大きな美しい時間の中で。

ようやく、大きな大きな美しい儀式を終え、ブログもアップする時間が出来ました。
この儀式は、アバビ村の伝説の美しき女性たち、オダ・スダアン、オダ・リンギット、オダ・ゲロの3人の魂ををお送りする儀式。
3名のおばあさんたちはもうすでに何年も前に亡くなったのですが、バリ島では家族に準備ができたときにこの人生最大かつ最も美しい重要な儀式をささげます。
愛情の光と美しい思い出に縁取られて、準備期間約1ヶ月、1週間弱の儀式が昨日無事に終了しました。
b0161391_13432836.jpg

b0161391_1346017.jpg
b0161391_13472382.jpg
b0161391_13474532.jpg

b0161391_732797.jpg

b0161391_735553.jpg

b0161391_745075.jpg
b0161391_761917.jpg
b0161391_763531.jpg
b0161391_765416.jpg
b0161391_7773.jpg

この儀式の期間は、いろいろな人に会い、親族もみな集まって毎日が大きく、密度も高く、さまざまな出来事があり、さらに宝物の思い出を増やすことになります。
これを大変な負担だと、私も初めは思っていました。それはまるで飛ぶ練習をし始めた鳥の気分だったと、最近は自由にその空間をぶつかることなく飛べるようになった鳥みたいに、楽しめるようになって来ました。
子供たちにとっても、思い出の詰まった素晴らしい長期休暇になりました。

ところで、お人形制作もさすがにストップしたままの私ですが、メールはまた世界中からいただいています。
その中には、海外の有名作家たちのように、レジンで量産するという提案をしてくださる方もこのところちらほら・・。
でも、私には、このまま一つの形に一つの魂が宿るような方法をもっともっとじっくり追求していくことのほうが大事な気がしています。
最近、すももちゃんに関していただいたいくつかのメールと、こちらの友人や家族が言う感想がぴったり同じで、驚きました。
すももちゃんには、魂がある、生きていると。
ほかにも沢山のお人形を見ているこちらの友人や家族ですが、すももちゃんは特別だといいます。
特に、子供たちに大変気に入られている。

b0161391_772391.jpg
b0161391_773874.jpg


アナ・ベルという恐怖の生き人形の話がこちらの子供たちには流行したりして、娘がいいました。あらら、すももちゃんアナ・ベルみたいに動き出すかもよ~~~きゃ~。違うでしょ、それは。息子が、主人の友人グデ・マルダナの言葉をそのまま使って、妹に説明しました。
「愛情を沢山かけて作ったものにはその作り手の心が入って、生きた愛という魂が入るのであって、アナベルとは次元が違う。」
そこで、ちょっと何かが繋がって見えた気がしました。
人間もまた、同じではないのか。
沢山の愛情の中で育った人にはその愛情の光が魂の光となって、生き生きと世界に反射されるのではないか。子供たちにみんなで愛を注ぐことの大切さを、伝統の暮らしは事あるごとに教えてくれます。
オダ・スダアン、オダ・リンギット、オダ・ゲロの宝物は、子供たちや孫・ひ孫の輝く笑顔。その中に今もあの素晴らしい女性たちは生きて、みんなに光を与えている。

息子の勇気は今またデンパサールにいます。実は航空管制官になる運輸省主催のプログラムの難しい学科試験に予想外でしたが見事合格。この後心理テストと面接、それに合格すると体力テストと健康診断。
ちょっと心配なのはバイクで転んだときの手首の調子で、まだ力を入れると痛む手首で懸垂を最低8回から12回はこなさないといけない事が心配ではありますが、とりあえずは全力で向かう気になっています。

大きな儀式はこの後も続き、明日はポトンギギの儀式に招待されています。
息子は7月9日に国立大学のほうの発表も同時にあって、10日ごろまでデンパサールにいる予定。
娘も7月初めまでの数日間をデンパサールの仲良しの従弟の家で過ごしています。

私はたまった洗濯物の山にアイロンをかけ終わったら、ハムを燻製にして、家を掃除し、そろそろお人形たちに向き合う時間が取れますように・・・。

by ekadantaya | 2015-06-30 07:56 | Trackback | Comments(0)

アバビ村のオオワラワ。

ここ1週間ほど、大きな儀式が続き、大きな出来事も続き、おおわらわ。

まずは、受験の終わった勇気をデンパサールに迎えに行って翌日、今年のJugek / Bagusの候補の練習指導を手伝いに行った勇気が道端においてあった石に気が付かずバイクで転倒。かすり傷で済んで不幸中の幸いでしたが、大きな石が道の真ん中においてあって、前を行く自動車のあとから走っていた勇気には直前まで見えなかったというから、車間距離の大切さを身にしみて学んだようです。
そして急に主人がスラバヤに出張。
大きな儀式のために親戚が沢山帰ってきて、毎日儀式の準備の手伝いに行きます。
そうして、夕べはアバビ村で大きな火事がありました!
市場の向かいのマデ・サリさんの雑貨屋と自宅が全焼すると言う大きな家事・・・大勢の村人や子供たちと共に見に行きましたが、夕方の祈りの後のお線香が原因ではないかと。火が出たときに家は留守だったそうです。大きな損失ですが、負傷者がいなかったことがせめてもの救い。
そして驚いたことに・・・小型の消防自動車のてっぺんに浮き出ている「大船」という漢字。
日本の援助だというのですが、わが町大船から来ているなんて、びっくり。アバビ村の初めての火事で、私とその小さな消防車はしばらく見詰め合ってしまいました。

そして、先ほど連絡があって、Wakeちゃんが無事にアメリカに到着したと・・・完璧なコンディションで到着したとご報告頂き、大変気に入っていただけて、ほっとすると共に、思ったよりも早い到着にさすがEMSだと感心しています。

それでは、今週いっぱい続く大きな儀式・・・去年はわが一族が行ったロラス、そしてアバビ村の偉大な3魔女、オダ・ゲロ、オダ・スダアン、オダ・リンギットのお葬式・・・まだまだ続く大きな波をみんなに後れないように乗り越えましょう。
b0161391_6371256.jpg
b0161391_635920.jpg
b0161391_6355151.jpg
b0161391_6362143.jpg
b0161391_6365098.jpg
b0161391_6373421.jpg


がり勉ちゃんになった娘も、学校の休みに入って、忙しく手仕事を楽しんでいます。

b0161391_637555.jpg
b0161391_638998.jpg

手作りクッキーは好評で、大きなガラス瓶に入れておくと、すぐになくなってしまうので、またまた大量に焼いていましたが、次々にやってくる親戚の子供たちのためにエンドレスのクッキー作りになっています。

私と同じで傷がすぐに治る息子は、ほぼかさぶた状態になった傷と、手首の捻挫も良好に回復し、泊り込んでいる親戚の小学2年生ボンユウのために装着可能ライトつきのアイアンマンの手を作っています。

そして私も落ち着かないながらにも・・手仕事で作ったお顔。
b0161391_6385075.jpg

b0161391_639681.jpg

さすが落ち着かないまま仕上げが荒くて下まつげがぼさぼさ状態ですが、顔立ちはちょっと少年のような・・・・
まだはっきりしませんが、キープしておこうと思うお顔一つ。

すももちゃんのお洋服は・・・落ち着くまでちょっとお預け。もしかしたらすももちゃんにはピンクが似合わないのかもしれないとうっすら思ったりしたので、もう少しじっくり考えてから進めることにします。

by ekadantaya | 2015-06-23 07:12 | Trackback | Comments(0)

日曜日の丘でクロッキー。

日曜日は久しぶりに子供たちとの約束の時間。

とても久しぶりにこの日はクロッキー三昧をして、みんなで澄んだ集中の時間を過ごしました。

b0161391_1152697.jpg
代わる代わるにモデルをやって、5分間クロッキー。生き生きした線の新鮮なクロッキーが出来上がり。
b0161391_117489.jpg
b0161391_1181449.jpg
b0161391_1183277.jpg


一気に5ポーズ、急速なしで描きまくってから、ではちょっと一息入れて、自分の足でもクロッキーして終了・・なんてことにしたら・・・
b0161391_119153.jpg
b0161391_1192392.jpg

巨人の足が地球をボールにサッカーを始めてしまって・・・・
b0161391_1194138.jpg
b0161391_1110820.jpg
b0161391_11102934.jpg
一人が始めるとみんなまねっこしてなんだか地震がおきそうだから・・・サテ、また来週。

昨日は試験の終わった息子をデンパサールまで迎えに行き、ようやくちょっと一息入れているところです。
試験の結果は・・・まだちょっと時間があって、7月9日までにはわかるのですが・・・最善は尽くしたから、マア待っていろと、息子は落ち着いていますが・・・いつも自信だけはたっぷりな子ですからどうなることか。
ずいぶん部門の違う2つの試験、そしてその後もまだいろいろな窓口はあって、どの扉へ入っていくのか・・・まだもうちょっと古巣のアバビ村にいる時間があります。

お人形たちはまだこれから・・・。今日はWakeちゃんのお支度を始めます。
そしてその後にすももちゃんのドレスも型紙だけは作ってしまおう。
b0161391_11133996.jpg

こんな妖精たちのお顔も少しずつ生まれてきています・・・・。
b0161391_1114140.jpg

娘は学校も休みになって、塾だけは休まずに毎日行くのですが、昨日は2週間ぶりに帰ってくるおにいちゃんのためにクッキーを焼いていました。
b0161391_11141726.jpg


息子の勇気は19日まで県のJugek/Bagus(ミス・ミスターコンテスト)の手伝いで忙しい。
ちょうど一年前、3位を取った勇気は、今度は今年の候補たちの練習を補佐し、審査員ともなって、去年のトロフィーを受賞者に渡す役割。またあの大変な衣装を着付けしてメイクもしなくてはならないとぼやきつつ、でも張り切って出かけていきました。

アバビ村ではまた大きな葬儀とロラスの儀式に招かれていて、来週いっぱいまで毎日親族が帰ってきて忙しい日々。

落ち着いた時間が出来たら、小さな妖精たちのお顔も作りためていこうと思います。

by ekadantaya | 2015-06-17 11:34 | Trackback | Comments(0)

Wakeちゃんのヘッドドレス。衣装完成。すももちゃん、眉毛と髪の長さが決まる。

Wakeちゃんのドレスはボディにぴったりフィットに調整し、細部の仕上げ整いましたので、リボンと共布で、ヘッドドレスを作りました。色合いがWakeちゃんの髪の毛にぴったり!

b0161391_1491753.jpg
b0161391_14114541.jpg

Wakeちゃんがバラの花になったみたい。
b0161391_14123845.jpg
b0161391_1413698.jpg
b0161391_14135374.jpg

b0161391_14155437.jpg

b0161391_14161166.jpg

これだから、衣装つくりは楽しい!素材や色、そしてぴったりなアイディアが揃ったらもう手間がいくら掛かってもぜんぜん苦にならない!だって、お人形に着せてみると、何倍も生き生きして幸せそうに喜んでくれるのですから!
b0161391_14171498.jpg
b0161391_14174280.jpg
b0161391_1418257.jpg
b0161391_14181676.jpg

それでは、Wakeちゃん、来週明けの出発に向かって、出生カードやお手紙も準備しましょうね。

この勢いで、すももちゃんのワンピースも考え始めようかな。

...と、すももちゃんを見ていたら、前から気になっていた眉毛と髪の毛の長さ・・・先ほどいきなりインスピレーションが閃いて、決まりました。
ついに、すももちゃんの眉毛、そして髪の長さ決定。
夕方なので部屋の中で卓上ライトによる写真ではありますが、すももちゃんが本来の姿になり、これでやっと私も落ち着きましたのでちょっとアップ。
b0161391_18423299.jpg
b0161391_18434224.jpg
b0161391_19161942.jpg

人形は眉毛が命、といってもおかしくないくらいに、大事なものです。
このすももちゃんは自然でゆったりしていて、大正時代の日本の女の子の様。
髪の長さもあと1センチ短くしようと決めていたので、この際カットしてみましたら、思ったとおりにお顔が子供らしく明るさを増しました。この長さはTENちゃんと同じくらい。

では、すももちゃんのお着替え用のドレス・・・ゆっくりデザインを考え始めましょう。

by ekadantaya | 2015-06-12 14:27 | Trackback | Comments(0)

Wake dress up.

Wakeちゃんのドレスがほぼ形になりました。

アンティークのゴージャスなドレスパーツ、麻のオーガンジーの繊細なプリーツを使って、ドレスにしてみました。
リボンはセリーが届けてくれたグロリアからの絹のサリーのクリーム色の生地をむら染めにして作りました。
シンプルですが、ゴージャスな感じ・・・・でも仕上げまでまだもう少し・・・工夫と調整が必要。
b0161391_11151444.jpg
b0161391_11154073.jpg
b0161391_11171144.jpg

実はWakeちゃん・・・前からお約束していた方に早々にお迎えされることになってしまって、アメリカに行くことになりましたので、まだ途中ですが着た感じをアップ。
b0161391_1119575.jpg
b0161391_1120191.jpg
b0161391_1121401.jpg
b0161391_11223420.jpg
b0161391_11234435.jpg

バリ島からアメリカまではとても時間が掛かり、まずは日本を経由してから太平洋上を飛んで、大変な長旅になりそう。ドレスはもう少しリボンを下につけなおしたり、細部の仕上げにはいります。これからヘッドドレスも作ってあげる予定です。
ちょうど、息子が次のテストを終える16日ごろまでにはWakeちゃんのお支度を整えたい。

あまり家から離れたことのない息子がいないと、娘と私は最初はせいせいしていたのですが、主人がどうも寂しいみたいな・・落ち着かない状態。どの道、大きくなったら学校も仕事もアバビ村を離れなくてはならないとは分かっていても・・・子供たちが巣立っていくのは、やっぱりちょっとスースーする感じ。
お人形もまた旅立たなくてはならないのですが・・・それまでは出来る限りの手間と愛情をこめて、心の限りの仕事をしてあげましょう。

では、Wakeちゃん、お支度始めますよ。

by ekadantaya | 2015-06-11 11:37 | Trackback | Comments(0)

ウェイクちゃん完璧ボディバランスで再生。

ウェイクちゃんが再生しました。ボディバランス全体がようやく思うとおりに整いました。
新しくしたのは首の太さ、そして腰の皮部分も作り直し、腕も新しく作り変えました。
ついでにブルマーも出来たので、立ったり座ったり腰掛けたり・・・いろいろなポーズで写真を撮りました。

b0161391_1035018.jpg

身長は、およそ35cmになりました。
b0161391_1053880.jpg
b0161391_10632100.jpg
b0161391_1072020.jpg
b0161391_109238.jpg

b0161391_1093451.jpg

b0161391_1095917.jpg
b0161391_10101950.jpg
b0161391_10115066.jpg
b0161391_10125234.jpg
b0161391_10131134.jpg

b0161391_10132482.jpg


ウェイクちゃんにはどんなドレスを作ってあげようかな・・・。素材はフランスのアンティークドレスパーツに決めていますが、この長い髪の色を生かして・・・・デザインするのが楽しみです。

さて、昨日から始まった娘とシノちゃんだけの生活・・。もちろん主人はいますが殆ど丘の男たちの場所にいるので、そしておばあちゃんも母屋にいるので、日曜日は丸々一日、シノと娘との時間。
息子とエーカーがいないのは、なんというリラックスした生活だったことか!
食事の支度がこうも楽チンだったとは!!
そして何かが・・・・空気がゆったりしてきた気がします。
やっぱり、この一年間、エーカーを預かっていた事はやっぱり毎日気も使うし、食事の支度(質も量も)せいいっぱい努力してきたわけです。自分の精いっぱいまで頑張るということは、やっぱりよいことだわ。やり遂げたときの気持ちの軽さといったら!!
息子は明日始まるテストに備えて、コージの家でわいわい楽しくやっている様子。2段目のテストは16日に終わりますから、まだまだ息子の帰宅までは2週間はある。エーカーは都会の親戚にバトンタッチしたし。

それでは、私は2週間はたっぷりとお人形制作に集中させていただくことにしましょう。

by ekadantaya | 2015-06-08 10:32 | Trackback | Comments(0)

ウェイクちゃんは生まれなおしています。

昨日、エーカーと息子をデンパサールの主人の従弟(医者のコージ)の家に送り届け、今日から断然楽になった食事の支度を済ませて、ウェイクちゃんに向き合ったら・・・・発見したことがありました。
ウェイクちゃんは目覚めていない・・・眠そうだと。その上、ボディや手足のバランスが実に悪い!!

やはり、息子の受験で私もまだまだどぎまぎしていたのでしょう、私の目も覚めたような思い。

そこで、ウェイクちゃんはメイクをもう一度やり直して、ウィッグを変え、さらさらの耐熱ロングウィッグで、身長くらい長い髪の毛にしてみることにしました。

b0161391_15282771.jpg

b0161391_15305268.jpg
b0161391_15311324.jpg

そして、上半身の首のバランスも整えて、革部分も作り直し、腕を新しく作り直しているところです。
b0161391_1531327.jpg


ウェイクちゃんの再生は来週火曜日の息子の大事なテストが終わってからなら、衣装と共にアップできるかな。

by ekadantaya | 2015-06-06 15:41 | Trackback | Comments(0)

目覚めの妖精ちゃん、ボディ完成。

ウェイクちゃんのボディが完成しました。
手足が短くて、ドワーフの少女のような姿になりました。

b0161391_1191298.jpg
b0161391_11104516.jpg
b0161391_11111676.jpg


b0161391_1112442.jpg
b0161391_11135166.jpg
b0161391_11141798.jpg
b0161391_1115104.jpg
b0161391_11162246.jpg

これからセピア色の絹でドロワーズを作ってあげて・・・アンティークのドレスパーツで・・・素敵なドレスを作ってあげようと思います。
b0161391_11165093.jpg


明日、息子と又従兄のエーカーは受験のために都会の親戚の家に出発予定。
いよいよ、雛鳥も古巣を飛び立たなくてはならない時。
親のほうが緊張するけど・・・ま、ここまで来たらもうパッと離してやらないと。

来週2つ目の試験が終わったら息子は一度家に帰ってきますが、エーカーはそのままデンパサールのおじの家にイソウロウ。8月中には息子も行く先が決まっているはずですが、どの道、アバビ村を離れることになります。
すると家には、シノと娘、おばあちゃんと私だけ。主人一人だけ男の家になります。
娘とひそかに楽しみにしていることもあり・・・・息子よ頑張って広い世界に飛び立って一人前の人間になっておくれ・・・と、母はただただ願うばかりでありました。

では、今日は最近凝っているハム・ベーコン作り、の一環で、鳥ハム作りです。さっき仕掛けておいた鳥ハムはお湯の中でもう美味しくなっているころ。
今朝は5時に市場に行き、素晴らしい豚バラ肉の塊を手に入れましたので、またまたベーコンの仕掛けです。

人間は、なんでも必要性さえあれば学びます。
私は日本ではまったく料理も家事もやったことのない人間でしたが、アバビ村で結婚して子供を育てることになったら・・・全て猛勉強となりました。
子供が1歳になるというのに、誕生ケーキなんて売っていませんから、卵の白身と黄身を泡立ててふわふわのスポンジケーキを作ることが出来るのを学び、ヨーグルトだって粉ミルクから大変クリーミーで美味しくできるということも近所のイギリス人の奥さんから学び、ママ暦18年目の今、念願のハム・ベーコン作りまで出来るようになった!!
そう考えたら、息子も何とか必要なことは学んでいくでしょうし、あまり心配しないで、見送ってあげることにします。

by ekadantaya | 2015-06-04 11:48 | Trackback | Comments(0)

Fairy of Awaking

製作中の目覚めの妖精はここまで進みました。
b0161391_1351444.jpg

名前はそのまま、ウェイクちゃんと命名いたします。

Wake up , wake up.... と、朝日の中でささやいている妖精です。

この子は今週末に都会の親戚の家に出発する息子にも目覚めの魔法が聞くようにと願いをこめながら、完成させていくつもり。
ついに受験は来週火曜日に始まります。
その後も1週間後にまた一つ・・・Bali島の首都、デンパサールの親戚の家で、1週間。それからテストがすべて終わるのは8月半ばくらいになりそうですから・・・まだまだ落ち着きませんが、
私はあれこれ慌てたり心配するよりも、祈りをこめてお人形を作ろうと思います。

それでは、ウェイクちゃんのボディが完成するまで・・・Please wait a moment.

by ekadantaya | 2015-06-02 14:07 | Trackback | Comments(0)