命名 TSUGUMI

全ての樹脂粘土のパーツがようやく焼き上がり、水やすりで形を仕上げるまえに、ちょっと一休みで写真をアップ。
胸の部分は最初に作ったものが大きすぎて、太い腕をつけると大変にバランスが悪いので、幅を小さくバランスよく作り直しました。今回は頭の大きさに比べて手足を小ぶりに、お人形らしい比率にしてみようとしています。実は、目も、今までで一番大きな目にしています。
・・・さて、この子はどんな子に仕上がるのでしょうか??

b0161391_15131115.jpg


b0161391_15134572.jpg


b0161391_1514368.jpg


例によって、竹の棒を手足、各球体の中央部分に仕込んであります。
b0161391_1514292.jpg

さて、これから始まる磨きの作業・・・・。
これが一番、形を仕上げる大切な作業ではありますが、長くてキツイ仕事。

いつも夢中で磨いていると、親指の皮がむけて、血が滴って来るので、今回は指にテープを巻いて、万全の準備を整えてから・・・立ち向かいましょう。
b0161391_1515139.jpg


そして長い間考えていた子のこの名前、「TSUGUMI」と、命名いたしました。つぐみと申します、どうぞよろしくお願いします。
b0161391_15261720.jpg


今朝は大雨だったので、子供達は来ないかも、と思いながら、雨上がりの午前9時、丘の上の家に行きましたら、寡黙な少年達が3名と、寡黙ですがイタズラな小人さんみたいな幼児2名。
この子供達と共に、日曜日の丘の優しく澄んだエルフの時間を過ごしてきました。
b0161391_15362355.jpg


b0161391_15364115.jpg
b0161391_15371192.jpg

b0161391_15365394.jpg
b0161391_15373051.jpg


b0161391_15382347.jpg
b0161391_15383724.jpg


リジャサの花もまた咲き始めています。
b0161391_15392026.jpg


遠くジャカルタで奮闘している息子はすっかり体力も戻ったようで、写真をLINEで送ってきました。
航空大学の旗揚げクラブ・・というのでしょうか・・・国旗を掲げて行進する役割の担当になっている息子。
焼けるような猛暑の中、これは今年の卒業式のときの催し物での行進。一番色が白くて耳が大きいのがわが長男。表情が、固く、まったく笑っていないのを見ると、かなりきついのかあるいはあまり楽しくもないのでしょう・・・。この旗揚げクラブか、ブラスバンドに入らなくてはならない規則なので、息子は練習が比較的少ない旗揚げの方を選んだようです。この制服はこういうイベントのときのもの。
b0161391_15402093.jpg

b0161391_15421256.jpg

b0161391_15423128.jpg

b0161391_15425071.jpg

昨日の英語コンクールのときに送ってきた写真。これが普段着の制服です。
3名のチームで、航空大学代表で行きましたが、決勝には出られず、大蔵省の大学に負けたのですが、楽しそう。
b0161391_15442435.jpg
中学時代に同級生だった友人と会場でばったり会って、(この青年は海運大学だそうです)とっても嬉しそう。同郷の友人に遠い地で出会うことの嬉しさも知ったようでした。
b0161391_1545526.jpg

それにしても、息子だけなんでズボンがつんつるテンなのかしら・・・。ミスタービーンみたい。

娘は学年末テストも終了して、気分はもう日本へ・・・・。
私もTSUGUMIちゃんを何とか繋げることができますように・・・・。あと一息、頑張ろう・・。

無理をせず、でも諦めないで・・と、母にもらった継続のコツ・・・。アバビ村の人々は小さな頃からその自然な生き方を良く知っているようです。

by ekadantaya | 2016-05-29 16:23 | Trackback | Comments(0)

日本の少女、胸と球体が出来上がる。ボゴールの休日。

日本の少女の胸の部分が出来上がり、首と繋がりました。そしてこれから作る手足の球の間接部分も焼きあがりました。ついでに3匹のガネーシャの赤ちゃんも生まれたのでアップ。

b0161391_933381.jpg


b0161391_9335230.jpg


b0161391_935393.jpg

ガネーシャの赤ちゃんは、リクエストを頂いているので、時間のあるときに少しづつ作りためておこうと思います。もっと小さい子や黒い子も・・色々作っておこうと思います。
b0161391_9354223.jpg

b0161391_936347.jpg

この子には、今名前を考え中。
b0161391_938477.jpg


b0161391_9382854.jpg


バランスを考えて、手足を作り始めようと思います。


先週の金曜日の夜に出発して、週末の2泊3日、主人と一緒にジャカルタへ飛びました。
航空大学の寮生活をする息子は、週末は学校の近くの下宿をバリ島出身者と借りて土日を過ごしていますので、殆ど真夜中に下宿に到着。ジャカルタはやはり真夜中でも大変な車の量で、渋滞。
真夜中にタンゲランのホテルについて、ぐっすり眠り、朝食のビュッフェもお腹いっぱい食べて、迎えに来たボゴールの親戚達と一緒に、ボゴールに行きました。これはもう、本当にすごい渋滞で、5時間掛かりました。
込んでいなければ1時間半の距離です。
ボゴールでは大雨で、親戚の家で夕飯をご馳走になり、夕方はNovotel へチェックイン。

2週間前、息子の勇気は疲れがたまってか、体調を崩し、質量の医務室に4泊も入院する、ということがありました。安静にしないと、チフスになる恐れがあるから、ということでしたが、その週末は4連休で、下宿では食事を買いだしに行くこともやっとのことで、このボゴールの親戚一家に迎えに行ってもらい、3日間その家の息子達と楽しく快適に過ごさせてもらいました。
なので、親戚へのお礼も兼ねて、ちょっとホームシックも出た息子のバックアップに、週末をボゴールで過ごすことにしたのです。

都会から離れたNovotelのロケーションは、最高。前日の渋滞のせいで、あまり長くいることが出来なかったあのですが、息子は親戚の中学2年生のYOGAと一緒の部屋に泊まり、素晴らしい環境でゆっくりと英気を養うことができたようです。

b0161391_9562133.jpg

b0161391_9563751.jpg

b0161391_9565713.jpg

b0161391_9571373.jpg

b0161391_9574362.jpg

b0161391_9585260.jpg


遠く故郷を離れて、体験したことのない不安や、悩みや、問題にも沢山出会いながら、成長していくのでしょう。家が一番だ、と実感した息子ですが、確かに、ジャワ島のどこを見ても、バリ島の美しさや優しさに変えられるものはなく、外国人の観光客を殆ど見なかったのは、この渋滞ではどこにも出かけることが出来ないからなのだろうと思いました。
故郷の素晴らしさを知っただけでも、遠くに学びに行った意味は大きいと思います。

さあ、あと2週間と少しで、私も故郷に里帰りです。それまでには大きな女の子の手足を完成させ体と思います。

by ekadantaya | 2016-05-25 10:26 | Trackback | Comments(0)

デカ子ちゃん(仮名)メイクとヘアカット終了し、お顔が出来上がる。幸福のお写真。

何度眉毛を書き直したことか・・・日本の女の子の時には毎回そうですが、眉毛のカーブが1ミリ違っても表情が変わり、感情や性格が変化するので、バシッと思った場所に決まるまで何度も描き直しをすることになります。今回は・・・思い切り太い眉毛ですが、大きなお目目には丁度よいかな・・。
お顔の大きさも、TENちゃんとすももちゃんより大きいです。

このこの名前は、まだ思いつかないのですが・・・ボディが出来上がったら付けてあげよう。

市松人形用の人毛ウィッグを使っていますが、髪の長さがあったので、20cm位カットしました。もったいない~。でももう少し短くしてあげたいな・・・それも全体が繋がって、お洋服も出来上がってから。

それでは、新しい日本のデカ子ちゃん、こんなお顔のおかっぱちゃんになりました・・・。

b0161391_12102782.jpg
b0161391_12112032.jpg
b0161391_12113782.jpg
b0161391_1212334.jpg

b0161391_12122199.jpg
b0161391_12123412.jpg
b0161391_1212503.jpg
b0161391_12131050.jpg

b0161391_121326100.jpg
b0161391_12135212.jpg
b0161391_12141282.jpg

さあ、胸から上を作り始めましょうか・・・。

今週も、花の咲き乱れる日本の国へ到着したGianaちゃんの可愛らしい幸せなお写真を頂きました。
花の精らしく、日本でもお花たちと仲良しですね。5月の日差し・・ああ、良い季節だ。
b0161391_1215322.jpg
b0161391_12152045.jpg
b0161391_12153659.jpg

アルスちゃんも、相変わらずの幸せぶり。
b0161391_12163296.jpg

遠い遠いロシアへやっと到着したこの二人も、幸せのお写真を頂きました・・・。ロシアまでは、10日間掛かりましたね。送料も、日本への2倍ほどしました。
b0161391_12191369.jpg


懐かしいラクシュミーちゃんも、素敵なお友達に囲まれて、本当に幸せそうな笑顔で・・・・。よかったね。
b0161391_12204371.jpg


明後日から主人と小旅行でジャカルタ、ボゴールに行く予定なので、今日と明日、出来るところまでお人形を進めてしまいましょう。

by ekadantaya | 2016-05-18 12:38 | Trackback | Comments(0)

お顔に色付け。日曜日の子供達との時間。週末の予定。

大きな日本の女の子のお顔は、又例によって磨いては微量に粘土をつけたし焼いて、また磨く・・・を繰り返し、とうとう彩色までたどり着きました。
これから毛細筆で眉毛や唇などの細かい部分を仕上げますが、その前に髪の毛を付けてあげないとね・・。

頭の形は、今回使用することにした市松人形用の人毛ウィッグに合わせた形で、ちょっとこじんまりと絶壁気味に作りました。

b0161391_1721266.jpg
b0161391_17205350.jpg
b0161391_1722677.jpg
b0161391_17224418.jpg

このこのおかっぱの長さはどうしようか・・と言う部分でかなり全体のイメージが変わってきますから…慎重に、明日ウィッグを付けて、散髪の予定。

今日は色々と朝から忙しく、またダニアレルギーの症状が出たシノを丁寧にシャンプーしたりして、9時ぎりぎりになってしまいましたが、私の大好きな子供達はもう丘の上に集まっていて、きらきらした時間を過ごしました。
ますます低年齢化もしてきましたが、小さな子たちが大喜びで描く抽象画はもう楽しくて楽しくて・・・色が踊りだして飛び出てきます。
b0161391_1723374.jpg
b0161391_1724379.jpg
b0161391_17242924.jpg
b0161391_1725048.jpg
b0161391_1726353.jpg
b0161391_17265235.jpg
b0161391_17272144.jpg
b0161391_17274692.jpg
b0161391_17281050.jpg

なんだか、毎週日曜日は私にとって最高に贅沢な時間。美しい光の粒が宝石みたいにきらきらしている子供達との時間。忙しくても、やっぱりここに来ることは大事なこと。

ところで、先々週に、ジャカルタの航空大学にいる息子がダウンしてしまいまして、寮の医務室に4日も「入院」させたいただき、週末はインドネシアも連休でしたので、ふらふらのまま下宿にいても、食べ物も買いに行くのが不自由な状態で、ボゴールにいる親戚に迎えに来てもらい、2日間ほど親戚の子供達と楽しく休養させていただきました。
カルティニの日という祭日に、後進をする監督の役をさせられて、夜中の12時まで座ることも出来なかったということですが・・・頑張りすぎて、ショートしたようです。
1学期の成績は、管制官のクラスで一番を取りました。彼にとっては、小学校一年生からの学校生活で一番張り切った結果でした・・。ところが、熱を出し、下がったり上がったりするので、チフスになる危険があると・・・医務室入院となったのです。
それで、電話で連絡が取れなくなって心配したり、今度はひっきりなしの電話であたふたして・・・大変落ち着かなかったのですが、息子もかなり今回はホームシックになっているようでした。
家族のことや、高校時代の友人達を懐かしがって、初めて孤独感を味わっているようです。

遠い場所へ家族とはなれて暮らす経験は、色々なことを学ばせてもくれます。
何より大事なのは、成績よりも、自分の健康管理ですね。
私も主人も、ちょっと旅行がてら・・・息子を連れてボゴールの親戚の家にお礼に行ったり、金曜日から日曜日までの週末を過ごしてこようと思い立ち、ジャカルタまでのチケットも予約。
ホテルもファミリールームでジャカルタとボゴールの2晩を予約しました・・・。

では、今週は新しいおかっぱちゃんの髪を仕上げることと、ちょっとまた小さなお顔たちも作ってから、息子に会いに行く準備をしましょう。ちょっとだけ部屋の整理整頓も始めなくては・・・。息子と週末を過ごしたら、2週間後には娘と日本に出発ですもの・・・・。

by ekadantaya | 2016-05-15 18:06 | Trackback | Comments(0)

新しい大きなお顔製作開始。幸せなお写真。

今週の始まりは、AngieちゃんとManaちゃんを初めて遠い遠い北の国、ロシアへ送り出し、
b0161391_20522433.jpg

秋の展覧会に向かっての大きな作品を作り始めていました。
ここのところ、毎年作っている日本の女の子。
TENちゃん、そしてすももちゃん、3人目の日本の女の子。
ラフスケッチをしたりしましたが、形にするとどうにもしっくり来ないで、細部まで作り込んでは、壊し、又粘土の塊に戻し・・・を、そう5回は繰り返したでしょうか。悪戦苦闘だな・・と、ちょっと苦しくなったときに、
ふと何も考えないで手が動く透明な時間がやってきて、こんなお顔が生まれてきました。

どうやら、日本の女の子というと、私には原点のイメージがありまして、それが今回は前の二人よりももっと濃く出てきた感じ・・・・。

お顔だけで、まだ後頭部がありませんが、焼き立てほやほやで白黒写真を撮ってみました。

b0161391_20525460.jpg
b0161391_20532178.jpg
b0161391_20573121.jpg
b0161391_20581732.jpg
b0161391_20591018.jpg


明日は後頭部を作り、水やすりで形を仕上げようと思います。どんな子に成長していくかしら・・・。

あ、この写真は、ある日のランチ。娘と主人がパスポートの取得のためにシガラジャに行っているときに、珍しく一人のランチなので写真を撮りました。
小さなお皿のものはおばあちゃん作のミツバチの巣と蜂の子のペサン(バナナの葉の包み焼き)
ご飯とロングビーンズのトマトスパイシー炒め、スペアリブのじっくり煮込み。
b0161391_20595215.jpg


そして今週は、Gianaちゃんも無事到着のお知らせを頂き、大変嬉しい幸せなお写真を沢山頂きました。
アルスちゃんは、なんと、温泉の源泉の前で・・・ゴールデンウィークを満喫してきた幸せなお姿。
b0161391_2103823.jpg

ドルリルちゃんのシルエットは水族館の幻想的な風景を前にもう幸せいっぱい・・・・。
b0161391_2113765.jpg

懐かしいネズミの妖精ちゃん・・・・。初期の作品ですが、このネズミの妖精ちゃんは始めのオーナー様が大切にして下さっていて、いつもNoe様作のLilyちゃんと一緒にいたのですが、次のオーナー様もこの二人を一緒に大切にしてくださっています。そしてこのネズミの妖精ちゃんが結んでくれた素敵なご縁が・・
b0161391_212046.jpg

無事到着してすやすや眠るLeepちゃんに、繋がってくれました。
b0161391_2125038.jpg

お人形達を、愛情いっぱいに大切に可愛がってくださり、本当にありがとうございます。
私も人形達と共に幸せいっぱいです。

by ekadantaya | 2016-05-11 22:05 | Trackback | Comments(0)

妖精のケープ・日曜日の丘で・新しいお顔


Angieの妖精ケープを仕上げました。
妖精たちはこの魔法のケープを着ているから、普通の人間には姿が見えないんだとか。
アンティークのチュールと、葉っぱのモチーフで、妖精の羽根のような繊細なケープが仕上がりました。
b0161391_16301916.jpg

これでAngieちゃんは、遠くの国に飛んでいくお支度が整いました。
b0161391_16304834.jpg

b0161391_16311578.jpg
b0161391_16321145.jpg
b0161391_16325455.jpg
b0161391_16331165.jpg
b0161391_1633344.jpg

b0161391_16342636.jpg

Manaちゃんと揃って箱に入り、明日の朝ロシアに向かって飛んでいく予定です。
b0161391_16344568.jpg

丘の上の日曜日。今日は、わくわく、セリーやジェーンが持って来てくれた新しい描画材を使って、久しぶりのお絵かきを楽しんできました。まずは、新しいサインペンや色鉛筆を試すことにして、セリーが沢山コピーしてきてくれた塗り絵を楽しみました。
b0161391_16353936.jpg
b0161391_16362018.jpg
b0161391_16364537.jpg
b0161391_1637933.jpg
b0161391_16375542.jpg
b0161391_16382593.jpg
b0161391_16391669.jpg
b0161391_16393478.jpg
セリーのオーストラリアの知り合いで、子供の教育についてのへのボランティア活動をしているスーザンの協力で、沢山の画材を頂くことができましたので、高学年の子供達が中心でこんなに素敵なお礼の文字を仕上げました。
b0161391_16395673.jpg
小人さんみたいなこの二人、3歳のコマンと4歳のカデの兄弟も加わり、日曜日の仲間達の新しい出発です。
この二人はまるでトフスとビフスみたいにイタズラで、とってもキュートです。しかも、抽象画の天才。
b0161391_16401369.jpg
来週は、水彩絵の具を試してみようね。

ところで、夕べから、始まっている大きな女の子のお顔ですが・・・
まずは寝る前に、珍しくラフスケッチをしたりしてみました。すると、TENちゃんやすももちゃんよりは、ちょっと成長したおねえちゃんのようなお顔の女の子が現れてきたのですが・・・・
b0161391_16403277.jpg
この1週間を使って、お顔が生まれてきますように・・・澄んだ心になって向き合ってみようかなと思います。
b0161391_16404844.jpg


昨日Leepちゃん無事到着のお知らせを頂きまして、ほっと安心いたしました。
優しいお気持ちのこもったお言葉もいただき、素晴らしいご縁に感激です。ありがとうございました。


明日は早朝から、娘のパスポートの再申請と、私のヴィザの出国許可を取りにシンガラジャのイミグレーションへ行きます。
里帰りまでちょうど1ヶ月となりました。

まずは家族全員の健康第一に・・・今週も頑張ります。

by ekadantaya | 2016-05-08 17:06 | Trackback | Comments(0)

Angieちゃんのドレス。

今日は、まだ最終的な仕上げがまだなのですが、Angieちゃんのドレスとペチコートがほぼ完成しましたので写真をアップします。
前々から使いたかった淡いピンクのアンティークレース生地で、甘い香りのするドレス、そしてしっかりしたコットンでオフホワイトのアンティークレース生地でペチコートを作ったのでした。
b0161391_10154878.jpg
b0161391_1016576.jpg
b0161391_10162697.jpg

人形は、衣装がほぼ半分の比重、もしかしたらもっと重要かもしれないと、思っています。
ですからどんなに下手でも自分で作ることが大事なのだと、人形を作り始めたときにある先輩の言葉を胸にしまいながら、こつこつ続けて来たお裁縫ですが、なんだかこの頃では、楽しみの域まであと一歩、と言う地点に来た気がします。
始めに気に入った生地の山を目の前にして、まるでパズルをするような頭脳の働き・・・これがかなり長い間。
デザインが決まって、パズルがぴったり素材と合うのを発見したら、形にしていくのは結構早いです。
四苦八苦しながら自分で仕上げた衣装を着せると、人形達がやっと大きく深呼吸をして、命がしっかり定着したようなお顔をするのです。それで、最終的に細部の仕上げを全体にすることができます。
b0161391_10165556.jpg
b0161391_10172611.jpg
b0161391_10181458.jpg
b0161391_10191791.jpg
b0161391_10183049.jpg
b0161391_10202599.jpg

Angieちゃんは、甘い女の子らしいところに、チェリー酒みたいなほろ酔い気分の斜めなところがある子で、
ボンネットよりも、フードの付きの妖精ケープをチュールレースで作ってあげようと思います。
明日からインドネシアはゴールデンウィーク。月曜日まで祝祭日が続き、連休です。
なので、週末までに妖精のケープを仕上げて、週明けにはManaちゃんと一緒にロシアに向かって飛んでいく準備をします。
b0161391_10204687.jpg

日曜日に、セリーがピーターとジェーンと一緒に丘の家に来ました。大変久しぶりの時間。
ジャヌールお手製のベジタリアンカレーをランチにして、ゆったりと沢山の話をする時間が持てました。
セリーとジェーンは又村の子供達のために描画材や素晴らしいスケッチブックを沢山持ってきてくれました。ありがとう素晴らしい魔女達、尊敬するSoul sisters.
b0161391_1026283.jpg
ジェーンが撮った人形達の写真
b0161391_1027725.jpg
セリーが撮った美しいジェーンの写真
b0161391_10281128.jpg

幸福な午後の光の中で、あっという間に時間が過ぎ、又次回を楽しみにお別れしました。

全てのことは、時間の急流に乗った私達生命体には、あまりにも早く過ぎ去ってしまう。
だからこそ、思い出の時間は永遠にそこに輝いているのです。
日曜日の夜は、オークションのあまりものバトルに驚き、口がふさがらないくらいでした。
入札件数は55 ウォッチが105 アクセス数は1780 と、今まででも最高だった小さなLeepちゃん。
心より感謝いたします。ありがとうございました。040.gif
熱心な入札を頂き、お心のこもったご連絡を頂きまして、幸せな眠り姫は厳重に2重の箱で梱包し、昨日の朝発送いたしました。無事お手元にお届けできますように。。。。5日間ほどお時間が掛かりますので、連休明け頃に到着すると思います。しばらくお待ち下さい。
b0161391_10292685.jpg

そして、Gianaちゃん。優しい優しい方の元へと、うきうきしながらやはり昨日の朝飛んでいきました。無事お手元にお届けできますように。
b0161391_10302811.jpg


来週、AngieちゃんとManaちゃんが揃って飛んでいってしまったら、ちょっと寂しくはなりますが、予定通りに今年の大きな日本の女の子のお顔を作り始めようと思います。
娘と心待ちにしている里帰りもあと1ヶ月に迫ってきました。

by ekadantaya | 2016-05-04 11:00 | Trackback | Comments(0)