オークション出品のお知らせ。と、衣装のその後。

アバビ村の雨はあのスーパームーンがピタリ、と止めてしまって、太陽の光がキラキラまぶしいアバビ村になりました。杏里ちゃんとよしおさんのお陰も大きい。

ふと気がつけばもう7月が目の前。
出来上がっている小さな妖精のシーナちゃん・・・・森に注ぐ美しい木漏れ日の妖精ちゃん・・・をさきほどオークションに出品いたしました。
こちらに火曜日まで出ています。お時間のあるときにどうぞ覗いて見てやってください。
(終了時間を間違えて設定したので一度オークションを取り消して再出品しました。)ガーナベイビーズ☆木漏れ日のの妖精・・・・シーナちゃん☆ - ヤフオク!

そして、いくつかの追加画像です。いつもの子達よりもさらに小さめに・・・・仕上がり、爪先立ちで13cmの長さです。

b0161391_12454556.jpg
b0161391_12474744.jpg
b0161391_12495837.jpg
b0161391_12484315.jpg
b0161391_12512129.jpg
b0161391_12531829.jpg
b0161391_12554520.jpg


b0161391_1258543.jpg
優しい方の元に・・・・お迎え先が決まりますように・・祈りながら・・・次の子たちのドレスを仕上げていきましょう・・・。


まずは木の葉ちゃん。
b0161391_13102516.jpg

この写真はまだ仮縫いの時で、マチ針がついていますが、今はほぼドレスの本縫いは終わって、細かい仕上げの段階になりました。
b0161391_13131299.jpg
でも大体の感じは良いかな~~~~こんな感じの柔らかさで。

そしてアンタレジャも、ここ数日のお天気で翼も好調。
b0161391_13162174.jpg
翼の仕上げをして、そのうちに写真もちゃんと撮ってあげよう。

そして木の葉ちゃんの衣装の仕上げと平行して、まずは型紙を作ろうと思っている待ち組みの二人。
b0161391_13174776.jpg


可愛いお人形のような杏里ちゃんとその素適なだんな様のよしおさん、楽しい時間をいただいて、丘のおじさんもおばさんも・・・本当にまるで暗い森に美しい木漏れ日のエルフのお姫様と王子様がやってきたように楽しい時間を過ごしました。ほんとうにありがとう~~。
b0161391_13223551.jpg
b0161391_13233370.jpg

b0161391_1324612.jpg

また来年、来てください!みんなで楽しみに待ってます。

by ekadantaya | 2013-06-28 13:25 | Trackback | Comments(0)

スーパームーンが呼んだ太陽と。

土曜日の夜、娘は長期の休みで遊びに来ている従妹のコマン・ジェニーと、カップケーキを焼きました。
町に乗り合いバスで出かけて、ジュースやお菓子や色々な準備もしてきて・・・日曜日は隣のプトゥの誕生会をしてあげると張り切っていました。

そしたら、なんと言うことでしょうか・・・・もう3週間は雨ばかりのアバビ村に・・・・朝から青空が広がって、優しい優しい太陽の光で全てが輝きました・・・。
丘の上から見る風景は、緑のみずみずしさと空の青さでまぶしいくらい。
b0161391_23353896.jpg
b0161391_23365373.jpg
b0161391_2337583.jpg

日曜日のお絵かきの時間は、娘がセッティングしたささやかなカップケーキの誕生パーティーになりました。
b0161391_2339210.jpg
b0161391_23402229.jpg
b0161391_23423399.jpg
b0161391_23433993.jpg
b0161391_2345050.jpg
b0161391_23463821.jpg
b0161391_23481576.jpg
b0161391_23492219.jpg

何もないところから、幸せを作るセンスを・・・アバビ村で育った娘はちゃんと持ってくれた・・と、皆の笑顔を見てちょっと嬉しかった。娘は誰がなんと言おうと、お給料が安かろうと、学校の先生になるのだと言い張っています。子供達の笑顔が好きなら、学校の先生は世界で一番素適な仕事です。
b0161391_23505024.jpg

そして、午後は家に帰ってお昼寝をしている最中に、グラグラと揺れを感じ、アバビ村では大変珍しい地震がありました。
それもきっと、この日のスーパームーンの影響なのでしょうか。
デジカメで3脚がなく、上手くは撮れませんでしたが、庭から見えたスーパームーン。
b0161391_235886.jpg
b0161391_01722.jpg
b0161391_033026.jpg

ちょっとだけ、ドキドキするような変化の予感がします。

明日は龍太郎のおねえちゃん、杏里さんがご主人とやってくるので、本当に久しぶりの外出、ダプと空港に迎えに行きます。
2日間は月を見ながら丘の上でゲンジェの宴が出来ますように。

木の葉ちゃんの衣装は3分の一位まで進んでいます。そして小さな妖精さんもボディが繋がって、あとはドレスを作るだけとなりました。
なので次の更新は・・・・木の葉ちゃんと妖精ちゃん二人のドレスが仕上がったら・・・アップします。
アンリちゃんとの宴会もはさみますので・・・少々、お待ち下さい。




それでは、

by ekadantaya | 2013-06-25 00:36 | Trackback | Comments(2)

ふと思い出して、アンタレジャのメイク仕上げ。

記録的な乾季の雨・・・・もう何週間も雨が止むことはありません。
それでも午前中に数時間、太陽が顔を出してくれるので、昨日は木の葉ちゃんの柔らかなインド綿の真っ白い生地を紅茶染めして淡くセピア色にしました。
そして、今日は妖精たちの手足の芯を作って、お人形達の棚をふと見たら・・・・あ、アンタレジャのメイク、仕上げてなかった・・・と気が付いたのです。

龍王の孫、英雄ビマと龍姫の息子、神への愛の為に、勇気のある自己犠牲を決断する英雄アンタレジャ。
メイクの仕上げはもう一度分解してヒートペイントで焼き直し、さらに細部はアクリル絵の具で仕上げました。
そのついでに関節部分の補強の革ももう少し厚手のものに取り替えました。

アンタレジャは戦士の猛々しい力を持った姿ではありますが、すやすや眠りやさしい夢を見る木の葉ちゃんや、その周りに集う妖精たちや天使達を守るために全面的にエゴを捨てる決意をした優しい、切ない愛に満ちた表情になってくれるように意識して作ったのですが、目元のメイクでよりいっそう、切ない愛を真っ直ぐ見つめる目力が表現したかったので・・・こんな感じの仕上がりに。

b0161391_1833245.jpg
b0161391_185862.jpg

b0161391_18104797.jpg

b0161391_18114771.jpg
b0161391_1812484.jpg


大きな皮の翼は、毎日午前中の太陽に少しでも当たらせて、カビを極力防ごうと頑張っています。
b0161391_18155788.jpg

9月は早めに帰国して、この翼をからからに乾かし、細部の仕上げをしてから人ガタ展へいざ出陣・・・という予定のアンタルジャです。

洗濯物が乾かず、毎日2時間もアイロンかけの毎日!!

一日も早く太陽が戻ってきますように!そしてからからに乾いた乾季がやってきてくれますように・・・・。


そして、日本のぼらんどぉるへ無事到着したティアラ姫・・・
b0161391_18381932.jpg

ドルスバラードさまのブログでご紹介いただいております。
ガーナベイビーズさんのティアラ姫が到着しました。 ドルバラノート/ウェブリブログ
お忙しい中、早速ティアラ姫に会いに行ってくださったやさしい方々、ありがとうございました。
b0161391_18502895.jpg


ティアラ姫についてのお問い合わせは、
ドルスバラード(ぼらん・どぉる) 
Tel:03-6780-0338
Mail:dols@k3.dion.ne.jp
へどうぞよろしくお願いいたします。

by ekadantaya | 2013-06-21 18:53 | Trackback | Comments(0)

製作中。

木の葉ちゃんはドレスをまだ迷いながら製作中。
インナーはドロワーズが今日仕上がりましたが、インナードレスがまだ。
枯葉のような色の刺繍がある生地で作っているジャンバースカートは着替え用に・・・・かなと思いながら作っています。やっぱり、オーガンジーのブラウスの下にふんわりとしたオフホワイトのドレスが良いかな~。

b0161391_18154872.jpg
b0161391_18224158.jpg


そして、同時に進行している小さな妖精のお顔2名。
b0161391_1818123.jpg

by ekadantaya | 2013-06-19 18:29 | Trackback | Comments(0)

木の葉ちゃんの衣装と日曜日。

木の葉ちゃんの衣装、ほぼ決定いたしました。スペインからのアンティーク・オーガンジーのブラウスと、フランスアンティークのチュールレースで作られた繊細な上着・・・まるで金色の葉っぱで出来ているみたい・・・。やっぱり、野の花でできた冠は必要不可欠・・・りかこさん作;シロツメクサのブリザードフラワーの花冠です。中にはこれからインナーのドレスとペチコート、ドロワーズをアンティークレースをふんだんに使って・・・作ってあげる予定です。でもそれはもう少し・・・・ぴったりな生地を見つけてから・・・・。
アタの籠も・・・まだ迷っています。身長が75cmになってしまったので、籠でベッドを作るとしたら85cmは長さが必要・・・・しばらく棚に象さんたちと寄りかかって座りながら眠ってもらうかな。一緒にいる象さんは、ヒカリちゃんのお母様から頂いた私の宝もの・・・Wendyさまの作品。良い夢に付き添う象さんたちです。
b0161391_136561.jpg

b0161391_13102717.jpg
b0161391_13125865.jpg
b0161391_14524719.jpg
b0161391_16153572.jpg
木の葉ちゃんすやすやよい夢を見てくださいね・・・。これから木の葉ちゃんの夢から出てくるお人形たちを形にしていこうと思います。
more photo 手塚 道代

毎朝わたしが待っているのは野菜売りのおばさんの「サユール・サユール!(野菜・野菜!)」という元気な呼び声。
b0161391_1492995.jpg
もう13年間くらい、市場の開かれる日以外は毎日このおばさんから買い物をしています。
b0161391_1411314.jpg
元気なイスラムのおばさん。私とほぼ同年代かあるいはもっと若いのかも。ビビ(小母さん)とみんな呼ぶので名前は知りませんが、毎日持ってくる新鮮な塩茹での魚や野菜、ターフ・ロンボク、テンペ、そしてお菓子やゼリー
b0161391_14144824.jpg
b0161391_14194442.jpg
サフランライスの朝食用のお弁当もあります。日曜日はこれを買って朝食は手抜き。
b0161391_14223443.jpg

ジャヌールの妻ワヤン・スリーと3男坊の赤ん坊コマンの笑顔も朝日のように私の元気を倍増させてくれる!
b0161391_14232478.jpg
ワヤン・スリーとおしゃべりしながら、ここで新鮮な卵やスパイスを買います。
b0161391_14252510.jpg
b0161391_1429434.jpg


今日の朝の買い物。
b0161391_1431731.jpg
ロングビーンズやサユール・ヒジョウ、テンペに鳥の腿肉と胸肉、スパイスも揃ってサフランライスのお弁当も3つ手に入り、非の打ち所のないお買い物!
でも、もう一人分の朝食が足りない・・・・。向かいのスマディノ家の前ではスマディの妻ロ・スリーがガドガド(ぺチェル)屋さんを開いています。その場でスパイシーな甘辛のピーナツソースを石臼で作って、ゆでたばかりの野菜と粽にしたご飯のクティパットを混ぜてロスリーガ作ってくれるアバビ村最高の美味しい朝食!!
b0161391_14323765.jpg
ところが、待ち時間が・・・・かなり半端でない長さで・・・休みの日しか買いに来ることが出来ません。
b0161391_1434422.jpg
時間を気にしない時には、この待ち時間は沢山の人々とのふれあいの時間。主婦達の噂話もここでたっぷり仕入れることが出来るし、隣の赤ちゃんの柔らかなほっぺに思い切りキスすることもできます。
b0161391_14385741.jpg


そして午前9時からは丘の上の家で子供達との時間。
昨日からいらしている青木さんも、2名の可愛らしい日本のお嬢様のお客様も一緒に・・・丘の上の家で子供達と過ごしました。日本の可愛いお嬢様たちは子供達に混じってのびのび素適な絵を描いておりました。
b0161391_14404969.jpg
久しぶりに勇気もやってきて・・・
b0161391_14563811.jpg
描いたのは例のごとくドラゴンです。
b0161391_1458620.jpg
高校3年生になるコマン・アリヤワンもさささ・・・と鉛筆を走らせて・・・・
b0161391_14594529.jpg
鳥と花・・・優しいアリヤワンらしい絵です。
b0161391_1503265.jpg

子供達は描きたいものを心に持ってきます。なので、直ぐに描き始め、描き終えると実に満足した表情になって帰るのです。
b0161391_1514381.jpg
お方付けを終えても、まだ子供達は和んでいます。勇気や絵美は2人兄弟ですが、近所には沢山の可愛い妹や弟がいるのです。
b0161391_1535723.jpg
b0161391_156490.jpg
b0161391_1573251.jpg
みんなと分けると、幸せは大きいよね。


2週間に一回ほど、夕方車に乗って家族で町に出ます。
b0161391_1595987.jpg
ハーディズというスーパーマーケットに生活必需品の補給や果物や村で手に入らない野菜・・などを買いだしに行きます。
そのあと、時々家族で夕飯・・・とは言っても、素適なレストランがあるわけではなくて・・・唯一つだけ、とっても人気の大衆食堂のような店があります。そこはインドネシア料理と中華料理がきっちり半分ずつという感じのお料理が出てくるのですが、とっても美味しいと評判の店。しかも大変お安い。
毎日夕ご飯の時間は混雑しています。
ところがここも・・・・待ち時間はほぼ1時間半あります。お腹がものすごく空く訳です。
なので、料理が出てきたとたんに・・・・誰もものを言わずに手が伸びて・・・・
b0161391_151495.jpg
あっという間に食べ終わる。そして本当に美味しかったなあ・・という感想が残るのです。

by ekadantaya | 2013-06-17 16:07 | Trackback | Comments(0)

木の葉ちゃんの leather body 完成しました。

木の葉ちゃんに革のボディが出来上がりましたので、やっと、全体が繋がりました。
ボディの革はパールピンクのコーティングがしてある丈夫な革を使いました。
b0161391_1147061.jpg
b0161391_11493945.jpg
b0161391_11511589.jpg
b0161391_11535799.jpg

b0161391_1157598.jpg


首とボディの接続は皮の紐で結ぶだけでは頭が重くて心配なので、首の中に太いパイプを固定して焼き、そのパイプを通してゴムが頭と繋がっています。パイプはちょうどお腹のしたあたりまで入っていて、背骨があるお人形になったわけです。
b0161391_120269.jpg
腿の部分は一回り大きく作り直しました。
b0161391_1213793.jpg


少し薄くて透けるので、そのままは使えませんが、アンティークの可愛いブラウスを着せて感じを見てみました。
b0161391_1243980.jpg

b0161391_1265543.jpg
b0161391_128878.jpg
b0161391_1293215.jpg

b0161391_12103724.jpg


さあ、どんなお洋服を着せてあげようかしら。天使の少女と共にこれからお裁縫の計画を立てて見ます。
明日、子供達は通信簿をもらって、1ヶ月の長期学年末休暇に入ります。
さあ我が家も・・・・・色々とこのお休み期間に、やりたいことは山積み。
まずはデンパサール(日本で言えば東京)へ車で片道2時間半かけて、シノを連れて家族でお買い物へ。
・・・・子供達の衣類、本、そして築10年でシミだらけの我が家の壁を塗り替える内壁用塗料・・・・全てちゃんとした品物はデンパサールに行かなくては手に入らないのです。
お休みでも生徒会で色々忙しい息子や、村の用事でやっぱり忙しい主人は抜きにして、娘とそしてお隣のご夫婦を頼んで・・・壁塗り替えをしようと思っているわたしです。

さて、ボディの繋がった木の葉ちゃんには、やっぱりベッドが必要ですね・・・。日曜日はトゥガナン村へアタの大きな籠を探しに出かけてみましょう。


そして、ティアラ姫、先ほどぼらんどぉるへ無事到着したとのお知らせをうけホ~~~ッといたしました。056.gif
b0161391_16243444.jpg
この子は球体関節の手足を持つエルフのお姫様。おとなしそうですが結構自由な女の子かもしれません。
b0161391_1628963.jpg


あの素適なぼらんどぉるの空間で、優しいオーナーの斉藤様ご一家に守られながら、沢山のお人形の友人達と早速、話し込んでいそうな気がします。
b0161391_16344032.jpg


梅雨の合間にちょっとお出かけの機会がありましたら、どうぞ上板橋のお人形のお店ぼらんどぉるへお寄り下さい。ティアラちゃんがアバビ村のお話がしたくてたまらないというような口元で・・・・お待ちしております。
ティアラちゃんをお迎えご希望の方がありましたら、下記のぼらんどぉるへお電話かメールでお問い合わせ下さい。ティアラちゃんに素適なご縁がありますように・・・・。053.gif

人形の店 ぼらん・どぉる

〒 174-0075
東京都板橋区桜川3-14-4
東武東上線上板橋南口から徒歩6分
(各駅停車池袋から6駅目)
お車でのご来店の場合駐車スペースがございます。

TEL&FAX:03-6780-0338 
E-mail ; dols@k3.dion.ne.jp


また、月曜日からこちらのドルスバラード様のHPとブログにもティアラちゃんが紹介されます。
人形の専門店ドルスバラードドルバラノート/ウェブリブログ

055.gif追記;いつもブログを見ていただき、暖かなメールなどのご連絡、そしてプロフィールページからのコメントなど、頂きましてありがとうございます。コメント欄は閉じたブログでしたが、ここからコメント欄を承認制で控えめに開かせていただきます。ちょっとしたメッセージはこちらからもどうぞ。

by ekadantaya | 2013-06-14 12:31 | Trackback | Comments(2)

Hikaru konoha

毎朝きっかり5時15分、シノに起こされて始まる一日。
真っ暗なうちに朝食を作り、娘が一番先に食べて、次に息子、最後に主人、と出かけていってから、シノと私は庭へ出ます。
私は土の庭に落ちた枯葉を椰子の箒で大きなキャンバスを塗りつぶすように掃き、シノは私の周りを飛び跳ねて遊びます。
コケの生えた湿った土の庭で、私とシノが体操をして、東屋で腹筋運動も終えて、7時を少し過ぎた頃、やってきます。毎朝この素適な方が・・・・。

朝日の木漏れ日さんです。

b0161391_21471452.jpg
b0161391_21542317.jpg
b0161391_21574330.jpg
b0161391_2234715.jpg
b0161391_2214381.jpg
b0161391_2274466.jpg
b0161391_2255956.jpg
b0161391_225614.jpg

b0161391_2294069.jpg

この大好きな朝の光に挨拶をしてから、りかこさんに戴いたクリスタルのサンキャッチャーの光が虹色に輝く部屋に入って・・・幸せに満ちた気分で今日、木の葉ちゃんの手足の仕上げをしました。

b0161391_22114979.jpg
b0161391_22143783.jpg

b0161391_2217630.jpg
b0161391_2216187.jpg

何度も色を重ねて焼き、細かい部分も修正も終え、それぞれが繋がったのはもう夜に近い夕方・・・。
b0161391_2220496.jpg

b0161391_22185683.jpg
b0161391_22212033.jpg

今この時間にはシノはぐっすり眠りこけていて、明日の朝はまたきっかり5時15分に、私を起こすつもりです。
木の葉ちゃんに苗字も付けました。光 木の葉 HIKARU KONOHA。光源氏が先祖なのかもしれない子です。
b0161391_22221014.jpg
明日からボディを製作します。

一昨日の丘の上のお絵かきの時間は、主人が丘で取れた若い椰子の実を持ってきてくれて、子供達と甘くてフレッシュな椰子の実ジュースを満喫しました。丘にいる妖精たちが回りに遊ぶ、本当に幸せな時間。
b0161391_236591.jpg
b0161391_238637.jpg
b0161391_237554.jpg
アバビ村からティアラ姫が今朝出発しました。
b0161391_23104244.jpg
上板橋のぼらんどぉるへ、海を越えてはるばると・・・・無事にたどり着きますように・・・。

by ekadantaya | 2013-06-10 21:57 | Trackback

木の葉ちゃんの眠った手足。

眠っている子供の手足は、力が抜けています。
力の抜けた形を作っている時間も、なかなかいいものです。ゆったりした、力が抜けた気持ちのよさがあります。

そして、今回は、肘と膝に仕掛けを付けて、球体関節にしてみました。
お洋服で隠れる部分を関節が曲がる仕組みに・・・・。

やっと先ほど、水やすりの仕上げが終わり、あとは色を焼き付けて繋ぐだけになりました。

b0161391_2136274.jpg

b0161391_2137454.jpg

今ちょっと感じを見るために置いてみました。
b0161391_2139383.jpg

皮のボディが出来て繋がったら、大体75cmくらいの大きな子になると思います。

最近、木の葉ちゃんやスーピー君、コーヒーービート君が私の部屋で寝ているので、お昼寝がやけに気持ちよい。

全体が繋がってから・・木の葉ちゃんにはアタの大きな籠を買いに行って、素適なベッドを作ってあげたいです。お洋服も・・・・考えると少しドキドキしてきます。
明日は2週間ぶりに丘の家に行って、子供達とお絵かきを楽しんできます。
そして、来週はティアラ姫をぼらんどぉるへ出発させてから・・木の葉ちゃんの全体が繋がりますように・・・・出来る限り来週中に・・・・。

by ekadantaya | 2013-06-08 21:56 | Trackback | Comments(0)

猫和尚。

木の葉ちゃんの手足制作は進行中。
b0161391_1673082.jpg
今は全て焼き終わって、次のプロセスに移る前に・・・・月曜日の出来事をちょっと。

その日は向かい隣のパ・パインの家の末っ子、コマンの断髪の儀式。早朝4時に主人や男性諸氏は豚を絞め殺し、供え物のメインの丸焼きを作り・・・・・その他の供え物は1週間ほど前から近所の主婦達が集まって準備しました。
当日の夕方4時を過ぎて3台の車に乗って、隣村の高僧(プダンダ)の家に儀式をしにやってきました。
b0161391_1685989.jpg

ここでもまた延々と時間は流れて・・・・いくらのんびりしている人々でもやっぱりアクビも出るし、寒いし・・・おしゃべりも尽きてきて・・・・飽きたな・・という空気の長い待ち時間。
b0161391_16185313.jpg

不思議な猫が突然、真っ赤なカーペットの上で・・・・一人熱心に毛繕いを始めました。手塚 道代
b0161391_16335771.jpg
その猫のあまりの優雅さ、のんびりと寛ぐ姿に、みんなが笑顔になって、そしてのんびりとした大らかな空気がその場を濃く包み込みました。酸素がいきわたるような・・・・子供達も笑い、大人達も和やかに笑い・・・・いつまででもそこにいて良いような寛ぎが感じられたのです。
高僧がやってきて、準備が始まると、猫は音も立てずにふわり、と棚の上に昇りました。
そして、儀式が始まって、みんなのお祈りで締めくくられるまで、猫は彫刻のようにそこにいましたが・・・

b0161391_16363327.jpg

b0161391_16404733.jpg
b0161391_1644926.jpg
お祈りが済んでみんなが見ると、このように最高に気持ちよさそうにぐっすりと眠りこけておりました。
b0161391_16451995.jpg


b0161391_16472162.jpg
b0161391_17144759.jpg
b0161391_16492479.jpg

猫和尚はこうして、みんなに大変大事な心のバランスの取り方を教えてくださったのであります。
b0161391_17171152.jpg


そして、ティアラちゃんですが・・・・ドレスも最終仕上げを済ませました。メイクをやり直したので、また眉毛の感じが少し柔らかくなりました。
b0161391_16512594.jpg
b0161391_16524310.jpg
b0161391_16545925.jpg

ティアラちゃんはそろそろぼらんどぉる様へ向かって出発の準備をします。

乾季だと言うのに、雨ばかりのこの頃・・・・。アバビ村は本当に湿気が多くて困るのですが、でもこの雨と太陽の光が・・・植物達も子供達も、すくすくと健やかに育ててくれるのですから・・・・アイロンかけを山ほどやらなくてはならなくっても・・・まあ良しとしましょう。
b0161391_16555767.jpg


それでは、これから木の葉ちゃんの手足・・・・来週一杯には仕上がりますように頑張ってみます。

by ekadantaya | 2013-06-06 17:24 | Trackback | Comments(0)

木の葉ちゃん、新しい首とメイク。眉の位置と形も決定。

手足を作ろうとしてよくお顔を見ると、ちょっと寝苦しいから何とかしてよ・・と木の葉ちゃんが言ったような気がして・・・。
見ると、やっぱり、首が太すぎるし、鎖骨も省略した太った首は寝苦しそうでしたし、メイクもまだ中途半端な状態のままでした。

それでは・・と、木の葉ちゃんの首を作り直して、お顔もまずは除光液でヒートペイントをそっとふき取り、再度慎重に仕上げました。大事な眉の位置も形も、これで決定。あとはアクリル絵の具と毛細筆で薄く一本いっぽんの眉を描き、唇も微妙に細部を仕上げるのは衣装まで出来上がってからの作業。

ほぼ完成した木の葉ちゃんの首から上です。
b0161391_10425980.jpg


b0161391_10442733.jpg


はじめに作った首はまるで骨格の表現が省略されたぷくぷくの首でしたが、数ミリ太すぎたし、やはりほんの控えめな鎖骨の表現はあるほうがすっきりします。
b0161391_1048535.jpg
アバビ村の魔女の手が写ってしまいましたが・・・こうやって首と頭が繋がります。
b0161391_10465970.jpg

朝日の中でちょっとすっきり、より気持ちよく眠ってくれている木の葉ちゃん。
b0161391_1050350.jpg


b0161391_10515284.jpg
b0161391_10543964.jpg
b0161391_10551383.jpg
b0161391_1059256.jpg
b0161391_10581828.jpg
b0161391_110107.jpg


さあ、それでは、今日こそは、お顔と同じくらいに大切な手足を・・・・・片方ずつ作り始めましょう。

by ekadantaya | 2013-06-01 11:28 | Trackback | Comments(0)