母寺の年に一度の大祭、オダラン。Cocoちゃんのお顔のペイント完成。


先月から、準備していた母寺の年に一回の大祭が昨日無事に終了しました。
毎日の供え物つくり、前日の仕上げには遠くに暮らす親族も帰って来て、早朝くらいうちに豚の丸焼きを作り・・・・当日はみんなで作ったご馳走を頂き、母寺へ正装をして集まります。

毎年のことですが、大事です。大変に時間と手間のかかる儀式、これは世界で唯一、この島ならではの風習。
でもこれは、家族や一族の絆を強める欠かせない行事です。
先祖や神々に感謝し、子供たちの未来を祈る、大事な日。
b0161391_10133337.jpg
b0161391_10153780.jpg
b0161391_10251853.jpg
b0161391_10264696.jpg
b0161391_10283172.jpg
3歳になったカナヤはまだミルクのクセが抜けられず、ちょっと肥満児になってしまいました。お父さんのコージが忙しい外科医ですし、お母さんのノピーも大学教授で、親戚の叔母さんにベビーシッターをやってもらっていますが、そうなるとミルク離れがなかなか出来ない・・・。会う度に人々が「わア、おデブちゃんね~~。」と言うので、カナヤは悲しいやら腹立つやら・・・「私はデブじゃなくてお姫様よ!」といいかえすのですが、たまには泣き出してしまうこともあるそうで・・・乙女心は3歳からしっかりあるということを周りの人は理解してほしいものです。もうちょとしてミルク離れが出来たら、きっとお姫様らしいスタイルに成長することでしょう。

b0161391_10304526.jpg
私の娘の絵美は、4日後に迫った大学受験に向かって、しっかりお祈りをしました・・・・。人事を尽くして、天命を待つです。
本当に、中学生から,お勉強ばかりしていましたもの。
限界点までやってみたので、結果は神様の言うとおりです。
b0161391_10315768.jpg
儀式のために招いた神々や神となった先祖たちの魂をお送りする儀式をして、大祭は終了しました。
b0161391_10334220.jpg

b0161391_10345012.jpg
私はお姫様よ!ラプンツェルよ!
b0161391_10371206.jpg

b0161391_10382806.jpg
毎年、本当に大変なのですけれども、これがなければこうやって親族が顔を合わせる機会もなく、子供達が大きな愛情の中で育つ環境も狭くなって、今の日本みたいになってしまいます。だから、いくら面倒くさくても、大変でも、やっぱり最後まで頑張って儀式をみんなで完成させると、最後は本当にすがすがしい、明るい力に満たされるのです。
b0161391_10485758.jpg
私はここのところ、何度も何度もお顔のペイントをやり直していたCocoちゃんが、儀式の終了と共にぴったり、お顔が決まりすっきりしました。
Cocoちゃんはお顔の色が濃すぎたので、もっと繊細にしたいと思い、やり直していたのですが、微妙な部分でまた満足できずやり直し・・・の繰り返しでした。
昨日儀式が終わってほんの少しお休みしてから、もう一度やってみた時、あ、ここだ、というポイントに到達でき、これで、Cocoちゃんのお顔は完成です。
b0161391_10505589.jpg
どこが変わったかというと、全てなのですが、唇もほっぺも眉も、ずっと繊細で自然な色合いになりました。本当に微妙な違いなんですけれども、大掛かりに何十回もやり直して、ああ、大変だったね、Cocoちゃん。でも諦めないで、妥協せず、よかったよかった。
この子の表情は、大泣きしたあとにさっぱり爽やかになったときの子供のお顔みたいです。大きな笑顔に移行する直前のお顔。
b0161391_10533348.jpg

それでは、来週の月曜日に娘がデンパサールへ出発するまで、エルフ坊やの衣装や、妖精達の仕上げを始める事にしましょう。











by ekadantaya | 2017-05-12 11:44 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tirtagangg.exblog.jp/tb/26850978
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。