Fairy Girls dress complete.

Leepちゃんのオークションを眺めながら、妖精ガールズのドレスと花冠を仕上げました。
アシンメトリーなデザインにしたほうは、シャビーなフランスのオーガンジー生地に同じ色合いの淡い黄緑みたいな・・・あわーい色合いなのですが、全体的に植物的な仕上げになった小さなManaちゃんのドレスで、スペイン製のアンティークレースで仕上げたのがGianaちゃんのドレス。
b0161391_11125766.jpg

それでは、ちょっと曇っていますが、朝日の中で先程撮った写真をアップします。
b0161391_11132061.jpg

Manaちゃんは、ガーナベイビーズのお人形の中では初めて、ロシアに飛んでいくことが決まりました。
Angieちゃんも一緒に行くことになったので、来週Angieちゃんのドレスが仕上がってからのお支度です。
Manaは、ハワイ語で目に見えない自然の力をさす言葉。
確かに、どんなに小さな葉っぱでも、一つ一つの命というManaが入っているのです。
b0161391_11154823.jpg

b0161391_11161891.jpg
b0161391_11165249.jpg
b0161391_11182931.jpg
b0161391_11185174.jpg
b0161391_11191013.jpg


Gianaちゃんは、日本に飛んでいくことになっています。
少し気が強そうな少女ですから、返ってロマンチックなロングドレスにしようかな・・なんて考えながら、少しワイルドかもしれない感じのスペイン製アンティークレースで仕上げたドレスです。
b0161391_11193648.jpg
b0161391_11201237.jpg

b0161391_11203048.jpg
b0161391_11205378.jpg
b0161391_11212717.jpg
b0161391_11224452.jpg
b0161391_11225948.jpg


先日、懐かしいアルスちゃんの幸せなお写真を頂きました。日本は今ツツジの季節。
美しいつつじに負けない位に、美人のアルスちゃん・・・。
実は、Gianaちゃんが来るのを待っていてくれるのも、このアルスちゃんのお家です。
b0161391_13431151.jpg
b0161391_1343305.jpg


大変久しぶりのオークション、ドキドキしたのもつかの間、すぐに入札を頂き、まだ残り丸一日以上ある今も熱いバトルを見せていただき、分不相応かもと心配なLeepちゃんではありますが、
その代わりに大事にしていた箱に入れてお支度しています。
残り一日の現在、アクセス数は1182件、ウォッチリストは85件の登録がされています。
これだけ見ていただけるのは、どの展覧会場よりも素晴らしいオークション。沢山のウォッチをありがとうございます。
さて、それでは、この3人娘、同時に出発準備、出生カードなどの準備を始めましょう。
b0161391_11234857.jpg


ところで、フランスから届いたアンティークレースの山の中に、大変可愛いボンネットがあって・・・。
裏地が絹のシャーベットメロン色・・というのでしょうか、レース生地に透けて、大変シャビーな雰囲気をかもし出しているので、少しリメイクして、リジャサちゃんに被せてみました。
b0161391_11491072.jpg
b0161391_11492615.jpg

なんだか、似合う・・・。ではドレスもこの可愛らしいボンネットに合わせてデザインしてみましょう。

明日は、大変久しぶりに、SallyがJanやPeterと丘の家にやってきます。
ジャヌールに、ベジタリアン・バリカレーをオーダーしたし、明日のランチはJanたちが持ってくるフラッシュバックスのサンドイッチとサラダと共に、完璧なメニュー。

セリーは毎回、どうしているかな~と考えたとたんに、連絡をくれます。そしてそれは、私の日本の親友、うっちゃんとほぼ互角に、100%くらいの確率の高さでくれます。
りかこさんも、そうです。
3人、テレパシーの通じる友に恵まれていると思っていたら、今、上田先生も!!!!
熊本の大地震で、故郷が熊本である上田先生にメールをしようと探しても探してもメルアドがない!!
去年PCが壊れた時に消してしまったのだろうか・・古い手紙を探して住所を探るか・・なんて真剣に昨日考えていたところ、今、ありました、メールが2年ぶりくらいに・・・・。
ああ、大事な人には通じるテレパシーと言うものが存在するのは私にはもう確信です。

でももっとちゃんと大事な人の連絡先はしまっておこう。では、今からお返事しま~~ス。

by ekadantaya | 2016-04-30 12:19 | Trackback | Comments(2)

久しぶりの、オークション出品のお知らせ

眠れる森の親指姫・・・みたいなSleeping Fairy 「リープ」ちゃんを先程ようやくオークションに出品いたしました。
今回は大変久しぶりなので、ちょっとどっきどき。日曜日の夜まで、ここに出ています。
お時間のあるときに、覗いてみてやってください。
★ガーナベイビーズ★眠る妖精リープちゃん★ - ヤフオク!
b0161391_9364714.jpg


先週は、ロジャーの娘、Lisと恋人のNathanが丘の家の家に泊まることになって、大掃除でてんやわんやの週になりましたが、二人ともとっても喜んでくれて、思い出深いロジャーの住んだ家で今後の素晴らしい夢を語ってくれました。

b0161391_9404163.jpg
b0161391_941757.jpg
b0161391_9412481.jpg


この2人が帰ったあとに、ちょっと頑張りすぎて何度も丘と家を往復して大掃除したせいだか、体調を崩し、3日ほどふらついていましたが、
なんとか小さな妖精たちも仕上げました。
b0161391_9471917.jpg

背の高いしっかりしたお顔つきの女の子は、手足のバランスが悪かったので、手足ともども新しく作り直し、もっと可愛らしいぷっくりした姿に。このこの名前はGiana.御予約済みです。
そして、小さな方の子はManaちゃん命名、この子も昨日ご予約済みとなりました。
妖精ガールズにドロワーズを縫いました。
b0161391_9495895.jpg


b0161391_9515026.jpg

クリーム色のチベットラムファーを髪の毛にしたAngie(アンジー)ちゃんも、夕べご予約を頂きました。
Samantha ちゃんは、ご希望をいくつか頂いていますが、9月のヒトガタ展へ出品する予定です。
b0161391_9521790.jpg

b0161391_9525055.jpg

まずは、妖精ガールズから・・・ドレスを作ってあげたいと思います。どんな衣装に仕上がるかしら・・ドキドキ。
b0161391_9531520.jpg

そして、リジャサちゃんはお迎えの予定はゆっくりなので、小さな子たちが全て出来上がって、予定している大きなこのお顔が生まれてきたら、アンティークレースでエルフのドレスを製作することにしました。
b0161391_9564966.jpg

ボーイズも・・・ちょっとゆっくりしていてね。
b0161391_9585947.jpg


それでは、今週の日曜日、リープちゃんに素敵なご縁が見つかりますよう祈りながら・・・・まずは小さな子達のドレスから、仕上げていこうと思います。

by ekadantaya | 2016-04-27 10:00 | Trackback | Comments(0)

ガネーシャに無病息災祈願の日。Sleeping fairy 誕生。

昨日の夜、おばあちゃんの言いつけで、布にガネーシャの絵を描くことになりました。
バリ島全島に、今デング熱が大流行していて、どの病院も満員御礼。手遅れになると命も危険な病気で、蚊が媒介します。小さな子供達やお年寄りなど、体力のない人々がどんどん亡くなっています。
予防は、身の回りにあるたまり水の除去。澄んだ水であっても、知らないでバケツの中に残って外に出ている水などにはデング熱の病原菌を持った蚊が繁殖する危険性があります。
そして何より、体力を保っておくことです。
そういう意識を高めるためにも、バリヒンドゥが各家庭にガネーシャの絵を用意して、それぞれの家のサンガ(お堂)で祈りをささげる日を今日に指定しました。
絵のかけない人々のためには近所でも布に書いたガネーシャの絵を売っていたりします。

でも、私は子供達が物心付いた頃から、我が家のシンボル、アイドルになっているガネーシャのイメージを、インド製のTシャツを参考に仕上げました・・・。
どうかみんな元気に健康で頑張ってくれますように・・・・。
b0161391_20405719.jpg

このところ、ロジャーの娘のフェリシティが丘の家に泊まりに来ると連絡をくれたので、主人や丘のスタッフを大掃除をしたり、忙しくなっていましたが、3名の小さな妖精達のボディも仕上がり、
眠った子はドレスや花冠も仕上がりました。
b0161391_20234913.jpg

それでは、小さなSleeping fairyの写真をアップします。このこの大きさは16cmほどです。
b0161391_20242375.jpg
b0161391_2025302.jpg
b0161391_20261594.jpg
b0161391_20271560.jpg
b0161391_2028088.jpg

首はゴムジョイントで稼動し、ボディはリバティの布でぷっくり綿とペレットで仕上げています。ブラウスは縫いつけてあるので取り外せませんが、スカートがロングとミニの2枚重ねてあって、両方着脱可能です。
花冠は小さな布花を手作りしてまとめました。髪はチベットラムのふわふわウェーブ。
b0161391_20284676.jpg
b0161391_20293761.jpg
b0161391_2030654.jpg
b0161391_20302573.jpg

チュールレースのプリーツミニスカートも、フェアリーらしく軽やかで、ティンカーベルみたいでしょ。
b0161391_20305021.jpg
b0161391_20313423.jpg
b0161391_20315980.jpg

この子はもう少し時間が出来てから、ものすごく久々のオークションに出してみようかしら・・・まだちょっとドレスに工夫を加えようと思います。
b0161391_20332118.jpg
b0161391_20334338.jpg
b0161391_20341363.jpg



残りの二人の妖精は、
大きいほうのこの子がちょっとまだ問題児で、全体のバランスに会わない腕は作り直そうとか、お顔もまつげは描きまつげにしようとか、まだちょっと仕上げまで行かないでいます。
b0161391_20365220.jpg
チビちゃんのほうは、ちょっと神経質そうな、おびえたような、そんなお顔の子なのですが、バランスは良く、
b0161391_2039723.jpg

お顔もじっと見ていると魅力のある子で・・・このまま仕上げてみようかなと。次はこのこのドレスから。
b0161391_20401240.jpg

by ekadantaya | 2016-04-20 21:02 | Trackback | Comments(0)

ボディが繋がったエルフ姫と妖精たち。

ようやく、昨日大きな祭りが終了し、
ボディを仕上げたエルフ姫と妖精達の写真を撮りました。
b0161391_19273414.jpg
b0161391_1929664.jpg


リジャサちゃんはお顔が出来た段階でご予約をお受けしてしまい、ウィッグを写真で選んでいただいたのですが、どうやってもそのウィッグが似合わないと言うか、どうしてもイメージに合わなくて、わがままを言わせて頂き、私の思いのまま、自由に仕上げさせていただくことにしました。
そうしないと作れない・・・前に進めないと言うことがいまさらながらに分かりましたので、オーダーはお受けできない理由がはっきりとしました。
リジャサちゃんのお顔には、このウィッグ、そしてこのメイクで決めることにしました。
b0161391_19293934.jpg
b0161391_19301679.jpg

革の腰部分を作って全体を繋げたら、ふくよかな、優しいエルフのお姫様になってきた!
こうなると、アンティークレースをふんだんに使って、可愛いドレスを仕上げるのも楽しみになってきました。
b0161391_19314197.jpg
b0161391_19322388.jpg

b0161391_19324411.jpg
b0161391_19334913.jpg
b0161391_1934315.jpg

3人組も、繋がりました!
b0161391_19343026.jpg
b0161391_19345684.jpg


では始めに、アンジェちゃん。ちょっと、色っぽい感じになったかもね。
b0161391_1936464.jpg
b0161391_19362782.jpg
b0161391_19365597.jpg


やせっぽちの、サマンサちゃん
b0161391_19375155.jpg
b0161391_19381344.jpg
b0161391_19383359.jpg


最後はグイド君。頼もしい良い子ですよ、この子は。
b0161391_1939697.jpg
b0161391_19392761.jpg
b0161391_19414371.jpg


それでは、みんなの衣装に入る前に、残りのもっと小さな妖精たちもボディを仕上げて上げましょう。
しばらく裸だけど、アバビ村は蒸し暑いから大丈夫ね。
b0161391_19463911.jpg



1年と8ヶ月前のロラスの儀式の最終工程が終了しました。
母寺でトペン(仮面)ダンスに彩られながらの澄んだ祈りの時間でした。
b0161391_19504618.jpg
b0161391_19521656.jpg
b0161391_19524382.jpg
b0161391_19531375.jpg
b0161391_19533696.jpg
b0161391_19535956.jpg


熊本で起きている大地震、どうかこれ以上犠牲者が出ませんように、どうか一日も早く大地が静まってくれますように・・心から祈っています。

by ekadantaya | 2016-04-16 20:07 | Trackback | Comments(0)

全ての子の手足が完成。腰部分製作に入る。Antareja久しぶりに外に出る。

明日は明後日の母寺の大祭のために、供え物つくりの準備が始まります。
きりのよいところまで・・と、ここ数日スピードアップを続けていましたが、ここでちょっと一息。

今朝残りのリジャサちゃんと小さなこの脚も完成し、全ての子達の腰部分の型紙も完成しました。
ああ、もうちょっとだよ~~~~。

b0161391_16251573.jpg


b0161391_16254436.jpg

リジャサちゃんですが、繋げてみたら、やはりこのウィッグの方がずっと自然で。。。質もよく、飽きが来ないし・・・と、オーダー主様にご連絡を差し上げたのですが、まだお返事が来ないのですが・・・とりあえずウィッグは取り替えて進めさせていただきます。
b0161391_1626127.jpg
b0161391_16265279.jpg


明後日の母寺の大祭は、去年のあの超巨大スペクタクルな儀式「ロラス」の最終段階の儀式です。
今日から都会の親族も家に帰って来ていて、明日は大勢の人々が我が家に集まり供え物つくりです。

今年の雨季は、あまり雨が降らずに、大変蒸し暑い日々は続いていましたが、お人形棚に唯一住み着いているアンタレジャの裸の胸に、うっすら埃と共に青っぽいカビが・・・・・。
ほぼ2年ぶりくらいでしょうか・・・外に出しましたので、せっかくだからと写真を撮りました。
このお人形は、5月の節句に飾るといいかも、と思うくらいに、我が家の男の子達に大人気で、息子も従兄達も、口々に、これは売らないでくれ、ずっと飾っておいて、というのですが、アバビ村の熱帯雨林気候の湿気の多さでは・・・・たびたびのケアが必要だとわかりました。なので、お部屋に出しておくことにしました。
b0161391_16273076.jpg
b0161391_16301428.jpg

Antarejaの写真はFace Bookのアルバムに載せました。
Michiyo Tezuka
そうそう、再び再開したフェイスブックですが、私事ではなく、お人形についてのページにして、お人形関連の世界中の作家であるとかコレクターの方であるとかと繋がっていきまして、いろんな思いがけない出会いが広がっています。
Pinterestやこちらのブログで前々から注目してくださっていた方々とも直接会話も出来るようになりました。
その中で、特に驚きの出会いは、近日中に・・・ここ数ヶ月以内に・・スラバヤからいらっしゃる予定のある方との出会い。

さて、6月には帰国も控え、また今週の大祭のあとではりきって製作に励むことにしましょう。

by ekadantaya | 2016-04-12 17:21 | Trackback | Comments(0)

それぞれの性格の出た脚・・・。

結局、妖精たちの脚は、2セット作り直しになり、(いつものことですが、どうしても足のサイズが大きくなりすぎるのです。)ようやく、膝を球体間接で曲がるように仕上げました。
これで、どこにでも座れる、自由な3人組の準備が出来上がったので、早朝から雨で真っ暗ですが、写真を撮りました。
3人の個性に合わせて作ったあし3セット。
b0161391_8235065.jpg

では、まずしっかりもののSamantha (サマンサ)の足。細いけど、すばしっこそうな足。
b0161391_8244068.jpg
Angie(アンジー)ちゃんは華奢で妖精らしく、爪先立ちにしてみました。
b0161391_8245479.jpg
Guido(グイド)君の足は、男の子らしく骨太な強そうな足。
b0161391_825102.jpg

小さい小さい妖精たちも手足ができて、あとは布でボディを仕上げるだけです。
目を開いているこの髪型のリクエストなども頂きましたが、もうちょっとゆっくり考えて・・・髪型も妖精らしく。
b0161391_825322.jpg

ここまで仕上がってくると、革や布で腰部分を製作するのはちょっと後にして、まだ脚を作っていない2人の方を仕上げてしまおうと思います。そうして、晴れて揃って型紙を作り、ミシン三昧・・・・のほうが・・・。
b0161391_8254936.jpg

日曜日の丘の家は、朝から親戚が来たり、隣のパ・パインのお見舞いにいったりしているうちにちょっと遅れて、9時過ぎになりましたら、丘の宿にいたマデ・スチが、「子供達は7時半から来て、さっきまで待っていたけど、待ちくたびれて帰っちゃったわよ。」と言われました。
道で会って、一緒に丘に来たエーカーとアリやの2人だけでお絵かきを始めましたが、あとからナディともう一人の男の子が加わり、4名でゆるくお絵かきを楽しみました。
b0161391_8263266.jpg
b0161391_8271624.jpg
b0161391_8274879.jpg
本日のテーマは、エーカーの描き始めた海中の風景。
b0161391_8281486.jpg
これをお手本に、おしゃべりをしながら残りの男の子達はゆるくゆるく色塗りをしていましたが、エーカーはサインペンでやってみたら?という私の提案に、最後まで根気強く仕上げてくれました。
b0161391_8284626.jpg


そしてまたまた、桜の花の下で、幸せなお写真を頂きました。
メンコちゃん・・・か・かわいい・・・。
b0161391_8293441.jpg
ドラ子ちゃん・・・・。桜の花が・・よりいっそう美しく見える・・・・。
b0161391_8295086.jpg
桜の季節は、見えない不思議な生き物達も沢山蠢いている気配がします。

さあ、それでは、今日もまた心をこめて脚を作りましょう・・・・。

by ekadantaya | 2016-04-11 08:51 | Trackback | Comments(0)

大小沢山の手足・・・ほぼ完成。リジャサちゃん上半身完成。

ただ単に、根気が必要であるという場面は、生活の中で結構あります。
でもそれが、1週間毎日続いてくると、やっぱりちょっとした忍耐という魔法も必要になってきます。
しかも、集中しなくてはならないと言うのに、ひどい咳と鼻水の流行の風邪にやられていた期間がぴったり面倒な作業に重なって・・・・きついな、と思うときに思い出す言葉がありました。

The only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it.

- Steve Jobs (スティーブ・ジョブズ) -

水やすりの単純作業が長時間続き、右手の親指の指紋がきれいになくなり、知らないうちに薄くなっていった皮が擦り切れて、血が流れ出してやっと・・・終わりに近づいた作業。
父に似て、なぜか傷があっという間に治る体質のお陰で、親指の皮は1日絆創膏をして再生。
彩色の作業の楽しいこと楽しいこと・・・。
そしてついに・・・・今朝リジャサちゃんの上半身を繋いで、写真を撮りました。
b0161391_1348503.jpg

うようよと、小さな手足までが生まれていますが、あとリジャサちゃんの脚と、小さいこの脚一セットが課題として残っています。
b0161391_1351395.jpg

でもこれで、リジャサちゃんと妖精3人組の上半身はめでたく完成071.gif
b0161391_13514264.jpg

リジャサちゃんは、ご予約された方のご希望で、リジャサの花と同じ色のウィッグになりまして、現実から少し遠く離れたエルフのお姫様として仕上げていくことになりました。
b0161391_13521152.jpg
b0161391_13524995.jpg
b0161391_13531374.jpg
b0161391_13533153.jpg

母寺の大きな祭りがあと1週間に迫っています。リジャサちゃんの脚に入る前に、この3名の腰部分を柔らかなラム皮で仕上げてあげようと思います。
b0161391_13535047.jpg


さあ、みんなの体が仕上がったら、お洋服を作る前に、実は大きなお顔が2つくらい生まれてみたいと・・・心の奥からささやく声が聞こえています・・・・。

by ekadantaya | 2016-04-08 14:21 | Trackback | Comments(0)

手足製作中。日曜日の丘と結婚式週間のアバビ村。

忙しい結婚式週間が終わって、一昨日からはお人形に一心不乱に・・・向かうつもりでしたが、鼻風邪の流行に私も乗ってしまい、のどの痛みから始まったひどい咳と、今は鼻水と頭痛、そしてくしゃみに移行してきましたところですが・・・そんな中、集中力を持続させるということがなんと困難なことか・・・・。

それでもふんばって、時にはぼやっと寝転んだりしながら、通常の頭脳明晰状態の健康時でさえ苦痛である手足を作る作業を、際限なく繰り返しているところです。
全部焼きあがったら、写真を撮ってアップだ、と決めて頑張っていましたが、
ついに、根気が続かなくなったので途中経過をアップすることにしました。

まず、リジャサちゃんの腕。これはパーツが全て焼きあがったところです。水やすりで仕上げ、彩色をしたら、上半身を繋げ、ようやくウィッグも固定できます。それから、脚に作業を進める予定です。
b0161391_177773.jpg

3人組の妖精たちは、あと二本・・・・脚を作ればいいのです!!あと2本!!あと二人の片足を1本ずつ!!
b0161391_1773980.jpg
b0161391_177588.jpg

手足を作る作業と言うのは、顔よりも一気に集中する緊張感があって、疲れるため、ちょっと箸休めに・・
つい小さい小さい妖精を3人も呼び出してしまった・・・。これもまた責任を取ってウヨウヨ手足を作る羽目になっています。
b0161391_1781969.jpg

リジャサちゃんと一緒に、妖精たちが沢山生まれてしまったのも、フランスからようやく届いたこの魅惑的な大量のアンティークレース達の影響です。
b0161391_1783651.jpg



日曜日の丘は、子供達が沢山来ました。新しい子も入ってきて、女の子達も来たし、きらきらした時間を過ごしました。
b0161391_1793844.jpg

石大工のラオスの息子、エカはアバビ村の小学校終え夏季大会で一等賞の子。そのエカにいつもくっついている2人の男の子達は、まるで弟子のようにエカが描く絵をそっくりそのままお手本にして真似をして描きます。
でもそっくりではないところが、なかなかのアートチームになっている気が。
b0161391_17101297.jpg

b0161391_17104220.jpg


勿論、ワヤンのように絶対的に個性派も沢山。
b0161391_17111963.jpg


b0161391_17123013.jpg
b0161391_17125497.jpg
b0161391_17131716.jpg


結婚式ラッシュのアバビ村。この週に3回も御呼ばれ。
b0161391_17141925.jpg
b0161391_17145148.jpg
b0161391_17152435.jpg


来週は、一昨年のロラスの最終儀式である大きな儀式が母寺で予定されていますから、それまでにはお人形達の手足を仕上げてしまいたいと思います。
鼻風邪も治してしまわないと。

幸せなお写真を頂きました。幸せなお迎えをしていただいたUTENAちゃんが、咲き誇る桜の花の下で・・・・
b0161391_1738318.jpg

このお写真をみていると、鼻風邪なんて、すぐに飛んで行ってしまいそう。
幸せをありがとうございました。

by ekadantaya | 2016-04-05 17:40 | Trackback | Comments(0)

妖精たちのボディ完成。

今月は、結婚式のラッシュ。バリ島はバリ島独自の旧暦カレンダーで儀式の吉日に沿って冠婚葬祭が計画されるため、結婚式のときは結婚式、お葬式のときはお葬式の御呼ばれで大変忙しくなり、一日に3つも重なることもあります。
そんなこんなで、ガルンガン、クニンガン、ニュピと来て、村の若者達の結婚式も重なり、ああ、本当に忙しい大波の絶頂であったアバビ村の3月。
明日もまた結婚式のご招待を頂いておりますので、今朝は朝日の中で撮ったお人形達の写真をアップ。

緑の中を差し込む朝日のカーテン。お人形達は夕べやっと上半身が繋がって、嬉しそうに朝を迎えました。
b0161391_85501.jpg

リジャサちゃんの間接に使う為の球も焼きあがりました。
b0161391_8553225.jpg
b0161391_8574780.jpg
b0161391_8585681.jpg
b0161391_859179.jpg

最初は、男の子の妖精。名前はGuido(グイド)「森の案内人」という意味のイタリア語の名前をつけました。
では、グイド君の男の子らしい姿を見てください。グイドについて行けば、森の中で道に迷うことはありません。
b0161391_90352.jpg
b0161391_903411.jpg
b0161391_91434.jpg
b0161391_912484.jpg
b0161391_914874.jpg
b0161391_93690.jpg


この妖精の少女はとても個性的な、ちょっと意地悪そうにも見える良く観察する目(鋭いまなざし)を持って生まれましたから、Samantha (サマンサ):耳を傾けるもの、理解のあるものという意味を持つ名前に命名しました。これで、彼女はとても素晴らしい役割にその特別な力を向けることが出来そう。
b0161391_94482.jpg
b0161391_943594.jpg
b0161391_953341.jpg
b0161391_972895.jpg

b0161391_975928.jpg
b0161391_981542.jpg


このふんわりとした白い巻き毛の妖精ちゃんには、Angie(アンジー):良い知らせという意味の名前をあげます。Angieが捕まえてくる良い知らせとは何かしら?
b0161391_993731.jpg

b0161391_910677.jpg
b0161391_9111132.jpg
b0161391_9112478.jpg
b0161391_9114148.jpg
b0161391_9115675.jpg


この3名は、リジャサちゃんの腕と同時進行で足を作っていきます。
b0161391_914269.jpg


さあ、自由に走り回れるように、生き生きした脚を3人分、そしてリジャサちゃんの球体間接の手足を来週中に頑張って仕上げてしまおう!

明日又結婚式に出て、再来週の母寺の巨大儀式という大波まで、ちょっと集中する時間が取れますように。

by ekadantaya | 2016-04-01 09:58 | Trackback | Comments(0)