衣装が仕上がり、エルフ少女、Bulan と命名。

衣装が縫いあがったので、ダークブラウンの瞳と髪のエルフ少女に名前を付けました。

この子の名前は、Bulan ブランちゃんと名付けました。Bulanは、インドネシア語の月という言葉です。
月の光のように、涼しくて、神秘的な雰囲気のエルフ少女にぴったりの名前だと思います。
Bulanちゃんは、繊細な心を持っていますが、意志のある瞳を未来に向けています。そのまなざしはとても純粋で、しっかりと前に進む強さがあります。虫の赤ちゃん達もブランちゃんのお膝で安心して眠っていますね。

b0161391_15512073.jpg

ブランちゃんの衣装は、まずは白いコットンでシンプルなワンピースを作り、リネンにアンティークレースのモチーフをちくちく縫い付けて、フード付きエルフコートを作りました。


b0161391_14582692.jpg
この子には真っ白い飾りのないドレスが一番似合うと思って・・・。
b0161391_14585489.jpg
b0161391_14591520.jpg
近所にもいるような、普通の女の子の雰囲気。
b0161391_15010173.jpg
ドロワーズのレースが裾からちょっと覗くのが、おしゃれといえば言えるかも。
b0161391_15004100.jpg
エルフのコートを着ると、やっぱりちょっとその辺にはいない雰囲気の・・・魔法が使えそうなブランちゃんになります。
b0161391_15014001.jpg
b0161391_15015794.jpg
b0161391_15022267.jpg
3日くらいかかってやっと縫い付け終わったアンティークレースモチーフ。
b0161391_15024006.jpg

フードを深くかぶると、魔法を使う準備が出来た感じ。
b0161391_15030842.jpg
b0161391_15485979.jpg
b0161391_15493540.jpg
ブランちゃんは、何かを決心しているみたいな表情をすることがあります。
b0161391_15504098.jpg

今週は娘と久しぶりに丘の家にお弁当を持って行きました。
b0161391_15521346.jpg
b0161391_15531990.jpg
掃除をして、ゆっくりと時間を味わいながら、娘が詰めてきたお弁当を一緒に食べ、輝く緑の風景を眺めていると、色々な思い出の場面がきらきらと緑の光に混じってきます。
b0161391_15543223.jpg
b0161391_15591724.jpg
b0161391_16051312.jpg
娘の一人暮らしの準備はほぼ完了し、明日残りの必需品を買い物して、夕方に親戚のおじさんと一緒に出発する予定です。
まだ買い物もあるし、私も一緒に行って2日間くらい泊まってくるつもり。大学は、始業が9月なのですが、13日からオリエンテーションがあります。7日からそのためのグループ会議などで毎日登校することになりますが、土日はお休み。
沢山親戚がデンパサールに暮らしているので、休日は不自由しません。
まあ、あまり心配はないと思いますが、やっぱりちょっと初めだけは私のほうが落ち着かないので、生活の必需品などをそろえたり、あたりの散策のお手伝いに・・・くっついていくことにしました。
下宿は平均的な大学生が使うこちらの平屋の長屋みたいな貸部屋で、狭くって3畳とか4畳半とかくらいかな・・・。
アバビ村とは違って、暑くて、水も水道の水は飲めませんから、アクアだけで生活しなくてはならないのですが、大学まで歩いて5分ほどで、すぐ近くに(歩いて2分)大きなスーパーマーケットもATMもあって、生活にはとても便利。
昨日はベッドのマットレスを買って、部屋を掃除し、両隣にご挨拶もしてきましたが、バリ人の若い女性と若いご夫婦。そのほかにも若い大学生らしい女性が出入りしていました。大家さんの家族もすぐ向かいにいて、場所としては安心。

とりあえず、明日はシノの世話を主人に頼んで、2日間ほど娘の下宿に泊まってCocoちゃんの靴の型紙を作ったりしながら、都会の庶民の生活を経験して来ます。

ビルとヘレンと一緒にイタリアで4ヶ月ほど過ごしてから、今はタイにいるセリーが10日にサヌールにやってきます。
娘も息子に引き続き独立した生活をすることになって、私も子育ては終了。
子供たちのいない家では、なんだか拍子抜けしてしまいそうですが、そこにちょうどセリーたちがやってきてくれて、なんだか嬉しい!
これからは、子供達がいては出来なかった楽しい事もまた待ってくれています。
娘の下宿先から戻ってきたら、丘の宿でダダプと主人とビールで乾杯するかな。

でもまずは、デンパサールから帰ってきたらダッシュでお人形たちの仕上げを始めないと!
娘は8月26日には帰って来て、バーユーの結婚式までは大忙し。
9月になったらもう帰国は秒読みですもの。
さあ、お人形たちのように、子供達がみんな手元を離れても、寂しくならないように、明日に向かって撃て!ですね。
b0161391_17005078.jpg




by ekadantaya | 2017-08-05 17:05 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tirtagangg.exblog.jp/tb/27031814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。