生クリームとチョコレートのガールズ。

今日は、マヤさんが来る日で、丘ではゲンジェの演奏会もあるのですが、なんと今度は流行風邪に主人がダウン。私も体調がまたもや風邪に引っ張られそうな感じだし、雨だし・・・ダダプに全面的に任せて、今日も家の中。
今朝、隣のロスリーの店に、ガドガドとライスプディングを買いに行ったら、近所の主婦たちが口々に、家も全滅よ・・と、今回の風邪の猛威について、愚痴をこぼしていました。
インフルエンザ、というのでしょうきっと。

生クリーム色の髪の毛の子とチョコレートちゃんたち、ガールズのボディが繋がりました。

b0161391_13275075.jpg

クリーム色の子は、18cmの身長で、名前はドレスが出来上がったら付けてあげようと思います。
b0161391_13292260.jpg
髪形もドレスができてから、もう少し考えて見る予定。
b0161391_13311572.jpg
クリームちゃん(とりあえずそう呼んでおきます)といっしょの小さな小さな超ミニサイズの素晴らしいぬいぐるみ達は私の宝物で、お人形を作り始めたころですからもう5年位前に、青いうさぎ様に作っていただいたものです。
b0161391_13303978.jpg
b0161391_13302388.jpg

b0161391_13322935.jpg

この子のドレスは淡いピンクの絹とクリーム色のアンティークレースでふんわり女の子らしいドレスと髪飾りを作ってあげようと思います。
b0161391_13393930.jpg

チョコレートの女の子たちはもう3人でかしましいこと。
b0161391_13323314.jpg
b0161391_13332096.jpg
この子達はそれぞれ14cm前後の背の高さです。チョコレートの森に住む精霊たちです。
では、最初の子から。
名前はEpa。
b0161391_13353556.jpg

b0161391_13371046.jpg

この子はEpi。
b0161391_13374942.jpg
b0161391_1337621.jpg

最後にEpo。
b0161391_13382694.jpg
b0161391_1337395.jpg

この子達のドレスはセピア色の絹と紅茶染めをしたレースで。
b0161391_13382672.jpg


ルリンウィルちゃんが飛んでいってしまったために、お人形たちはちょっと寂しそうですが、もうすぐ賑やかになるからね・・・。粘土も昨日アメリカから沢山注文しました。
b0161391_13412726.jpg
Hannon Leeちゃんのドレス・・・迷っていたのですが、今日ふと思いついて・・・・この布に決めました。
b0161391_13412384.jpg
お気に入りのコットンレースの布、ひざまでのドレスを作るにはちょうど良いくらいまだあまりがありました。そして、セピア色のアンティークレースのモチーフで、少女らしいドレスを作ってあげることに決めたのです。

ではまたお裁縫の続き・・・・。小さな子達の中から1人、3月にはまたオークションに出してあげる予定です。

by ekadantaya | 2014-02-27 14:09 | Trackback | Comments(0)

ルリンウィルちゃんショップに出発のお知らせ、小さな女の子たちの出現。

毎朝の始まりは、シノに起こされてまだ暗い5時におきて朝食を作り、子供たちと主人が出かけて行ったあとに庭には枯葉を掃き清める私ともう2匹。

b0161391_17302372.jpg

シノは朝早くからおばあちゃんの母屋のバリグデに繋いであるブリカを自由にしてよとせがみます。
ブリカの鎖を離すと、2匹は猛烈に駆け回って・・・・毎日あきもせずこの遊びをするのです・・・。
b0161391_17305255.jpg
b0161391_1732141.jpg
2匹の大小の女の子の笑い声が本当に聞こえてきそうなほど、シノとブリカがはまっている遊びは・・・ライオンと水牛ごっこ。
b0161391_17314412.jpg
でも、大きなブリカはおちびのシノのお相手ではなくて、ママとボール遊びがしたいのに・・という顔を途中でします。
b0161391_1733191.jpg

そして今日は、ついにルリンウィルちゃんのお支度。明日、日本のドルスバラードさんのショップへ出発させる予定で,梱包の前に写真を取りました。気をつけて、いってらっしゃい。

056.gifルリンウィルちゃんをお迎えご希望の方は、下記のドルスバラードまで繊細をお問い合わせください。
Please contact the shop Those who wish to purchase.

dolsballad (人形の店 ぼらんどぉる)
TEL&FAX:03-6780-0338
E-mail;dols@k3.dion.ne.jp

b0161391_1734116.jpg
b0161391_1733253.jpg
b0161391_17333027.jpg
b0161391_21384065.jpg
なんだか、心を込めて作ったお人形たちとのお別れはいつも寂しいものですが、巣立っていく子供たちと同じよ、と、セリーの親友ジェーンが言っていたのを思い出します。

その代わりに、小さな女の子達もだんだん形になってきました。
白い肌の女の子は、クリーム色のチベットラムファーで髪の毛を作りました。
b0161391_17342856.jpg
この子は人間のお耳をしています。
b0161391_17342665.jpg
後ろは三つ編みにふんわりまとめてあります。
b0161391_1735317.jpg

3人のとても小さなチョコレートの森の妖精たちも、違う色のラムファーで髪の毛を作りました。それぞれとても違う個性のある女の子たちになった気がします。
b0161391_17352994.jpg


今小さな小さな手足が全部妬き終わったところ。これから水やすりで少しきれいに仕上げて、色を焼き付けるところです。手足を作るのは一番時間が掛かる作業で、全体のバランスやお人形の感情表現に関わるので、一番緊張する作業です。かなり肩こりと目の疲れ。
b0161391_1736070.jpg


今丘に滞在中のジョスの一家が家に来ました。ジョスはイギリスの女流作家。5年前から丘の常連さんです。
b0161391_17362428.jpg

真ん中にいるのがスリランカ出身のイギリス紳士、元小児科のお医者様のジョスのお父さん。その横の青年はジョスの恋人リック。ジョスの横にいるエルフみたいにきれいなお嬢様は、ジョスの一人娘ノリ。

ジョスの提案で、息子の勇気を夕食に招き、ノリと2人で趣味についてなどお話させたいと・・・・。
ええ~~こんなに可愛い天使のようなお嬢様とお話なんて、できるのだろうか、わが息子よ。
ノリは18歳、4月から大学生で、ジャーナリストを目指す才女。
こんどの8月にやっと17歳になる息子は英語と漫画を描くことは得意ですが、どうも話は苦手・・特にこんなに可愛い女の子とお話しするなんて無理だろう。と、半分断ると思って聞いてみたら、ほう、いつ?と。嬉しそうに、乗り気でした。

昨日、バリ中の選手が集まるシラット(インドネシアの武道)全国大会で、2日間デンパサールに合宿で頑張ってきた息子。2刀流の剣の形で、相棒の槍の形とのちゃんばらごっこで、見事バリ島全島3位の成績を収めてきた息子、帰ったと単に撃沈。

カメラをさっきみんなで寄った料理店に忘れてきたことに気がついたのです・・・・。ほぼ3時間ほど気絶状態。ところが、親切な主人の生徒の友人が、その店に立ち寄って探してきてくれて・・・ああ、本当に持つべきものは友達だと・・・

大喜びの息子、試合の写真はまだカメラは届かないので、ニンニンに送ったアサシンスタイルの一枚。
b0161391_17371163.jpg

今週はマヤさんもやってきて、またまたゲンジェ・チャプンの宴。
ジョス一家も残り1週間の滞在です。

可愛いエルフのノリちゃんと、息子のディナーは実現するかな・・・。
b0161391_17373194.jpg


さて今週、私は小さな小さな女の子たちを仕上げてしまいましょう。

by ekadantaya | 2014-02-24 18:24 | Trackback | Comments(0)

妖精のコート完成。そして新しい子達。

丘の上の家の準備を整えて、庭に咲く花を飾ってから、もう1週間もの間、ネットのつながりが悪く今日やっとブログを更新できます。

b0161391_853786.jpg
ジョス一家は丘の上の家がとても気に入って、リズやマリウスとも仲良しになってくれています。
リズたちは昨日帰ってしまいましたが、ジョス一家は来月初めまで丘の上にいます。
このところ、猛威を振るっている風邪の流行のために、シラッとの試合を控えて忙しい息子は2度目にダウン。隣のスマディ一家は熱が出て全滅状態の先週で、気候も激しい雨が毎日降り風も強く、ワイヤレスのモデムではインターネットがほとんどつながらない状態。2日間ほどヤフー関係は全くつながらず、ブログのログインもここ1週間は全くできない状態でした。

そこで、私は家の中だけでかなり沢山の仕事をこなしました。
中学3年生の娘は卒業を控えて試験勉強で毎日課外授業。家事も犬たちの世話も手伝ってもらえないのはちょっと大変。そう思うと、今までかなり娘が手伝ってくれていたことにも気がつきました。
シノはブリカがきたおかげで、すっかり半野性的な子になって、一日中外で遊んでいるために、夜は家族の誰よりも先に休息。大きなブリカが大変やさしいので、いつでも耳をかんでぶら下がって遊んでいるシノは、どんどんいたずらそうなお顔になってきて、犬というより野生の原始ザルみたい。
b0161391_9322871.jpg


私はハイカロリーの必要な育ち盛りの息子と娘のための3度の食事を作ることや、だだっ広い土の庭の掃除から田舎の埃とシノの抜け毛のために一日数回のお掃除、毎日2時間のアイロンかけはもとより、先々週の風邪で落ちた体力も少しずつ戻ってきたので、お人形たちの為の仕事もちょっと集中。

ようやく、ルリンウィルちゃんとドルリルちゃんのコートも仕上げました。

b0161391_8524724.jpg

b0161391_8555180.jpg
b0161391_856188.jpg
b0161391_8545848.jpg
b0161391_8535071.jpg
b0161391_8533778.jpg
b0161391_8531796.jpg
b0161391_85633.jpg

ブルーグリーンの髪を持つルリンウィルちゃんはフードをかぶるとまるでエルフの少女のよう。イエローグリーンの髪のドルリルちゃんは、ホビットかドワーフの少女のようになりました。

そして、白い髪の少年のボディと同時進行で、小さな友達も何人か生まれています。

b0161391_8564192.jpg

この男の子は、子供たちに言わせるとジャック・フロストという冬の精霊のようだと。私はこの子は白い鳥のように感じます。彼はいったい誰なのでしょう。手足はひょろ長くて少年らしくやせっぽちにしたい。
b0161391_8582682.jpg
b0161391_8593295.jpg
b0161391_859130.jpg
名前は全体がつながってから付けてあげましょう。
小さな女の子も1人できました。この子はまだ色もほんのり焼き付けただけですが、柔らかな巻き毛のチベットラムの毛皮で髪の毛を作ってあげる予定。
b0161391_8592415.jpg

それから、もっと小さな褐色の精霊たちが3人生まれています。この子達は丘の下のチョコレートの森の中を駆け回る無邪気な精霊たち。
b0161391_901147.jpg
b0161391_901013.jpg
b0161391_8595545.jpg

雨季の合間の晴れた朝、今日はまずお洗濯から一日の仕事を仕上げていきましょう。
b0161391_9167.jpg

by ekadantaya | 2014-02-20 09:42 | Trackback | Comments(0)

少年の顔。

ここ最近、色々なことが胸に詰まってきたというか・・・言葉にならない思いが出口を見つけようとして騒いでいたというか・・・・その見えない何かがどうしても形を取りたいというので、作っていた顔。
仕上げてみたら、少しもハンサムな子じゃないのに、そして、おしゃべりな子でもないのに、森の奥に差し込む光みたいに、静かな言葉を持って生まれました。

b0161391_18533294.jpg
b0161391_18535140.jpg
b0161391_1854618.jpg
髪の毛はチベットラムの白い毛皮。
b0161391_18544450.jpg
b0161391_18543360.jpg


この子には黙っていても信じあい、通じ合える、そんな仲間たちがいます。

この子を見ていて、ふと、思い出したトールキンの指輪物語の中の言葉。
アラゴルンの詩です。

金は全て光るとは限らぬ、
放浪する者全てが、迷うものではない。
年ふるも、強きは枯れぬ、
深き根に霜は届かぬ。
灰の中から火はよみがえり、
影から光がさしいずるだろう。
折れた刃は、新たに研がれ、
無冠の者が、また王となろう。

b0161391_195814.jpg


さて、この子がやってきてくれたので、妖精たちのコートも仕上げてしまいましょう。
明日の朝は丘の上に行き、リズとマリウスにご挨拶して、丘の上の家にも行ってみます。
明後日来るジョスのために、花を摘んでフラワーポットを作りましょう。

by ekadantaya | 2014-02-13 19:23 | Trackback | Comments(0)

始まりだした色々な準備

先週の日曜日は、ジョス一家を迎えるために丘の上の家の工事が始まり、パ・ダボルが窓枠を仕上げている最中に
b0161391_157688.jpg

外のテラスで子供たちはお絵かきをしました。
b0161391_1572574.jpg

勇気も珍しくお休みで、子供たちに混ざってラップトップで絵を描き、少年たちはみな集まってきてドラゴンの絵に見ほれるので嬉しそうでした。
b0161391_1582355.jpg
b0161391_1584450.jpg
子供たちはどんどん増えて、お絵かきの好きな子供で丘の上の家は満杯。
b0161391_1581690.jpg

ジョス一家はイギリスから明後日こちらにやってきて、2週間滞在します。風邪の後でまだ体力が戻らない私の変わりに、ジュリーがパ・パイン達と全ての用意を整えてくれました。
丘の上の家は新しい窓枠と大掃除のおかげですっかりぴかぴか。
丘には昨日からリズとマリウスご夫妻がオランダからいらしています。明日は午前中に丘へ行ってリズ達と会ってから、丘の上の家の仕上がり具合を見てこよう。

この日に下では7月のロラスに向かって準備が始まりました。木を切って、やぐらを組む材料をそろえています。主人とダダプを中心に、大勢の村の人たちと、都会の親族も帰ってきて、男たちの仕事が始まっています。
b0161391_1593682.jpg
b0161391_15101435.jpg
b0161391_1511764.jpg

b0161391_15115325.jpg
b0161391_15121280.jpg
b0161391_15123031.jpg


私は風邪を引いてもゆっくり休めない主婦。なんだかまだ本調子ではないので、家事も少しやると休み・・・・お人形も少しづつ・・・ちょっとお顔が作りたくなって形にしています。
まだ頭の後ろは割ってあるし、仕上げもこれからのところですが、白黒でちょっとぼけた写真。やせっぽちの、夢多し少年のお顔。
b0161391_15132174.jpg
b0161391_15133598.jpg
b0161391_1515511.jpg


この子はどんな子になるかしら・・・・。このお顔が出来上がったら、妖精たちのコートの仕上げをしよう。

by ekadantaya | 2014-02-12 15:37 | Trackback | Comments(0)

お裁縫はちょっと休憩。

1週間も風邪を引いて寝込んでしまった息子がようやく治って学校に行ったその日、思ったとおりに私がダウン。
息子も私も熱が出ても1日か2日でよくなるのが普通なのに、今回の風邪は強力。私も3日間、熱でフラフラしたまま、家事も仕事も何もできないので、本を読み眠り、おきては本を読み・・・の生活をしていましたが、なれない朝食作りをしてくれていた主人が言ったお医者様に連れて行くという言葉で、不思議なことにその日のうちに熱が引きました。

b0161391_13412286.jpg


今日は家事を一通り終えて、やりかけていた妖精のコートをほぼ形にし、あとは細かい仕上げ、そしてアンティークレースのモチーフを縫い付けていく作業ですが、ここでちょっと休憩。

b0161391_13391135.jpg

Hannon Leeちゃんのドレスは、この色のリネンで作ってみようかなとは思っているのですが、まだ少し先にしましょう。妖精たちもしばらくは棚の中でゆっくりさせておきます。
b0161391_13392969.jpg

b0161391_13402681.jpg

30年近くもなる私の宝物、ル・グインのゲド戦記シリーズをまた久しぶりに読み直して、心は竜たちが飛びかう大海原を魔法の風に乗って航海しているところ。
b0161391_13401766.jpg

5巻目のアースシーの風を読み終える頃には体調も万全に、頭の中にずっといる少年のお顔に取り掛かってみたいと思います。

by ekadantaya | 2014-02-07 14:09 | Trackback | Comments(0)