Thanks for 2015 . よいお年をお迎えください。

b0161391_12510857.jpg
Merry X'mas & Happy new year 2016




2015年は、私たちの家族にとって大変大きな変化の年となりました。
息子が運輸省のテストに合格し、空運管轄の航空大学へ入学したのと同時に、大好きな従兄のお兄ちゃん、パンジーもまた揃って陸運の管轄の大学で鉄道学科へ入学したのです。
1ヶ月のハードな軍隊式キャンプのトレーニングを経て、厳しい規律で4ヶ月間の寮生活を終え、初めての休暇で揃って帰ってきた息子達のために、25日はご馳走を用意して、写真撮影会をしました。
まず始めに・・・息子が生まれて始めて撮ったいとこ同士の2ショット。
18年前の息子生後3ヶ月と従兄のパンジー1歳8ヶ月。
b0161391_1281712.jpg


今はこ~んなに大きく育ちました・・・。全てに感謝。
b0161391_12103883.jpg
おばあちゃんと一緒に撮ったら、ガンダルフとホビットくらい差がある背の高さ・・・。
b0161391_1265159.jpg

b0161391_1213044.jpg
こんなんだったのに・・・
b0161391_12155854.jpg

b0161391_12165953.jpg

b0161391_12192873.jpg
国立大学のエレクトロニクス学科を卒業した又従兄のバーユー兄さんも見事テルコムに採用が決まり、4日間の休暇で帰って着ました。3人揃って、私が作ったクリスマスケーキのろうそくを吹き消し・・・家族のささやかな喜びの食事会となりました。
b0161391_12545274.jpg

その日の夜は、まず息子は大事にしているガールフレンドの家へ妹と行き、ジャカルタで買ってきたプレゼントを渡してきました。そのあとに我が家には高校時代の親友達5名がやってきて、その晩は丘の宿へみんなで泊まり・・・翌日の朝には予定通りにロビナビーチへ出発。
b0161391_12523862.jpg

シガラジャのロビナビーチで従兄達と過ごすこともできるように、ヴィラを借りたのですが、どうもネットで見たより小さすぎだよというヴィラで・・・・
b0161391_12203483.jpg
b0161391_12211437.jpg

娘はご機嫌でしたが・・・
b0161391_12222932.jpg
b0161391_1224575.jpg


b0161391_12252326.jpg

シノちゃんは居場所がなくて落ち着かない様子。
b0161391_12262818.jpg

そこで夜は医者のコージたちが借りたヴィラへ合流。ここは同じ値段だというのにゴージャスで、3部屋もあって、大きなプールと大きなキッチン・・・5家族くらいでワイワイ過ごして十分でした。
b0161391_12293991.jpg
b0161391_12301393.jpg
b0161391_12313386.jpg

b0161391_12321779.jpg

b0161391_12332574.jpg

早朝、主人と医者のコージと、娘と私はイルカを見に浜辺へ。息子はまだ宿題を考えて楽しむどこ炉ではない気分だそうで、ヴィラに留守番。
b0161391_1234132.jpg
夜中から朝にかけての100メートルくらいの引き潮で、まっさらな砂の海岸を歩き、約束のジュクンが帰るのを待つ。
b0161391_123431100.jpg

b0161391_12351124.jpg

b0161391_1239305.jpg

b0161391_12401313.jpg

b0161391_12403376.jpg
ものすごく喜んでいる娘。
b0161391_1241139.jpg
沢山のジュクンがイルカがちょっと背中を見せるたびに大きなエンジン音で我先に競って追いかけるので、5^6匹の家族のような群れが慌ててすぐに姿を消し・・・・それを繰り返すこと4回ほど・・・
b0161391_12413268.jpg

私も医者のコージも可愛そうで、胸が痛くなって、大喜びの娘と主人を制して、船頭にもういいから帰ろうと・・・早々に戻ってきました。

25年ほど昔・・・私はこの場所で50頭ほどのイルカの群れを見ることが出来ました。
そのころには古いジュクンはポンコツで、漁師たちはとても貧しかったのですが、暗黙のルールがあって、イルカの群れに近づき過ぎる若い船頭を年上の船頭たちが叱り飛ばしていました。
そのころの自然に対するマナーは今はもう見ることは出来なくなって、イルカ達も早朝の朝食時間を人がいなくなる日中に変えざるを得なくなっているようです。

お金と引き換えに・・・取り戻すことの出来ないものを失ってしまうことがないように・・・

イルカの親子の背中が私の胸に見えない文字を刻みました。

by ekadantaya | 2015-12-23 12:43 | Trackback | Comments(0)

帰ってきたウルトラマン・・・・The beginning of the Christmas holidays

ジャカルタのインドネシア国立航空大学へ入学した息子が、4ヶ月ぶりに帰って来ました。
アバビ村を大雨の中、早朝5時に出発して空港で待つこと2時間・・・・
同じ航空管制官のクラスに入ったインタンと、お世話になっている先輩たちと共にニコニコしながら無事到着しました。
インタンは、息子(177cm)と並んでも変わらないくらいに背の高い、超しっかりした優秀な女の子で、下手な男の子よりもずっとハンサムガール。
b0161391_10463821.jpg

1年生はスキンヘッドを一年間キープしなくてはなりません。2年生で5部刈り、3年生はもう少し長く出来ます。
b0161391_10475186.jpg
b0161391_1050132.jpg

巨大なチキンバーガーとポテトをテイクアウトでオーダーしている間に、息子がかばんの中から出した妹へのお土産・・・・。なんだかんだ言っても、2人きりの兄妹だものね。
b0161391_1052108.jpg

お腹すいたけど、巨大チキンバーガーを車の中でパクツキ、デンパサールの親戚の家を挨拶に回って、早くアバビ村のマイホームへ帰ろう!!
b0161391_10541028.jpg
b0161391_1113644.jpg

家を出て早4ヶ月。
航空大学の勉強はとても楽しく、張り切っていて、得意の英語は100点満点で発表された勇気は、車の中で沢山の話をしてくれました。寮生活はまるでハリーポッターの世界。どこにでもいるいじめっ子やマルポイ、イスラムやジャカルタ近辺の地元の子が90%の中で、少数派のバリヒンドゥの立場や、色々と苦労をしながら、それでも厳しい規律の中で大変張り切って意欲的に頑張っている息子は、すっかり優しい大人になっていました。
4ヶ月間の規則正しい生活で蓄えた筋肉。あんなに細かった腕もこのとおり。
b0161391_1132064.jpg
逆三角形になった後姿。服を着ているとあまり分かりませんでしたが、規則正しい日々の積み重ねが肉体も精神も鍛えてくれたのね!
b0161391_1142841.jpg

小さなころから制服が好きな子でした・・・。大きくなるのはあっという間ね。
b0161391_116258.jpg

たった16年前の、2歳の息子と私。
b0161391_1171415.jpg

15年前の、2歳の娘と主人。
b0161391_1184874.jpg

妹2歳半とお兄ちゃん3歳半
b0161391_11115915.jpg

妹3歳とお兄ちゃん4歳
b0161391_11134351.jpg

そして、また新しい手編みの白いドレスを作ってもらった幸せなすももちゃん。
b0161391_1114548.jpg
b0161391_11162799.jpg


マリゴールドちゃんにもラブコールが届いて、お支度することになりました。
b0161391_1118898.jpg


今年は本当に大きな大きな事の続いた年でした。息子が大学進学で家を出て遠いジャカルタの寮に入る・・という家族にとっての大きな変化。
再来年は娘も大学に進学して、アバビ村を出て行くのですが・・・・家族が集まって過ごす幸せな時間が魂の栄養となり永遠の力となる・・・・愛情という力を育てる機会を大切にしていこうと思います。
お人形を作るという機会にも、一つ一つ、出来る限りの愛情をこめて、よりいっそう大切に仕上げて行こうと思います。

今年一年、大変お世話になりました。
来る年が皆様にとって、世界にとって、よりいっそう良い年になりますように。

Merry Christmas & Happy New Year

Gaba Baby's

by ekadantaya | 2015-12-20 11:58 | Trackback | Comments(0)

3匹のドラゴンベビーズ。

妖精の少年minto君とドラゴンの赤ちゃんが日本に向かって出発したあとに、イルゼちゃんもシンガポールへと出発いたしました。無事優しい方のお手元に到着しますように・・・・。
アバビ村にはようやく雨季がやってきました。
そして、私の家の庭に住んでいる、もう惚れ惚れするように素敵な友人も、久しぶりの雨の到来を喜んで、顔を出しました。
娘が撮った素晴らしくハンサムな横顔。小さなドラゴン、カメレオン君です。
b0161391_16141616.jpg

そうして、私の机の上にも、ようやく小さなドラゴンの赤ちゃんが3匹生まれてくれました。
b0161391_16114131.jpg

Please contact us who wish to purchase the 3 dragons baby by e-mail to the right address.
この3匹のドラゴンベビーはこちらでお迎え先を探したいと思います。ご希望の方は右上のメルアドへ繊細をお問い合わせください。

A: それでは、ブルーの目の甘えんぼちゃん、アウイン君から。Sold ありがとうございました。040.gif
身長7cm。
翼はヤギの毛皮、芯に針金が入っているので開閉可能です。
平らなところに立たせると少し左側に傾き加減なので、薄いグラスなどのふちに手のつめをかけて、ちょこんと止まらせるのが可愛いです。オール粘土、ヒートペイント・アクリル絵の具ペイント仕上げ。

b0161391_16151614.jpg
b0161391_1616153.jpg
b0161391_16172032.jpg
b0161391_16534596.jpg
b0161391_16181293.jpg

B: 二匹目は黄色い目を持ったちょっと野生的なアンバー君。Sold ありがとうございました。040.gif
体長は尻尾の先まで7cm。開閉可能な翼はアウイン君と同じヤギの毛皮です。
オール粘土、ヒートペイント・アクリル絵の具ペイント仕上げ。

b0161391_16203167.jpg
b0161391_16275244.jpg
b0161391_16215357.jpg
b0161391_1624451.jpg

b0161391_1628517.jpg

C: 一番小さなオレンジがかった目の色の子は、カーネリアン君。Sold この子も幸せなお迎えを頂きました。ありがとうございました。040.gif
体長は5cmほどのおちびちゃんです。翼は粘土で畳んだ状態に固定してあります。
オール粘土、ヒートペイント・アクリル絵の具ペイント仕上げ。
b0161391_16303437.jpg
b0161391_1632294.jpg
b0161391_1633376.jpg
b0161391_16333368.jpg
b0161391_1634043.jpg


さて、2015年のお人形制作は、ひとまずこの子達で〆となりそうです。
b0161391_1612439.jpg


息子の初めての帰郷があと6日後に迫っている!!でもせめて、この子の衣装のリメイクだけは終わらせてしまいたい・・・・・。
b0161391_16354098.jpg

気になっていたお鼻も、やっと微妙に修正し、微妙に美人になったたんぽぽちゃんですが、やっぱりすやすや眠るにはドレスは睡眠用であるべきで、アタの籠にはフワフワのお布団と枕を作ってあげたいし・・・。

カムパネルラ君はまだ裸のままで可愛そうですが、来年年明け早々には衣装が始められるように型紙だけは年内に製作しておきたいです。

丘の上の家も、屋根を仕上げてから体調を崩してしまった大工のパ・ダボルが今日やっと元気な姿を見せてくれて、ゆっくりゆっくり、また改装工事が始まったところです。

そして、実は今までにも手作りの素敵なお洋服を着た幸せなお写真をいただいていましたすももちゃんなのですが、今回頂いた昭和レトロな生地で作っていただいたドレスがどうにも似合っていて、そしてどんどん表情が和らいでくつろいでいるようになって、私だけの秘密の宝物にしようと思ったお写真でしたが、アップしちゃおう。
b0161391_1731355.jpg

あれ、ちょっと太ったんじゃない??すももちゃん。沢山可愛がって頂いて、魂の何よりの栄養分、愛情がたっぷりと感じられるお写真、ありがとうございました。
そしてちょうど先ほど、紹介していただいた内田吉美さんの草迷宮という漫画の本が到着しまして、ワクワク読み始めたところです。

040.gif

by ekadantaya | 2015-12-14 17:41 | Trackback | Comments(0)

ガールズのボンネット。丘の上の家の屋根。

ガールズには、ボンネットを作ってあげました。

b0161391_12135338.jpg
b0161391_12141551.jpg

イルゼちゃんには水色の絹とチュールレースで、マリゴールドちゃんにはセピア色の絹とチュールレースをあわせて。
b0161391_12144439.jpg
b0161391_1214588.jpg

イルゼちゃんのボンネットのリボンは、絹の手染めの素敵なリボンを使いました。
b0161391_12161818.jpg
b0161391_12164724.jpg
b0161391_1217449.jpg

ボーイズは、素敵なご縁を頂いて、2人揃って明日か明後日出発いたします。
b0161391_12174846.jpg
b0161391_1218778.jpg
b0161391_12182126.jpg

ワクワクしながら出発を待つボーイズ。クリスマスは賑やかに・・・沢山のお友達が待っているお家でね。
b0161391_14422722.jpg
b0161391_14424515.jpg

丘の上の家は日曜日の朝にはもう屋根のメタルフレームがほぼ完成していました。
b0161391_1219221.jpg
そして屋根の上には沢山の丘の仲間たちが登って・・・瓦を大工さんが取り付ける手伝いをしていました。
主人がしたからかわらを投げて、ダダプが受け取り、大工さんに渡す・・・。ジュリーが投げてモラが受け取り、大工さんのそばに並べる・・・そんな具合にして、みるみるうちに、瓦が並んでいきました。
みんなでコーヒーとお菓子を食べて、作業は日が高く上って暑くなってもまだ終わりません。
b0161391_12203582.jpg
b0161391_12212647.jpg

ジュワットの大きな木を家に掛かる半分を切ってもらい、今ちょうどたわわに実る美味しい実を食べながら、かわらを乗せる作業と、メタルフレームを業者の大工さんたちが仕上げるのと平行して作業が続きます。
b0161391_12215329.jpg


午後にはもうほぼ瓦は乗っていて、次の日には屋根が完成しました。
b0161391_1223387.jpg

b0161391_12234694.jpg

ところが、まだまだ工事は果てしなく続きそうで・・・天井部分も全て取り替え、(これは全て手作りですから、少し時間が掛かります。)ドアを3枚ほど作り直し、バスルームのフレームも、テラスの台座や階段も作り直しです。残念そうに、今朝主人が、「19日に勇気が帰るまでには終わらないなあ。」と、つぶやきました。
b0161391_1225419.jpg
b0161391_12253143.jpg

b0161391_12261587.jpg
b0161391_12264121.jpg

b0161391_12272697.jpg


一番大事なことは・・・本格的な雨季に入って、大雨が降る前に、大勢の人に手伝ってもらって、立派な屋根が完成したこと。丘のエルフたち、妖精たち、そして主人とその愉快な仲間たちに感謝。
b0161391_1228469.jpg


子供たちも、日曜日のお絵かきはいつからできるの??と道で会ったりすると決まって尋ねてきます。
全部終わって、壁も塗りなおして、きれいにお片づけもできるまでには・・・1ヶ月くらい掛かりそうかな。

まあ、ゆっくり無理しないで・・・頑張ろう。

by ekadantaya | 2015-12-08 12:48 | Trackback | Comments(0)

イルゼちゃんの小さな仲間たち完成。丘の家の工事開始。

イルゼ姫はほぼ用意も整い、青い目に青い靴を履いて、エルフの花冠も着けたし・・・あとは出生カードを作って出発を待つだけとなったのですが・・・・
スマルンの丘のエルフ姫であるイルゼちゃんは、丘の上の家が20年ぶりに屋根の骨組みを新しく金属にする大工事を雨季が始まるぎりぎりに開始したことを心配する私たちのため、ちょっと魔法を使って仲間たちを呼んできてくれました・・・。

b0161391_16225413.jpg
b0161391_16234645.jpg
b0161391_16241449.jpg
b0161391_16244755.jpg

ジャン。
b0161391_16251748.jpg

二人の妖精の衣装と、野生的なドラゴンの赤ちゃんが一匹完成しました。

まず、妖精の男の子と女の子の衣装。。
b0161391_16271550.jpg
女の子は繊細なアンティークレースのローウェストなドレスと、絹のドロワーズ。男の子はオレンジ色の麻の生地と緑の植物がモチーフのリバティで作った三角帽子とサロペット。
b0161391_1628465.jpg


男の子の妖精は身長が17cm。
名前はMinto North-Tooks。 ミント・ノース・ トゥックス君です。
緑の丘の草むらの中にいて、すやすや眠るガネーシャの赤ちゃんたちとも仲良し。
b0161391_16292635.jpg

b0161391_1630187.jpg
あらら、ポケットに何か・・・
b0161391_1631303.jpg
指の先っぽくらい小さいガネーシャの赤ちゃん。眠るガーナベイビー。
b0161391_1633384.jpg
b0161391_16344545.jpg
b0161391_16351174.jpg

すばしこいのですが、時々草むらがゆれて三角帽子の先っぽについた木の実のようなものだけが見え隠れしたりするので、あまり用心深い方ではなさそうです。

女の子の身長は15cm。名前はMarigold Stoor。マリゴールド・ストールちゃんはお花の妖精ですが、小さなボンネットをあとで作ってあげたいな・・・。
やさしい女の子らしいマリちゃんです。
b0161391_16363456.jpg
b0161391_1637766.jpg
b0161391_16373137.jpg
b0161391_1638837.jpg
b0161391_16384644.jpg


そして、ドラゴンの赤ちゃん。この子は首と手足がゴムジョイントで動きます。翼には短い毛が生えていて、(ヤギの毛皮を使用)針金が入っているので開閉します。足を伸ばして角の先から9cm程の大きさ。
b0161391_16422014.jpg

b0161391_16432191.jpg
b0161391_16444456.jpg
b0161391_1645950.jpg
b0161391_1645266.jpg

この3名はなかなか頑張って出てきてくれました。
b0161391_16455623.jpg

この力強い仲間たちと共に、イルゼちゃんもなんとか出発の準備が始められそうです。
b0161391_16261059.jpg

ジャカルタの航空大学に入った息子も、今月の19日にはクリスマスと新年の休暇で始めて帰郷します。
今日、土曜日でお休みなので、先輩の休日用の部屋に遊びに行って、取った写真をFBにアップしてました。
学校の外に出るときにはこの服装でなくてはならない決まりだそうです。
b0161391_1728629.jpg
これでも4キロ体重が増えているそうで、やせっぽっちではなくなったのかな??娘とお兄ちゃんのためにこれから綿密に打ち合わせをして、年末のご馳走を準備しなくちゃ!

そして、ついに始まった・・・
丘の家の改築工事。

もう雨季に片足を突っ込んでしまっていますが、屋根の部分を・・・・シロアリに食べられてしまった屋根の木枠を全て取り払って、金属のフレームに換える工事です。

b0161391_16512377.jpg
ジャワ島のバニュワンギというところから、息子くらいの年齢の若い大工が3名来て、泊りがけでこの金属の骨組みを屋根に取り付けています。今日、工事は終わり、明日からは村の大工や大勢の人の力を借りて、瓦を乗せることが出来るらしいですが、初日、屋根をはずしてビニールシートをかけただけの夜、初めの大雨が・・・・。
b0161391_16514596.jpg

屋根さえ出来てしまえば、あとは安心。
この家はシロアリさんの巨大王国がある大自然の真ん中に立って早築20年。
自然の美しさはまったく変わらないままだけど、娘は大きくなったものだなあ・・・と、夕日の沈みかけた丘の上で、子供たちが小さかったころを思い出していました。
b0161391_16523152.jpg
b0161391_1653694.jpg
b0161391_16532919.jpg

by ekadantaya | 2015-12-05 17:39 | Trackback | Comments(0)