の休暇やニュピの準備の勤労奉仕で毎日忙しくしていましたが、やっと明日からは落ち着いて家事も人形製作もできそうです。
10日間のお寺での供え物作り。途中お腹を壊して2日ほどお休みしましたが、今回もしっかり人々の中で泳いできました。


b0161391_15141964.jpg
b0161391_15145626.jpg

b0161391_15153880.jpg

b0161391_15162550.jpg

b0161391_15164556.jpg

b0161391_15175352.jpg

b0161391_15182521.jpg

b0161391_15184989.jpg

b0161391_15192654.jpg
お寺での儀式の前日は朝から大雨。それでも近隣の寺へ分担して供え物を持って祈りに行き、私もお祈りして来ました。
b0161391_15195963.jpg

b0161391_15202255.jpg
儀式の当日は夕方から寺に行く予定でしたが、家の前でオゴオゴを見たいのと、もう飽きちゃったのと・・・・おばあちゃんも許可をくれましたので、ニュピ前夜からもうリラックス。
b0161391_15205092.jpg
お兄ちゃんは、23日の朝、空港に送ってきました。
新しい制服に変わって、パイロット風の制服だったのに、ベレー帽のなんだか森林警備隊みたいな制服に嘆きながら、25日にはジャカルタからバリ島経由でスンバワ島のビマの空港に3ヶ月の研修に出かけました。
b0161391_15325806.jpg
3ヶ月、新しい経験、沢山吸い取って、また大きくなって帰って来てね。
娘もあと少しで大事な共通一次みたいな国家試験があって、推薦入学が第一希望の大学なので、ドキドキしながら猛勉強です。

今年は娘が大学に入ったら、私の友達がシノちゃんだけになちゃう。
いやいや、お人形達がいましたっけね。
b0161391_15343145.jpg
子供達みんな、明日に向かって頑張れ!
大人たちは愛しい今を大切にしながら、できるだけの事をして、地球の健康と平和を守っていくことができますように。
























by ekadantaya | 2017-03-28 16:22 | Trackback | Comments(0)

ニュピの祭りの準備始まる。自然光で取り直した写真。

今日は寺へニュピの祭りのための供え物つくり初日。朝8時に出かけ、11時半に帰ってきました。
朝の5時に3日に一度の村の市へ買い物に出かけ、朝食用のサフランライスのお弁当を3つ、そしてお肉と野菜を買いました。帰って来てそのまま鶏肉団子のサユールヒジャウスープを作り、お昼の準備もオッケー。
昨日からえさを食べず、具合が悪かったシノのために、買ってきたばかりの鳥レバーを茹でて、ミルクも用意しました。
シノに手で食べさせてみたら、どんどん食べるので、安心。シャワーを浴び、クバヤとサロンを着てナイフと椰子の葉っぱの束を持って、寺に行きました。
久しぶりに揃った同じ区域の主婦達はまあクラスメイトみたいで、半年に一回くらいこの区域の順番が回ってくるので、みんな忙しいけど楽しみにして10日間一緒に供え物を作ります。
ニコニコ賑やかに口も動き手も動きっぱなしの半日。楽しかったです。
b0161391_21040314.jpg
今日作ったのは数種類の供え物の入れ物や受け皿。全て椰子の葉っぱを竹ひごで止めて作ります。だからナイフは必需品。明日はいよいよ、供え物のメイン、聖なるお菓子細工作りです。楽しみ~~。

午後からは、Calenelちゃんのしたまつげと眉毛を繊細な極細の筆で仕上げたので、まだ日があるうちに自然光で写真を撮りました。

b0161391_20555742.jpg

b0161391_20580081.jpg

b0161391_20583481.jpg
微妙に八の字眉に片方がなっていますが、またあとで調節するとして、この目元が一番つぼにはまった実感があります。
b0161391_20591239.jpg
では、お洋服のデザインを真剣に考えましょう。
b0161391_20594616.jpg
妖精達のドレス。やっぱり自然光の写真でないと。
b0161391_21002127.jpg

b0161391_21010243.jpg

b0161391_21012019.jpg
ff
今日はエルマちゃんのドライフラワーを使った花冠が仕上がって、今ボンドの乾燥を待っているところ。
赤毛ちゃんは白いバラの花の髪飾りを作ってあげようと思います。
b0161391_21015753.jpg

b0161391_21025434.jpg

b0161391_21032090.jpg
雷を怖がって、娘の部屋に隠れていますが、シノはすっかり元気になったみたい。
明日はお兄ちゃんもデンパサールから帰って来ます。
休暇は残り3日間となりました。

明日の夕方は主人と一緒に車に乗って、息子を迎えに行こうかな。



















by ekadantaya | 2017-03-19 21:29 | Trackback | Comments(0)

妖精達のドレス。カラネルちゃんの目元・お顔のペイントまたもややり直し。ニュピの準備。

今日は土曜日ですが、丘の上の家に朝から一人で行って、エルマちゃんのドレスの仕上げをしました。

b0161391_19304246.jpg
今日は本当に美しい日でした。午後まで丘の上にいると、溜まった疲れもすっきり洗い流せる感じ。
b0161391_19305538.jpg

b0161391_19312870.jpg
夜なので、人工的な照明で、上手く撮れませんが、赤毛の女の子のドレスは張りのある白いアンティークの麻のような刺繍の生地を使いました。中にはしっかりした素材でペチコートを作ってあります。
b0161391_19321961.jpg
エルマちゃんは、髪の毛の色と同じカスタード色で。絹とチュールレースとアンティークレースを組み合わせたドレス。
b0161391_19324943.jpg
これから二人にはヘッドドレスを作ります。
b0161391_19333468.jpg
そして、カレネルちゃんは、また目元を作り直し、ペイントも全体的にやり直しました。
涙袋が厚ぼったかったので、すっきり元に戻し、目がまたパッチリですが、今度は自然な感じに。
ペイントも薄くして、そばかすはなくしました。
明日ごく繊細に、下まつ毛と眉毛を線描します。
b0161391_21515682.jpg

b0161391_21524222.jpg
オゴオゴ製作過程を隣のジャヌールノ家に勇気と見に行ってきました。
b0161391_19344649.jpg

b0161391_20362392.jpg

b0161391_21243064.jpg

b0161391_21361497.jpg

b0161391_21380547.jpg
b0161391_21390599.jpg

b0161391_21561889.jpg

明日から私は麻からお昼までお寺で村の主婦に混じって供え物製作の勤労奉仕です。28日のニュピ前日まで9日間続きます。



















by ekadantaya | 2017-03-18 23:00 | Trackback | Comments(0)

息子の休暇とニュピの準備でお人形制作がほぼストップ。

日曜日に、息子がジャカルタから帰ってきました。今回はちょっと短い休暇で、23日まで。
息子にくっついて、デンパサールのおじさんの孫、ボンユウがテスト休暇で3日間一緒に休日を過ごすことになり、賑やかで楽しい数日間を過ごしていました。
家事は3倍に増え、お人形を作る時間が殆ど取れず・・・でしたが、それでもほんの少し進めました。
Calenelちゃんのお顔と髪型。お顔はますます田舎娘風に・・・野暮ったくなったかもしれません・・
髪型も後ろの部分をお下げにして、ますます田舎娘っぽく・・・。ホビットの女の子みたいな、そんな感じになってきました。

b0161391_21435789.jpg

b0161391_21443979.jpg
b0161391_21494469.jpg
b0161391_21470565.jpg
ドレスはなんとなあく、イメージが沸いてきています。
b0161391_21513470.jpg
赤毛の妖精ちゃんにはまだ名前がないのですが、髪の毛を巻きなおして首のホールをもう一度調整しました。
b0161391_21535668.jpg
この小さな子はエルマちゃん。エルマちゃんはすでに花冠が作りかけてあります。ドレスのイメージもほぼ確定。
b0161391_21543408.jpg
少しづつ、進めていくから、気長に待っててね。まずはお兄ちゃんの休暇が終わって、ニュピが過ぎるまでは、本当に今月は大忙し。
b0161391_21551777.jpg
Cocoちゃんはお気に入りの道具箪笥の上に座ってます。
b0161391_21574347.jpg
髪の毛が乱れないようにかぶせてあるのはアンティークのレースの付け襟。色が白くてほっぺや鼻の頭が赤いから、Cocoちゃんを見ていると寒い国を連想します。あったかいカーディガンが編めたらなあ・・・。
b0161391_22012444.jpg

ところで、勇気兄ちゃんとの休日は、まずサヌールの日本料理のレストランから始まりました。
お寿司に茶碗蒸し、カツどん、焼き鳥盛り合わせ、魚フライ、秋刀魚の塩焼き・・・味噌汁に胡麻和え・・山ほどの量を、小学4年生のボンユウは見事に平らげ・・・初めての寿司も迷いなくお口に放り込み・・・
b0161391_22031693.jpg
ホイップクリームを盛り付ける係りが今外出中で、と、アイスクリームの量を倍にしますというウェイトレスが持ってきたのはデザートのパフェ。
これも完食。ボンユウと勇気のお腹は丁度同じ容量のようです。
b0161391_22053733.jpg
家に到着するとすぐに、お正月にニンニンが持って来てくれたお土産のガンプラを作り始める勇気。
ボンユウは趣味の粘土。
b0161391_22080491.jpg
硬くなった油粘土で、何でも作ってしまうボンユウ。
b0161391_22083782.jpg
ドラゴンと、豆粒みたいな騎士をあっという間に製作。
b0161391_22090201.jpg
勇気はせっかくのガンプラを2時間で台座まで完成させ、2個目もジャスト2時間で、夕食のあとに完成させました。
b0161391_22100425.jpg
そして、ここからが、勇気が取った写真。大きく見えますね。黒い細い線はカッターで溝を掘り、アクリル絵の具で黒く色を付けています。値段の高い大きなガンプラがそうなっているんだとか。
b0161391_22105521.jpg

b0161391_22123392.jpg

b0161391_22133092.jpg

b0161391_22142698.jpg
44
でもココからが私の取ったリアリズムな写真。
むむ、なんだこの危ない沼は??
b0161391_22150338.jpg
小針君が持って来てくれたゴールデンカレーです。
b0161391_22153468.jpg
勇気が2年間かけて完成させたアイアンマン。プラスティックのプリペイドカードを何十枚も使い、切り取ってパーツを自分で作って組み立てたアイアンマンは、私にとってある種の生命を持っているように見えます。
人間というよりは、ミイラとか、そんな感じの生命体なのですけど。
b0161391_22163284.jpg
むむ、不思議な飲み物が・・・・
b0161391_22170137.jpg
これはこちらでダルマンと呼ばれる素晴らしい飲み物。クロロフィルそのものを柔らかなゼリーのように固めて、椰子砂糖を入れたココナツミルクで飲む最高に体に良いデザートです。
b0161391_22172810.jpg
君達君達、喧嘩しちゃだめだよ~~~。アイアンマンは優しそう。ガンプラはやっぱり、ロボットにしか見えない。
でも、勇気は卒業して管制官になり、いつかお給料をもらうようになったら、ガンプラのでっかいやつを買う、という目標が出来たようです。アイアンマンをもう一度作ることはきっと一生のうちに二度とはないでしょうから、大事にしなくちゃね。
こちらでもガンプラは大人気のようで、中学時代に友人ではまっている子がいたらしく、勇気は欲しいけど買えないから、プラスティックカードで作ることにしたのだと憎らしいことを言っています。
b0161391_22180278.jpg
帰ったその日にオトナンという半年に一度のバリ暦の誕生日のお祈りをした勇気。
航空大学管制官学科の2年生になった勇気は、この休暇が終わって大学に戻るとすぐに、初めての研修に出かけます。
ロンボク島の隣の小さな島、ビマの管制塔に3ヶ月間の研修です。
b0161391_22185977.jpg
週末は、デンパサールの医者のおじさんの家にとまりに行く予定の勇気。目の検査と歯の治療、そしてデンパサールの医科大学にいるガールフレンドと日曜日にデートするのが目的。

今年の8月24日にはもう20歳になるのだから、なんでもしっかり頑張っておくれ。






























by ekadantaya | 2017-03-16 23:16 | Trackback | Comments(0)

Cocoちゃんのセピア色の夢みたいなドレス完成。

Cocoちゃんのドレス、インナーも完成しました。
ドレスは、アンティークのベビードレスをリメイクして作りました。
インナーはクリーム色の絹のやさしい色合いにアンティークレースのセピア色を合わせて作りました。

b0161391_10094326.jpg
Cocoちゃんの暖かな色の髪の毛にとても良く似合うセピア色。
b0161391_10171136.jpg
リメイクは、スカートの部分はそのまま使い、上の部分を新しくアンティークレースの組み合わせで作りました。お袖はパフスリーブに作り変えました。
b0161391_10115182.jpg

インナーは、昔のヨーロッパの幼児達が着ている写真が可愛かったので、Cocoちゃんにも繋がったロンパース風にしました。
これなら走り回っても大丈夫。でも、絹だから、お出かけ用ですね。


b0161391_10111451.jpg
ドレスの色が写真に取るとこれは少し濃すぎるし・・・
b0161391_10123878.jpg
こっちは少し薄すぎるし、この二つの写真の色の中間くらい。
b0161391_10131655.jpg
レースの切れ端をスカーフみたいに巻いても可愛いけれど・・・ボンネットがいいかしら、大きなリボンかな??
この先はまた後で考えましょう。
b0161391_10284065.jpg
この手には何かを抱っこしたそうなCocoちゃん。小さな素敵なお友達が生まれるといいね。

b0161391_10135474.jpg

昨日、無事ナンナちゃんとピンキー君が出発いたしました。
無事お手元にお届けできますように・・・・。そして、至らぬところもあるかと思いますが、小さな二人が、気に入っていただけますように・・・・。
このたびのオークションも沢山のウォッチとご入札、誠にありがとうございました。
b0161391_10300426.jpg

今日は朝から大掃除に大洗濯。明日息子がジャカルタの大学から帰ってくるので、空港に迎えに行くのです。せっかく天気が良いので、今日は計画通りに家中の窓を拭きました。
冷凍庫には、昨日準備した豚の角煮やハンバーグにチキンナゲット。作り置きしていればちょっと忙しいときも大丈夫。
我が家は家では子供達も主人も何も家事を手伝わないです。驚くほど何もしない。
娘は今受験生で丁度学校の大事な試験が続いていますからなおさらのこと。
でも、この上息子も帰って来て、家事が倍以上に膨らむのは、大変すぎるので、息子には休暇中は朝の庭掃除をたのみます。
そして今日は正しいインドネシア語で、お風呂場に、「みんなの生活が快適で清潔を保つことが出来るように、お風呂場を使った後はきちんと掃除をして下さい。タイルにはねた水はモップで綺麗にふき取って下さい。」と印刷した紙を貼る予定です。

夕べは急に帰国になった海のパパ後藤さんに御呼ばれして、美味しい塩鮭のハラスを沢山頂いたのですが、今朝やいてみたら余りにしょっぱい!ネットで検索して塩抜きの方法がわかりました。薄い塩を溶かした水に、タンニンの成分が入っているお茶(紅茶にしました)を入れて塩抜きすればうまみが抜けないとか。今丁度4時間経ちますから、そろそろ冷蔵庫から出して、一切れ焼いて見ましょう。









by ekadantaya | 2017-03-11 11:17 | Trackback | Comments(0)

Cocoちゃんのドレス製作中。丘の上の日曜日。元気のもとの話。

ちくちく、根気良くアンティークレースを縫いつけて・・・Cocoちゃんのドレスを製作中。
私のお気に入り、セピア色のチュールレースのアンティーク・ベビードレスを、リメイクしてCocoちゃんのドレスに作り変えているのですが、細かい手縫いの繊細な仕上げの古いドレスは、解くのも大変。そして、新しく作るよりもパズルをといていくような感じに形にしていくのが難しいのが、リメイクの楽しさでもあります。

b0161391_09195964.jpg
さあCocoちゃんにぴったりの大きさになりました。
b0161391_09204537.jpg
インナーは白いレース生地にするか、セピア色の絹を使うか、今ちょっと迷っているところ。トップとドロワーズが繋がった形の、可愛いインナーを今日から作り始めようと思います。
b0161391_09213118.jpg
Cocoちゃんは、このドレスを着て妖精達と一緒にいると、ピーターパンにネバーランドへ連れてこられたウェンディちゃんの妹みたいですね。
Cocoちゃんもカレネルちゃんや妖精達も、いくつかのお問い合わせを頂いておりますが、今年は娘の受験で秋の展覧会の前の7,8月は大変忙しくなると予想されますので、今から余裕を持ってまず展覧会のために仕上げていこうと思っています。
Cocoちゃんにも、とても暖かなお気持ちをいくつか頂き、ありがとうございます。9月のヒトガタ展へ、Cocoちゃんもカラネルちゃんも出席予定です。またもっと色々な子が生まれるかもしれません。その時にはお迎えを探すこともあるかと思いますが、その場合にはこちらのブログからお知らせさせていただきます。
お人形に関するお問い合わせは右上のメルアド(☆印を@に変えて下さい)へメールでご質問下さい。

明日はナンナちゃんとピンキー君のオークションも最終日。今日は箱を作ってお支度を始めましょうね。・・・またどんな方にご縁を頂くことになるのか・・・二人を好きになって可愛がってくださる方のところに行くことができますように・・・・。ドキドキ053.gif

b0161391_15263820.jpg
b0161391_09220532.jpg
それでは、みんな、今週出来る限り型紙は仕上がるように頑張りますから、もうちょっと待っててね。
勇気お兄ちゃんが日曜日には帰って来るから・・・ママはまた少し忙しいのです。
b0161391_09230470.jpg
日曜日は、子供達と森の道で合流し、散歩しながら丘を登ってきました。
そうしたら、小学3年生のナディが綺麗な蜘蛛を捕まえたのですが、噛むかもしれないから、草むらに放すように言いまして、写真をとりました。そしたら、携帯の設定がこんな風なエフェクトになっていて・・・まるで妖精の巣を写したみたい!蜘蛛はどこにいるのか見つかりませんが・・・。
b0161391_09234120.jpg
私の丘の上のエルフのお城。丘を登って、家が目に入る時、私は美しい別の世界の扉を開ける気がします。
b0161391_09243953.jpg
今回は、男の子達もやる気満々。
テラスに座って、庭の植物を写生しはじめました。
b0161391_09261450.jpg
ワヤン・スチプタが本気だぞ!
b0161391_09270210.jpg
う~ん、さすが。ワヤンはポレンの弟で、血筋なのかしら、とっても素敵な絵のセンスを持っています。
b0161391_09281245.jpg
彼が見ていたのはこのお花。遠くから見てもちゃんと描けるよい目を持っているのね。老眼の私には無理な芸当。
b0161391_09291330.jpg
この日はじめてきた女の子、6年生のプトゥ。とても楽しく3原色で色を創造する方法を学んでいました。
b0161391_09295135.jpg
男の子達はもう一枚。下の畑でモデルにいいからともらってきたタロイモの葉っぱを描いてます。
b0161391_09303967.jpg
早く終わった子達はジグソーパズルを楽しんだり、
b0161391_09310368.jpg
動物図鑑や絵本を見たり。勇気や絵美が小さい時の絵本や図鑑を少し丘の上の家に持ってきました。日本語の本が多くて、読んであげないといけないのが難点ですが、子供達はとても気に入ってます。
b0161391_09312259.jpg
今日の展覧会は見ごたえありでした。
b0161391_09321979.jpg
やっぱり、水彩は3原色であらゆる自然の色を作る、ということに魔法の楽しみがあります。
b0161391_09324209.jpg
子供達も、お掃除にたのんでいるワヤンも帰り、私はしばらく丘の上の風景を眺めながら一人でいました。

b0161391_09331699.jpg

b0161391_09335144.jpg
来週の日曜日は息子を迎えに空港に行くのでお絵かきはお休み。その次の日曜日も、ニュピの準備でお寺の勤労奉仕の順番が回ってきたのでやっぱりお絵かきは出来ない。なので、ニュピが終わるまで、ちょっと長いけどお絵かきはお休みです。
ふっと気が付くと、この家ももう21年になります。
まだまだ修理しなくてはいけないところがいっぱいなのですが、いつ来ても、本当に素敵なオーラに輝いている。
ロジャーが植えた庭の木々は大きく成長して、森になりそう。そして、ますます妖精達やエルフの存在が濃くなってきています。
b0161391_09343902.jpg
私は今月の終わりに、54回目の誕生日です!なんという数字!!54回もだなんて、びっくりだわね。
でも、私は10年前より、今の方が断然元気です。40代は、疲れていたわね~~そしてまだ子供達も手が掛かって、自分のことどころじゃなく、家事だって精一杯やってもぜんぜん要領が悪いし、おしゃれなんてまったくできない上にストレスでヘビースモーカーだったためにすぐ体調を崩したりお肌も荒れ荒れ。その頃、小学低学年だった娘が私の昔の写真と今を見比べて、「ママ、確かにこの写真はママだけど、今のママは違うわね。たとえてみれば、枯れた花みたいね。」と、ショッキングなことを言ったのでした・・・。

樹脂粘土でお人形を作り始めたのは46歳の時で、タバコを止めたのが丁度48歳の時だったと思います。それも、娘が毎日、学校から帰ってくると習ってきたタバコの害について繰り返し暗唱し、息子と共にトイレに禁煙のポスターを貼り・・・主人と二人で今だ、止めようと。
そこから、タバコはすっかり止めたのですが、娘が毎日買ってくる(ママのためだと)お菓子を食べていましたら、10キロ太りました。46キロが上限であった体重は、瞬く間に56キロ。それがちょうど父のお葬式の頃くらいでした。
再会した昔の友人達は大変驚き、時の流れを感じたのでしょう。あのやせっぽちの可愛い子ちゃんだった道代も年を取ると太ったおばさんになるのね、と。

そこから、食生活と運動を考え、日本に行くたびに酵素ファスティングで減量し、48キロまでは戻るのですが、こちらに帰って来て美味しいものを食べ過ぎるとまた53キロまで増えるという繰り返しでした。
筋トレもうっかり忘れると元の木阿弥。

でも、筋トレ(腹筋とスクワット)を習慣にするようになってから、体調は断然良好。疲れにくくなり、タバコをやめて2年目頃からお肌の調子も断然良好に戻り(というか何のケアもしなかった昔より、毎日フェイスマスクする余裕もある今が一番いいのではないかしらね。)
そして、今年のお正月、里加子さんから伝授していただいたヨガとの出会い。ヨガを朝食前、昼食前、就寝前、の1日3回、忙しい時は2回、続けて3ヶ月。(筋トレの腹筋はヨガの中に挟んでいます。)3食沢山食べても体重はまったく増えないままで、50キロジャスト。(秋の日本で2キロ減量計画を立ててます。)
そうして、風邪をひいてもすぐ治る、免疫力が増加している気がします。(ちなみに、父が傷がすぐ治るという体質で、私と息子の勇気がそれを受け継いでいるので、免疫力はもともとは強い方です。だから、こういう熱帯雨林のトロピカルな環境で、お腹も壊したことがないのかしら・・・。)
ヨガは、無理をしないし、とても気持ちが良いから毎日続けられるのです。あんまりきついことや疲れることはどうも長く続かない。そして一番重大なことは、呼吸。ヨガの呼吸は瞑想の呼吸であり、呼吸を意識してコントロールすることを続けていくと、日常の無意識の呼吸が意識的に感じられるようになる。
そして、姿勢。背筋を伸ばし、肩の力を抜いた自然な木のような姿勢。
呼吸と姿勢で鍛えられる腹筋、上半身の力は抜けて軽くなり、肩や首のコリがほぐれて血行がよくなる・・・確かに免疫力が増すというか、従来の健康のあり方に戻る。これはもう健康のためには禁煙以上の効果があります。
更年期で免疫力が落ちていると言い張り、運動をしないまま病気ばかりしている妹に、今年の里帰りではヨガを伝授するからね。

ちょっと、ほっぺのお肉が5ミリほど余分ですが、今の私は10年前よりピチピチ元気053.gif

b0161391_09350138.jpg

では、今日もお裁縫の合間にヨガ、頑張ります!
























by ekadantaya | 2017-03-07 10:58 | Trackback | Comments(0)

お花の妖精Nannaちゃんとピンキー・パサラン、オークションに出品しました。

おひな祭りの日に・・間に合った、先ほどナンナちゃんと森の怪獣ピンキー・パサランをオークションに出品いたしました。

来週の水曜日までこちらにいますので、どうぞお時間のあるときに覗いてみてやって下さい・・・・。



それでは、nannaちゃん、ドレスからアップ。
アンティークのとても優しいピンクのレースファブリックでドレスを作りました。リボンは手染めの絹のサリーを使って作りました。

b0161391_17151044.jpg

そうして、今回のお友達は、ふわふわの毛玉みたいだけど・・・・

b0161391_17153086.jpg
森の小さな怪獣。ピンキー・パサランです。
ケサラン・パサラン、という妖怪伝説は日本だけにあるのかしら?毛玉のようなふわふわの塊が宙を浮かんできて、幸運を運ぶと言われていますが、その親戚みたいな形なので、名前を半分頂きました。
ピンキーパセラン君です。
b0161391_17154814.jpg
ナンナちゃんとピンキー・パセラン君は似合ってますよね。色がお揃い。
b0161391_17162082.jpg
後姿。
b0161391_17172539.jpg
では、遊びに行こうか。
b0161391_17180914.jpg
まずは、シノと~。そうそう、ナンナちゃんとピンキー君は、私とシノちゃんみたいな関係かも。
b0161391_17185147.jpg
いつでもおそばに。
b0161391_17192414.jpg
そばにいると安心・・・。
b0161391_17195738.jpg

b0161391_17203030.jpg

b0161391_17205501.jpg
二人だと暖かくて楽しい。
b0161391_17212785.jpg

b0161391_17220426.jpg

b0161391_17222885.jpg

b0161391_17224862.jpg

b0161391_17233940.jpg

b0161391_17240766.jpg

Nannaちゃんとピンキー君にどうか素敵なご縁がありますように・・・・・。
b0161391_17243264.jpg
すっかり毎日太陽がご機嫌に輝いて、夜間ほんの少し雨が降る程度になってきました。

ということは、日本もそろそろ春ですね。
久しぶりにセリーとメールのやり取りをして、セリーは4月、思い出のイタリアへヘレンとビルと一緒に旅に出る計画をしていました。3ヶ月くらい、思い出のイタリアの土地を歩いてくるつもりらしい。
7月にこちらへ来る頃には絵美の受験の結果も出ていて、いよいよ大学進学の準備です。
そうして、娘も大学に入って下宿を始めたら・・・とうとう私は子供達のいない生活を始めることになる・・・。
20年間、子育て中心の暮らしをしてきましたが、ここからはまた別の、新しい生活が始まります!

正直楽しみであり、ちょっと不安でもあり、背中から羽根が生えてきそうでもあり・・・・・。

さて、お洋服を待っているお人形達もまだ4名・・・・。
b0161391_17245423.jpg

b0161391_17251447.jpg
Cocoちゃんからまずはインナードレスを作ろうと思います。

それでは、またしばらくお裁縫に集中。





















by ekadantaya | 2017-03-03 18:13 | Trackback | Comments(0)

太陽の光のエルフ・カレネルちゃんの太い足。雨季も終わりに近づいた丘の上の日曜日。

お日様の光のエルフ、カレネル・アングレックちゃんの太い足、完成いたしました。
ドールスタンドにしっかり立つ太い足。太すぎたかなとも思えますが、これでいいのです。このバランスで。

b0161391_20564608.jpg




b0161391_20570963.jpg

b0161391_20572891.jpg
腰掛けても安定してます。
b0161391_20575967.jpg
そうしてついに始まったお裁縫。アンティークレースとファブリックで大小4つのドロワーズから縫い上げました。
b0161391_20582665.jpg
カレネルちゃんは、優しい朝日みたいな感じね。
b0161391_20585005.jpg
妖精達も小さなドロワーズをはいて、嬉しそう・・・・。

b0161391_20591472.jpg
夢のドレスはまだまだこれから・・・・まずは一人ずつね・・・。
b0161391_21000121.jpg
一番先に作ってあげる予定なのは、一番小さな妖精ナンナちゃんのドレス。ドレスが出来上がったら、小さなお友達を作って、春の初めのオークションに出品予定です。再来週の日曜日、3月12日にはまた息子が休暇で帰って来ますから、その前までには仕上がりますように。
b0161391_21003201.jpg
今週の日曜日。
b0161391_21012454.jpg

b0161391_21015394.jpg
この頃5年生の女の子達が熱心に朝からやってきて、この日も長い間私が来るのを待っていた模様。
なので、せっかくだから、自然を見て描く、という体験をさせてみることにしました。好きな葉っぱやお花を庭から取ってきてね。
b0161391_21064928.jpg
女の子達は夢中で花を見たり葉っぱを見ながらゆっくりと線描をし始めました。いい感じの集中した透明な時間。こういう時間に妖精達が沢山この家に集まっている気配がします。
b0161391_21033375.jpg
すると、遅れて来た来た、男の子の集団。今日はなぜか申し合わせたように集団で来ました。
b0161391_21035152.jpg

b0161391_21040738.jpg
女の子が黙々と机を占領して写生をしているので、男の子達はテラスにマットを敷いて描くことに。
b0161391_21043693.jpg
女の子達にはじめての水彩画の指導をしていたので、男の子達のところにはなかなか見にいけませんでしたが、大きな太い声がして大笑いが聞こえ・・・ああ、中2のコマン・エディは声変わりね、と思っていました。
b0161391_21045493.jpg
ところが、どうも騒がしくて、額縁の絵を診ながら描いていた子が額のガラスを割ってしまったので、片づけをしにいきましたら、殆どの大きな子がミニヨンの漫画をとてもいい加減に描いていました。
いつも素晴らしい絵を描くワヤン・スチプタやサプートラまで。
ははあ、と思い、本当に絵を描きたくなった時だけここに来なさい、遊びたい時は思い切り外で遊んでおいで。と、ミニヨンの悪戯書きは持ち帰るように言って早々に帰しました。
いつもは男の子だけの時間ですが、女の子が入っただけでこういう変化をするのは、声変わりの男の子の影響かもしれませんね。
b0161391_21051120.jpg
ですから、この日の展覧会は、女の子達の葉っぱの写生と、小学3年生のナディが描いたニンニンとワヤンの絡まる花のイメージ、そして最近絶好調の小学2年、パケットとスリヤの想像した風景画のみ。
b0161391_21063164.jpg
学校では水彩画を各授業がないので、つきっきりで水彩の指導をしてみましたが、女の子達はすぐに飲み込み、とても満足した時間を過ごしました。来週は家で写生をして来て、ここで水彩の色の描き方を勉強すると言っていました。
でも来週は、男の子達も自由がばかりではなくて、課題を与えてみようかしらね。
b0161391_21055198.jpg
丘を降りて、下に行くと、主人が沢山の友人達と共になにやら作業をしている。
友人の儀式のために椰子の葉の敷物を作ってあげているのだそうです。
大工さんたちも呼んで、みんなで作業をしていました。
b0161391_21070501.jpg
大きな椰子の葉っぱは、一枚で編んでいけば、そのままござのように敷物にもなるし、建物の屋根にも使えます。
b0161391_21072858.jpg
いつでも思うのですけど、一番最初にこれを作った人というのがいるはずですけど、その人は本当に素晴らしい頭脳を持っていたのですね。供え物やちまき(クティパット)も椰子の葉を巧妙に編んで作るのですが、その編み方が限りなく存在する。習うのもなかなか難しいもので、覚えてもすぐ忘れちゃうのですが、最初にその編み方を発明した人の奇跡のような発想。
編み物も、折り紙も、いつもそう思って感動的なのですが、椰子の葉を使ったクラフトは、なんだかこちらの人たちが信じているように、自然の神々が降りてきて作り方を人間に教えた、というファンタジーがリアリティーを持っています。
b0161391_21074718.jpg
























by ekadantaya | 2017-03-01 21:58 | Trackback | Comments(0)