ついには、Complete body of the man!

半身ボディ、ついに完成しました。
先週は製作過程をアップする時間が取れないくらいに沢山のことが一度に起こった週でしたが、取りあえずは写真を・・・・。

形成、磨き、彩色、すべてに時間が掛かりました。頭とつないで28cmの高さの半身ボディですが、ずしんと重く安定しています。

b0161391_2133235.jpg


b0161391_2159715.jpg


b0161391_21344566.jpg


b0161391_2136775.jpg


b0161391_21394016.jpg


b0161391_2142664.jpg


b0161391_21443537.jpg


b0161391_2225716.jpg


b0161391_21475873.jpg


b0161391_21523460.jpg


b0161391_21534726.jpg


デビルマンの友達・・・って感じの色っぽさがでたかな・・と。この男は実はマハーバラータの英雄ビマが竜と結婚して生まれた息子、地下に住む半人半竜のアンタルジャではないだろうか・・・との疑いが出てきました・・・。
腹筋が蛇の腹に良く似ている気が・・・・。

後は球体関節の腕ですが・・・この腕が実は本当に肝心。

by ekadantaya | 2013-02-25 22:15 | Trackback | Comments(0)

男の半身、粘土付け作業途中経過。

男の半身・・・まだまだ粘土をつけている途中ですが首を乗せてアップ。

解剖学の図説と、よく似ている写真を集めるとボディビルダーのような写真ばかりが資料になって・・・・ちょっと控えめにしては見たものの・・・今のところこんな感じ。デビルマンが理想だからね。

b0161391_1952752.jpg

b0161391_1953350.jpg

b0161391_19534568.jpg
b0161391_19544993.jpg


もう少し、胸を薄くするかなあ・・・腕とのバランスもあるな・・やはり。腕から作りましょうかね・・などとまだ考えながらもたもた制作中。

何故ならここ数日、激しい歯痛に悩まされているからでありました。先ほどやっとドクターイングリットに治療をしてもらって薬を飲んで少し痛みがひいてきたところ・・・。でもまだまだ痛い。
痛みがひいたら、ここ数年大変な思いをしてきた奥歯の一本を思い切って抜いてもらおうと心に決めているのでした。そしてそのうち全部歯がなくなったら、おかゆだけ食べて生きていけばいいや。

このところ、流行風邪にダウンしていた娘もやっと調子が戻りつつあり・・・昨日は素敵なお客様が来ました。
インドネシアは世界一美しい蝶が沢山いる国です。
b0161391_19572239.jpg

b0161391_19581676.jpg

b0161391_19585462.jpg

蝶が部屋に入ってくるとき、必ず素敵なお客様が近々やってくると・・こちらでは言われています。

by ekadantaya | 2013-02-20 20:10 | Trackback | Comments(0)

雨季がぶり返したアバビ村で。

雨季も終わりに近づき、雨が少なくなって、やっと安心していたところでしたが・・・・ここ数日、戻ってきました・・・。午後の長いスコールが。

そして、少し来客が続き、流行風邪も娘が持ってきて、ちょっと忙しいと言うか落ち着かない中、なかなか粘土を練ることが出来なかったのですが、ついに昨日の晩、音楽を聴きながら練り上げた粘土の塊。
やっと、男のボディに粘土をつけ始めました。

b0161391_11293928.jpg

まだまだやせっぽちではありますが・・・。ゆっくりじっくりと、筋肉のあるべき部分に粘土をおくという作業を始めてみましたら、これは一気には・・・できなそうで・・・・。かなり筋肉の塊の個数が多い・・筋肉質の体というのは、作るのに時間が掛かりそう・・というか、作業が途中で飽きてしまうんですね。
b0161391_11372658.jpg

b0161391_11382464.jpg
なので、時間を掛けて・・・じっくりと丁寧に・・・ミケランジェロに学びながら半身を仕上げてみることにします。腕を作る前に、可愛い子供のお人形をいくつか作ろうと思います。

これが出来上がったら、思い切りふわふわのほっぺの・・可愛い幼子達を・・・作りたいという気持ちが煮えくり返ってきたのです・・。
苦いものを食べた後に甘いものが食べたくなる気持ちでしょうか。

そして週末の来客は・・・カプロスとその妻アニー・・・。
b0161391_11391695.jpg

まるで小学生3年生の男の子みたいな小柄で可愛い奥さんのアニーを連れてきたカプロス、実は魂胆がありました。手書きのTシャツを持ってきて、今度これを作って売っているのだと・・・。
絵描きですから、食いつなぐためには・・こまめにいろいろもがく必要があります。
そして、染色用の絵の具で、Tシャツに絵を描き、売り始めたらしいのですが・・・・とてもお安いお値段なので、殆ど絵描きの友人達が買ってくれ、残りはこの3枚。ガネーシャの絵と抽象画。
b0161391_11403081.jpg

b0161391_11422154.jpg

b0161391_11433165.jpg

世界に一枚しかない手書きのTシャツですが、もしもこのブログをご覧になっている方の中で興味のある方がいらっしゃりましたら、右の私のメールアドレスにお問い合わせ下さい。

カプロスはまめに展覧会に出品している活動的な画家で、オランダやオーストリアの美術館に作品が買い取られています。それでも、侍の傘貼り・・・頑張っていかないと、小さな嫁がもっと小さくなってしまう・・・。出来ればちょっと協力しようと・・私も主人のために1枚がネーシャの絵のついたやつを買いました。


そして日曜日は丘の天辺ハウスで子供達とのお絵かき。カプロスも参加してなかなか素敵な時間を過ごしました。
b0161391_11442521.jpg

b0161391_11473942.jpg

b0161391_11504284.jpg

b0161391_11513355.jpg
b0161391_1153516.jpg

b0161391_11555396.jpg

b0161391_11581026.jpg

マリウスとリズがやってきた頃には雨は土砂降りに・・・。
b0161391_11591215.jpg

b0161391_1214473.jpg
b0161391_1231041.jpg

b0161391_124770.jpg


雨はお昼前から夕方近くまでたっぷり・・・。ジャヌールが傘をたくさん抱えて迎えに来てくれるまで、子供達と私たちは丘の家でテレビを見ながらゆっくりした時間を過ごしました。
お腹が空いていなかったら、あのままみんなでお昼寝したかったくらい。

by ekadantaya | 2013-02-18 12:31 | Trackback | Comments(0)

アバビ村の朝焼け。

毎朝5時きっかりにシノに起こされて・・・朝食をつくり終わる頃に見える朝焼け。空が静かに燃え上がるような色。

b0161391_10301837.jpg


b0161391_10312420.jpg


今のところ、男の半身、下ごしらえはほぼ出来たのですが・・・。白髪の天然パーマをやはり変えたいな・・とか、下半身はどうするかとか・・・・これはゆっくりじっくり楽しみながら作っていく予定。どうせなら・・・解剖学に基づいた筋肉質な贅肉のない美しいボディを・・・・作りたいです。
b0161391_10322079.jpg



子猫レイチェルちゃんのオークションは・・・・夕べ終了30秒前に・・・始まりました。心臓には良いとはいえないドキドキのバトル・・・。
そして、大変な情熱と大きな愛情でこの子猫をお迎えになってくださり・・・すばらしいご縁を又頂きました。
ウォッチ数が82、アクセス数が1675回と、大変たくさんの方々に見てもらえて、レイチェルちゃんは大変幸せです。ありがとうございました。
そこで丁寧に梱包を始めていますが・・・・
b0161391_10332350.jpg

丸い素敵なアタのケースに・・ドレスのプリーツが崩れないように別梱包で・・・・お支度いたします。
b0161391_10344588.jpg

レイチェルちゃんはもう少しゆっくりしてから出発の予定です。

そして我が家にオランダからのお客様・・・
リズとマリウスがやってきました。
b0161391_10363077.jpg
リズはオランダ人ですが、150cmに少し足りないくらいの大変ミニな身長のチャーミングなご婦人。マリウスは優しい大きなご主人。退職してのんびり暮らす2人は、たくさんの孫達にも恵まれ、バリが大好きで毎年丘の宿にやってきてくれます。
b0161391_1042143.jpg
いつもFacebookでは時々お話していますが、じかに会えばもう・・お話は止まらない・・・・どの国でも女性は同じ・・というか、私はリズと同じ。ここにセリーが居てくれたらなあ・・と、ふと思いました。
おもてなしには手作りのカレーパンと妹の持ってきてくれたほうじ茶で。
b0161391_10435483.jpg
リズもスーピー君が一番好きで、なぜ私が手放さないか・・よく分かってくれています。


窓を開けて作業をしていると、午後高い声で娘の名前を呼ぶ声が・・・左隣のアリアクの赤ちゃんを抱っこしたおばあちゃん。
b0161391_10464989.jpg


タルンの弟、カチャンも赤ちゃんを連れて時々やってきます。すると、男のこの赤ちゃんは、勇気と気が合って・・・10数年前のカチャンと勇気そのままの姿で遊んでいる赤ちゃんと高校生・・・。
b0161391_10532942.jpg

もう10数年経ったら、勇気の子供をカチャンの子供が抱っこするのですね・・きっと。

赤ちゃんが身の周りにいつも居る暮らし・・・。なんだか日本にはなくなってしまった暮らしのような気がします。
赤ちゃん達は、まるでガネーシャそのもののように・・・明るい希望の光で皆の未来を照らしてくれるのです。

いつかこの子達に未来を任せて・・・安心して出発することができるという安堵感があるのです。

さて、今日もまた丘にはお客様がいらっしゃって・・・・明日は久しぶりにゲンジェの宴会をしようではないか・・と相談していたのですが、娘が一昨日から熱を出して・・・。それでも勉強が遅れるからと学校に行く中学生の娘・・・・・。さて今日も出来る限り美味しい料理を作って、元気いっぱいになってくれるように・・・・しっかりサポートしなくては!
ママとして精一杯頑張ったご褒美に・・・いつか孫という天使との遭遇が待っていると・・・それを人生の幸せの頂点と言うのだと、アバビ村の人々はいいますが、リズとマリウスも、セリーとロジャー、ピーターとジェーンも・・・・孫を持った幸福な人々は皆そう言ってくれます。

by ekadantaya | 2013-02-15 11:35 | Trackback | Comments(0)

日曜日はエルフの丘で、子供達と緑に溶ける。

日曜日は朝から、ジャヌールの家の赤ん坊の儀式に出て、子供達に今日はどうする???(儀式で忙しいから一回お休みにしようよ・・と言うのをちょっと期待して・・)聞きましたら、即答で、やる!!と。

それでは、3時ごろ迎えに来てね・・などといって、作業をしていると・・2時半にやってきました。森の小人さんのような高い声で、「ミチヨー!!来たよー!!「と6名の子供達が。

さあそれでは仕方ない、家事も仕事もしのちゃんも置いてきぼりにして、楽しい小さな仲間達と丘のてっぺんハウスに行きました。

そしてやっぱり今週も・・・子供達とここで絵を描くと、エルフがいっぱい集まって、エモイワレヌ幸福感に包まれて、静かなエキサイティングな不思議な時間を過ごしたのでありました・・・・。

今日は娘の絵美が課外授業から帰ってきて、一緒に参加。

b0161391_1259399.jpg


b0161391_131571.jpg


b0161391_133029.jpg


b0161391_13221277.jpg


b0161391_13272187.jpg


b0161391_1332878.jpg


b0161391_13333279.jpg


b0161391_1335346.jpg


b0161391_13371326.jpg


b0161391_1341446.jpg

b0161391_13394530.jpg

b0161391_13531135.jpg

b0161391_135543.jpg


b0161391_13564415.jpg


b0161391_13575956.jpg

b0161391_1483886.jpg

b0161391_14114339.jpg


b0161391_14102255.jpg


今日始めて来た3歳半のコマン・コミン。いつもお姉ちゃんや隣のお兄ちゃんたちに可愛がられる末っ子ですが、本当に上手に色をいっぱい使って、辛抱強く、すばらしい集中力で魚の絵を塗り絵しました。
b0161391_14133692.jpg

一足先に丘を降りていく子供達・・・・。どうやってみても、遠近感がおかしくなるのが緑の中で・・・どんどん遠ざかるというよりも、どんどん小さくなって草群れに消えていくようにしか見えないのです・・・・・。
b0161391_14164296.jpg

先ほどのスコール雲が去ったばかりの青い空。
b0161391_14214092.jpg

グリアスマルンの庭で、ダダプと久しぶりに今後の宿のことなどについてじっくり話をする時間も取れました・・・。家の丘の宿は、本当にスタッフやここの人々と気持ちがしっくり会う人しかお客様として残らない・・・不思議な場所ではありますが・・・・。新しいすばらしい出会いがやはり必ず芽生えているのです。
この丘の植物のように。

明日、オランダからLizがご主人とやってきます!Lizは本当に素敵な丘のお客様。皆が大好きです。私も明日は丘に行って・・・Lizとの再会がとっても楽しみです。
b0161391_14225679.jpg

そして15日には、ダダプがぜひ道代に会って欲しいという日本人の男性のお客様2名がいらっしゃることになっています。その方たちは2週間のご滞在予定でブッキングされています・・・。
b0161391_1424246.jpg
エルフの丘とスタッフが気に入ってもらえたら・・・・ここは何もないのですが、見えない宝物でいっぱいナ場所だと分かっていただけるかもしれません・・・。土曜日は天辺ハウスに泊まろうかな。


昨日のJanurの3番目の赤ちゃんの儀式の様子、幸せな写真はFBに沢山アップしてありますので、ご覧になってください。
b0161391_15134160.jpg

Ceremony for 3month of the third baby Janur

さて、小さなレイチェルちゃんはまだ3日ほどのお時間がありますので・・・・例の謎の男の首に今はボディ作りの下ごしらえ中です。レイチェルちゃんはたくさんすぎるウォッチ数ですが・・・果たして運命の行く末は・・・・。木曜日は早めに夕飯を片付けて、お風呂に入り、PCの前にスタンバイの予定です。

by ekadantaya | 2013-02-11 15:17 | Trackback | Comments(0)

オークション出品のお知らせ。セピア色の子猫・レイチェル。

作っていたちび猫が仕上がり、先ほどオークションに出品しました・・・。
お時間のあるときに又覘いてやってください。
ガーナベイビーズ☆手乗りちび猫・・レイチェルちゃん☆樹脂粘土 - Yahoo!オークション
セピア色のドレスを着た小さな子猫・・・懐かしがり屋のレイチェル
この子はセピア色のドレスを着て、懐かしい思い出にちょっと涙が出ている懐かしがりやの子猫ちゃん・・・。

それはきっと、私の気持ち・・・。毎日のように朝目が覚めるとき、父のあの懐かしい笑顔を思い出すのです。年のせいかもしれないですけど・・・・。思い出は優しく切なく美しく・・・・魂の宝物として永遠に・・・。

お顔は菅原君の影響でやはり頭に焼き付いているレイチェルの影響が・・・・あったような気がするので名前をレイチェルとつけましたが、著作権の侵害ではないよね。子猫レイチェルですもの。
ほんの少しアンティークビスクみたいな印象になったのは、レイチェルの役のショーン・ヤングのお顔が、幼くしたらアンティークビスクドールのようになるからだと思います・・・。
それでは、たんまりと・・・追加画像です。

b0161391_16412379.jpg


b0161391_16445479.jpg


b0161391_1647130.jpg


b0161391_16481212.jpg


b0161391_16491746.jpg


b0161391_16513877.jpg


b0161391_16535310.jpg


b0161391_16543422.jpg


b0161391_16552594.jpg


b0161391_16564827.jpg


b0161391_16592384.jpg


お洋服はちょっと懐かしいローウエストのプリーツと髪の毛を包み込むヘッドドレス。お気に入りの布花もあしらいました・・・。
b0161391_171921.jpg


さて、今回は来週の木曜日まで、6日間出ております。その間に・・・やっぱり首だけではなんだし・・・・このお兄さんのボディも下ごしらえくらいは始めておこう・・・。
b0161391_1723318.jpg

by ekadantaya | 2013-02-08 17:13 | Trackback | Comments(0)

A mysterious man. かなり怪しい男の首が完成しました。

遂に完成してみると、かなり怪しげな男の顔になりました。

しかも、光や向きの加減でこうもくるくる表情や性格を著しく変えるお顔は・・・・初めてです。
心細げで悩ましげな優しい表情から、ここにはアップできないおぞましくも恐ろしいお顔まで・・・・

そして年齢が若者から老人にまで自在に変化するこの男はナニモノ????

b0161391_17244313.jpg


b0161391_17262244.jpg

b0161391_19141212.jpg
b0161391_19184194.jpg

b0161391_17273168.jpg


b0161391_1728138.jpg


b0161391_17302497.jpg


b0161391_17312723.jpg


b0161391_17345673.jpg


b0161391_17365154.jpg
b0161391_17521530.jpg
b0161391_17531431.jpg

b0161391_19232091.jpg

b0161391_17391122.jpg


髪の毛はやわらかく薄いチベットラムの白い毛皮を貼り付け、眉毛にも毛を貼っています。
メイクも念入りに細部まで仕上げました・・・・。

さあ、この男の名前は????ただの人間と言うわけにはいかない者になっていくようです。

b0161391_17401323.jpg


全体の完成まではまだまだ長い道のり。球体間接の上半身だけの姿になるのですが・・・・ある品物が到着するまではこの首はアタの籠の中でゆっくりしていてもらいましょう・・。

by ekadantaya | 2013-02-06 18:03 | Trackback | Comments(0)

I tried coloring . 男の顔に色をつけてみましたら。

ここ数日、午前中はすばらしいお天気の日々が続いています。
そこで、早朝から大洗濯、ありとあらゆる布製品をすべてお日様に干し、大掃除・・・・・・を午前中いっぱい。

子供達が帰ってきて、昼食を食べさせたら、やっと午後から私のハンサム君に向かう時間が取れました。

ジェネシス・ヒートペイントで色を焼き付けてから、色味がわかるように外に出て撮影。
髪の毛の感じをチベットラムの切れ端を頭の上に乗せて・・と思ったら、誰かに似てしまった・・・・・。

今は亡き・・愛とペーソスの味わい深いラテン系ハンサム・・・・林家三平師匠・・・でしょうか。

b0161391_18564834.jpg


b0161391_1904973.jpg


b0161391_193788.jpg



b0161391_1964813.jpg


髪型を良く考える必要があります。

b0161391_19132167.jpg


このお顔を見ていて、どうしても・・・・連想する人々のお顔が・・・・。
そしてその人々は似ているのかもしれないと・・・・

まずはこの方、

b0161391_19222025.jpg
やっぱり素敵なポール・ニューマンさま。
そしてこのお方も・・・

b0161391_19232714.jpg
若き日のマーロン・ブランドさま・・・・。

最後にこの方・・
b0161391_19243096.jpg
ルトガー・ハウアーさまでした。

さて、この男の人のお顔は、じっくりと半身の球体間接で仕上げてみようと思います。
悪魔のような天使を・・・・作りたいなと・・少しイメージが出てきているところ。

by ekadantaya | 2013-02-05 19:34 | Trackback | Comments(0)

遂に焼きあがる。モデルがルトガー・ハウアーな男。

心に残ったロイ・バッティのクールな顔と悲しい優しい最後の場面・・・ハードボイルドと言うのはクールでありながら優しい切ない男達の内面を感じさせないと成り立たない。

ロイ・バッティを演じたルトガー・ハウアーの顔をモデルに、作ってみた・・・・・ハードボイルド・エッグなお顔。・・・ポールニューマンにも似てしまったかもしれない・・・タクシャカに似ているような気も・・・取りあえずこういう好みのハンサム顔に落ち着きました。
色は今日つけ始めてみようと思うのですが、細部の水やすり仕上げの前に出来具合を・・・・写真で確認。

b0161391_10445077.jpg


b0161391_10492275.jpg


b0161391_10521498.jpg



b0161391_1053549.jpg


b0161391_1055286.jpg


b0161391_10571794.jpg


今日は色をつけてみよう・・・。

昨日は久しぶりに丘の上で天気のよい半日を素敵な友人達と過ごしました・・・。
私の唯一の魂の洗濯方法。・・・丘に行き、賢い子供達と、そして優しいハードボイルドくんたちといっしょに、エルフの丘で幸せな時間を過ごすこと。

b0161391_1105013.jpg


b0161391_116152.jpg


b0161391_1174083.jpg


b0161391_11344093.jpg

b0161391_11365687.jpg

b0161391_11382649.jpg

b0161391_11402334.jpg

b0161391_11431229.jpg


今からFacebookに幸せな日曜日のたくさん写真をもっといっぱいアップしてきます。My treasure.
世界中にいるアバビ村からの友人達のために。

by ekadantaya | 2013-02-04 12:07 | Trackback | Comments(0)

今やっと形らしきものが現れました。

ここ数日間、かわいらしい少女のお顔を作ろうとして、細部まで仕上げてから壊した形が5個以上。
そして眠った大きな子を作ろうと昨日から、またもや3個は仕上げて壊し・・の繰り返し。
頭の中に美少女の形があるのですが・・・それはきっとレイチェルのような美少女で、そうすると出てくるものがみんなどうにも生まれたてのレプリカントのような・・・情緒のない感じに・・。

でも、頭の中にはあるんですね、人間以上の崇高な精神性に上り詰めたレプリカントのロイの最後の場面が・・・・。
b0161391_1931678.jpg


そこで、今さっきささっと・・・・作ってみたのですが・・・・出てきましたね・・素直に。

b0161391_1833828.jpg

まだ粗付けですけど、なんとなく・・・・あのロイの哀愁も入ったかな・・・・
b0161391_18371417.jpg



b0161391_1838981.jpg

これは壊さずに仕上げてみたいと思います。

そして、ひとつ、また子猫ちゃんですけど・・・ちょっとだけレイチェルの鼻の先を試してみましたが、なんとなく寂しそうな表情の子猫ちゃんに・・・・。

b0161391_18413552.jpg



毎日午後は雨ばかり。丘の上の家に子供達と絵を描く時間が取れません。明日は日曜日。朝のうちに丘に行こうと思います。
元気一杯でますます美人さんになっていくシノミン。
b0161391_184374.jpg
これでもかというくらいの最上級のドリアンも、そろそろ打ち止めの模様。

b0161391_18442421.jpg


それでは、暫く製作に集中・・・・・。

by ekadantaya | 2013-02-02 18:58 | Trackback | Comments(0)