ヒトガタ展のための新しいレンズ。

丸ノ内オアゾ、丸善ギャラリーで、ヒトガタ展は開催中。
お人形たちは頑張ってみんな会場にいるというのに、私はここ2日間色々な用事で忙しく歩き回っていました。

まず、カメラのレンズが壊れたままなので、写真がろくに撮れず、急遽新しくレンズを買いなおしました。

会場の様子、様々な作品の写真は、ドルスバラードさんのHPに早速アップされておりますので、どうぞこちらをご覧下さい。
バラエティあふれる様々な作品が一堂に集まった、見ごたえのある展覧会になっています。
ヒトガタといえども、まるきり違った宇宙と言うか、それぞれ世界がまったく違っています。

10月4日の火曜日が最終日です。最終日は4時に閉館ですのでご注意下さい。

人形の専門店ドルスバラード

ドルバラノート/ウェブリブログ

Amazonで昨日買った新しいレンズがついさっき届き、早速試し撮りをして見ました。
作り始めたリジャサちゃんの花冠とエルフ少女の為のドレス・・・。
b0161391_210256.jpg


b0161391_211392.jpg


b0161391_212991.jpg


今は夜なので部屋の蛍光灯の明かりだけで撮りましたが、明日は自然光で色々試してみよう。

明日は近所の歯医者さんにメンテナンスが必要かどうかの歯の健康診断をお願いしに行き、明後日のための準備も整えましょう。
そして、リジャサちゃんのドレスと花冠を進めましょう。

それでは、日曜日、お約束している皆様、お会いするのを楽しみに会場でお待ちしています。

by ekadantaya | 2016-09-30 21:21 | Trackback | Comments(0)

ヒトガタ展初日。断食も解禁。すずめちゃんとInesちゃんの感動のお迎え。

昨日、午後3時に八重洲口に隣接するビジネスホテルへ妹とチェックイン。
嵐が来ても濡れずに丸ノ内オアゾにいける素晴らしい立地のホテルで毎回展示のときに利用していましたが、今年はツイン、しかも2段ベッドの部屋を取ってみました。

摩天楼に夕焼けが美しく、アバビ村ではやしのシルエットに替わるビルの群れをつい写真に撮る私。
アバビ村に20年も住んでいる私には、この景色は、大変珍しいものの一つになりました。あの明かりの数だけ、部屋があって、人がいっぱい仕事をしているのね。



b0161391_19410250.jpg
b0161391_19442384.jpg
展示では、大好きな・尊敬する・大先輩の・方々に再会し、とても嬉しい時間も過ごすことができました。
でもなぜだか、展示しているときには頭が真っ白な感じになって、展示台に立たせたお人形たちを省みることなく、ホテルへ戻りました。
いつものことですが、なんだかね、展示が終わってあの会場に自分のお人形を残していくときの心の空洞・・・。なんとなく、子供をわざと人の家の前に置いていくような・・・そういう罪悪感のような痛みのような・・・。私は逃げるように会場を後にしてしまいます。
そして例年通りに、心配で、朝まで眠る事はできませんでした。
なんという気持ちでしょうか・・・。

6時、朝のシャワーを浴び、支度を済ませて朝食を取りに地下2階へ。
この朝食のゴージャスさには、妹も部屋の狭さを差し引きゼロに出来ると納得。
これこそローカロリー、栄養バランス最高の納豆定食。マグロの新鮮なお刺身やとろろ、ひじきの煮つけ、お豆腐、お新香、味付け海苔、お味噌汁までついています。

前日まで2日間ファスティングをしていたので、これはご飯を食べる最初の回復食になりました。でも、小さくなっている胃は半ライスの半分でもう十分。
b0161391_20162560.jpg
さあ、完璧な朝食も取ったし、9時ぴったりに会場へ入るため、入り口で写真を撮って時間を潰す。
b0161391_19474845.jpg
b0161391_20062013.jpg

b0161391_06221584.jpg


入ったと単に、すずめちゃんが、一番の抽選券を引いた方に一番先にお迎えされたと知らされました・・・ああ、よかったね、すずめちゃん。抽選をして下さった方は大阪から来られた代理の方で、お迎えされたご本人はお昼過ぎに新幹線で会場に駆けつけてくださり・・・愛情いっぱいにすずめちゃんへの熱いお気持ちをお話してくださりました。本当に幸せなすずめちゃん、素敵なご縁をありがとうございました。
b0161391_20071228.jpg
b0161391_20065737.jpg
b0161391_20072700.jpg
b0161391_20083333.jpg
すずめちゃんのために、早朝から並ばれた方がもう一人いらっしゃって、ダブルに幸せな子になりました。お洋服は結局、白いブラウスとツイードのスカートにして、頭にはドラゴンを髪飾りの替わりに乗せています。
b0161391_20112999.jpg
そうしてもう一人、一番小さなInesちゃんが、お忙しい中朝来て並んでくださった素敵な方にお迎えしていただき・・・。
最高に幸せな時間を頂きました。随分長くお世話になっているのに、初めてお会いした感動の時間。
b0161391_20151299.jpg
2年ぶりにあえた親友うっちゃんと美奈子ちゃん、真紀子ちゃんと、妹の5人でチャイニーズレストランで秋のコースランチを、プライベートルームで堪能。本当に幸せなおしゃべりの美味しい時間でした。
b0161391_20165470.jpg
あんまり美味しかったので、このコースメニューを紹介。
丸ノ内オアゾ5F,中華料理レストラン・オーキッドの秋のランチコースです。

まずは、きくらげと焼き豚、レンコンのオードブル。
b0161391_20222365.jpg
次は熱々ジューシーなショウロンポウ。

b0161391_20225037.jpg
メインは3種、
尾付き蝦の2色ソース

b0161391_20231517.jpg
黒豚と栗の酢豚

b0161391_20235298.jpg
秋鮭のフリッター・ピータンのタルタルソースときのこ、かぼちゃの揚げ物。
b0161391_20242725.jpg
上海蟹味噌の中華パスタ

b0161391_20244350.jpg
コーヒーとデザート(ゴマ団子と杏仁豆腐マンゴソース)

b0161391_20245790.jpg
このランチコースはとてもリーズナブルで美味しいので、丸ノ内オアゾへお越しの際はぜひお試しになってみて下さい。
 *アンバーサリーランチコース お二人様より3200円(税抜き)中国料理 The Orchid ご予約は:03-3216-5001
b0161391_20273525.jpg
親友達やと妹と食べた断食明けのご馳走は最高に美味なものでした。

それでは、今日はこれから夕飯はなしにして、ぐっすりただただ眠りたいと思います。

丸善ギャラリーのスタッフの皆様、ドルスバラードの方々、今年も大変お世話になります。お人形たちを、期間中どうぞよろしくお願い致します。




by ekadantaya | 2016-09-28 21:30 | Trackback | Comments(0)

いよいよ、第11回目のヒトガタ展が始まります。

いよいよ、本日搬入・展示の当日になりました。
これから、お昼ごろに家を出て、東京に向います。

今年は、大船で人形教室を営んでいる妹に、展示の手伝いをしてもらうことにしましたので、2人で手荷物を持って、まずは東京駅のすぐそばのビジネスホテルへチェックインです。

いつも使うホテルですが、いつもはシングルなのに、今回はなんと、2段ベッドの部屋。東京駅の目の前でリーズナブルなお値段だから、ありですね。
搬入は夕方6時から。お人形たちもまたキャリーバックの中に入って、展示が終わるまで少し緊張気味です。

さて、明日は展覧会のオープニング。朝から抽選に並んでくださる熱心なお客様達に負けずに早起きして、会場にスタンバイします。
皆様にお会いできることを楽しみに、お人形たちも精一杯のお支度をして、今日の夜にはスタンバイです。

もう3度目ですが、DMを・・。

様々な分野の造形作品、「ヒトガタ」を見に、秋の丸ノ内にお散歩に来て下さい。

b0161391_07571036.jpg
b0161391_07572017.jpg

*私は初日の午前中(12時まで)、日曜日10月2日(午前10時ごろより)、最終日10月4日(最終日は午後4時終了いたします。)
在廊予定です。
(*注意:作家に対する差し入れ、贈り物は会場でお預かりできませんので、何もお持ちにならないようにお願いいたします。)

さて、昨日無事にアバビ村から妖精ポレンとベビードラゴンが到着のお知らせを頂きました。
そして早速、幸せなお写真を頂きました・・・。

ああ、懐かしい、あの子。誰??・・Who ?? そう、Whoちゃんです。
二人とも、なんて幸せそうなお顔をしていることか・・・・お人形の幸せな姿をみると、口元が緩みっぱなしです。
本当に幸せで不思議で素敵なご縁を、ありがとうございました。
b0161391_07574297.jpg

そうして、ぎりぎりですが、花冠も仕上がり、お支度も整った妖精の少女。「Ines」と命名いたしました。
イネスちゃんは、そのうちにオークションにと思っていましたが、大変お世話になっている方からのリクエストを頂き、
急遽会場に連れて行くことにしました。
SUZUMEちゃんの足元に、小さなドラゴンと一緒に、参加します。
b0161391_08014942.jpg
明日から10月4日の最終日まで・・・天候にも恵まれますように・・・・。
b0161391_08010337.jpg
皆様にお会いできることを楽しみに、お人形たちと会場でお待ちしています。

*私の携帯電話は日本で使用できませんので、外出先ではご連絡を受け取れません。
搬入展示・オープニングと、28日の夜までは東京にいますので、緊急のご連絡は丸善ギャラリーへお電話で伝言して下さい。

by ekadantaya | 2016-09-27 08:31 | Trackback | Comments(1)

帰国しました。展示の準備中。

昨日無事全員、実家に帰ってきました。

実家の二階が私の部屋。周りの景色はアバビ村にも劣らない緑ばかり。
早速部屋は展示の準備で散らかっていますが、気候もちょうどアバビ村と同じで、夕べはゆっくり眠れました。

b0161391_19023839.jpg
毎年、りかこさんが作ってくれるドライフラワーのリース。帰国と共に大きな箱が届き、今年も素晴らしいシャビーな色合いのアジサイのドライフラワーとリースが・・・。ああうれしい、アバビ村の丘の緑の中みたい。
b0161391_19120479.jpg
それでは、と、ベッドの上に板を置いて、展示方法を考えているところです。


b0161391_19030886.jpg
色合いを考えたら、白いドレスがいいかしら??
b0161391_19064159.jpg
白いブラウスとウールのスカートは苦労した分、好きだし、昭和の小学生みたいなんだけど・・。
b0161391_19040233.jpg
色合いはやっぱり白のアンティークカットレースのドレスかな。リボンの変わりにミニ・ドラゴンを乗せて。
b0161391_19080944.jpg
ああ迷う。明日いっぱい考えて見ます。
b0161391_19033777.jpg
妖精たちは二人とも立たせるかな、一人座らせようかな。
b0161391_19111016.jpg
もう一人のこの子は・・・どうしましょう、連れて行こうか行くまいか・・・・。
b0161391_19113629.jpg
さて、明日一日、まだ時間はありますもの。

by ekadantaya | 2016-09-25 19:25 | Trackback | Comments(2)

本日、日本に向かいます。来週、丸の内で。

ついに、帰国当日。
今朝は娘と同じに4時に起きて、朝食の準備。娘は早朝に起きて勉強するのですが、学校にもまだ薄暗いうちに出発するので、朝ごはんは6時前。

そして、庭掃除も丁寧に、マクサン(一族の寺)まできれいに椰子の箒で掃除して、汗だく。
今日に限って、アバビ村はまた朝から断水。文句を言いながらもバケツにおばあちゃんの台所の水瓶から水を汲んできて、お昼ご飯の支度。
料理の途中で水が出たので、洗濯機を回し、料理が澄んだら家の中を掃除。箒をかけて、モップで床を磨き、さあ、これで準備万端。

午後2時にダダプの運転で空港に向かいます。

b0161391_10393746.jpg
一足先に、妖精ポレン君とドラゴン君が日本に向かって飛んでいきました。
今回も大変多くのウォッチと大変熱い愛のこもったご入札をいただきまして、小さなポレン君が大きな幸福を頂きました。誠にありがとうございました。
お迎え先には・・実は懐かしいキュートなあの子が待っている・・・ということも嬉しいサプライズでありました。

b0161391_10402143.jpg

ぎりぎりまで、膝の関節を作るなど、すずめちゃんは色々手が掛かりましたが、2人の妖精と共にキャリーバックに落ち着いて座っています。
リジャサちゃんともう一人のエルフの女の子も作りかけのドレスとアンティーク素材と一緒にトランクの中で安心して眠っています。揃って、無事日本に到着しますように!
b0161391_10410666.jpg

毎年、かわいそうなのはお留守番のシノちゃん。
私がいないと、1週間はご飯をほとんど食べなかったりすることもあります。
娘も受験勉強で忙しい時だから、シノちゃんのご飯は前回と同じにパパが作ることになりますが、パパの手づくり犬ご飯は美味しいらしく、沢山食べたとか。

良い子にして、ちょっと待っててね。

b0161391_10413170.jpg

それでは、来週の9月28日水曜日から始まる「第11回 人形・展」の配置図です。
ガーナベイビーズのコーナーは会場の入り口を入って左側の窓側一番奥から2番目ですね。
去年は息子の入学式で帰国できなかったので、2年ぶりにまた素敵な方々にお会いするのがとっても楽しみです。
b0161391_10415935.jpg



それでは、再びDMをアップしておきます。お時間がございましたら、沢山のヒトガタ達に会いに丸の内オアゾへふらっとお出かけ下さい。
それでは、今年も秋の日本で、お会いできることを楽しみにしています。

b0161391_10422593.jpg
b0161391_10425059.jpg

by ekadantaya | 2016-09-23 11:10 | Trackback | Comments(0)

SUZUMEの最後のお願いを叶える。膝の関節追加です。

SUZUME・・・という名前のせいなのでしょうか・・・この子はまったくしゃべらない人形のクセに、要求が多い子で・・・。チュンチュンとおねだりをする。

もうすぐそこに帰国の日が迫っていると言うのに、すずめちゃんのことを見たら、何を考えているのか、いやでもわかってしまう私。

今回は、ミニスカートをはかせるし、大きく太く作り変えたアンヨは足首だけの間接で~~なんていうのは、すずめちゃんにしたら、不満族だったらしいとは、うすうす感じてはいました。

けれども、もうぎりぎりですから、そして立った姿も可愛いしね、と、お洋服を脱がせてお支度を始めようと座らせたら・・・「ママ、腰掛けることも出来る足にして!」と、すずめちゃんの心の声が・・・。

b0161391_15175473.jpg
それを聞いてしまったらもう、すぐに糸鋸を持って・・・お膝の間接を作り始めました。
息もつかずに作業した丸々2日間・・・。すずめちゃんのご希望通りに、太ったしっかり立つ足でも関節があって腰掛けることが出来る足に作り直しました。
b0161391_15181686.jpg
b0161391_15183358.jpg
スカートがミニなので、お膝の線が見えてしまいますから・・・一応赤ちゃん用の白いタイツも注文しました。
b0161391_15190426.jpg
でも、腰掛けてみるすずめちゃんは、やっぱり嬉しそうだし。
b0161391_15192801.jpg
b0161391_15195701.jpg
b0161391_15201510.jpg
足を投げ出して座っても、変わらず可愛いし。

着替えも3セット、革の靴と靴下、そして注文した白いタイツも・・・すずめちゃんは欲張りね。
b0161391_15215228.jpg
お供に白い妖精のカップルもつけて、さあ今日こそキャリーバックの中に入りましょうね。
b0161391_15221464.jpg


by ekadantaya | 2016-09-20 15:40 | Trackback | Comments(0)

みんな一緒に出発の準備。

昨日、無事クニンガンの祭りが終わり、ガルンガンからクニンガンまでの2週間、(日本で言うと、迎え盆と送り盆のようなもので、神々や祖先の霊が地上に遊びに来て、一緒にお祭りをする期間)休暇で帰っていた息子も無事ジャカルタの大学に戻り、明日月曜日からはバリ島も日常に戻ります。

そこで、今日から私も、お人形達のお支度に取り掛かりました。

まずは、丸善ギャラリーの人形展に連れて行くお人形達の出生カードを早朝4時に起きたとたんに作り始めて・・・それからコーヒーとお茶だけの軽い朝食を娘と。
そして、妹にもらった赤い大きなトランクを倉庫から持ってきて、埃を拭いて・・・・。

さて、金曜日まで後5日。しっかり旅支度を整えましょう。
b0161391_14410839.jpg
最初に、すずめちゃん。この子はほんとうにあれこれ迷って、最後まで手の掛かる子でしたが、出来上がってみると、こういう子でした。素朴な昭和の近所の友達みたいな少女で、髪飾りはなくてそのままで。3着の着替えを作りましたが、白いブラウスとウールのスカートのシンプルな姿で会場に立たせようかと思います。
b0161391_14245247.jpg
b0161391_14254286.jpg
b0161391_14261524.jpg
b0161391_14275123.jpg
b0161391_14283353.jpg
すずめちゃんは、身長60cm。首と肩、肘と手首、足首が球体関節で動きます。
付属品は3着の着替え、革靴、靴下、シュミーズとブルマーになります。

そうして、2名の妖精たち。
男の子はグイド君。森で迷ったら、心強い案内役になってくれ、危険から身を守る魔法を使える子です。
身長は25cm。首と肩がゴムジョイントで、膝が球体間接になっています。
小さな椅子や台などに腰掛けることも出来ます。
帽子、ジャケット、ズボンは着脱できます。
b0161391_14231067.jpg
女の子は、サマンサちゃん。身長は25cm。
首、肩がゴムジョイント、膝が球体間接です。椅子や台座に腰掛けることも出来ます。
サマンサちゃんは、とても賢いお花の妖精。彼女の魔法も大変強力です。
コットンのカットレース生地はフランスのアンティーク。ドロワーズとドレス、花冠は着脱できます。展示の時には小さな台に腰掛けさせようかな。
b0161391_14241063.jpg
b0161391_14243650.jpg
サマンサちゃんはモヘアを小さな紙のロッドで巻いて、トランクに入る準備です。

さて、今オークションに出品中のポレン君と赤ちゃんドラゴン。お支度を始めました。
出生カードももうすぐ乾きます。
b0161391_14285787.jpg
ダンボールの箱も、ぴったりサイズに作りました。
b0161391_14291696.jpg
はじめた時に、思わぬ失敗があって慌てましたが、変わらぬウォッチやご入札の数々、ありがとうございます。優しい方の元へ幸せなご縁で結ばれますように・・・・。

今回の帰国、じっくりと1ヶ月間時間を取りましたので、日本でまだ衣装が出来ていないお人形達を仕上げようと思います。
リジャサちゃん。あたふたとしてしまって、ドレスは大まかな輪郭だけしかできていませんが、やさしいやさしいエルフの少女のイメージは、この柔らかいガーゼのようなアンティークの布で出てきていると思います。さあ、一緒に帰りましょうね。


b0161391_14303035.jpg
b0161391_14304662.jpg
そしてもう一人のエルフ少女。名前はまだないのですが、とてもしっかりした個性の子で、一匹ドラゴンのチビちゃんがお供に生まれました。
ドレスはアンティーク素材でワイルドな感じに仕上げてあげたい。この子も、秋の日本で仕上げましょう。
b0161391_14310261.jpg
b0161391_14311802.jpg
ドラゴンのオチビちゃんは、大きくお目目を開けています。小さな小さな牙もあります。
b0161391_14322730.jpg
b0161391_14331875.jpg
小さな妖精の女の子にも、小さな眠った赤ちゃんドラゴンが生まれています。
この妖精の女の子もドレスの仕上げと髪飾りを日本で作りましょう。
b0161391_14355079.jpg
b0161391_14360827.jpg
b0161391_14362625.jpg
お人形達はみんな手荷物で飛行機に乗るので、キャリーバックに上手く収まるように・・支度をしましょう。



by ekadantaya | 2016-09-18 16:10 | Trackback | Comments(0)

妖精の男の子と小さなドラゴン、オークションに出品しました。

妖精の少年ポレンと小さなドラゴン,
先ほどオークションに出品いたしました。

*トラブル防止のために、やむなく今大慌てで最初のオークションを取り消しました。ご入札、ウォッチを頂いていた方々には大変ご迷惑をおかけいたします。040.gif

こちらが新しい再出品のオークションです。一日伸ばして、火曜日の夜までにしました。
帰国、ぎりぎりです。
★ ガーナベイビーズ ★妖精ポレンと小さなドラゴン★ - ヤフオク!

では、追加画像です。
b0161391_14361395.jpg
b0161391_14365373.jpg
b0161391_14381110.jpg
b0161391_14384126.jpg
妖精の少年ポレンは、16cmの大きさで、小さなスリーピング・ドラゴンは7cmの大きさです。
両方まとめて、手のひらに乗ります。

ドラゴンの赤ちゃんは、翼を針金と薄い革で作っているので、開閉します。でもまだ赤ちゃんだから、飛べません。
b0161391_14401166.jpg
b0161391_14403743.jpg
b0161391_14405364.jpg
b0161391_14412605.jpg
b0161391_14415196.jpg
b0161391_14421780.jpg
妖精ポレンは、帽子とジャケットがフランスのアンティークファブリックで、中にはいているサロペットは、絹の着物の古布です。全て着脱可です。
b0161391_14430558.jpg
b0161391_14433807.jpg
同時に生まれた妖精の少女も、日本に出発する前に仕上げてあげたいけれど・・・間に合うかな??
b0161391_14454576.jpg
今週はとても予定が詰まった、盛りだくさんの幸せの週になりました。まず、12日月曜日には、
チャンディダサでセリーと再会!
元気元気、少しすっきりして、美しくなったセリー。優しいヘレンとビルと共に、チャンディダサで午後のひと時を過ごしました。今度は26日からインドのラジャスタンに行き、5週間の一人旅。
そしてオーストラリアのお母さんの90歳の誕生日に合わせて、里帰りをする予定のセリー。
子供達が自立したら、私もセリーと一緒に旅に出る約束をしています。もう数年のことね。
b0161391_14442170.jpg
b0161391_14444684.jpg
息子の勇気は、2週間の休暇があっという間に終わって、明日は空港に送っていくことになっています。
今回はまあ、とってもゆっくりとして、趣味の工作も思う存分出来ましたね。良く眠ったし。
まあまあ良く食べました。

そして日曜日には一緒に丘の上の家に行き、子供達と、妖精たちと午前中を過ごしました。
b0161391_14465624.jpg

b0161391_15151649.jpg
子供達の大好きなジグソーパズルの絵を描いている勇気。ドラゴンロボットを描いています。

b0161391_15161300.jpg
勇気が2年もかけて(少しづつ作っていたのですが)使わなくなった携帯のプリペードカードを近くの店で買ってきて、切り取って曲げて貼り付けて、色漬けはまだですがほぼ形が完成したアイアンマンの手。ぴったりの大きさの手の人がはめると、手のひらの真ん中にあるライトがついて、手の甲にある色々なものが飛び出したりする仕組み。
これを見て大喜びしたのは丘に来る小学生中学年まででした。クリスマスの休暇には、塗装仕上げだそうです。
b0161391_15164891.jpg
b0161391_14473337.jpg
そして13日から、同じ運輸省の大学で、陸運大学に行った従兄のパンジーが帰って来て、
家族みんなで入学一年目のお祝い。息子と従兄のパンジーは徹夜で厳しい訓練の思い出話をしていました。
そして昨日、14日は村の寺で大きな祭りがありました。
村の中心寺(プラ・プサ)を新しく立て直したので、新築の儀式です。
炎天下の中、朝から夕方まで長い長いプロセスの中、今までを感謝し、これからを家族のために祈ってきました。
b0161391_14485659.jpg
b0161391_14501908.jpg
b0161391_14514743.jpg
b0161391_14521925.jpg

勇気は学校に帰ったら、来週には新入生が1ヶ月の軍隊式訓練を終えて入ってきます。
なので、上級生になって、面倒を見る立場に大きく変わる学校生活。
そういえば、入学式でやけにニコニコした親切な印象の上級生が、沢山近寄ってきたのを覚えています。厳しい規律の1年間が終わって、とっても嬉しかったのでしょう。

さあ、それでは、明日勇気を空港に送っていく準備。今晩もご馳走を作ろう!
(息子が帰ってくると、ご馳走ばかり作るので、太るのは私と娘です。)
そしてあと1週間、私も日本へ行く準備です。




by ekadantaya | 2016-09-15 16:44 | Trackback | Comments(0)

ガルンガンの祭りが無事終了し、すずめちゃん、支度が整いました。

すずめちゃんは、最後の最後にぎりぎりでしたが、髪型も決定し、ブルマーの下着姿も整いまして、
着替えも3種類、ガルンガンを迎えると共に日本に向かう準備も整いました。

すずめちゃんの時代が、今から45年位前~の昭和中期の少女・・そうですね、丁度私の小学校低学年ごろかな。そんな感じのおかっぱの長さに落ち着きました。
b0161391_17442569.jpg
結局、ブルマーとシュミーズ、靴下、革靴、白いアンティークレースのドレス、ンティークボンネットとアンティークレースのモチーフをあしらったリネンのミニドレス、ツイードのミニスカートと白いブラウス、という沢山のものを作りましたので、ここでまとめて写真をアップしておきましょう。
今回は、ミニスカートをはかせるので、お膝の関節はなくし、足首だけ間接で角度が変えられるようにしましたので、たちポーズも重心を変えることが出来ます。座った時は自然な感じに足先を伸ばせます。
b0161391_17445804.jpg
b0161391_17460621.jpg
では、まずはアンティークカットレースのコットン生地で作った白いドレスから・・。
b0161391_17464431.jpg
b0161391_17470787.jpg
アンティークのボンネットとモチーフをあしらったリネンのミニドレス。
b0161391_17475827.jpg
b0161391_17482204.jpg
b0161391_17485449.jpg
そして、ツイードのスカートと白いブラウスのすずめちゃん。
b0161391_17513066.jpg
b0161391_17495616.jpg
b0161391_17502346.jpg
妖精たちも準備完了です。真ん中の小さな女の子の妖精は、これから髪飾りと小さいお友達を作る予定。ヒトガタ展には、すずめちゃんと、両脇にいるグイド君&サマンサちゃんの3人が出席いたします。
b0161391_17524367.jpg
男のこの妖精とそのお供、スリーピング・ミニドラゴンは完成しましたので、写真を撮って来週火曜日か水曜日辺りにはオークションに出品しようと思います。
b0161391_17541408.jpg
ガルンガンの当日は、みんな車に乗って、朝ジャシーの海へ行きました。
丁度一年前、パ・サヴァの一族のオダ・スダアンとオダ・リンギット、オダ・ゲロの3人の偉大なアバビ村の魔女達のお葬式がありましたので、その仕上げの儀式として、一年後のガルンガンに海供え物を流す儀式をしました。

b0161391_17554798.jpg
b0161391_17550005.jpg
b0161391_17562766.jpg
パパの髭は真っ白になり、お兄ちゃんは大きなマデ・グヌンおじさんより大きくなってしまい、絵美も私よりずうっと大きな娘に育ちました。
b0161391_17583262.jpg


丁度今から一年前、息子が航空大学へ入学し、従兄のパンジーが陸運大学に入ったのです。
あれからもう1年・・もっと長かった気もしたりしますが・・ようやく、これで下級生を迎える2年生になります。

明日、1週間遅れて従兄のパンジーも帰って来ます。
またもやケーキを焼くことになりました。
娘はまたもや化学コンクールに出場でデンパサールに早朝でかけます。

明日は村の市がある日ですから、豚肉の固まりを2キロくらい買いに、朝5時には出かけなくちゃ。

by ekadantaya | 2016-09-10 18:37 | Trackback | Comments(0)

プナンパハンの日。すずめちゃんのブルマーとシュミーズを縫ってしまう。

今日はプナンパハン、ガルンガンの前日、明日のガルンガンに備えて、供え物の仕上げをしたり、ご馳走を作る日です。

昨日の晩に、都会から2家族が帰り、小さな赤ちゃんや幼児も含めて、総勢16名の大家族になった我が家。
ジャカルタから帰った息子の勇気と従兄のリヤンが結構上手にサテ(串焼きのスパイシーポーク)を焼き上げました。

朝の5時、まだ暗いうちから家族の男性軍が料理を始めます。スパイスを刻んで、肉を裁き、全ての料理が終わるのは午前9時過ぎですから、大掛かりな男達のご馳走つくりは4時間ほどかかりました。


b0161391_22270386.jpg
男の子の中で最年少のボンユウも小学校4年生になって、おじいちゃんのお手伝いでお肉を串に刺す作業も上手にできるようになりました。
b0161391_22272702.jpg
供え物は女の子達が、弟嫁のカデの指揮で仕上げていきました。

みんなでご馳走を車座になって食べたあとは、ベンジョールという丈の七夕飾りのような装飾を作ります。これも男達で、午後2時まで休まず作業をしました。
その間に、若い椰子の実を割って、中のジュースを飲んだり、柔らかなゼリー状の果肉を食べたり、のんびりとおしゃべりをしながら、作業が進む中・・・

私も作業を進めていました。
そう、隙を見て、縫い上げたすずめちゃんのブルマーとシュミーズ。


b0161391_22280467.jpg
すずめちゃんは、おかっぱの長さのせいで、私が小学校一年生くらいの時代の女の子になって、
それならあの懐かしい、ブルマーをはかせなくては!と思ったのです。
体育の授業の時だけでなくて、下着の上に常時はいていたのは、流行と言うより、パンツ見えても困らないから・・という小学生なりの身だしなみみたいなものだったのを覚えています。
b0161391_22283641.jpg
ですから、これがすずめちゃんの下着姿ということになります。
そして、小さな妖精たちもほぼ衣装が完成しました。
b0161391_22290753.jpg
b0161391_22293054.jpg
エルフの少女達は、まだまだ仕上げには遠いのですが、なんとなくイメージは形になりそうな気配。
b0161391_22300911.jpg
この小さな赤毛の少年には、小さなお供を作ったら、オークションに出してあげる約束です。
b0161391_22304431.jpg
先ほど、母屋で子供達全員がナタブという無病息災の儀式を終え、みんなで賑やかに夕飯を食べ、
b0161391_22310138.jpg
遊びまわっていましたが、そろそろ子供達はばたんきゅ~と、眠りにつきました。
大人たちはまだ母屋のバレグデで、おしゃべりを楽しんでいるようですが、私はブログをアップしたら、やっぱりばたんきゅ~します。
b0161391_22312055.jpg
明日のガルンガンはまた5時に起きて、シャワーを浴び正装し、6時に家の寺で揃ってお祈り。
そしてみんな車に乗って、ジャシーの海へと出かけます。




by ekadantaya | 2016-09-06 22:58 | Trackback | Comments(0)