エルフ姫と妖精たちのお顔完成。

今朝は、早朝に結婚式に出席し、頭に炊いたご飯の籠を載せて近所の主婦達と結婚式の家へ。
ようやく今帰って来て、休憩がてら昨日撮った写真をアップ。

さて、ようやく・・・エルフ姫Rijasaとその仲間達、お顔が完成いたしました。
b0161391_10482710.jpg
b0161391_10491726.jpg

昨日先にフェイスブックにはアップしましたが、一人悪戯そうな妖精の少年が加わり、小さな子は3名に増えました。
b0161391_1049507.jpg


妖精の少年はオフホワイトのチベットゴートの毛皮を髪の毛にしました。
b0161391_1050118.jpg
b0161391_10502952.jpg
b0161391_1050549.jpg
b0161391_10511566.jpg

始めに作った少女の顔は、なんだかとっても鋭いと言うか、子供らしさを通り超えた独特の悪さをかもし出すお嬢様顔で、意地悪なお嬢様みたいですが、なんだか気に入りました。
モヘアウェフティングを使って、手作りウィッグを作り、今は髪の毛のカールを作っているので、ヘアカラーを巻いたまま失礼します。
b0161391_105244.jpg
b0161391_1053998.jpg

もう一人の子は、小さいくせに色気のある、やっぱりどことなくワルっぽい感じで、マリリン・モンローにも似ている気がします。チベットラムのくるくるの毛皮貼り付けでふわふわな髪の毛。
b0161391_10532526.jpg
b0161391_10535015.jpg

この二人はなかなか強そうですね。
b0161391_10541149.jpg


大きさは随分大きいリジャサちゃんですが、一番優しいふんわりとしたイメージで、リジャサの花とそっくりの色のウィッグに今朝決定いたしました。
b0161391_1054444.jpg

さて、それでは今日はこの小さな妖精たちとリジャサちゃんのボディを作り、手足へと作業を進めていきましょう。
b0161391_10555054.jpg

by ekadantaya | 2016-03-28 11:09 | Trackback | Comments(0)

妖精のお顔、2つ目も完成。息子の休暇終了。

息子の3週間弱の休暇は昨日終了し、朝空港に送り届けて来ました。
彼にとってはあっという間の3週間でも、母親の私にとってはかなり長い気がした3週間。
好きなだけだらけている息子の食事の世話も洗濯も、掃除も、まあ普段よりは仕事は増えるのですがたいしたことはないのですが、やっぱり何かと世話を焼かずにいられない。
それで、儀式も祭日もたっぷり重なって、親族がひっきりなしに家に集まる期間。
結局3週間で出来た仕事はこの2つの小さな妖精たちのお顔だけでした。

b0161391_1581048.jpg

b0161391_1583822.jpg

b0161391_159273.jpg

この二人にはなかなか満足する仕上げのウィッグを手作りで作って先程完成したのですが、今は真夜中で写真は取れないので又今度アップします。

真夜中にブログをアップするのは・・・やっぱりなんだか、お兄ちゃんが出発したら、今度はお人形のことを考えて眠れなくなって・・・。うずうず・・作りたい気持ちが沸いてきました。
息子も今頃、明日から始まる学校生活にうずうずしているところでしょう。
こんどは7月。3ヵ月後に又休暇で帰って来ます。
それまでに、わたしも出来る限りお人形に集中しよう。

今回は、息子はのんびりしきっていましたが、妹は化学コンクールで猛勉強で大忙し。
先週の日曜日、夕方にやっと家族でチャンディダサのあの悲しい澄んだ海を見に行くことが出来ました。
b0161391_204629.jpg
b0161391_211928.jpg

b0161391_215063.jpg
b0161391_2343.jpg

そして、大発見。ここ数年、ちょっと味が変わったVincentよりも、小さいですが大変雰囲気もよく美味なレストラン。
La.Rougeと言います。リーズナブルで、小粋にシャンソンやジャズがさりげなく流れるパリの香り。
フランス人のオーナーのレストランで、品の良いハンサムばかりがウェーターです。
b0161391_23296.jpg

b0161391_234622.jpg
甘すぎず、オレンジの香りと酸味がさっぱりとしたクリスピーダックのオレンジソースは、とろけるような柔らかさで、ボリュームのある腿肉もペロリといけます。
b0161391_25099.jpg

アイスクリームも絶品だし、次の機会ももここで。

by ekadantaya | 2016-03-27 02:26 | Trackback | Comments(0)

新しい小さな妖精の少女のお顔。春展のUTENAちゃんの場所。

昨日、いてもたってもいられない感じで、時間を無理やり押し開いて作り始めた小さなお顔が、先程最終段階の彩色が終わりましたので、オーブンに入れる前に写真を取りました。

まだちょっとヒートペイントのメディウムが乾く前でテカッていますが、小さな妖精のお姫様のお顔です。

b0161391_16403793.jpg

b0161391_1640563.jpg
b0161391_16412895.jpg
b0161391_16411154.jpg
b0161391_1642898.jpg

少し長い間、大きなお顔を何度も作っては壊しをしていましたので、こんどはこのくらいの小さなお顔から、又いくつか作り始めてみましょう。
b0161391_16422489.jpg

そして、3月16日から始まった丸善ギャラリーの「春展」。
UTENAちゃんは、小さくてとてもシンプルな、言いようによっては地味な作品なのにも関わらず、会場では真ん中に大きな机で展示していただいてしまい・・・ちょっとだけ、寝心地わるそうですが・・・・
日曜日にご予約された優しいお方が遠方よりはるばる会場に会いに来てくださるとの事・・・幸せな夢を見てすやすや寝ていてくれますように。
b0161391_16432363.jpg

UTENAちゃんの場所です。入り口を入って左側の真ん中の島。バリ島みたいだわね。
b0161391_16471943.jpg

本当は、隅っこにちょこんと・・・出してくださればよいかな・・と思いながら出した力を抜いた(寝ているので・・・)地味なUTENAちゃんですが、会場には様々なお人形が沢山いらっしゃって、大変見ごたえのある展覧会だと思います。春うららかな日にぜひお誘い合わせの上、丸の内へお人形達が花のように咲き誇る「春」展へお出かけ下さい。最終日は22日火曜日です。

息子の休暇も、あとちょうど1週間になりまして、今朝飛行機のチケットを買いました。昨日は倍以上していたチケットが、今朝なんと、プロモで半額以下。良かった、昨日にしなくて。
息子は家にいると20時間くらい寝ているのではないかというくらい、寝てます。
そしてパソコンでアニメ映画を見たり、絵を描いているか、終わることはないであろうファンタジーの長編を又書き加えていたり、たま~に、高校時代の友人達と出かけていきますが・・・・
食事は高カロリーで栄養たっぷりの大好物を3食作ってあげるし、洗濯物も一気に増え、大変ではありますが、やっぱりお兄ちゃんがいる家は安心感があって、家族がなんだか楽しいです。シノまで幸せそう。
娘は5日後、ああ春展が終わる22日ですが、また化学コンテストに高校代表で出場が決まって、ブドゥグルへ。毎日遅くまで学校と塾で猛勉強なので、せっかくお兄ちゃんがいるのに家族でどこにも出かけることが出来ません。
まあ、みんなそれぞれ、元気に思い切り頑張ってくれますように・・・。

by ekadantaya | 2016-03-19 17:19 | Trackback(1) | Comments(0)

日曜日の丘の家。母寺の大祭。

ようやく、母寺の大祭のクライマックスも昨日終了し、UTENAちゃんの展示も昨日から始まっています。
今日は朝から雨がふり、ティルタガンガのサラスワティ(芸術と学問を司る女神で、ブラフマー神の妻。)もしっとりと緑の中で微笑んでいます。
b0161391_1242353.jpg
b0161391_12421863.jpg

日曜日は本当に久しぶりに、村の子供達と約束をして丘に来ました。屋根の改築が始まる前から、もう3ヶ月くらいもお休みしていたから、久しぶりの丘の家の時間。
道であったワヤンと一緒に登ってきたら、家の前にはやんちゃそうな3兄弟の子牛がいました。
b0161391_12424017.jpg
b0161391_1243621.jpg
それぞれ少しづつ大きさが違って、きっと年子の3匹の兄弟だろうと思います。
b0161391_12432837.jpg

久しぶりのお絵かきの時間なのに、子供達との時間はすぐに不思議な透明感に満たされてしまいました。
b0161391_12435892.jpg
b0161391_12441872.jpg
b0161391_12444820.jpg
b0161391_12454415.jpg
b0161391_12461290.jpg
b0161391_1247255.jpg
b0161391_12472596.jpg
b0161391_12474360.jpg
b0161391_12481494.jpg
b0161391_12483211.jpg
b0161391_1248528.jpg

なんだか、心がスポンジのように透明で澄んだ光を吸収して膨らみ、元気に満ち溢れた感じ。来週も、またね。

家にはもう1週間前から毎日、近所の主婦達が集まって供え物つくりをしてきましたが、祭りの前日は、親族が都会から帰って来て、供え物つくりの仕上げ。
b0161391_12493676.jpg

当日の午前中に、供え物のいけにえにする鶏やアヒルを屠るのですが、休暇で帰郷している最中の長男に、せっかくだから、お前がやれ、と主人が命じてみましたが・・・
b0161391_12502896.jpg
見ただけで可愛そうで無理無理状態の長男は、サテを焼く係りになりました。
b0161391_12505587.jpg
b0161391_1251464.jpg
デンパサールのおじさんにアドバイスを受け、
b0161391_12523461.jpg

こんがり程よく中まで火の通った美味しいサテの焼き方をマスター。
b0161391_12532475.jpg
b0161391_12541134.jpg

アヒルも鶏も、立派な供え物として完成いたしました。
b0161391_12543846.jpg
b0161391_1255167.jpg

寺で当日久しぶりに会ったエンジェルちゃん。このこのお顔を見るたびに、お人形がつくりたくなってくる。
b0161391_12553326.jpg

母寺の祭りは高僧がやってきて、お祈りが始まるまで雨が降ってきていましたが、なんとか無事終了。
b0161391_12555757.jpg


リジャサちゃんはまだ髪型に迷い中。
b0161391_12572952.jpg
b0161391_1258974.jpg
b0161391_12584280.jpg


ここ数日、実は今年の日本の少女を作りたくって、トライしていたのでしたが、完成に近づいては何度又もとの粘土の塊に戻ったことか・・・・。
もう少し落ち着く時間が取れるまで、待つことにしました。
リジャサちゃんの球体を作っておこう。
息子の帰りのチケットも、そろそろ買っておかなくては。
来週、息子が帰るぎりぎりまで、また村の親しい一家に結婚式があり、忙しいアバビ村です。

by ekadantaya | 2016-03-17 13:25 | Trackback | Comments(0)

ニュピは地球を癒す魔法の日。

オゴオゴはもう島の至る所に生まれ出て、晴れの舞台を待っている、ニュピ前日。ジャヌールの家でも子供達が手伝って、立派なオゴオゴが完成しました。いよいよ当日、夕方のパレードを楽しみにしていたら・・・・急に息子が電話をくれて・・・

b0161391_0521365.jpg

休暇の許可が今出たからと・・・・島中が夕方には怪獣達でいっぱいになって、道路がふさがって動けなくなるというニュピ前夜祭に、帰ってきました・・・。夕方4時に家を出て、オゴオゴたちはまだスタンバイ状態で出発手前のために、渋滞はなく、3時間空港で待ち、9時に時間きっかり遅れずに到着し、帰りは空港で簡単な食事をして、外に出たらもうオゴオゴたちは聖なる炎で燃やされた後で、やはり、渋滞はないというラッキーな事になりました。そして家に到着したのは夜中の12時5分手前。シンデレラではないけど、日付の変わる12時からは電気も消え、乗り物も道路を走ってはいけないのです。
b0161391_0534191.jpg

そしてそのままニュピの日から翌日の朝までは火を使うことも、電気を使うことも、乗り物に乗って移動することも、家の外に出ることも、いけません。違反すると、係りの人に注意されます。
だから、空気はめちゃくちゃ綺麗で、音は鳥の声と鶏の声と、犬の声、豚の声、子供達の笑い声・・・位になります。赤ちゃんや小さな子供達は道路に出て遊んでも、大変安全な日ですが、大人たちはこっそり集まって飲んだりしています。
平和でのんびりとした、天国のようなニュピの当日。
b0161391_0543740.jpg

今年は大変特別で、Gerhana matahari 皆既日食がニュピの日でした。
サングラスをかけた坊主は息子で、望遠鏡で見てみよう・・としたのですが・・・・
b0161391_102795.jpg
b0161391_112125.jpg
肉眼だと少し三日月のような影が見えますが、まぶしくてよく見えない・・・でも、太陽の光がなんだか変な感じで、薄暗いというか、当たっても熱がない・・・。奇妙な光の中でした。
b0161391_125259.jpg
b0161391_135562.jpg
夜は満天の星を外で眺めながら、久しぶりに家族でこの世界の最も美しい景色の一つ、天の川の眺めを楽しみました。こんなにすごい星空が見られるのは、ニュピのバリ島か、海の真ん中、あるいは高い高い山の上しかないのでは・・・。
ニュピ開けの休日。コージ一家と、ティルタガンガの聖水の湧き水プールで思い切り泳いできました。赤ちゃんのときから、息子も娘もここで泳いで大きくなりました。
b0161391_0555193.jpg
b0161391_0571688.jpg
b0161391_0582793.jpg
b0161391_059534.jpg

小さなガネーシャの赤ちゃんは3匹追加で作り、あくびをした子と鼻を伸ばした子と一緒に一匹、今日日本に飛んで行きました。
b0161391_143869.jpg

Rijasaちゃんは今、髪型で悩んでいます。女の子らしい悩みですが、髪型が決まらないと、キャラクターも決まらず、全体を仕上げていく前に決めておかなくてはなりませんが、この子のお迎えのお約束は少しゆっくりで、7月頃ですので・・・まだじっくりと時間をかけて次の3つのウィッグから選んでいただくことにしました。
始めは、グレーピンクの前髪のあるちょっと不思議な髪型。
b0161391_16739.jpg

次は、優しいストロベリーブロンドの豊かでゴージャスなロング。
b0161391_181772.jpg

3番目には柔らかな金髪で、少女らしい少な目の毛量、可憐な感じになります。
b0161391_193329.jpg


さてさて、UTENAちゃんは無事ぼらんどぉるに到着、のご報告を頂きました。
16日から、春展ですやすや良く眠ってくれますように・・・・。

私は明日から新しいお顔が作りたくって・・・うずうずしているところです・・・。

by ekadantaya | 2016-03-12 01:40 | Trackback | Comments(0)

UTENAちゃん出発、ニュピの準備に入る。

UTENAちゃんは今朝日本に向かって出発いたしました。どうぞ無事にぼらんどぉるへ到着しますように・・・。
b0161391_21254488.jpg

ドルスバラードさんのブログでUTENAちゃんもご紹介いただきましたのでぜひご覧下さい。他にも続々と春展への出品作品が紹介されています。
2016年創作人形展「春」 ガーナベイビーズさんご紹介 ドルバラノート/ウェブリブログ
そして、これは去年の年末にふと見つけたのですが・・・お人形好きのフォーラムという感じの、フランスのサイトでガーナベイビーズを紹介していただいています。4枚も大きな写真が・・・・。
Gana Baby's
b0161391_21271850.jpg
b0161391_2128437.jpg
b0161391_21293748.jpg
b0161391_21295145.jpg

そのほかにもいくつか・・・ロシアのお人形コレクターのサイトにも・・・
Авторская шарнирная кукла от Michiyo Aryawan / Авторские куклы и игрушки у нас дома / Бэйбики. Куклы фото. Одежда для кукол
Авторские куклы от Michiyo Aryawan / Авторская кукла известных дизайнеров / Бэйбики. Куклы фото. Одежда для кукол沢山のお人形の写真と、沢山の方がたからの嬉しい感想が寄せられていますが・・・名前が、Michiyo Aryawan となっていて、これは私が一時フェイスブックで使っていた名前で、主人の名前を後ろに使ったことがあったので・・その時にそうなってしまったのだろうと思います。
まあ、作家の名前などどうでも良くて、私の作ったお人形がガーナベイビーズの子であるということが、大事なことですものね。

ところで、ここ2日間ほど、また来週の母寺の儀式の為に供え物つくりの中でも、得意の粘土遊びのような菓子つくりをやっていました。おばあちゃんの台所の前に、近所の主婦達と朝からお昼過ぎまで座って、お米の粉とココナツミルクで練った生地で作るさまざまな形・・・・。

手が動き、口が動き、おばあちゃんが最高に上機嫌になる時間。ゴシップも炸裂。私もだんだんこういう時間が楽しくなってきました。
b0161391_219673.jpg
b0161391_2193655.jpg
b0161391_211034.jpg
b0161391_2110195.jpg
b0161391_2110363.jpg

お料理上手のカトット・カントンが作った美味しいおかずでムギボン。大きなお盆にご飯を盛って、おかずを載せてみんなで一緒に食べるブランチ。こうしてみんなで一緒に食べるのは最高に美味しい!!!と、私はもうアバビ村の味の侘び錆を知ってしまったような気がします。
b0161391_21113668.jpg

ジャヌールの3男坊コマン(3歳)に口説かれて、2日間とも、シノを作りました。隣のパ・パインの娘も子猫をリクエスト。(お菓子の供え物つくりのときは、どこでも私はみんなに口説かれて、犬やアヒルや豚さんなど何でも作る役目になります。)
b0161391_2113627.jpg
シノと子猫を作って、おばあちゃんの台所でこんがり揚げてもらったら、色までシノそっくりになりました。
b0161391_21133888.jpg

b0161391_211478.jpg

b0161391_2114307.jpg
b0161391_21145023.jpg

シノが屋根に乗り、ロボットが客で、運転手まで作りハートマークの飾りのある木のクラッシックカー
b0161391_2115228.jpg
b0161391_21222774.jpg

上機嫌なコマン
b0161391_2123591.jpg

これで、大人も子供も、楽しかったね。

b0161391_21235271.jpg

来週の9日はバリ島の旧暦の新年、ニュピです。オゴオゴも用意万端で、村の子供達はワクワクしているところ。息子はニュピの前に帰る許可が取れないらしくて、まだチケットが買えないでいますが、遅くとも12日の早朝にはバリに戻り2週間の期末休暇を過ごす予定です。

さて、私はお約束の小さいガネーシャを明日作り、又ちょっと新しいお顔も作り始めてみたいと思います。
UTENAちゃんは、16日から22日まで丸善にいて、ちょっと、ドキドキ・・・。
明日はちょっと丘の上の家も掃除に行ってこよう。息子が8日に帰ってこれたら、ニュピは丘の上の家で過ごしたいと、娘と決めています。
・・あ、そろそろ、セリーもインドから戻るころだわ。

そして、雨季の真っ只中の今は、息子も大好物のドリアンが毎日食べられる季節。
b0161391_218551.jpg
b0161391_2181915.jpg
丘のドリアンはもう、濃厚で、クリーミーで甘くって、モカチーズカスタードクリームみたいな最高のお味です。

そうそう、去年は息子の大学受験や色々で忙しく、きっぱりやめたはずのFace bookですが、やっぱり友人・家族との連絡用には便利であるので、そして普段会えない人とかどうしているか覗き見するのも便利だし・・・Face bookは市場の弁当売りさえ顔見知りだと友達申請してくるアバビ村ですので、再び始めました。
Michiyo Tezuka

by ekadantaya | 2016-03-05 22:24 | Trackback | Comments(2)

UTENAちゃんと、春の仲間達・・ついに完成しました!

ようやく、UTENAちゃんの愉快な仲間達・・・自然の中にいると、私が子供達と共に想像して脳内に定着してしまった精霊達・・・ができあがりました。小春日和の草むらには・・・こんな姿の小さな精霊達がまどろんでいるようなきがして・・・・。ちょっと勢いがあまって、沢山作りすぎましたが・・・・
b0161391_15385312.jpg

まずは一つ目の小さいお化け君達・・・
b0161391_15425262.jpg
b0161391_15445442.jpg

種みたいな小さなガネーシャの赤ちゃん達・・・
b0161391_15463936.jpg
b0161391_15471654.jpg
b0161391_15473880.jpg

少し大きめで桃みたいな色のガネーシャの赤ちゃん達・・・
b0161391_15485659.jpg
b0161391_15493156.jpg
b0161391_15515677.jpg

結局、厳選な審査の上、UTENAちゃんと一緒のベッドに眠るのはこの4名に決定いたしました!
b0161391_15545072.jpg

落選した次の4名も、きっと近いうちに素敵な住処も見つかることでしょう。
b0161391_1558493.jpg

UTENAちゃんのベッドもベルベットのグリーン・リボンをつけて完成したので、みんな一緒に沢山写真を撮ってみました。どうぞじっくりと、ぐっすり眠るUTENAちゃんが、自然の精霊達と一緒にますます気持ちの良い安心した眠りの中に入っていくのを見てください。

b0161391_1641897.jpg
b0161391_1664475.jpg
b0161391_1681451.jpg
b0161391_1685765.jpg
b0161391_16131690.jpg
b0161391_16165836.jpg
b0161391_16184825.jpg
b0161391_16204419.jpg
b0161391_16282874.jpg
b0161391_16331252.jpg
b0161391_16363769.jpg
b0161391_16365799.jpg
b0161391_16395438.jpg

さてこれで・・・カードを作り、UTENAちゃんと春の仲間達は今週中に日本へ向かって出発です・・・・。
b0161391_16401185.jpg



小春日和・・・・もしもお時間がございましたら・・3月16日から1週間、丸の内ギャラリーで開催される人形展・「春」展へ、どうぞお誘い合わせの上、UTENAちゃんとアバビ村の丘の仲間達の寝顔も見に・・・お出かけください。


"Utena and her fellow who doze off in the spring."

Is the exhibition schedule in doll exhibition to be held until March 16 (Wednesday) from March 22 (Tuesday), "HARU".
If you want to buy but can not come to the venue, during the exhibition, it is possible that you contact the telephone number below.


Marunouchi Gallery
In the following places: Marunouchi Oazo
Address: Japan, Yubinbango100-8203 Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 1-6-4
Phone: +81 3-5288-8881
H

「春にまどろむUtenaと彼女の仲間達」

は、3月16日(水)より3月 22日(火)まで開催される人形展「HARU」に出品予定です。
遠方にお住まいの方で、会場に来ることが出来ず、ご購入希望の場合は、会期中、下記の電話番号へお問い合わせいただくことが可能です。


丸の内ギャラリー
次の場所内: 丸の内オアゾ
住所: 日本, 〒100-8203 東京都千代田区丸の内1−6−4
電話:+81 3-5288-8881

056.gif

by ekadantaya | 2016-03-02 16:50 | Trackback | Comments(0)