森の小道の友人達。Cocoちゃんの脚完成。ルインミアちゃん出発しました。

日曜日の朝はいつものように森の道を通って丘に向かいました。
木々の隙間から木漏れ日が美しいさわやかな朝の道。

b0161391_09343515.jpg
そこですれ違ったのは、この近所の主婦達で、私の古いママ友も混じっています。若い女性も、もう60代を超えただろうお母さんも、みんな金属のたらいに山盛りの小石を入れ、頭に乗せて運んでいます。50キロはあるでしょう。
これがこの村の主婦達のお小遣い稼ぎ。一回運んで、今はいくらになるのでしょう・・・おかずの足しにね、とみんな突き抜けた明るさの笑顔です。
この笑顔に会う度に、こまごました心配や心の曇りが一気に吹き払われてしまう。20年もここに住み、時には重すぎると感じる年子の子育ても、不便さや不安や、色々な見えない重荷を彼女達の笑顔はすっと頭に乗せて笑い飛ばしてくれました。

私にはここにこそ、本当の友人達がいます。みんな愛する家族のために、ささやかな今日の幸せのために、難しいことは考えず、まっすぐ大切なことだけに心を込めて、強く歩いていく人々です。

全力なのに、余計な力が入っていない。だからこそ、自然の力とちゃんと繋がっているのです。


b0161391_09352093.jpg
アバビ村の魔女達です。全ての人間は例外なく、生まれて、大人になって、(運がよければ老人になり、)死んでいくだけのシンプルな運命。
その間をどう選択して歩くのかは、それぞれの価値観というものです。

本当に大切なことや人にだけしか、時間は使いたくないよね。余計なことに気をそらされているうちに、大事な人々のための時間はどんどんなくなっちゃう。

その日もさっさと丘の上の宿に上がり、主人と私にとって一番大事な友人であるダダプに会って、久しぶりにおしゃべりをしました。
ダダプは美味しいキノコを2種類発見して、その日のご馳走を確保していました。
b0161391_09360641.jpg
丘の上の掃除を週一回してくれているワヤンという若い主婦も来て、子供達も集まってきました。
日曜日の丘には妖精たちが木々の間から、木漏れ日のように沢山降りてくる気がします。
b0161391_09372983.jpg

さて、Cocoちゃんのふとったアンヨも完成しました。


b0161391_09310288.jpg

b0161391_09312681.jpg
走るのは早そうですね。
b0161391_09315128.jpg
この足の形は、私の足です。どうやっても、こういう風な形にしかならない。
b0161391_09321471.jpg

ボディの残りの部分は革で作ります。今日のうちに型紙を作ってしまおうね。もうすぐだよ、Cocoちゃん。
b0161391_09300692.jpg

そして、夕べのルインミアちゃんのオークション。
大人しい地味な子なので、どうかしら・・と思っていたのですが、またまた沢山のご入札をいただきまして、手に汗握るドキドキの最終時間・・・今年初めのオークションでしたが、大変素敵なご縁を頂くことになりました。
いつも見てくださる方々、そしてお忙しい時間にご入札してくださった方々、誠にありがとうございました。040.gif

また今年も、心を込めてお人形を作り、オークションも頑張ります。
b0161391_09280444.jpg
幸せなルインミアちゃんと小さい青虫君は、先ほど主人と一緒に郵便局に出発しました。
b0161391_09292342.jpg

今日は朝から太陽がさんさんと降り注ぐ日です。
お昼になるとまた大雨が降るので、早朝から洗濯物を干してきました。

寒い寒い日本に向かうルインミアちゃん、どうぞ無事お届けできますまで、しばらくお待ち下さい・・・。







by ekadantaya | 2017-01-24 10:21 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tirtagangg.exblog.jp/tb/26579862
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。