妖精ちゃん2名仕上がり。命名UNA&MINA。飛んでいく鳥たち。

そろそろ日本に飛んでいく日も近くなって、白い妖精ちゃんたちの仕上げ、そして命名もいたしました。
最後の仕上げはアンティークチュールと布花の小さな妖精ヴェール。
b0161391_84269.jpg
b0161391_8142288.jpg
b0161391_844656.jpg
b0161391_851826.jpg
b0161391_853337.jpg

この二人は一緒に並んでいると、ひそひそチョコチョコ・・・内緒話でにぎやかなくらいです。
名前は、私の友人二人の名前を少しいただいてつけました。
b0161391_872364.jpg
b0161391_875342.jpg
b0161391_881398.jpg


この子の名前はUNAちゃんです。どうぞよろしく。
b0161391_810771.jpg

UNAちゃんは、私がとても気に入ってしまった子で、お顔から満ち溢れる性格のよさと、ボディや手足の微妙なバランスが、もう二度と作れないわ・・・というくらい、自分にとっては完璧な子です。
この子は信頼できる親友という感じ。背の高さは24cm。
b0161391_8103798.jpg
b0161391_8111780.jpg
b0161391_8113699.jpg


こちらの子は、MINAちゃん。
この子はふわりとしながらも意思を持ったしっかりタイプの女の子。嘘を見抜く澄んだ瞳で、心強い見方になってくれそう。身長は23cm。
b0161391_8121825.jpg
b0161391_8124961.jpg
b0161391_8133425.jpg

b0161391_814186.jpg


二人とも、すももちゃんに付いて、ヒトガタ展に出席いたします。小さいけれど、すももちゃんの大親友たちです。
価格等、繊細についてのお問い合わせは、

ドルスバラード(ぼらんどぉる)

E-mail : dols@k3.dion.ne.jp
Tel & Fax : +81-3-6780-0338

へお願いいたします。


このところ、儀式続きで忙しく、息子の受験も会って、ずいぶんご無沙汰していた、子供たちとのお絵かきの時間。ここ数日、外を歩くたびに、メンバーの子供たちとすれ違って、「日曜日ね!」と次々約束してしまったために、昨日も家では儀式の準備で大勢の人が集まっていましたが、私は一人、日曜日の丘の家へ。
b0161391_8151219.jpg

ずいぶん長い間、マデ・スチと世間話などして子供たちを待っていましたが、やはりそれぞれの家でも儀式の最中なのかなかなか現れない。子供にお母さんが「ミチヨは今日は儀式で忙しいからお絵かきは無理よ」と言っている家もあったそうで、そろそろ帰ろうかな、と思ったところに現れたのが、サプートラとワヤンの2人組み。早速丘の上の家で久しぶりのお絵かき!
b0161391_8155631.jpg
b0161391_8162347.jpg
b0161391_9325231.jpg
やっぱり最高の時間よね!と楽しみつつも、今日は親族も帰ってくる儀式の準備の日なので早々にまた来週のお約束。
ふと見ると、壁には勇気が描いた鉛筆画のドラゴンが・・・何故だか今日は笑っているようにも見える。
b0161391_8164543.jpg

今頃は、どうしているのだろうかな・・・と、運輸省の最新ニュースを開いたら・・・
こんな写真が・・・・
b0161391_8524150.jpg
b0161391_8531371.jpg
b0161391_8534541.jpg

めがねのふっくらした紳士は運輸省の大臣のようで、その管轄で今年の運輸省管轄の大学に入った陸・海・空の各部門の新入生(今年は2万5千人の中から選抜された合格者で、インドネシア全土の運輸省系列の大学全てから2800名ほど)をPusat Latihan Pertempuran (PLP) Korps Marinir 4 Purboyo Malang Jawa Timur(翻訳すると、海兵隊管轄バトルトレーニングセンター東ジャワ・マランプルボヨ)というところで一堂に集めて、入学前の基礎的精神、人格の育成・・・・をするという期間なのですが・・・・。
運輸省は将来国民の人命、安全を守る優秀な人材を教育する、という目的のために、今年からはじめることになったミリタリー式スパルタ基礎人格の形成訓練1ヶ月キャンプ。
3000人近い若者は女の子も多数含まれています。
寄宿舎ではなくて、巨大な土地で3000人がテントに生活すると・・・。
指定されていた荷物は白いTシャツ10枚とトレーニングパンツ・濃紺3枚、そして下着のみでしたが、どうやら上から下までの衣装は配給されている様子。
後ろに背負っているのは、寝袋ではなくてどうやら、マットみたいですね。
この大勢の若者に混じって、勇気と共に今年陸運の大学に合格した従兄のパンジーもどこかにいるのだわ・・。
どうぞ神様、健康で元気に1ヶ月耐え抜きますように・・・・。
9月26日に顔を見るまでそわそわする気分です。

・・・と、祈りはいつもジャカルタのほうに飛んでいくのですが、
今年もまた家族の寺で大きな儀式の時機が来ました。
b0161391_8174424.jpg
b0161391_8193168.jpg
b0161391_820037.jpg
b0161391_821437.jpg

今日もまた近所の人々と供え物を作り、明後日はいよいよ我が家のマクサンで儀式です。
豚の丸焼きが2匹分の、大きな儀式。
その日9月2日は娘の17歳の誕生日なので、集まる親戚の分も大きな誕生ケーキを焼かなくては。

それが済んでから、すももちゃんはまたゆっくりと展示方法を考えて、写真を取り、日本に出発準備です。
お人形を出発させるときも、ちょっとだけ複雑な心境。子供たちが巣立っていくときとよく似た嬉しいような寂しいような・・・そういう感じ。
高い丘の上に一人で立って、飛んでいく鳥を眺めている感覚です。

by ekadantaya | 2015-08-31 09:17 | Trackback | Comments(0)

そろそろすももちゃんが出発ですが、私の帰国予定変更のお知らせ。

ここ数年は、毎年ヒトガタ展を兼ねて、秋の日本に里帰りという幸せなスケジュールでいましたが、
今年は息子の入学式と重なって、主人と2人ではるばる遠いジャカルタへ行かなくてはならなくなりました。
楽しみにしていたのですが、チケットも無駄になってしまうのですが・・・そんな訳で、日本のお友達にもお会いするのが延期となりました。
(その代わりに、ジャカルタの小針君とは会えることになりました。)

今頃は息子は軍隊形式の・・というか、海軍の指導教官が付いて、本格的にスパルタ式の合宿期間を過ごしている模様。携帯もラップトップもだめなので、1ヶ月間は無事をお祈りしているしかありません。


その訓練期間を経て、来月の21日からはチュルッグの寄宿舎に戻り、9月26日に両親を招いた入学式があります。入学式で会える日には、逞しくなっていますように!!

今回のヒトガタ展は、ドルス様に全面的に展示をお願いすることになりまして、大変ご迷惑をおかけすることになりました。ドルス様の奥様に、優しい理解のお言葉をいただき、本当にありがとうございました。すももちゃんと2人の小さな妖精のみ、帰国させていただきます。

展示方法は・・・まだすももちゃんと相談中ですが・・・・・。シンプルで、安全で、どんな感じがいいかしら、座らせようか、ドールスタンドで立たせようかな・・・・などと考えていて、ふと、これもいいかな~~~とおもったのが・・・・

b0161391_10464468.jpg
これでした。
寝そべりポーズ。これなら、倒れる心配もないし、安全で、しかも存在感に満ちた感じで、なによりもリラックスした雰囲気が・・・・。ピンクの布の上に、宝物のフランスアンティークの大きなベッドカバーをかけて・・・・ますますアナだらけになってきた1920年代の布の宝石も一緒に送ろうかどうしようか・・・。
b0161391_10473275.jpg

b0161391_10482199.jpg
b0161391_10492623.jpg

来週中には、発送予定ですので、これからまた色々と考えて見ます。妖精ちゃんたちの仕上げと名前、3人娘の出生カードなども・・・来週中に仕上げなくては。

そして、一度は全体をつなげたエルフ少女でしたが、どうも落ち着かないまま作っていたので、どうしても気になっていた目元の骨格部分と口元、そしてバランスが悪くて小さすぎたボディを作り直しました。
すると、ジャストなタイミングでメールを頂きまして、新しくなった姿はもっと好き、といってくださりまして、ご予約がけっていたしました。(Reserved)
b0161391_10501813.jpg
b0161391_10505262.jpg
b0161391_10512133.jpg
これからゆっくりと、皮の腰部分も作り直して、すももちゃんたちが無事出発してから青いドレスを作ってあげる予定です。

そうして、眠った少女、カモミールちゃん。
ウィッグの質がどうにも気に入らず、専門のお店に注文していたのが届きましたので、ウィッグを変更。
眉や微妙なお顔のペイントも髪の色に合わせてペイントを加えました。

b0161391_10515221.jpg
ウィッグは柔らかくて細い毛質なので、カモミールちゃんにぴったりのナチュラル感。
b0161391_10524329.jpg
b0161391_105307.jpg
b0161391_1054219.jpg
b0161391_10542912.jpg
取りあえずは三つ編みにしておいて、やはりこの子にはもう少し素朴でナチュラルなドレスを新しく作ってあげたいと思います。
(カモミールちゃんは、衣装が完成してからブログのほうでお迎え先を募集いたします。
Once chamomile costume is complete,  will be notified of the sale on the blog.)

おととい8月24日は、長男の誕生日。18歳になりました。生まれてはじめてママの手作りバースデーケーキを食べなかった誕生日となりましたが、妹はひそかに素晴らしいプレゼントを用意していました。
Face bookにお兄ちゃんが載せていた自分のデザインのドラゴンマーク。それをコピーして、Tシャツ屋さんに持っていって、オリジナルのT-シャツを作ってきました。
b0161391_1056680.jpg
b0161391_10562130.jpg
b0161391_1057281.jpg

遠いジャワ島で頑張っているお兄ちゃん、私服を着ることが出来るのは休暇で帰ってきたときだけですが、クリスマスには家族揃って延期になったバースデーケーキも食べようね。

来週水曜日、9月2日は娘の誕生日で、17歳になりますが、この日は家のマクサン(本家の家族寺)の大きなお祭りの日。豚の丸焼きも用意して、供え物は先週から近所の主婦たちと作り始めています。
親戚が帰ってくるので、一回り大きなバースデーケーキを作らなくては・・・。

by ekadantaya | 2015-08-26 11:52 | Trackback | Comments(0)

すももちゃん、お支度開始。第10回丸善オアゾ人形(ヒトガタ)展のお知らせ。

息子のI WAYAN YUKI GERIAWAN も、昨日ジャカルタに無事到着して、今日はSTPIの入学手続きも終えました。

さあ、私も今日やっと少し落ち着いた気分になって、すももちゃんの写真を取りました。

ダブルガーゼの下着も作りました。

b0161391_1759193.jpg
まずは昭和の少女のお洋服で。お洋服のすももちゃんは、とっても活発な少女に見えます。
b0161391_17372734.jpg

b0161391_17403657.jpg
b0161391_17395833.jpg

b0161391_17383014.jpg

次は大正時代の少女の着物姿で。(赤い靴とフリルの靴下が着物にもに合うかもしれないと、ちょっと思いました。)着物にエプロンのすももちゃんは、やっぱりちょっとだけおしとやかに見えますね。
b0161391_17433499.jpg
b0161391_1744966.jpg
b0161391_17445674.jpg
b0161391_17465694.jpg
b0161391_17473499.jpg
b0161391_1748667.jpg
b0161391_17484521.jpg
b0161391_17511861.jpg


さて、今年もまたヒトガタ展のDMが送られてきましたので、お知らせいたします。


第10回 「人・形」展 

平成27年9月23日(水・祝)~29日(火)
丸善・丸の内本店4階ギャラリー
午前9時~午後9時(最終日は午後4時閉場)
主催 ドルスバラード

参加作家
秋山まほこ 雨沢聖 愛実 安藤早苗 井桁裕子 石塚公昭 大竹京 岡田好永 カウラ 亀井潤 川上勉 ガーナベイビーズ 黒川早恵美 COOL氏 佐伯祐子 櫻井紅子 桜文鳥 柘榴 サユリンゴ 柴倉一二三 粧順 赤色メトロ 踏鞴房 戸田和子 西織銀&古居美由起(CrankyGel) Noe 野村直子 林美登利 陽月 マキシム 槙宮サイ 松田珠江 水澄美恵子 山吉由利子  (五十音順・敬称略)

☆9月23日(水・祝)午前8時45分より丸善・丸の内本店1階正面入口前で購入整理券の抽選をいたします。お並びの方、全員に10回記念の粗品を進呈いたします。


ドルスバラード(ぼらん・どぉる)
斎藤 恵美
〒174-0075東京都板橋区桜川3-14-4
Tel&Fax:03-6780-0338
Mail:dols@k3.dion.ne.jp
http://www.dolsballad.co.jp/

b0161391_1752555.jpg

b0161391_17523382.jpg


すももちゃんと一緒に帰る子は、今のところ2名ほぼ出来上がっていますが・・・・間に合わない場合にはまたいつの日か直接お迎え先を探すことにして、今年のメインはすももちゃんということで、お支度を始めます。
やっぱり、着物で立たせようかしら、座らせようかしら・・・???また色々と考えて見なくては。
りかこさん、また素敵なお花をどうぞよろしくお願いします。

ところで・・・
昨日の早朝、主人と勇気がジャカルタに出発してからというもの、到着するまでハラハラしました。
Lion airというローカルな航空会社の飛行機に乗ったのでしたが、案の定、離陸前に機体の故障で煙が出て、飛行機を取り替えたために大変送れて到着。
ネットで追跡していた私は、いつまでも反映しないので何が起こったのかと気がきではありませんでした。

でも、今日は無事に入学手続きを終えて、説明会、保護者共々の朝食会、3時には1ヶ月のミリタリー訓練に出かけていきました。今帰りの主人のために、ネットでガルーダのチケットを買いました。
やっぱり値段が少し高くついたとしても、インドネシアではガルーダしか、使わないほうが・・・・安全な気がします。

by ekadantaya | 2015-08-21 18:23 | Trackback | Comments(0)

仕上がったおかっぱちゃんのボディ。やっと決まった息子の進路。

さあ、昨日、心の中の大太鼓がクライマックスを向かえ、心臓がドキドキを通り越して、心筋梗塞になりそうでしたが、待ちに待った最終結果発表の日。

その結果はブログの最後にお話しするとして、まず仕上がったお仕事をアップいたします。

金髪のおかっぱの、そばかすのあるエルフ耳の少女は、ボディも手足も完成し、全体が繋がりましたのでドロワーズだけですが、パチリ。

b0161391_12193590.jpg
b0161391_12202516.jpg
b0161391_12211923.jpg

b0161391_12214558.jpg
b0161391_12225718.jpg
b0161391_12232274.jpg
b0161391_12233995.jpg


b0161391_1224583.jpg
b0161391_12242963.jpg
b0161391_12245977.jpg
b0161391_12252030.jpg


b0161391_1226491.jpg

身長が35cmほどの大きさになりました。手足は球体間接にはしないで、自然なフォルムのままにふっくら作りました。さあ、この子のお洋服は、いろいろ思いつきそう・・・。

そして、すももちゃんですが、灰色のタイツは思ったよりも似合わず、いつもすももちゃんにお心のこもったメールを下さる方のお言葉を思い出して、(赤ちゃん用ですが)レースの付いた白いソックスを町で見つけて履かせてみたら・・・・
b0161391_12264074.jpg

b0161391_1228032.jpg
やっぱり、赤い靴にはこれが一番可愛いということに落ち着きました。

それでは、息子の受験結果・・・・・・
結局、第一志望の国立大学医学部というのは・・・・やはり全く算数のお勉強をしない息子には遠い夢のようで、落ちました。これは実は周りが期待していて・・・将来はアバビ村に無料の診療所を作って、村で暮らせる・・・なんて息子も夢を持っていました。でもこれは無理というか、本人には合わないようでした。
国立大学の英語科にはお勉強をしなくても難なく合格。
そして、昨日の発表は、かなりの狭き門、倍率の高い運輸省の人材育成プログラムで、(2000人ほどの中から最後に残った39名でした)
インドネシア国立航空大学・・・息子の選んだ専攻はATC(Air Traffic controller)
航空管制官。学科、心理テスト、運動能力、健康診断、と来て。最後の関門が英語で行われる面接試験。
航空力学についての質問に答えられなかった代わりに、なぜこの道を選んだかという質問には、「僕の母は日本人で、小さなころからウルトラマンを見せられていたので、ウルトラ警備隊そっくりのATCにあこがれていました!」
・・・・・。そしたら・・・・・試験官は、にっこり微笑んでくれたそうでした。

ウルトラマンのお陰だかどうだか・・・息子の名前は無事に合格者の中に残っていました。

でも、本当には幼いころは日本のおじいちゃんと同じにパイロットになるといっていました。
ところが、成績優秀容姿端麗、スポーツ万能の完全な村の英雄、AGUSお兄ちゃんが軍人の指揮官となって戦闘機を操縦し、200人の部下とともに墜落してしまった事故から・・・・ショックで、パイロットには絶対にならない、と言い切って、そのころから彼には将来の夢がなくなっていました。
ここに結びついたのは、何か不思議なご縁の気もします。

将来は、世界中の旅行客の空の安全を守る、大変責任重大なお仕事に就くために、インドネシア最高の設備と教育システムを持つ、STPI(インドネシア国立航空大学)に進むことになりました。
ほれ~~~~~~~!!
b0161391_13251357.jpg

ところが、これからが大変。休日をはさんで、学校と詳しい連絡が取れないままでいますが、来週、20日にはもうジャカルタの航空大学に行き、入学手続きをして、22日にはMalanという土地にある軍隊の訓練所で、1ヶ月間厳しい訓練を受けてから、もう一度家に帰ってきて、準備をし、2週間したらジャカルタの学校に戻って本格的に全寮制の規律正しい学校生活が始まるのだそうです・・・・。
b0161391_13254677.jpg

b0161391_132632.jpg

この写真は息子ではないのですが、この制服を着て学校生活を始めることになります。
b0161391_13263283.jpg

こんな笑顔で帰ってくるといいのですが・・・・・。
そんなこんなでまた私の予定も来週中にははっきりするかな・・と思います。そうしたら、関係する方々にはまた詳しい予定をお知らせいたします。

結構高い山を選んだ息子に、空の上からプロペラ機に乗った日本のおじいちゃん(私の父)がニコニコ微笑んでくれている気がします。

日曜日には、セリーとジェーンやピーターが丘にランチを用意して尋ねてきてくれる予定です。

by ekadantaya | 2015-08-15 14:15 | Trackback | Comments(0)

A new little girl face

すももちゃんのタイツの到着と、四日後の最終発表を待ちながら、落ち着かない心を落ち着けようと、小さなエルフの耳を持った女の子のお顔を仕上げました。

この子は独特の雰囲気があって・・・・美人とまでは行かないけど、生き生きとした命を持ってくれた気がします。

b0161391_17361134.jpg
b0161391_1737862.jpg
b0161391_17373632.jpg

すももちゃんと同じおかっぱのヘアスタイルにしました。
b0161391_17375714.jpg
b0161391_17382288.jpg
b0161391_1739169.jpg
b0161391_17391548.jpg
b0161391_17393162.jpg

4日間で、上半身は仕上がるかしら・・・・。可愛い手足を仕上げてあげよう。
b0161391_17395034.jpg


それでは,
Please wait a moment.

by ekadantaya | 2015-08-10 17:50 | Trackback | Comments(0)

すももちゃんのブラウス、スカート、赤い靴、妖精ドレス完成。

すももちゃんのお洋服と、ちょっとしたデパートなどに行くときに履く赤い靴、そしてすももちゃんのお友達の妖精ちゃんの衣装が仕上がりました。

アンティークの白いブラウスもサイズぴったりにリメイクしたし。
b0161391_17363938.jpg
スカートもボタンホールで吊りを止める仕上げ済み。もう一人の妖精ちゃんのドレスも仕上がりましたし。
b0161391_1738425.jpg


それでは、すももちゃんの赤い革靴から。
b0161391_1740375.jpg
b0161391_17412997.jpg

赤い靴だからデザインはシンプルに。小さな木のボタンで留める形。広がった足先のために、苦労しましたが、なんとかぴったりに仕上がりました。

そうして、二人目の妖精ちゃんのドレス。
b0161391_17472258.jpg
b0161391_17474729.jpg

b0161391_17443156.jpg
b0161391_17445581.jpg

b0161391_17452229.jpg
アンティークレースで妖精らしいデザインのドレスになりました。二人とも髪飾りなど細かいものはまた次の課題。

素足ですけど、ちょっと赤い靴を履いてみたすももちゃん・・・。
b0161391_17483115.jpg

注文したグレーのタイツ、届くのが楽しみ。白いソックスでも似合いそうです。

昨日、あそうだったとふと思い出して、大学時代からの友にお誕生祝いメールを送ったらば、お返しに、すももちゃんに、素敵なほめ言葉を頂きました。
「すももちゃん✨ 可愛すぎる でも それだけでなく
性格も見えてきますね。
昭和のお嬢ちゃん。 どんなおうちに住んでいて、兄弟がいて、何を食べているか、路地裏で誰と遊んでいるか見えてきそうです。」
b0161391_1750896.jpg

うっちゃんに、私生活を見透かされて、ちょっと照れてるようなすももちゃんです。昨日となりのせっちゃんにちょっと意地悪したことも、見透かされているかしら???
b0161391_17551633.jpg


すももちゃんはこれからまた分解して、もう一度細部の点検、仕上げ。
タイツと同時に赤ちゃん用の肌着も届く予定で、それがぴったりだといいな。アンティークのベビードレスをリメイクして作ったブラウスがとっても繊細な生地で、ちょっと寒そうなので、下着を着せてあげたい。
そうして、この小さな2人の妖精ちゃんたちにはもう少し仲間を作ってあげて、
すももちゃんと白い妖精たち・・・・というセッティングで・・・今年も日本に帰る準備をしていきます。
う~~~~ん・・・展示のときにはお着物を着せようかな、それともこっちのお洋服のほうがすももちゃんらしいかしら????いろいろ考えて、またそのうちに沢山の写真を撮ってあげようと思います。

そうそう、長男の受験は・・というと、運輸省の航空管制官になるための試験は第3段階(健康診断、運動能力テスト)を合格して、10日に面接・・・。ドキドキ・・・・。
そうして。。。。2日後の9日には・・・・もう一つ大事な試験の結果発表。
ああなんと、まったく違う3つの方向を選択した息子でありますが、どっちへ扉が開くのか・・・もしも複数の扉が開いた場合には、どの扉を選ぶのか・・・・今までの子育ての中で一番緊張する巣立ちのとき。

さて、私はエアアジアの格安チケットを前々から確保しているのですが・・・少し日程が早すぎたので、買い替えることになりそう。格安の意味がなくなってしまった。
今月14日を過ぎれば、なんとか予定も立てられそうです。

すももちゃん達は安全第一に、先にEMSで出発させる予定です。

by ekadantaya | 2015-08-07 18:17 | Trackback | Comments(0)

すももちゃんのお着替え用お洋服、決定。

すももちゃんの衣装が、やっと決まりました。
はじめは、フランスから届いたベビーピンクのアンティークレース生地がどうしても使いたかったのですが、すももちゃんに当ててみると、すももちゃんが少し不機嫌そうな顔になる気がしてならなかったのです。
それでも、その生地はとっても可愛くて、すももちゃんの反対を押し切ってデザインを考え始めていたのでしたが、型紙を作ろうとまた当ててみてから・・・どうもこの子には淡いピンクはだめなのではないか・・・おしゃれの反対・・大変野暮ったいような・・貸衣装みたいな・・・そんなふうな感じがどんどん強くなって・・・・・
最後に思い切ってすももちゃんの言うとおりにすることに決めました。

まだ途中で仕上げはこれからですが、ほぼ形になった衣装を試着して写真を撮りましたのでアップ。

はじめに、アンティークベビードレスをリメイクして、白いブラウスを着せましたら、「そうそう、これこれ!」という感じにすももちゃんに自然に似合います。

b0161391_17423717.jpg

そうしてその白いブラウスにはこれしかないでしょ、という感じに、頭に浮かんだのが、昭和少女特有の吊りスカート。特にミニというわけではないのですが、昔の幼い女の子たちは毛糸のブルマーを丸出しにするくらいの短い丈で遊んでいた記憶がありますので、丈は短く。
厚手のウールで、黒地にグレーのごま塩があって、その上にちょっとおしゃれなピンクと赤の細かいドットが織り込まれています。TENちゃんの衣装を考えていたときに実家の妹から送ってもらったレトロな生地。
b0161391_17425986.jpg
b0161391_17431773.jpg
裏地はおばあちゃんコレクションからいただいた着物の古布。これから可愛いボタンをつけて仕上げようと思います。

すももちゃんに着せたら、「あ、メルモちゃん(注:昭和のアニメの主人公、不思議なメルモちゃん)みたい!」と喜んでいるような・・・・
b0161391_17434716.jpg
b0161391_1744156.jpg
まるで、すももちゃんが前から着ていたかのように似合っているような・・・・。

今日は曇りで部屋の中の照明でとっていますから、黒地のスカートの細かい模様が見えにくく、ちょっと彩度をあげてみます。
b0161391_1745748.jpg
b0161391_17453377.jpg
b0161391_17455255.jpg

b0161391_17463841.jpg


ちょこっと見えているドロワーズは、灰色のタイツにして、やっぱり赤い靴を作ってあげたいなあ・・・・。
b0161391_17465488.jpg


今日からもう8月です。
息子の進路が決まるのが今月半ばだし、何かといろいろ落ち着かないので、こういうときはじっくりと・・・すももちゃんだけ見て仕上げていこうと思います。
他の製作中のお人形はまたいつか落ち着いてから。

使わないことになったピンクのレース生地は、ぴったり似合う子が生まれるまでしまっておきましょう。

by ekadantaya | 2015-08-01 18:13 | Trackback | Comments(0)