すももちゃんの白いブラウスとツイードのスカート完成。

すずめちゃんの白いブラウス、昨日の夕方に完成しました。


b0161391_17321453.jpg

夜にブラウスを着せて、スカートの型紙を作り、
b0161391_17323099.jpg
朝から一日かかって、先ほどツイードのスカートも完成しました。
b0161391_17325266.jpg
b0161391_17331688.jpg
わ、すずめちゃん、気に入ったみたい!日本の昭和の子供達はこんなシンプルなスタイルで小学校に通っていたのです。

b0161391_17334010.jpg
b0161391_17335415.jpg
シンプルなんだけど、ママの手作りで、ママのお古のコートとか、パパのワイシャツとかをリメイクして、精一杯に工夫したおしゃれをしていた昭和の古き良き時代の日本Girl達。私のお裁縫の腕前も、その頃の新米ママくらいにはなったかな?
b0161391_17341158.jpg
b0161391_17342825.jpg
b0161391_17344620.jpg
b0161391_17352115.jpg

すずめちゃんは人間の子供ですが、妖精や精霊達と仲良しです。
b0161391_17354393.jpg
おかっぱ頭を調子に乗って短くカットしすぎたから・・・新しい人毛ウィッグを注文して、到着を待っています。
それから、髪にリボンををつけるかどうかとか、手には何を持たせようとか・・・最終的な仕上げに入ります。
スカートは、つりを作ってあげたほうが良いかしら?おてんばな女の子にはサスペンダーは必要かもね。
もしも編み物が出来たなら・・・スカートに合わせた可愛いカーディガンを編んであげたいけど・・・まったく出来ないのでそれは無理。
b0161391_17362851.jpg
ウィッグが届くまで・・・妖精やエルフ達の衣装を作りましょう。



by ekadantaya | 2016-08-30 17:54 | Trackback | Comments(0)

エルフ少女と妖精達のボディ完成。すずめちゃんのブラウスも明日アイロン仕上げのみ。

今朝、丘の上の家に行く前に、写真を撮りました。
エルフの少女と妖精2名、ボディが繋がりました。やっと一安心。ばらばらの手足がちゃんと繋がると、お人形達はいつでもほっとしたようにリラックスして見えます。

b0161391_21001019.jpg
b0161391_21003649.jpg
b0161391_21010986.jpg

b0161391_21013899.jpg
b0161391_21021160.jpg
b0161391_21023483.jpg
b0161391_21025725.jpg
b0161391_21031499.jpg
少し、賑やかになってきました。
リジャサちゃんはまだ仮の衣装。これからまたしばらくお裁縫の日々が始まります。その前に、妖精達のために、小さいドラゴンを作ってあげなくては。
b0161391_21035144.jpg
すずめちゃんの白いブラウス、この写真はまだボタンホールをつけたり、仕上げの前にちょっと着せてみたのですが、先ほどボタンホールやまつり縫いも終わって、ブラウスが完成。チャコペンシルのあとがないように綺麗に洗って、干してありますから、明日太陽の光で乾いたら、アイロン仕上げです!オフホワイトのコットン生地で、すずめちゃんらしいブラウスに仕上げました。ピンタックは頑張ったところ。袖のカフスも、頑張りました。ボタンホールもいつもの手縫いで、大きさが微妙に個性的なわけですが、貝ボタンがぴったりのし上がりです。
b0161391_21042079.jpg
今日は丘に着いたら、マデ・スチが、子供達は朝早く来て待っていて、さっきみんな帰っちゃったわよ・・と。
9時少し過ぎて絵美のバイクに乗って到着したのですが、遅かった!
マデ・スチと一緒に、丘の入り口の小道に落ちているプラスティックやビニールのごみを拾って箒をかけ、丘のてっぺんの家を掃除して、午前中をゆっくり過ごしました。

さて、今週はどこまで進めるかな・・・。すずめちゃんの新しい人毛ウィッグが届くと良いのですが・・・。


by ekadantaya | 2016-08-28 21:20 | Trackback | Comments(0)

製作に集中開始。


丘の宿が出来たばかりの20年前から、親子でやってくるようになった佐治ご一家。昨日は息子の勇気の19回目の誕生日で、お母様とお父様は生まれる前のおなかが大きな私のいる丘の宿に初めて来てくださり、生まれて15日目にお嬢さんが従兄達といらしてくれてから・・・月日は流れました。赤ちゃんは青年に、お嬢様はおばさんに、お母様とお父様はおじいちゃんおばあちゃんに・・・・あら不思議。時間はどんどん止まることなく流れていくので、はっと気が付くと、誰もが浦島太郎の気分になりますね。
佐治ご一家は23日お昼前に丘を出発し、ウブドへ。

先週金曜日には、主人の父の姉、ジュリーの祖母のオダ・ティラムが、夕方急に亡くなりました。いつものとおりに一日を穏やかに過ごした後、夕方トイレに行き、少し気分が悪いとしゃがみこんで、そのまま、息を引き取りました。
主人の父の兄弟の中では最年長で、85歳くらいではないか、と言われていますが、まだまだ元気でいて欲しい、みんなが甘える素敵なおばあさんでした。次の日にすぐアバビ村の終着駅、火葬場で火葬をし、あっという間のお見送りでした。

そしてようやく、また製作に集中する時間が取れるようになったばかり・・・・息子が帰る日がまだはっきりしないのですが、どうも9月3日とか・・・あるいは9月9日とか・・・・どちらにしても急がなくては・・・。

まずは、小さな手足をやっと焼き上げました。


b0161391_13235165.jpg
エルフの少女の腕が、どうも仕上げが納得がいかないのでやり直しをする予定・・・。
二人の小さな妖精は何とか手足完成です。
b0161391_13244123.jpg
男の子は、海外から2件、日本からも嬉しいお問い合わせを頂きましたが、これから仕上げて小さな小さなドラゴンを作って、オークションに出してやろうと思っていますので、どうぞ暫くお待ちください。この子のお顔はどことなくニンニンに似ている。

b0161391_13292248.jpg
b0161391_13300036.jpg

そして、妖精の女の子は、ダーク・グレーのくせ毛をふんわり三つ編みにして、個性的なお顔立ちのそばかすちゃんになりましたが・・・
b0161391_13302082.jpg

b0161391_13311943.jpg

なんだか、沢山お話を持って生まれてきた感じの子で、ちょっとこの子のお話を聞きながら、大事に仕上げてみようと思います。
b0161391_13452558.jpg

そうして、SUZUMEちゃんですが。
ようやく、注文した白いコットンの生地と、カラフルなツイード生地が届きましたので、お洋服をもう一セット、約束どおりに作ってあげようと思います。白い布は長袖のブラウスにして、スカートはジャンバースカートにしようかな、吊りのギャザースカートにしようかな・・・。ちょっと緊張しますが、なんだかワクワク。
そして、実は、調子に乗って散髪してしまい、少しだけ短すぎるのではないか・・とちらと思っていた髪形。
時間が経てば経つほどに、短すぎることが明確になり、そして、この人毛ウィッグがすずめちゃんの頭にはちょっときついサイズであることも気になって・・・新しいウィッグを注文しました。人毛で、かつら屋さんの手作りの素敵なウィッグですから・・・どうしようかな、今度は長いままのヘアスタイルにしてみようかな・・・。
そして、瞳も・・・真っ黒の虹彩のないグラスアイを使っているのですが、もしかしたらと・・・ドイツの専門店でダークブラウンの虹彩つきのグラスアイを購入しました。
届くまでに、ブラウスをまず作り始めることにしましょう・・・・。
b0161391_13401200.jpg
ああ、今回は、本当に時間の余裕がない・・・・。
それでは、まず先にすずめちゃんのブラウスの型紙を作ってしまいましょう。



by ekadantaya | 2016-08-25 14:25 | Trackback | Comments(0)

2016年第11回人・形(ヒトガタ)展のご案内。大切な人々との時間。

今年も、秋の東京で人・形(ヒトガタ)展に参加いたします。
DMが届きましたので、ご案内いたします。

私も初日午前中には会場におります。お時間がございましたら、どうぞ丸の内のオアゾ4F,丸善ギャラリーに、お人形達に会いに来てください。


ガーナベイビーズの出品予定作品は・・・もう少し落ち着きまして、仕上がり次第写真をまとめてアップしようと思います。では、まずはドルスバラード様のご案内から・・・。


b0161391_10541612.jpg
第11回「人・形」展
9月28日(水)~10月4日(火)
午前9時~午後9時(最終日は午後4時閉場)
丸善・丸の内本店4Fギャラリー
参加作家

秋山まほこ 雨沢聖 愛実 亜由美 井桁裕子 石黒知子 E n 岡田好永 カウラ 影山多栄子 春日友布子 加園誠 ガーナベイビーズ 川上勉 COOL氏 古城真理 琥珀 佐伯祐子 桜文鳥 サユリンゴ 神宮字光 垂狐 青扇 sou 踏鞴房 田中雅子 玉青 月見月 戸田和子 中嶋清八 菜奈乃 nogu. 野村直子 林美登利 ヒラノネム 藤伸  槙宮サイ 松田珠江 丸美鈴 森下ことり YU奇 y

☆9月28日(水)午前8時45分より丸善・丸の内本店1階正面入口前で購入整理券の抽選をいたします。

創作人形、フィギュア・・・人の姿をめぐる造形は今、様々な展開を見せてきます。第11回を迎える、個性豊かな「ヒトガタ」の展示会です。

今回はドルスバラード選出作家の作品に加え、公募展での選出作品を展示販売いたします。どうぞお楽しみください。


b0161391_10534176.jpg
b0161391_10535333.jpg


ところで、遠くスウェーデンまで、新しく生まれた孫娘に会いに行っていたセリー。素敵な写真を送ってくれました。

スウェーデンにいるのは、4人息子の中の一人、アダム。セリーの息子達は、末っ子の飛び切りのハンサム君を除いて全員エリートでお金持ち。きちんと家族も守っていて、セリーは沢山の孫に恵まれています。一番下の子はセリーに似て、ちょっと不思議な自由人で、タイで2年間出家したのですが、帰って来て、オーストラリアで今は老人介護の仕事をしているそうです。

そしてはじめて知ったこのアダムの背の高いこと!!

セリーは170cmを超えているはずだから、アダムは2メートルね!綺麗な赤ちゃん、金髪の妖精。

上の孫娘は確か今年3歳のアナベル。セリーにそっくりのオテンバちゃんみたいです!

b0161391_10550246.jpg
b0161391_10560933.jpeg
b0161391_10564200.jpeg

今はサヌールに戻ってきているセリー。もう少し落ち着いたら、私の帰国前に丘に来る予定です。早く会いたい!!
ヴェジタリアン・散らし寿司を作って、待っていようと思います。その前に・・なんとしてもお人形達を仕上げなくては!


そして、19日からこちらに滞在中の芭璃庵和尚ご一家。
毎日毎日、沢山散歩して、沢山お話して、本当にきらきら輝いた時間を過ごしていらっしゃいます。
私もティルタガンガまで丘を降りて散歩にお付き合い、スマホで写真を撮ったのですが、芭璃庵和尚様と一緒だからなのか、スマホなのに美しいきらきらした何かが覗けるような画像が撮れました・・・・。
b0161391_11015500.jpg
b0161391_10584844.jpg
b0161391_10591994.jpg
b0161391_11010160.jpg
b0161391_11011473.jpg
b0161391_11025242.jpg

昨日はメ・タンジュンを訪問し、今日は朝からダダプとジャヌールを連れて、また遠くまでお出かけの模様。

以前より少し脂肪が落ちてすっきりし、ずっと輝いていらっしゃる、芭璃庵和尚様はやっぱり特別のオーラに包まれていらっしゃるのがわかりました。


背の高い、美しい奥様とお嬢様を連れて、芭璃庵和尚様は明日ウブドへ移動されますので、今夜は古い友人達をみんな呼んで、久しぶりのゲンジェパーティを計画しています。


日本に帰られて、今回撮られた素晴らしい写真を見せていただけるのが楽しみです。


佐治吉隆様の霊気を感じる素晴らしい写真作品は、こののリンクからご覧いただけます。

saji yoshitaka photografhs


主人達の丘の宿に置かせていただいている写真集は、このアバビ村の美しさを澄んだ泉のように映し出しているので、宿のお客様が欲しがって困ります。先日もベルギーのお客様がどうしても購入したいとおっしゃって、ジャヌールに断られ、写真集にある佐治さんのメルアドにメールをして頼み込んだ末、優しい芭璃庵和尚は高い送料で損をしながら送ってくださったそうです。

もしもこのバリ島の、アバビ村の美しい風を、光や小鳥のさえずり、子供達の笑い声を、こちらに来ないまま味わうとしたら・・・佐治さんの写真集に限ります。


佐治ご一家がこちらに初めていらしたのが、今から20年前。勇気がおなかの中に入っている時でした。

それから毎年、まるで親戚のようにいらっしゃって、子供たちとも、村の人々ともすっかり親しくなり、メ・タンジュンとも大変な仲良しになられてしまいました。

そこで、今まで撮りためたメ・タンジュンの写真の集大成を、写真展で・・とご計画中の佐治さん。

その素晴らしい写真展が実現しましたら、こちらよりご案内させていただきます。

そのときには、私も絶対に行きたいなあ・・・。


では、今日の晩は、前祝で・・乾杯!


by ekadantaya | 2016-08-22 11:50 | Trackback | Comments(0)

妖精たちも髪の毛が完成。


今日は、珍しく2度目の更新になりましたが、小さな妖精の2人も髪の毛が出来上がったのでアップ。

明日からお客様がいらっしゃるので、来週まではちょっとペースが落ちますが、できれば今月中にこの3名のボディを仕上げてあげたい。



b0161391_17212973.jpg
b0161391_17224545.jpg
b0161391_17225782.jpg
一番先い生まれた小さなお顔は、赤く染めたミンクの毛皮で男の子になりました。後頭部はカットして短くしてあります。
b0161391_17240208.jpg
もう一人の子はチベットラムの毛皮で女の子になりました。素朴な感じのおとなしい少女で、そばかすが似合いそうなおでこちゃん。
b0161391_17242540.jpg
エルフ少女に妖精たちが寄り添うと、可愛らしい声でなにやら話を始めるような感じがします。
b0161391_17244283.jpg
b0161391_17245201.jpg
b0161391_17251095.jpg
では、今晩はまず手足の芯を作っておきましょう。

by ekadantaya | 2016-08-18 17:38 | Trackback | Comments(0)

光と闇のエルフ少女・誕生。

昨日、幼いエルフ少女のお顔が仕上がり、上半身の胴体を作り、モヘアウェフティングで髪の毛を作りました。

生まれたのは、とても不思議な子。
この子は闇と光の両方の血筋を持った、エルフの少女のようです。

絶望と希望の色をした瞳のせいでしょうか。

b0161391_09253211.jpg
b0161391_09255726.jpg

b0161391_09260454.jpg
b0161391_09261872.jpg
b0161391_09305036.jpg
b0161391_09310343.jpg
b0161391_09312294.jpg
b0161391_09313309.jpg
髪の毛はモヘアウェフティングの貼り付け、まつ毛は人毛まつ毛をヒートペイントでクリーム色に着色しています。
b0161391_09314514.jpg
b0161391_09315353.jpg
b0161391_09311124.jpg
b0161391_09320991.jpg
私達人間もまた、光と闇の賜物。いや、世界全体は光だけでも、暗闇だけでも、存在しないのです。
始まりと終わり、生命と死を、いつでも敏感に感じ取り、両方共に優しく小さな手に包んで愛している・・・それが子供達の静かな素顔。


この子はとっても気に入りましたから、何とか仕上げて秋の日本に連れて帰りたいと思います。
明日から、大切なお客様がいらっしゃるので空港に迎えに行ったり、大事な時間をご一緒させていただいたり・・・ちょっとひと時の中休みを数日取る予定。

ジャカルタの息子も独立記念日の式典を無事終了し、夕べ写真を送ってきました。
規律正しい生活、厳しい訓練の中で、大変だけど、人前ではなかなか出さなかった自然な笑顔も出てくるようになりました。
b0161391_09554872.jpg
もうちょっと、にっこり笑ってもいいかな。独立記念日の制服は紅白でインドネシアの国旗なのでしょうが、ミッキーマウスみたいね。
b0161391_09562374.jpg
お友達との写真が今までの制服の写真の中で一番良い笑顔。
b0161391_09563477.jpg
b0161391_10302601.jpg
9月の10日辺りには、息子は学年末の休暇で帰ってくると言っていますが、それまでにはまだまだ行事も目白押しで、休息の間もないそうです。今年は運輸省の管轄の大学の卒業式典が、陸・海・空と、そろって息子のいる航空大学で催される予定。その式典の準備でまたもや忙しく、練習練習の日々です。
ジャカルタの東端、ブカシーの陸運大学に入った従兄のパンジーも、その式典に来るそうで、今から会えるのを楽しみにしている息子。

さあ、わたしも息子が帰るまでにお人形達の支度をほぼ整えてしまえるように・・・今日も頑張ろう!

by ekadantaya | 2016-08-18 10:18 | Trackback | Comments(0)

次々生まれてきた妖精達のお顔。


長い間お裁縫が続いていて、粘土には久しぶりに付き合ったと言う感じがして・・お顔を次々作っています。
まだ、着色も、細部のバランスも仕上げていませんが、3人の妖精達の顔、生まれてきましたのでアップ。
しのちゃんは、さっきまで妖精たちに顔を近づけていたのに、カメラを向けると必ずそっぽを向くのです・・・。



b0161391_12363398.jpg

小さな小さなお顔は初めの子は整っているのですが、男の子みたい。次に生まれた子は、おでこが大きくて、ちょっとやせっぽちの女の子みたい。一番大きい子は目の色が透明ですので、髪の色も薄くしてあげようね。この子のお顔はとても気に入りましたので、秋の日本に連れて行くかな。
b0161391_12365679.jpg
b0161391_12372366.jpg
b0161391_12390093.jpg
b0161391_12392471.jpg
b0161391_12403881.jpg
b0161391_12411273.jpg
今日は、もう少しペイントを調整したり、大きいこのまぶたをもう少し調整したり・・・この3人のお顔を仕上げて、夕方までに髪の毛もつけてあげたい・・・。あら、もうこんな時間!ランチの準備に取り掛からなくては・・・・。

b0161391_12380270.jpg

by ekadantaya | 2016-08-16 13:00 | Trackback | Comments(0)

木の精霊達への儀式。小さな小さな妖精の顔。

昨日の朝、シガラジャの弟嫁も帰って来て、近所の主婦や、おばさんや、おばあちゃんを中心に一日中供え物つくりをしました。
そして、今朝まだ暗い午前3時から5時までに・・・男達が集まって、豚を屠り、重大な儀式のための供え物、バビグリン(豚の丸焼き)を5時間かけて仕上げました。

そして今日の大切な儀式が始まりました。
今日は、トゥンパッ・ワヤンといい、木々の精霊達を祭り、自然の精霊達、エルフや妖精たちに供え物と祈りをささげる日です。

朝から絵美も従妹のコマンも、なんだかちょっと妖精の光が集まっているみたいにさわやかでした。

b0161391_21233187.jpg

村の男達が手伝いに来てくれて、主人や弟、従兄やおじさんも張り切って豚の丸焼きを仕上げ、ご馳走のサテやウラブを料理しました。
b0161391_21281773.jpg
みんなが遅い朝食のご馳走を食べている間、朝食は取らない主義のオダ・ウィディアが一人で豚の丸焼きを回していました。

b0161391_21285431.jpg
どのようにして焼きあがったかを知るには、竹の棒を通した豚の体が、棒から外れて回るようになったら、中まで火が通ったということだと、オダ・ウィディアが教えてくれて納得。
こんがりと焼きあがった豚の丸焼きや、山のような供え物を車に積んで、今日の儀式の場所になる、グリアスマルンの丘のロラスの会場になったあの木々たちの場所へ行きました。私は軽めの供え物を頭に乗せて、女性達と歩いて行きました。
b0161391_21301477.jpg
b0161391_21294645.jpg
この場所からは、人間の存在よりもずっと透明な木々の世界に、エルフや妖精の光が現実感を持って存在している気がします。
b0161391_21424889.jpg
b0161391_21302509.jpg
b0161391_21445209.jpg




b0161391_21434646.jpg
b0161391_21443196.jpg
b0161391_21445943.jpg
丘の上の中ほどにある2つ並んだお堂は、私がこの丘に来た21年前に立て直したものですが、もう21年も経って、壊れかけている。そろそろ新しくする時期です。この2つのお堂にも、供え物を供え、プーマンクーの指揮で祈りをささげました。
b0161391_21452721.jpg
そして、おばあちゃんの助手をする役目のメ・カントゥンが、供え物を持って、丘中の大きな木々に供え、祈りをささげて回りました。
b0161391_21454868.jpg
b0161391_21450988.jpg
b0161391_21565714.jpg
b0161391_21573667.jpg
丘の家のお堂にも、供え物を備え、大変久しぶりにお祈りをしました。
b0161391_21564029.jpg
儀式の工程が全て終わると、豚の丸焼きは頭と胴体を離され、頭だけは別に供え物としてまたお盆に飾られます。エルフは菜食主義だと思うんだけど・・・。
b0161391_21581005.jpg
でも、確かに今日は、娘の周りには見えない光が集まって、エルフ達のささやき声が聞こえるような気がしました。
b0161391_21241574.jpg
そんな中、昨日、供え物つくりの休息の時間に作って、今日儀式が終わってから色を付けた小さな小さな妖精のお顔・・・本当に、丘から来た子だと思います。
b0161391_21174189.jpg
b0161391_22072834.jpg

b0161391_21585760.jpg

久しぶりに触った粘土ですから、明日もまた色々な大きさで妖精たちのお顔を作ってみようと思います。











by ekadantaya | 2016-08-13 23:11 | Trackback | Comments(0)

すずめちゃんの革靴と2着目のミニドレス完成。

すずめちゃんの革靴は、ようやく満足の行く仕上がりにたどり着きました。
ステッチのミシン目が左右対称でなくふにゃふにゃ曲がっていたり、色々難はありますが、ママの手作りの靴を履ける子供なんて!!大変幸せよね、すずめちゃん!?
新しいのに、お古の靴みたいな仕上がり。仕上げはジェネシス・ヒートペイントで、アンティーク風に彩色し、焼き付けています。
靴紐は元のままの色で、革を細く切ったものですが、引っ張って伸ばしても大変に丈夫。滑らずしっかり結べるし、靴のイメージにもぴったり。本当に時間と手間が掛かる作業ですが、完成したときの嬉しさはまた格別です。
b0161391_11254312.jpg

b0161391_1126113.jpg
b0161391_11263044.jpg

2着目のミニドレスも完成しました。革靴に合わせて、黒い靴下を作りました。
b0161391_11274220.jpg

それでは、すずめちゃんの太った足にはかせてみようか。
b0161391_11293024.jpg
b0161391_11305940.jpg

新しいドレスで、新しい髪形のすずめちゃん、まずは立った姿。
球体間接により、足首の角度が変えられるので、膝が曲がらなくても重心を変える事が出来て、大変安定して立つことができます。後ろに壁があれば、寄りかかっただけで安定して立ちます。
b0161391_11313959.jpg
b0161391_11325165.jpg
b0161391_11331730.jpg

b0161391_11334074.jpg
b0161391_1134345.jpg
b0161391_11352371.jpg
b0161391_11354344.jpg
b0161391_1136945.jpg


お座りが大変安定しているすずめちゃんは、寄りかかる必要がなく、どこでも一人でお座りできます。
b0161391_1137532.jpg
b0161391_11381455.jpg
b0161391_11385518.jpg
b0161391_11393975.jpg
b0161391_11402728.jpg
b0161391_11413532.jpg
b0161391_11422719.jpg
b0161391_1143412.jpg
すずめゃんは、子犬がすきなのね・・。日本に行くまでに子犬は無理かもしれないけど、その辺の怪獣の子くらいなら・・・見つけてあげられるかも。

最終的なヘアカットも済ませました。
ショートボブとか言う短さになりまして、おでこの丸みが出るくらい前髪も短く。襟足は刈上げ風に。

b0161391_11474576.jpg
b0161391_11484275.jpg


注文した布が届けば、日本にきて行く予定の白いブラウスと、ツイードのミニスカートを作ってあげるからね!
b0161391_1150352.jpg


それでは、ここでお裁縫はお休みにして、今日からやっと粘土です。

by ekadantaya | 2016-08-11 12:08 | Trackback | Comments(2)

すずめちゃんの靴。上部がやっと出来てきました。

すずめちゃんのお靴、大変に難航しておりました。

3回作り直し、ようやく上部が今日完成間近。

最初は革が硬質すぎて、伸びないことと、型紙を小さくしすぎたことで失敗。
2度目は赤い革を使って上部を製作しましたが、デザインも仕上がり具合も満足せずボツ。
3度目にこの革とデザインで挑戦。ようやく、気に入りました。

いつも一回きりで、型紙は作るたびに捨ててしまうのですが、今回は木型と一緒にしまっておこう。

b0161391_1018584.jpg

今日中に、SUZUMEに似合う可愛い靴が完成することを願いながら、まずちょっと一息。
b0161391_10182341.jpg

ブログアップしてから、作業の続きをはじめましょう。

さて、週末は息子がLINEで写真を送って来ました。
ジャカルタで、運輸大臣の歓送迎式展へ、剣を持ってお出迎えするという役割が、運輸省系列の大学の学生達。
大学では、行進専門のクラブに入っているので、(ブラスバンドはもっと練習が激しいので選ばず)こういう役割になります。ロンドンの動かない近衛兵にも似た、立ちっぱなしの役割。
写真は、友人達と。一番色が白くて、ズボンの丈がなぜだかつんつるてんなのが、勇気グリアワンです。
b0161391_10194679.jpg
またほっぺが少しふっくらして、日本のおじいちゃんにそっくりになってきた。
b0161391_1020392.jpg
b0161391_10202551.jpg
b0161391_10204810.jpg

運輸大臣Jonan さんが美しい御夫人と手を繋いで入ってきました。素晴らしい大臣だったのですが、だからかな、急に移動させられてしまうことに・・・。
b0161391_102251.jpg

8月17日の独立記念日に向かって、バリ島もインドネシア中の学校や会社、全ての機関がパレードの行進の練習をしています。
勿論、息子達の大学は華やかな行事を控え、来る日も来る日も激しい練習・・・土日に休む暇もないようです。
17日が終わると、今度は9月8日の運輸省の大学の合同卒業式があって、今年は航空大学が会場になることになり、またまたその式典の為の練習・・・。勉強する間があるのかしらね。
それにしてもまずは、新しくズボンを注文する方がいいんじゃないかな??
b0161391_10222650.jpg


それでは、私も・・・靴の仕上げを頑張ります。

by ekadantaya | 2016-08-09 11:15 | Trackback | Comments(0)