UTENAちゃん出発、ニュピの準備に入る。

UTENAちゃんは今朝日本に向かって出発いたしました。どうぞ無事にぼらんどぉるへ到着しますように・・・。
b0161391_21254488.jpg

ドルスバラードさんのブログでUTENAちゃんもご紹介いただきましたのでぜひご覧下さい。他にも続々と春展への出品作品が紹介されています。
2016年創作人形展「春」 ガーナベイビーズさんご紹介 ドルバラノート/ウェブリブログ
そして、これは去年の年末にふと見つけたのですが・・・お人形好きのフォーラムという感じの、フランスのサイトでガーナベイビーズを紹介していただいています。4枚も大きな写真が・・・・。
Gana Baby's
b0161391_21271850.jpg
b0161391_2128437.jpg
b0161391_21293748.jpg
b0161391_21295145.jpg

そのほかにもいくつか・・・ロシアのお人形コレクターのサイトにも・・・
Авторская шарнирная кукла от Michiyo Aryawan / Авторские куклы и игрушки у нас дома / Бэйбики. Куклы фото. Одежда для кукол
Авторские куклы от Michiyo Aryawan / Авторская кукла известных дизайнеров / Бэйбики. Куклы фото. Одежда для кукол沢山のお人形の写真と、沢山の方がたからの嬉しい感想が寄せられていますが・・・名前が、Michiyo Aryawan となっていて、これは私が一時フェイスブックで使っていた名前で、主人の名前を後ろに使ったことがあったので・・その時にそうなってしまったのだろうと思います。
まあ、作家の名前などどうでも良くて、私の作ったお人形がガーナベイビーズの子であるということが、大事なことですものね。

ところで、ここ2日間ほど、また来週の母寺の儀式の為に供え物つくりの中でも、得意の粘土遊びのような菓子つくりをやっていました。おばあちゃんの台所の前に、近所の主婦達と朝からお昼過ぎまで座って、お米の粉とココナツミルクで練った生地で作るさまざまな形・・・・。

手が動き、口が動き、おばあちゃんが最高に上機嫌になる時間。ゴシップも炸裂。私もだんだんこういう時間が楽しくなってきました。
b0161391_219673.jpg
b0161391_2193655.jpg
b0161391_211034.jpg
b0161391_2110195.jpg
b0161391_2110363.jpg

お料理上手のカトット・カントンが作った美味しいおかずでムギボン。大きなお盆にご飯を盛って、おかずを載せてみんなで一緒に食べるブランチ。こうしてみんなで一緒に食べるのは最高に美味しい!!!と、私はもうアバビ村の味の侘び錆を知ってしまったような気がします。
b0161391_21113668.jpg

ジャヌールの3男坊コマン(3歳)に口説かれて、2日間とも、シノを作りました。隣のパ・パインの娘も子猫をリクエスト。(お菓子の供え物つくりのときは、どこでも私はみんなに口説かれて、犬やアヒルや豚さんなど何でも作る役目になります。)
b0161391_2113627.jpg
シノと子猫を作って、おばあちゃんの台所でこんがり揚げてもらったら、色までシノそっくりになりました。
b0161391_21133888.jpg

b0161391_211478.jpg

b0161391_2114307.jpg
b0161391_21145023.jpg

シノが屋根に乗り、ロボットが客で、運転手まで作りハートマークの飾りのある木のクラッシックカー
b0161391_2115228.jpg
b0161391_21222774.jpg

上機嫌なコマン
b0161391_2123591.jpg

これで、大人も子供も、楽しかったね。

b0161391_21235271.jpg

来週の9日はバリ島の旧暦の新年、ニュピです。オゴオゴも用意万端で、村の子供達はワクワクしているところ。息子はニュピの前に帰る許可が取れないらしくて、まだチケットが買えないでいますが、遅くとも12日の早朝にはバリに戻り2週間の期末休暇を過ごす予定です。

さて、私はお約束の小さいガネーシャを明日作り、又ちょっと新しいお顔も作り始めてみたいと思います。
UTENAちゃんは、16日から22日まで丸善にいて、ちょっと、ドキドキ・・・。
明日はちょっと丘の上の家も掃除に行ってこよう。息子が8日に帰ってこれたら、ニュピは丘の上の家で過ごしたいと、娘と決めています。
・・あ、そろそろ、セリーもインドから戻るころだわ。

そして、雨季の真っ只中の今は、息子も大好物のドリアンが毎日食べられる季節。
b0161391_218551.jpg
b0161391_2181915.jpg
丘のドリアンはもう、濃厚で、クリーミーで甘くって、モカチーズカスタードクリームみたいな最高のお味です。

そうそう、去年は息子の大学受験や色々で忙しく、きっぱりやめたはずのFace bookですが、やっぱり友人・家族との連絡用には便利であるので、そして普段会えない人とかどうしているか覗き見するのも便利だし・・・Face bookは市場の弁当売りさえ顔見知りだと友達申請してくるアバビ村ですので、再び始めました。
Michiyo Tezuka

by ekadantaya | 2016-03-05 22:24 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://tirtagangg.exblog.jp/tb/25464175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2016-03-18 21:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ekadantaya at 2016-03-19 06:15
鍵コメ様。はじめまして。コメントをありがとうございます。UTENAちゃんに会ってくださって、素敵なご感想をいただき、とても嬉しいです。小さな子で、あの広い丸善ギャラリーの真ん中に寝ているので、すやすや眠るかどうか、アバビ村から心配していました。一つ目のはあんなものが草むらに見え隠れして、臆病な自然のエルフ達や妖精を守る見張り・・かな。ガネーシャの赤ちゃんは、自然の中にはどこにでもある生命力の光の粒みたいなものです。素敵な感想をいただけて、遠いアバビ村からUTENAちゃんを送って良かったな、と思いました。ありがとうございました。