日本での時間も残り数日。

あっという間に、そろそろ荷作りを始めなくてはならなくなりました。

日本では、兎に角歩かなくてはならなくて、コンクリートの道を歩くにはやはりクッションの効いた靴が必要であったのに、可愛いからと言う理由で見つけた軽いスニーカーだけで歩いていた娘は、どうも歩きなれないせいか、アキレス腱炎になったようでした。そこで、2日間は、何処にも行かず家におばあちゃんといる日を作り、一昨日復活。
足は痛くなくなりましたが、大事をとって歩くのはやめて、妹の店で私がお人形の修理をする間に羊毛フェルトをおばちゃん(私の妹)から習って、すばらしいTOTOROとその子分を製作しました。

b0161391_4561030.jpg
b0161391_4563430.jpg

修理を承ったのは、すももちゃんで、大変可愛がって頂、着替えも頻繁にしていただいていて、関節を動かすことも多い為に、球体関節のエッジの部分が少し欠けてしまったということで前からお約束をしていました。
せっかくだから・・と、全ての間接の受け皿のエッジを丸くしようと思ったら、朝から夕方いっぱいかかることになってしまいましたが、娘はTOTOROを作り上げて、妹も早めお店を閉めて、一緒にお土産を買いに大きな100円ショップへ行きました。100円ショップは、魔法のように安く、物がいっぱいで、シールやノート、お菓子も買い放題ですが、こうものに囲まれると段々感覚が麻痺してきてどうでもよくなってきます。
しかし、絵美には大変魅力的で、帰るまでにきっともう2回は行きたい様子。

アバビ村の家を出るときに、いつも使っているカメラのバッテリー充電器を忘れてきてしまったので、妹の使っていないデジカメ1眼を借りましたら、自動でピントが合う機能が壊れていて、ただの1眼レフになっていました。
それでは、スマホで撮ったほうが早い、と、私はスマホだけにして、娘がカメラの係りに。
娘の目線はやっぱりちょっと日本人の角度とは違っていて、なかなか面白い。

まずは、自動販売機が非常に面白いらしい。そして、駅や電車もバリ島にはまったくありませんので魅力的な被写体です。もう一つ、花屋さんが大変好きです。バリには花屋というものは都会の花輪や特別のアレンジフラワー専門店以外は殆んどありません。なぜならいつでもどこにでも南国の花々が咲き誇っているからです。
なので、花を売る店がそこかしこにある風景は、大変楽しいらしい。出かけるたびに、花を買いたがります。

b0161391_457175.jpg
b0161391_458555.jpg
b0161391_4591050.jpg
b0161391_522217.jpg
b0161391_553496.jpg
b0161391_564695.jpg
b0161391_574729.jpg
b0161391_58682.jpg

妹の休みの日、車で茅ヶ崎の海岸線にある浜焼きのお店に連れて行ってもらいました。
水槽から、はまぐりやサザエを自分で取り出して、新鮮な海老やイカ・タコ、魚やソーセージも、3000円で2時間食べ放題!!でも思ったほどは食べられないもので、一通り食べたらもうお腹いっぱい。
b0161391_59874.jpg
b0161391_594271.jpg
b0161391_5102946.jpg

そして絵美の念願のスーパー銭湯へ行き、のんびり湯につかり、フルーツ牛乳を飲み、絵美の足のシップを買って、夕飯は軽く回転寿司体験をしました。アバビ村にはないものばかりでほくそ笑んでいる絵美。

次の日は、笠井ご夫妻と約束の日でしたが、絵美は足を直すために家でおばあちゃんと留守番。
まずはイワタコーヒーで名物の分厚いホットケーキを頂き・・・・そこで2時間くらい積もったお話を・・・。
b0161391_5134435.jpg

b0161391_5142739.jpg
そして、やはりいつもの鎌倉文学館へ散歩。
b0161391_515054.jpg
b0161391_5152623.jpg
b0161391_5154840.jpg
最後は大船の商店街を通って、いつもの居酒屋で夕飯を食べながら、やっぱり数時間のトーキング。
笠井さん、お母様の介護は大変だけど、今が一生で一番幸せ・・と言えるお母様はうらやましい限りです。
90歳まで長生きをして、優しい息子と素敵なお嫁さんと一緒に暮らせるなんて、人生のご褒美。
笠井さんも健康最優先で、筋トレも忘れず、頑張ってね!次回は息子の勇気と鎌倉ハイキングよろしくお願いします。

絵美の足はすっかり良くなって、昨日はお土産や必需品の買出しに近所のショッピングモールへ。
絵美の足に良さそうな履きやすい、クッションの効いた靴も手に入りました。

昨日は荷作りをしてみたら、まだまだ重さが大丈夫。(一人30キロの荷物分を支払っていますから・・・)
ジャカルタの寮から帰ってくるお兄ちゃんに、美味しいものを買って行く事にしましょう。

ううん、思い出すのはやめようと思っていたけど・・・やっぱりシノちゃんの真っ黒いお目目を思い出してしまう・・。3日ほどご飯を食べずにすねていたけど、大変いたずらをして(鶏の糞らしきものを体にこすり付けてきたり・・)元気です、とパパからの報告。
勇気は先週も今週も金曜の夜から週末をボゴールで過ごしていて、電車に乗ってボゴールの親戚の家に向かう途中にLINEでビデオコールをくれました。

帰ったらまず、3ヶ月間病んで先週19日に亡くなった隣のパ・パインの家に行こうと思います。
隣人として、残された奥さんのメ・カントンと3人のまだ小さな娘達の力になれるように頑張って、パ・パインを安心させなくては。

by ekadantaya | 2016-06-25 06:15 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tirtagangg.exblog.jp/tb/25947761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。