大晦日です。今年は大変お世話になりました。

大晦日。今日は朝からまた大きなケーキを焼いて、白桃ゼリーも作り、大忙しで料理を済ませ、さておばあちゃんの家のお堂の儀式・・と言う時間になってから大雨。

せっかく時間が出来たので、COCOちゃんの写真を撮りました。Cocoちゃんは、胸の部分と球体部分が焼き終わったところです。


b0161391_14232197.jpg
続きは来年ね。
b0161391_14233784.jpg

今日はこれから家で儀式のお祈りをして、ケーキや夕食用のお弁当も持って、シノもつれて、丘の上の家に泊まります。
真夜中のカウントダウンまで、毎年恒例の星の数と同じくらいに無限と思われる打ち上げ花火を、丘の上で眺めながら年を越すつもりですが・・・今は土砂降りのスコール・・・夜は晴れるかもしれません。
b0161391_14235470.jpg

明日の夕方、息子を送ってデンパサールの空港へ行きます。飛行機が時間通りに到着したら、夕方にはアバビ村に到着する藤田ご一家と新年のご挨拶ができるのですが・・・
今日は家族で丘の上から2016年への感謝と、2017年への願いを・・・

皆様、2016年は大変お世話になりました。

Happy new year 2017 ! 056.gif

2017年もどうぞよろしくお願いいたします。

ガーナベイビーズ
手塚道代






by ekadantaya | 2016-12-31 14:37 | Trackback | Comments(0)

お休みの途中ですが、隙を見てCocoちゃんをちょっと進める。


今年も残すところ4日となり、息子の休暇も元旦まで。
元旦にはニンニン一家がやってくるので、8日までお人形作りのお仕事はお休みにしようと思っていたのですが、今日はCocoちゃんを少し進めました。
お人形制作をお休みにして休暇をとっているのではなく、息子が帰って来て家族が休みに入るといつもの3倍家事が増え、忙しくて作る暇がない、というのが正しいです。でも、昨日から学校も始まり、娘も主人もいつもどおりの生活が始まりまして、息子だけゴロゴロしているので、ちょっと隙が捉えられました。

前から後で仕上げようと思っていた眉毛の形、そしてお顔のペイントの仕上げをして、お顔にあわせてボディのラフスケッチ、球体の大きさを決め、発泡スチロールをカットして紙やすりで整え、球体の芯を作りました。

Cocoちゃんの眉毛は、初めはちょっと角ばっていて、尻上がりで、ちょっときついような、怒ったような、文句が言いたいような、そんなお顔でしたが、この微妙なカーブにしたら、もっと沢山の表情をするようになりました。

b0161391_16495927.jpg
お顔の赤みも少し足して、鼻の下や目の下もほんのり赤く、北風の中を歩いてきたみたいにしました。
Cocoちゃんは白いサーニットも混ぜているので、いつもよりとても色の白い子です。
マクロレンズでアップに写してみましたら頬に白い筋がでているので、修正しなくては。
b0161391_16505416.jpg

b0161391_16510905.jpg

b0161391_16512679.jpg
発泡スチロールのボールをアルミホイルで包み、椰子の葉の芯を乾かした竹ひごのようなリディというもので一つずつ串刺しにします。
そして、丁度良く左右同じ大きさになるように粘土でくるみ、間接部分になる球体を焼きます。
b0161391_16515407.jpg
それから、ボディの各部分になりますが、まずは胸の部分と、両腕。
これはまた少しずつ、時間の取れるときに作っていきましょう。

ア、忘れないうちにほっぺの白い筋を修正しておかなくては。







by ekadantaya | 2016-12-28 17:18 | Trackback | Comments(0)

2回も焼いたクリスマスケーキ。

今年は24日と25日、2回もクリスマスケーキを焼きました。

昨日、25日は丘の上でオーストラリアから来た古い友人、キムとその娘ミラニーと一緒にクリスマスパーティーをしました。

素敵なアレンジフラワーはミラニー作。私が作ったケーキは日本から持って帰った白桃の瓶詰めと、生クリームとカスタードクリームで、卵とお砂糖、小麦粉だけのスポンジケーキを飾りました。ライチーのゼリーもプラス。


b0161391_13322428.jpg
b0161391_13373762.jpg
優しいキムはとても背の高いエルフみたいな女性。その娘ミラニーは、バリ人の父、ジャヌールの兄のマデ・カロンに似て黒い瞳に黒い髪、小麦色の肌、背の高さは低くも無く高くも無い・・・パパがとっても小さいので、大きなママと小さなパパの中間になりました。
ミラニーは絵美ととっても気の合う高校生。28日に17歳になります。
b0161391_13380133.jpg

ジャヌールの子供達や近所の子供達を招待していたのですが、あいにくの雨で、なかなか現れません。
息子の勇気がいつもの仲間達を連れてきて、賑やかになりました。
b0161391_13384039.jpg
小さい子供達は雨なので来られないだろうし、お土産を届けてあげればいいから・・と、始めることにしました。
ケーキをカットするのは3日後にお誕生日のミラニー。
b0161391_13391141.jpg

ミラニーには照れて無口な勇気も、英語でキムが話しかけると張り切って答えて色々おしゃべりをしていました。
b0161391_13394210.jpg
絵美とミラニーはいつもフェイスブックで連絡し合ったり、手紙やプレゼントを送りあったりしていますから、とっても仲良し。
2つ年下のミラニーのほうが大人っぽいのですけど。
b0161391_13404077.jpg
ケーキの後はティルタガンガで買ってきた色々なオカズが乗ったホカホカご飯のお弁当。こちらでは紙に包んでくれるので、ナシ・ブンコス(包み飯)と言います。
食べ終わった後には勇気の親友トゥリーがギターを引いて、仲間達も機嫌よく何曲も歌い、雨はどんどん土砂降りになってから近所の子供達もやってきました。

子供達はケーキを食べて、お弁当の包みやお菓子をお土産に、雨が小降りになってから帰っていき、勇気の友人達は村の儀式があるので7時には土砂降りの中をバイクで帰りました。雨は8時を過ぎてもやむ気配は無くて、朝まで続くかもしれない勢いですから、キムとミラニーも丘の上の家に帰り、私達も家に帰りました。土砂降りのクリスマス・・・。でも優しい素敵な時間を過ごすことができました。
b0161391_13412417.jpg
クリスマスイブの24日は、ご近所のおじいさんが亡くなって、アバビ村の終着駅へ。うちの親戚もみんな帰って来て賑やかな2日間でした。
無くなったおじいさんは夕方、ヘッドライトが壊れているバイクで、よっぱらってもいて、右折してきた対向バイクのおじいさんとぶつかって、転んだ拍子に後頭部を打ち、初めはなんでもない様子だったそうですが、レントゲンを撮ってデンパサールの大きな病院に運ばれる途中の道で亡くなりました。

村のおばさんたちは、このおじいさんはいつも酔っ払ってふらふら蚊が飛ぶようにバイクに乗っているのではらはらしていたと言います。
対向車線からぶつかったもう一人のおじいさんは酔っ払っては居ませんでしたが、椰子酒を買うために右折したとたんの事故でした。

朝6時に大勢の人々と一緒にアバビ村の終着駅(焼き場)まで行進。

鉄の囲いとバーナーで小柄なおじいさんは小一時間で終了しました。
b0161391_13430893.jpg
綺麗に白い骨になったところを、人々が集まって、
b0161391_13434981.jpg
各部分の骨を種分けします。そうしてもう一度体に形にその骨のかけらを形作っていきます。魂の入れ物の人形なのです。
b0161391_14071005.jpg
最後には美しいブーケやかおりの良い香油や香水をふりかけ、お金も起きます。そこは日本の風習とも通じるところです。地獄の沙汰も金次第・・・なのかしら・・?
b0161391_14081538.jpg
おじいさんの長女がお骨をまとめて白い布に包みます。
b0161391_14084243.jpg
これが今、魂の入れ物として完成した包みです。
b0161391_14093729.jpg

お祈りを済ませ、大勢の人々が行進して川に行きます。
ここで、全てを海に返す儀式をして、終了です。
数ヵ月後、あるいは数年後に、一族の時間と費用の準備が整った時に葬儀の祭りをすることになります。
b0161391_14101481.jpg
孫達が、澄んだ小川の冷たい水で小魚を追いかけて遊んでいる・・・あのおじいさんがニコニコしてみている気がしました。
b0161391_14104780.jpg
陸運大学に入った従兄のパンジーも、4日ほど送れてジャカルタから帰ってきました。
パンジーは背が大きくて肥満児だったのですが、今では筋肉りゅうりゅうの引き締まった体形になり、ブラスバンドのアクロバットの練習で真っ黒に日に焼け、イケ面ゴリラのシャバーニに似てきました。勇気は耳と言い、毛深さと言い、体形もチンパンジーにそっくりです。
2年生になって、二人ともスキンヘッドから、てっぺん五部刈りに昇格したお祝いのクリスマスイブケーキも焼きました。
生クリームと、抹茶カスタードクリームで。
b0161391_14225790.jpg

そして、昨日のクリスマスの晩に頂いたすずめちゃんの幸せなお写真。
すずめちゃんはヒトガタ展のときに着替えを2着、そしてドラゴンを一匹お付けしてお迎えされたのですが、その着替えとドラゴン、出生カードを入れたかばんを置き引きされてしまった・・・という事件がありました。
そこで、すずめちゃんのお母様が手作りでお洋服を作ってくださることになり・・・
こんな可愛いカーディガンと帽子・・・
b0161391_14235342.jpg

b0161391_14242104.jpg
そうして、昨日、置き引きされた布屋さんがお店の前に袋のまま返されていたと、すずめちゃんの着替えのお洋服とドラゴンなどの入った袋を届けてくれたそうです。びっくり。
置き引きの人もそんな親切なことをするのですね。
でも、この暖かそうなカーディガンの方が、私の作った2着のドレスよりずっとすずめちゃんに似合っていると思います。

幸せいっぱいのクリスマス、どうもありがとうございました。


息子の休暇もあと5日。元旦にこちらにやってくる藤田ご一家と入れ替わりにジャカルタに戻る息子。
あさってはジャヌールがミラニーの誕生日のディナーに美味しいご馳走を作って、私達を招待してくれました。
29日にはミラニーとキムは丘の上の家を出てウブドへ移動。
大晦日の我が家は丘の上の家で勇気の友人達と共に恒例の大晦日各家々から上がる打ち上げ花火大会を見学する予定です。























by ekadantaya | 2016-12-26 15:36 | Trackback | Comments(0)

家族の年末休暇。ママは3割り増しの忙しさ。

17日のお昼、ジャカルタからお兄ちゃんが帰って来て、我が家の年末休暇が始まりました。
今年は、サヌールのメインロードに近い場所で、ペット同伴可のヴィラを見つけました。
2日間のサヌールの休日、家族揃って楽しんできました。

b0161391_22055645.jpg

b0161391_22062847.jpg
2ベッドルームでリビングキッチンとプール付きの新しいヴィラで、とってもリーズナブルなお値段。一泊1250000RP ですから、日本円にして1万円ちょっと。でも朝食はつきませんし、エキストラベッドもなしで、大人4人まで宿泊でき、ペットも無料で泊まれます。我が家はそこが一番大事な選択ポイント。シノちゃんが泊まれるヴィラでなければね。
b0161391_22372710.jpg
お部屋は1階を女子用(私と娘、そしてシノ)2階を男子用(パパとお兄ちゃん)にしました。
b0161391_22071138.jpg
お湯もたっぷり出るシャワーですが、おしゃれなバスタブにお湯を張ったら、お湯の色が茶色い。底に砂のようなものがたまる・・・。アバビ村の澄み切った飲める水道水とは文字通り雲泥の差だわね。この辺りでは、歯磨きも飲料水使用をお勧めします。
b0161391_22074068.jpg
部屋は快適。寝心地の良い清潔なベッドと、新しいエアコン、テレビも衛星放送のNHKが見られ、WIFIでインターネットもサクサク繋がる。
b0161391_22082067.jpg
シノちゃんはもう好き放題。
b0161391_22085548.jpg
プールのせいで、歩く時に気をつけないと落ちてしまうほど狭い通路なので、小さい子供連れには向かないと思います。
泳ぐにはちょっと狭いけど、何回も往復すれば、運動になります。
b0161391_22103999.jpg
歩いて5分ほどでメインロードに出ます。
暑いので、ジェラートを食べながら。
b0161391_22114633.jpg
日曜日しか開かない観光客用のマーケットが開いていて、ジャワ料理のスナックを買いました。
b0161391_22122775.jpg
この日のランチは、これで十分。ツナの入ったちまきや、シュウマイ、春巻き。
b0161391_22151980.jpg
夕方はサヌールの海岸へ。

b0161391_22130807.jpg

b0161391_22181135.jpg

b0161391_22194341.jpg

b0161391_22200647.jpg

b0161391_22204589.jpg




b0161391_22145265.jpg
美味しくてリーズナブルな浜焼きの店。
b0161391_22165709.jpg

b0161391_22163883.jpg
席に座ったとたんの花火で歓迎してくれたのは偶然かしら。

b0161391_22211760.jpg
来てびっくり。

b0161391_22213931.jpg
豪華な内容。蟹、ロブスター、えび、イカ、白身の魚の炭火焼、2種類のサンバル付き。ぺチェルもついてます。

b0161391_22221975.jpg
焼きたての新鮮なシーフードをおなかいっぱい・・・主人がビンタンビールと私がレモンビール、そして子供達がソフトドリンク。野菜料理が2品とご飯4皿。
b0161391_22224459.jpg
砂浜の上のテーブルで・・・・濃紺の海を見ながら・・・感激している家族の中にスマホで漫画を読み続けている奴がいる。
b0161391_22233331.jpg
主人が撮ったピンボケの素敵な母子写真。息子がヤギ科の動物耳で、私が美人に見えるわ。

b0161391_22240346.jpg
近所の子供達が学校の休みにやっているバイトだろうけれど、ガムランとバロンの真似をして、寄付を強請していました。
何のための寄付?と突っ込みたかったけど、可愛いからまあいいか。

b0161391_22244752.jpg

b0161391_22250481.jpg
お会計の時にびっくり。安すぎる!また来ようね。
b0161391_22255853.jpg
シノは一年に一回のヴィラではベッドの上に寝ることに決めているらしい。
家では、私のベッドの下に寝ています。
b0161391_22262457.jpg
どこででも、家族といれば、ママは忙しい。

b0161391_22270951.jpg
朝食は全て持ってきた材料で2日間手作り。
チーズとベーコンのジャッフル(ホットサンド)、生ソーセージのソテー、ベーコンスクランブルエッグ、コーンスープ(これは日本からもってきた即席)、ドラゴンフルーツ、マンゴーオレンジ、パパイヤ、イチゴのヨーグルトと生クリームがけ。コーヒーでも紅茶でも、日本茶でも。そしてミルクでもどーぞご自由に。
b0161391_22293353.jpg

b0161391_22280803.jpg

b0161391_22312507.jpg
歩いて5分の最短距離で何度も通った日本料理店「kokoya」。

b0161391_22322751.jpg
リーズナブルなメニューはお弁当。中身は数種類あって、36000ルピア。300円ほどです。
b0161391_22335586.jpg

さて、2日間のサヌールの休日はとっても快適で、ゆっくり出来ました。落ち着いていて便利なサヌールの町は、大人の休日には最高です。


アバビ村に帰ると、雨ばかりで、洗濯物に数日手こずりました。アイロンを1日2時間はきつい。
それでも昨日からお日様が頑張ってと応援してくれるようになって、なんとか片付きました。

そして、今日はクリスマスのパーティーのために町のスーパーマーケットに買い物に行きました。


b0161391_22350124.jpg

b0161391_22354117.jpg

b0161391_22364552.jpg

明後日23日にオーストラリアからキムとメラニーの母子が来ます。
25日には丘で、小さい子供達も呼んで、クリスマスの会をしよう、と計画しています。
私は大きめのケーキを作る予定です。
そして早くも、息子と私は1キロ、娘は2キロ、体重が増えてしまいました。明日から本気でセーブしないと!!

それでは、皆様も、素敵なクリスマスをお過ごし下さい。

Merry X’mas 2016 072.gif



































by ekadantaya | 2016-12-22 00:57 | Trackback | Comments(0)

なんとびっくり、こんなココちゃんが生まれました。

さあ、夕べ、色を焼き付けて、ウィッグもカットし、今朝まつ毛も少し付け足して、もう一度色を重ねて焼きつけ、生まれました・・・。
一晩中、名前を考えていたんですけど、
やっぱり、一番最初に思いついた名前にします。
ココ(COCO)と命名します。そう、あのココ・シャネルのココと一緒。

昨日アップした白黒の写真からは想像も出来ない子が生まれました。形は一つも変えていませんが、まるで別人。

結構、個性的な子で、眉毛の形が少しきつすぎるかな・・もう少しだけ丸くしようかな・・とも思っていますが、とりあえずこのままアップします。
人毛のアプリコット色のウィッグは、もう少し短くするかな・・おかっぱの長さによってもまた感じが変わるのですが、ドレスが出来てから最終的な長さも調節しましょう。

それでは、今年の最後、ぎりぎりに生まれたココちゃんのお顔です。

b0161391_13163457.jpg

b0161391_13170440.jpg

b0161391_13193109.jpg

b0161391_13215253.jpg
b0161391_13224926.jpg

b0161391_13244565.jpg

b0161391_13260461.jpg

b0161391_13271772.jpg


b0161391_13275754.jpg

さあ、これでお人形がいなくなって寂しかった我が家も大変賑やかになりました。ココちゃんの誕生でパッとお花が咲いた感じ。
幼い3歳ほどの女の子ですが、大変自分をしっかり持った聡明な子で、色々な真実をきちんと見抜いてしまいそう。
ココちゃんと一緒に、来年に向かうことにしましょう。

b0161391_13292287.jpg
明後日早朝にサヌールに向けて出発です。いよいよ家族の年末イベントに向かって準備開始。窓も磨きたいなあと思っていましたが、ココちゃん誕生までちょっと根をつめすぎて背中の筋肉が固まってしまいましたから、ゆっくり柔軟体操をして、大掃除は息子が帰ってきてから・・・手伝ってもらって、年内に済ませることにしましょう。
娘の風邪もなんとか治まってきたみたいですし、寝ながらスマホを見て、食欲旺盛ですから、太ってしまうでしょうね。
それでは、皆様も風邪など引かれませんように健康管理には十分気をつけて、素敵な年末・クリスマスをお迎え下さい。








by ekadantaya | 2016-12-15 13:56 | Trackback | Comments(0)

慌しくなってきました・・・もうすぐ家族の年末休暇。

先週から作り始めたお顔は、かなり難航しました。
まずは、今年に入って輸入したサーニットの粘土の状態が、今までにない位に柔らかくて、プロスカルプトと混ぜるともっとグニャグニャになって作りいくいな・・と思っていましたので、固まってぼろぼろになりかけている白いサーニット粘土を細かくして練りこんで見ましたら、そう時間が掛からず練りこめたので、かなりの量を白い粘土を混ぜてみました。
そして作り始めた大きなお顔でしたが、手に持って作っていると溶けて流れてきそうなくらいに余計柔らかくなってしまいました。
最初に作ったお顔は、使いたいウィッグには心持小さい気がしたので、もう一度作り直そうとつぶしてからと言うもの、ラビリンス状態に・・・。最後に細部の仕上げをしようとすると、気に入らなくなってまたつぶし・・・・最後の辺りには何がよいのかもうわけがわからなくなってきました。10回はお顔を仕上げたことでしょう。
これが、大きいお顔を作る時の私の困ったところで、一気に作っていく時と、作りこむときにどうしてもこのラビリンスに陥ります。

そうなると、夜も眠れなくなって、やめればよいのにまた挑戦すると言う具合ですから、大変な疲労状態になります。

案の定。
のどが痛くなって、頭痛に関節痛、微熱。耳鼻咽喉科のお医者様に行くと、のどの炎症からですね、と分かりきっていることを言われ、小さなお薬を飲んでもなかなか治らないので、今度は内科のお医者様に行くと、熱もないし、血圧も脈拍数も正常、のどが赤くなってるだけですね。と、今度は大きい抗生物質らしき錠剤を一日一個、そしてキャンディみたいになめるのどのお薬をくれました。
すると、3日ほどで治ってきました。

治ってきたので、また再開。今度は、仕上げよう、とだけ思ってまた新しい顔を作りました。
そして、仕上がったのがこの子。

古き良き時代の、西洋のおかっぱ頭ちゃんを私は作ろうと思っているのですが、この子はどんな子になってくれるのかしら・・・もう焼いちゃったから、このまま色を付けて仕上げてみましょう。
白い粘土を混ぜたので、抜けるように色白です。ペイントによってかなり自由自在に変わるお顔だと思いますからちょっと楽しみ。
まずは、小さな気泡の穴やそのほかの細部を修正してから、今日は淡く基礎メイクを施して見ましょう。



b0161391_14191950.jpg

b0161391_14193709.jpg

b0161391_14195872.jpg

b0161391_14201632.jpg

昨日は、Tinuちゃんと青虫君も無事到着のお知らせを頂き、ほっと安心いたしました。
そして、エステルちゃんとガネーシャの赤ちゃんも、無事お家にたどり着いたとのお知らせと共に、エステルちゃんの新しいお母様が手作りで編んで待っていてくれた魔法のカーディガンを着たお写真を頂きました・・・・。
寒い寒い日本に着いたら、アバビ村の熱帯気候の中で生まれたエステルちゃんが可愛そう、とおっしゃって、手編みで編んでくださったエルフのニットコートです。
色合いのおしゃれさも、形も、大きさも、エステルちゃんにぴったり!
ブーツの色も似合っているようですね。
本当に大きな愛情でお迎えいただきまして、ありがとうございました。
エステルちゃんも、Tinuちゃんも、飛び切り幸せな暖かなクリスマスを味わうことでしょう。
(このロングカーディガン、ものすごくおしゃれで、私も欲しくなっちゃいました。将来、もしも時間が出来たら・・・編み物を勉強したいと思います・・。)
b0161391_14213129.jpg

そして、ジャカルタの航空大学で寮生活を送る息子から、土曜日に届いた写真。
向かって右から三番目の耳の大きな子が私の坊やですが、2年生になって髪の毛をスキンヘッドにしなくてよくなり、後輩の面倒を見る立場に昇格し、笑顔がとっても大きくなっています。この日は休日を返上して、プダンポーラという剣を持ったアトラクションをしに呼ばれて先輩の結婚式に出たところです。
b0161391_14230522.jpg
ブラスバンドに入るか、近衛兵みたいな行進(・国旗掲揚・儀式)クラブに入るか、2つしか選択の余地は無いのですが、比較的負担が少ない行進のほうを選んだ息子は、休日にはよく結婚式に呼ばれて仲間達と出かけます。
これはインドネシアだけのことと思いますが、軍隊でもないのに、省庁系統の国立大学はみんな軍隊式の教育方法で統一されています。
制服は何種類も配布されて、政府の儀式や関係者の結婚式などに呼ばれて、装飾用に使われるのが、こういう公立大学のクラブなのですが、少々はお礼も出るらしいです。特に、ご馳走は嬉しいですねきっと。
b0161391_14233932.jpg
太ったのか、顔が逆三角形から長四角になって、日本のおじいちゃんにそっくりになってきたわね。耳は誰に似たのか・・・主人の家系にもいないダンボ耳です。
b0161391_14240687.jpg
さて、あと3日。お兄ちゃんが休暇で帰って来ます。
迎えに行くついでに、シノもつれてサヌールのヴィラで2泊の休暇を計画している我が家。
この大きな子のお顔を仕上げることが出来るかどうか・・・・明日からはお兄ちゃんの部屋もきれいにして、窓も拭き、サヌールのヴィラへ持っていく食料の買出しとか・・・・忙しいぞ!と張り切っていたら、今度は娘が鼻水と微熱。

あと3日・・・娘の風邪も治さないと!山盛りのアイロンかけも娘のお手伝いなしで今日こそ終わらせよう。

このお顔もなんとか色を焼き付けて、年内にお顔だけは仕上がりますように・・・・。









by ekadantaya | 2016-12-14 15:26 | Trackback | Comments(0)

新しい大きな子の面影。

新しい大きな子のお顔が今日うっすら出てきました。


b0161391_16583190.jpg

b0161391_16584464.jpg

ちょこっと、一気にここまで形になって、幼いけどちょっとだけ頑固そうな、しっかりした女の子のお顔です。瞳の色は深い海の色。

このまま、大事に仕上げてみましょうね。





by ekadantaya | 2016-12-10 17:03 | Trackback | Comments(0)

Luinmirちゃんも最終仕上げ。今年の仕事も〆に入りました。

今年最後のオークション、驚き桃の木のバトルで、2500を超えたアクセス数、118というウォッチの数字、そして、何より驚きは今まで最高の落札金額となったTinuちゃんと青虫君。
途中でもう見ていられなくて、これはもう私がどうこうできる問題ではないし、欲しいと思う心はお金があったら100円も100万円も変わらないのが人間だし・・・それがオークションと言うものですと、開き直って見ていました。
時には、思いもしない品物が何万ドルにもなってしまいます。
そこまでは行きませんが、Tinuちゃんに何かを感じて、熱心にご入札いただきました方々に厚く御礼申し上げます。
でもどうぞあまり興奮されて、われを忘れて後で後悔・・などしませんように、オークションは冷静な大人の楽しみとしてご参加下さい。

そして昨日、Tinuちゃんと青虫君、そしてエステルちゃんとガネーシャの赤ちゃん、すずめちゃんの出生カードを持った大きな青虫君も・・・それぞれ幸せなお向かい先へと出発いたしました。
クリスマスの時期で混んでいるかと思いますが、どうぞ無事にクリスマスまでにはお届けできますように・・・・・!!
お手元にお届けできるまで、今しばらくお待ち下さい。

いきなり寂しくなった我が家には、大きな青虫が一匹と、青い宝石と言う名前のLuinmirちゃんのみが残っています。
Luinmirちゃんにはアメリカの熱心なコレクター様ををはじめ数名の方にお声をかけていただいておりますが、取りあえずはこの子しか今手元に無いので、他のお人形達がが生まれてくるまではお家にいさせようと思います。
この子は色々と顔が変わりウィッグも変わった子で、美人で整っていますが個性が薄いような子で・・・今までちょっと中途半端に仕上げていましたところ、メイクをやり直すと、ちょっと見えてきた薄い個性があります。

眉毛の形を変えました。それで、Luinmirちゃんはこういう性格の女の子なのだと分かりました。
b0161391_09473512.jpg
整った美人顔の子ですが、大人しくてあまり前にでたがらないから、藪の中の野の花みたいな子です。
こういう子が、クラスにいました。トミちゃんです。
トミちゃんは、内側に強い情熱を持っていて、芯が強くて頑張りやさんなのですが、整いすぎた美しいお顔はまるで草食動物のような、小鹿みたいな、美しさのベールに隠されて無表情で透明な存在に見えてしまうので、周りの人々と別の次元に存在しているかのようでした。

そんな子がいたことを、この子で思い出し、小さな花冠も作ってあげました。
b0161391_09475643.jpg

b0161391_09485477.jpg

ルインミアちゃんは爪先立ちなので、ちょっと小さすぎるドールスタンドに立たせたら足先がすべって安定しないので、見えない部分の腿の辺りをリボンでドールスタンドに結んで安定させています。
b0161391_09482107.jpg

髪の毛は、チベットラムの毛質がこのサイズの子には丁度良く、柔らかでふわふわで、しかも絡まらないという所が気に入っています。
b0161391_09483851.jpg

ルインミアちゃんは、年明けのオークションに出そうかな、と思っていましたが、年末と新年にかけてかなり忙しくなりそうですので、もっとゆっくり、沢山のお友達が生まれてきてから考えることにします。
この大きな青虫君は・・・もっと大きなお人形の誕生を待っています。
b0161391_09491709.jpg

私が今持っている素敵な人毛のウィッグが一つ。
日本のかつら屋さんで製作された大変に素晴らしい人毛ウィッグです。
この髪の色・・・ドキドキするイメージが沸きそうなので、出来たら今年中に一人、幼い女の子のお顔を作ることが出来たらいいな・・・と思っています。
でも、9日後には息子もクリスマス休暇で帰って来ますし、ほんの少ししか時間がないのですが・・・・
とりあえずは、今日から粘土を練っておきましょう。
b0161391_09493344.jpg










by ekadantaya | 2016-12-08 10:34 | Trackback | Comments(0)

Estelちゃんの衣装完成。その他色々仕上がり。日曜日の子供達。

待ちに待ったスナップボタンが届いたのは金曜日。
週末は色々なものを仕上げることが出来ました。

まずは、Estelちゃん。 エルフ語で望みちゃんと言う名前のエステルちゃんは、髪の毛はもじゃもじゃですし、早く走れそうなブーツをはいていますが、ドレスは優しい白いお花のような雰囲気に仕上がっていますし、背中にスナップボタンをつけて仕上がったドレスに合わせて、花冠も作りました。小さなブーケのブローチは、寒くないようにと、新しいママがせっせと編んでくださっているエルフの上着ににあうかしら・・。これで、エステルちゃんは待っていてくださる方の元へ飛んでいく準備が出来ました。



b0161391_08201137.jpg
それでは、花冠を付けて、写真を撮ろうね。


b0161391_08135095.jpg
柔らかく軽いアンティークのコットンで、このまま飛んでいけそう。
b0161391_08141721.jpg

b0161391_08144810.jpg
走るには邪魔になるドレスの丈。走りたい時にはこうしてしまえばいいのですね。
b0161391_08161627.jpg

b0161391_08163488.jpg

b0161391_08164757.jpg

椅子はいつものマキシム様のご主人の作品。この前日本で入手させていただいた小さな椅子は、今度の展覧会に使おうと、実家に置いたままですので、大きな椅子に浅く腰掛けてみたエステルちゃん。椅子が大きいからおとなしくは座っていられません。
b0161391_08171143.jpg

b0161391_08191237.jpg

b0161391_08195384.jpg
さあ、日本は素敵な季節。憧れの雪も見られるかしら・・・素敵なママと、暖かなお部屋で、クリスマスが過ごせるのかしら??
夢いっぱいにエステルちゃんは出発の準備です。

b0161391_08365805.jpg
Luinmir(ルインミア)ちゃんもスナップボタンでドレスが仕上がりました。そでぐりを詰めて、タックももう少し深く取り、ボディにフィットさせてドレスが完成。この子はもう少しお家にいましょうね。ガーリーなボンネットを作ってあげたい。
b0161391_08203596.jpg
それから・・・モスラの幼虫がもう2匹生まれています。今度の2匹は少々大きめ。
b0161391_08211099.jpg

一番小さい子がTinuちゃんと一緒の子ですが、後の2匹はまた別のことお友達になる予定。
b0161391_08213285.jpg
うう~ん、ころころ、すやすや。
b0161391_08215914.jpg
 
Tinuちゃんと青虫君のオークションは今日の夜まで。もう今迄で一番多いウォッチとアクセス、しかも最初から飛ばしきったご入札のバトル、なんだか目をつぶってしまいます!!今日の夜はドキドキすぎるから・・・最終時間まで見ないことにしておきましょう!!
とりあえず、心を込めて出発のお支度をしましょう。
b0161391_08223247.jpg

実は、出生カードを3枚、作りました。
b0161391_09004780.jpg
すずめちゃんのお母様が、出生カードとドラゴンを外出先で無くしてしまわれて、もう一度と言うご希望でしたので、ドラゴンの変わりに青虫ちゃんをご希望になって、特別のオーダー製作で一匹飛んで行きます。
b0161391_08225675.jpg

さあ、クリスマスの間に合うかしら・・・・みんな揃って今週中に飛んでいけますように。
そうしたら、Luinmirちゃんと大きな青虫ちゃんしか残らないから、ちょっと寂しい年の瀬ですが、17日まで新しいお顔をいくつか作り始めようと思います。
b0161391_08233249.jpg
このところ、雨季の雨の中休み。そのせいなのか、気候がまた急に寒くなっています。暑かったり、寒かったり・・・・。
昨日は、少しまた風邪で頭痛がするので、丘に行くのが億劫だったおですが、子供達の意欲のある顔を思い浮かべるとそうも言っていられず・・・娘にバイクで送ってもらい、丘の上の家へ。
b0161391_08305033.jpg


b0161391_08302751.jpg
8時だというのにもう沢山の子供達が来て絵を描いています。近所の若い主婦のワヤンに週に一回掃除をたのんでいますので、ワヤンが先に鍵を開けて掃除をしているから、子供達は7時には集まって中に入り、絵を描き始めているのです。

b0161391_08311648.jpg
この日はワヤンも用事があって、早く帰るというし、私も頭痛がするし、なんだか体中がきしむ感じですし、早く終わらせてもらったのですが、次々と子供達が遅れてやってきます。
小さな紙に描くことにして、終わらなくてもまた続きは来週、ということにしまして、1時間くらいでみんなが帰るようにしましたが・・・
やはり、子供達の絵は素敵だわ。
いつも、テーマを決めるのを嫌がるので自由に描いていますが、子供達は前に描いた素敵な作品を選んでお手本にしたりするのが好きなばあいもあるし、どんどん自分で描きたいイメージを持ってきて描いていく子もあります。
今日は、先週ワヤン・アデティアが描いた森の象の絵が人気。
b0161391_08314068.jpg
小さな子は3歳から大きな子は中学2年生まできます。
b0161391_08322198.jpg
一番右の絵が中学2年のエーカーの描いた絵で、左の2枚はいつもお付の子分みたいな2人が描いた絵。この2人は忠実にエーカーの真似しかしません。愛情の質がまったく違う絵なんだけど。この3人の力関係だけはよく分かります。
b0161391_08323945.jpg
久しぶりに来たドウィとエーカーの弟グントゥルが選んだのは先々週に来たポレンの弟ワヤンの描いた花の絵。
これはお兄ちゃんのポレンが描いた絵をお手本にして描いたのですが、それをまたお手本にして2枚の絵が出来上がりました。
そっくりでなくて、個性がちゃんと出るというのが、こどものアーティスティックな部分。
b0161391_08325439.jpg

再来週は息子がジャカルタから帰ってくるので、家族の休暇にサヌールのヴィラに2泊予約を取ってありますから、来週はしっかり子供達に絵を描かせてあげられるように、体調を整えておかなくては。
b0161391_08331429.jpg





























by ekadantaya | 2016-12-05 09:22 | Trackback | Comments(0)