妖精達の手足、ボディ完成。シノの庭はポポの楽園。


私にとって、手足を作ることは、深い集中で一気に描く水墨画みたいな作業です。
微妙な大きさのバランスで、お人形の全体の印象も変わります。
だから、お顔と同じくらいの表情も出ます。
まずは左右片方ずつ、てあしを焼いて、大きさをあわせて残りの一方も焼きます。

b0161391_22245448.jpg
b0161391_22310560.jpg
b0161391_22320329.jpg


b0161391_22313760.jpg

b0161391_22331445.jpg

そして、全体が繋がった妖精王子・・・。はあ~~と、ようやく自由になって、ため息をついているみたい。
b0161391_22335981.jpg
b0161391_22343322.jpg
b0161391_22345843.jpg
b0161391_22352260.jpg

妖精眠り姫はボディを胸まで布にして、腕も糸ジョイントで、くったりとすやすや眠る子供のボディに仕上げました。
小さなクッションを作って、ベッドにしてあげようね。
ドレスは夢見る眠り姫にぴったりな、アンティークチュールレースを見繕いましょう。髪の毛はあとでセットしなおしましょう。
編みこみがいいですね。
b0161391_22373890.jpg
b0161391_22380021.jpg
b0161391_22392915.jpg
b0161391_22405015.jpg

b0161391_22415477.jpg

さあて、この二人は今日から衣装の型紙を作り始めます。できれば、Cocoちゃんやカラネルちゃんの着替えの型紙もできたらいいな。
b0161391_22422675.jpg
あと5日、娘の大学試験発表・・・・ドキドキ・・・まるでドラムの音がどんどん大きくなってくるような我が家。
どの扉を開けることになるのかしら・・・・・。

b0161391_22434702.jpg
毎日娘が掃除やアイロンかけをしてくれているので、私は時間に少し余裕が出来て、大変久しぶりにアップルパイを焼きました。
バターがたっぷりの、カリカリのパイ皮は、大正時代のお菓子の作り方の本を見て失敗なく出来るようになりました。
(素朴なパイ皮の作り方:200gの小麦粉にお水を入れて練った生地を冷蔵庫で1時間ほど寝かし、冷蔵庫で冷やしたバターを180g、ラップにくるんで綿棒で伸ばし、生地も伸ばして真ん中に置き、三つ折にして、綿棒で伸ばし、また三つ折にして・・というのを10回くらい繰り返します。それだけで、本当に美味しいパイ皮になります。お砂糖も入れていないので、ミートパイや、チキンシチューを入れてポットパイにもできます。)
りんごにはシナモンがたっぷり。お砂糖は少なめに、こちらのゆずのような小さな柑橘類の絞り汁を加えて。

子供達が小さな時には手作りのお菓子もケーキも、ソーセージまで良く作りました。
その頃は、お人形は作っていなかったので、オーブンは子供たちのお菓子を焼くためにありました。

久しぶりに作ったアップルパイがとても美味しかったので、また1キロ体重が戻ってしまって、がっかり。
今日はご飯を食べないようにしよう、と思っても、ご飯を炊けば炊き立ての湯気につい手が伸びてしまいます・・・・・。


b0161391_22444887.jpg

b0161391_22442640.jpg
今日は昨日の夜から、今もずっと雨がやみませんので、犬たちは可愛そうに遊ぶことが出来ませんが、
晴れて日は毎日、おばあちゃんの母屋につながれているポポを朝・夕自由にして、2時間ほどシノと一緒に遊ばせています。
2匹とも、その朝と夕方の時間をとっても楽しみにしています。
特に、いつもは繋がれているポポは本当にまるで空を飛ぶような喜びで走り回ります。
可愛そうだけれど、おばあちゃんの犬ですからおばあちゃんが出来る範囲でしか生きられないポポ。おばあちゃんは餌をやることしか出来ません。放し飼いにする気もないし、離したと単に逃げ出して車に轢かれてしまいかねません。
かわいそうなポポは、年齢も判らない。ほぼ1歳か、それ以下、でも成犬に近い若い犬です。
人間の言葉もわかっていませんが、毎日シノと一緒に遊んでやっている間に、娘や私にとてもなつくようになって来ました。
b0161391_08154875.jpg
こうして一緒に走る様子は、白いボリーと黒いロッキーの2匹を思い出させます。子供達が3歳と2歳の時から、お兄ちゃんが小学校を卒業するまで9年間、私や子供達のそばを離れず守ってくれた2匹の大きなオス犬でした。
b0161391_08161571.jpg
ポポはシノとは違って、貧相なんですけどね。とっても小さな頭に、細い足、ごわごわの毛並み、小さくて消え入りそうな目。でも真っ白い鋭い歯が生えています。
b0161391_08173263.jpg
アップで撮ると、そう不細工でもないわね。毛並みは狸みたいですけど。広い庭をすごい勢いで走り回り続け、シノと取っ組み合いのじゃれあいを2時間も続けるので、おしまいにはさすがのいたずら小僧も息が切れてお疲れの様子。
ポポ君は、シノのおもちゃを投げると、真っ先に拾いに行って、全て自分の基地(庭の隅に決めてある場所)へ持っていってしまいます。
シノが加えているおもちゃも、口から横取りして、持って入ってしまいます。
それでも、シノは怒ったりしません。いいおばちゃんね。
ただ、おばあちゃんの飼っている放し飼いの鶏の親子が横切ると、ポポが追いかけて大騒ぎになってしまうところが困ったところ。
b0161391_08203303.jpg
5歳になったシノは途中で高いところに登って休んでいたりしますが、それでもポポを追いかけて、2時間まだまだ十分な体力のある叔母様って感じ。ゴージャスなシノの絹のようなウサギみたいに柔らかな毛並みはポポと遊ぶとドロだらけになるので、毎日ハーブスプレーをしみこませた濡れタオルで拭いてから、お洋服を着ます。
でも、シノはポポが来てとっても嬉しいみたい。
b0161391_08212985.jpg




by ekadantaya | 2017-06-08 09:31 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tirtagangg.exblog.jp/tb/26910631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。