慌しくなってきました・・・もうすぐ家族の年末休暇。

先週から作り始めたお顔は、かなり難航しました。
まずは、今年に入って輸入したサーニットの粘土の状態が、今までにない位に柔らかくて、プロスカルプトと混ぜるともっとグニャグニャになって作りいくいな・・と思っていましたので、固まってぼろぼろになりかけている白いサーニット粘土を細かくして練りこんで見ましたら、そう時間が掛からず練りこめたので、かなりの量を白い粘土を混ぜてみました。
そして作り始めた大きなお顔でしたが、手に持って作っていると溶けて流れてきそうなくらいに余計柔らかくなってしまいました。
最初に作ったお顔は、使いたいウィッグには心持小さい気がしたので、もう一度作り直そうとつぶしてからと言うもの、ラビリンス状態に・・・。最後に細部の仕上げをしようとすると、気に入らなくなってまたつぶし・・・・最後の辺りには何がよいのかもうわけがわからなくなってきました。10回はお顔を仕上げたことでしょう。
これが、大きいお顔を作る時の私の困ったところで、一気に作っていく時と、作りこむときにどうしてもこのラビリンスに陥ります。

そうなると、夜も眠れなくなって、やめればよいのにまた挑戦すると言う具合ですから、大変な疲労状態になります。

案の定。
のどが痛くなって、頭痛に関節痛、微熱。耳鼻咽喉科のお医者様に行くと、のどの炎症からですね、と分かりきっていることを言われ、小さなお薬を飲んでもなかなか治らないので、今度は内科のお医者様に行くと、熱もないし、血圧も脈拍数も正常、のどが赤くなってるだけですね。と、今度は大きい抗生物質らしき錠剤を一日一個、そしてキャンディみたいになめるのどのお薬をくれました。
すると、3日ほどで治ってきました。

治ってきたので、また再開。今度は、仕上げよう、とだけ思ってまた新しい顔を作りました。
そして、仕上がったのがこの子。

古き良き時代の、西洋のおかっぱ頭ちゃんを私は作ろうと思っているのですが、この子はどんな子になってくれるのかしら・・・もう焼いちゃったから、このまま色を付けて仕上げてみましょう。
白い粘土を混ぜたので、抜けるように色白です。ペイントによってかなり自由自在に変わるお顔だと思いますからちょっと楽しみ。
まずは、小さな気泡の穴やそのほかの細部を修正してから、今日は淡く基礎メイクを施して見ましょう。



b0161391_14191950.jpg

b0161391_14193709.jpg

b0161391_14195872.jpg

b0161391_14201632.jpg

昨日は、Tinuちゃんと青虫君も無事到着のお知らせを頂き、ほっと安心いたしました。
そして、エステルちゃんとガネーシャの赤ちゃんも、無事お家にたどり着いたとのお知らせと共に、エステルちゃんの新しいお母様が手作りで編んで待っていてくれた魔法のカーディガンを着たお写真を頂きました・・・・。
寒い寒い日本に着いたら、アバビ村の熱帯気候の中で生まれたエステルちゃんが可愛そう、とおっしゃって、手編みで編んでくださったエルフのニットコートです。
色合いのおしゃれさも、形も、大きさも、エステルちゃんにぴったり!
ブーツの色も似合っているようですね。
本当に大きな愛情でお迎えいただきまして、ありがとうございました。
エステルちゃんも、Tinuちゃんも、飛び切り幸せな暖かなクリスマスを味わうことでしょう。
(このロングカーディガン、ものすごくおしゃれで、私も欲しくなっちゃいました。将来、もしも時間が出来たら・・・編み物を勉強したいと思います・・。)
b0161391_14213129.jpg

そして、ジャカルタの航空大学で寮生活を送る息子から、土曜日に届いた写真。
向かって右から三番目の耳の大きな子が私の坊やですが、2年生になって髪の毛をスキンヘッドにしなくてよくなり、後輩の面倒を見る立場に昇格し、笑顔がとっても大きくなっています。この日は休日を返上して、プダンポーラという剣を持ったアトラクションをしに呼ばれて先輩の結婚式に出たところです。
b0161391_14230522.jpg
ブラスバンドに入るか、近衛兵みたいな行進(・国旗掲揚・儀式)クラブに入るか、2つしか選択の余地は無いのですが、比較的負担が少ない行進のほうを選んだ息子は、休日にはよく結婚式に呼ばれて仲間達と出かけます。
これはインドネシアだけのことと思いますが、軍隊でもないのに、省庁系統の国立大学はみんな軍隊式の教育方法で統一されています。
制服は何種類も配布されて、政府の儀式や関係者の結婚式などに呼ばれて、装飾用に使われるのが、こういう公立大学のクラブなのですが、少々はお礼も出るらしいです。特に、ご馳走は嬉しいですねきっと。
b0161391_14233932.jpg
太ったのか、顔が逆三角形から長四角になって、日本のおじいちゃんにそっくりになってきたわね。耳は誰に似たのか・・・主人の家系にもいないダンボ耳です。
b0161391_14240687.jpg
さて、あと3日。お兄ちゃんが休暇で帰って来ます。
迎えに行くついでに、シノもつれてサヌールのヴィラで2泊の休暇を計画している我が家。
この大きな子のお顔を仕上げることが出来るかどうか・・・・明日からはお兄ちゃんの部屋もきれいにして、窓も拭き、サヌールのヴィラへ持っていく食料の買出しとか・・・・忙しいぞ!と張り切っていたら、今度は娘が鼻水と微熱。

あと3日・・・娘の風邪も治さないと!山盛りのアイロンかけも娘のお手伝いなしで今日こそ終わらせよう。

このお顔もなんとか色を焼き付けて、年内にお顔だけは仕上がりますように・・・・。









by ekadantaya | 2016-12-14 15:26 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tirtagangg.exblog.jp/tb/26454867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。