木の葉メイク仕上げ。

木の葉は全身をまた各パーツに分解し、首と膝の球体関節の受け皿部分にに厚手のスウェード革を張り込みました。うっちゃんが日本から持ってきてくれた超多用途の強力スーパーセメダイン、すばらしい!
一晩で、革と樹脂がくっついて全く動かなくなりました。
そしてもう一度組み立て直す前に、メイクの最終仕上げをしました。
この仕上げの日のために、かなり薄めに彩色していたメイクをもう少しだけ彩度をアップして、血行が良くなった木の葉ちゃん・・・・色合いが写真でわかるかしら・・・・??
肌の色はジェネシスヒートペイントで毛細血管が薄く透けるように、ぼかしの技法で彩色・・・特にまぶたの辺りの微妙な透明感は寒色使いが決めて。眉の一本いっぽん、唇など・・・毛細筆で薄く描きこむ細部の表現は、アクリル絵の具で最後に仕上げています。
薄い肌の皮を通して、血の紅色が透けて見える色の白い木の葉ちゃん・・・寝息を立てて、楽しい夢を見ている生き生きとした表情になってくれますように・・・・。
b0161391_19462867.jpg
b0161391_19503078.jpg
b0161391_19512965.jpg
b0161391_1952221.jpg
b0161391_1954241.jpg

明日はほんの数ミリ前髪をカットして・・・・ドレスを着せたら・・・写真を撮ってあげましょう。
b0161391_1955548.jpg

by ekadantaya | 2013-08-14 09:49 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://tirtagangg.exblog.jp/tb/20849770
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。