Luinmirちゃんも最終仕上げ。今年の仕事も〆に入りました。

今年最後のオークション、驚き桃の木のバトルで、2500を超えたアクセス数、118というウォッチの数字、そして、何より驚きは今まで最高の落札金額となったTinuちゃんと青虫君。
途中でもう見ていられなくて、これはもう私がどうこうできる問題ではないし、欲しいと思う心はお金があったら100円も100万円も変わらないのが人間だし・・・それがオークションと言うものですと、開き直って見ていました。
時には、思いもしない品物が何万ドルにもなってしまいます。
そこまでは行きませんが、Tinuちゃんに何かを感じて、熱心にご入札いただきました方々に厚く御礼申し上げます。
でもどうぞあまり興奮されて、われを忘れて後で後悔・・などしませんように、オークションは冷静な大人の楽しみとしてご参加下さい。

そして昨日、Tinuちゃんと青虫君、そしてエステルちゃんとガネーシャの赤ちゃん、すずめちゃんの出生カードを持った大きな青虫君も・・・それぞれ幸せなお向かい先へと出発いたしました。
クリスマスの時期で混んでいるかと思いますが、どうぞ無事にクリスマスまでにはお届けできますように・・・・・!!
お手元にお届けできるまで、今しばらくお待ち下さい。

いきなり寂しくなった我が家には、大きな青虫が一匹と、青い宝石と言う名前のLuinmirちゃんのみが残っています。
Luinmirちゃんにはアメリカの熱心なコレクター様ををはじめ数名の方にお声をかけていただいておりますが、取りあえずはこの子しか今手元に無いので、他のお人形達がが生まれてくるまではお家にいさせようと思います。
この子は色々と顔が変わりウィッグも変わった子で、美人で整っていますが個性が薄いような子で・・・今までちょっと中途半端に仕上げていましたところ、メイクをやり直すと、ちょっと見えてきた薄い個性があります。

眉毛の形を変えました。それで、Luinmirちゃんはこういう性格の女の子なのだと分かりました。
b0161391_09473512.jpg
整った美人顔の子ですが、大人しくてあまり前にでたがらないから、藪の中の野の花みたいな子です。
こういう子が、クラスにいました。トミちゃんです。
トミちゃんは、内側に強い情熱を持っていて、芯が強くて頑張りやさんなのですが、整いすぎた美しいお顔はまるで草食動物のような、小鹿みたいな、美しさのベールに隠されて無表情で透明な存在に見えてしまうので、周りの人々と別の次元に存在しているかのようでした。

そんな子がいたことを、この子で思い出し、小さな花冠も作ってあげました。
b0161391_09475643.jpg

b0161391_09485477.jpg

ルインミアちゃんは爪先立ちなので、ちょっと小さすぎるドールスタンドに立たせたら足先がすべって安定しないので、見えない部分の腿の辺りをリボンでドールスタンドに結んで安定させています。
b0161391_09482107.jpg

髪の毛は、チベットラムの毛質がこのサイズの子には丁度良く、柔らかでふわふわで、しかも絡まらないという所が気に入っています。
b0161391_09483851.jpg

ルインミアちゃんは、年明けのオークションに出そうかな、と思っていましたが、年末と新年にかけてかなり忙しくなりそうですので、もっとゆっくり、沢山のお友達が生まれてきてから考えることにします。
この大きな青虫君は・・・もっと大きなお人形の誕生を待っています。
b0161391_09491709.jpg

私が今持っている素敵な人毛のウィッグが一つ。
日本のかつら屋さんで製作された大変に素晴らしい人毛ウィッグです。
この髪の色・・・ドキドキするイメージが沸きそうなので、出来たら今年中に一人、幼い女の子のお顔を作ることが出来たらいいな・・・と思っています。
でも、9日後には息子もクリスマス休暇で帰って来ますし、ほんの少ししか時間がないのですが・・・・
とりあえずは、今日から粘土を練っておきましょう。
b0161391_09493344.jpg










# by ekadantaya | 2016-12-08 10:34 | Trackback | Comments(0)

Estelちゃんの衣装完成。その他色々仕上がり。日曜日の子供達。

待ちに待ったスナップボタンが届いたのは金曜日。
週末は色々なものを仕上げることが出来ました。

まずは、Estelちゃん。 エルフ語で望みちゃんと言う名前のエステルちゃんは、髪の毛はもじゃもじゃですし、早く走れそうなブーツをはいていますが、ドレスは優しい白いお花のような雰囲気に仕上がっていますし、背中にスナップボタンをつけて仕上がったドレスに合わせて、花冠も作りました。小さなブーケのブローチは、寒くないようにと、新しいママがせっせと編んでくださっているエルフの上着ににあうかしら・・。これで、エステルちゃんは待っていてくださる方の元へ飛んでいく準備が出来ました。



b0161391_08201137.jpg
それでは、花冠を付けて、写真を撮ろうね。


b0161391_08135095.jpg
柔らかく軽いアンティークのコットンで、このまま飛んでいけそう。
b0161391_08141721.jpg

b0161391_08144810.jpg
走るには邪魔になるドレスの丈。走りたい時にはこうしてしまえばいいのですね。
b0161391_08161627.jpg

b0161391_08163488.jpg

b0161391_08164757.jpg

椅子はいつものマキシム様のご主人の作品。この前日本で入手させていただいた小さな椅子は、今度の展覧会に使おうと、実家に置いたままですので、大きな椅子に浅く腰掛けてみたエステルちゃん。椅子が大きいからおとなしくは座っていられません。
b0161391_08171143.jpg

b0161391_08191237.jpg

b0161391_08195384.jpg
さあ、日本は素敵な季節。憧れの雪も見られるかしら・・・素敵なママと、暖かなお部屋で、クリスマスが過ごせるのかしら??
夢いっぱいにエステルちゃんは出発の準備です。

b0161391_08365805.jpg
Luinmir(ルインミア)ちゃんもスナップボタンでドレスが仕上がりました。そでぐりを詰めて、タックももう少し深く取り、ボディにフィットさせてドレスが完成。この子はもう少しお家にいましょうね。ガーリーなボンネットを作ってあげたい。
b0161391_08203596.jpg
それから・・・モスラの幼虫がもう2匹生まれています。今度の2匹は少々大きめ。
b0161391_08211099.jpg

一番小さい子がTinuちゃんと一緒の子ですが、後の2匹はまた別のことお友達になる予定。
b0161391_08213285.jpg
うう~ん、ころころ、すやすや。
b0161391_08215914.jpg
 
Tinuちゃんと青虫君のオークションは今日の夜まで。もう今迄で一番多いウォッチとアクセス、しかも最初から飛ばしきったご入札のバトル、なんだか目をつぶってしまいます!!今日の夜はドキドキすぎるから・・・最終時間まで見ないことにしておきましょう!!
とりあえず、心を込めて出発のお支度をしましょう。
b0161391_08223247.jpg

実は、出生カードを3枚、作りました。
b0161391_09004780.jpg
すずめちゃんのお母様が、出生カードとドラゴンを外出先で無くしてしまわれて、もう一度と言うご希望でしたので、ドラゴンの変わりに青虫ちゃんをご希望になって、特別のオーダー製作で一匹飛んで行きます。
b0161391_08225675.jpg

さあ、クリスマスの間に合うかしら・・・・みんな揃って今週中に飛んでいけますように。
そうしたら、Luinmirちゃんと大きな青虫ちゃんしか残らないから、ちょっと寂しい年の瀬ですが、17日まで新しいお顔をいくつか作り始めようと思います。
b0161391_08233249.jpg
このところ、雨季の雨の中休み。そのせいなのか、気候がまた急に寒くなっています。暑かったり、寒かったり・・・・。
昨日は、少しまた風邪で頭痛がするので、丘に行くのが億劫だったおですが、子供達の意欲のある顔を思い浮かべるとそうも言っていられず・・・娘にバイクで送ってもらい、丘の上の家へ。
b0161391_08305033.jpg


b0161391_08302751.jpg
8時だというのにもう沢山の子供達が来て絵を描いています。近所の若い主婦のワヤンに週に一回掃除をたのんでいますので、ワヤンが先に鍵を開けて掃除をしているから、子供達は7時には集まって中に入り、絵を描き始めているのです。

b0161391_08311648.jpg
この日はワヤンも用事があって、早く帰るというし、私も頭痛がするし、なんだか体中がきしむ感じですし、早く終わらせてもらったのですが、次々と子供達が遅れてやってきます。
小さな紙に描くことにして、終わらなくてもまた続きは来週、ということにしまして、1時間くらいでみんなが帰るようにしましたが・・・
やはり、子供達の絵は素敵だわ。
いつも、テーマを決めるのを嫌がるので自由に描いていますが、子供達は前に描いた素敵な作品を選んでお手本にしたりするのが好きなばあいもあるし、どんどん自分で描きたいイメージを持ってきて描いていく子もあります。
今日は、先週ワヤン・アデティアが描いた森の象の絵が人気。
b0161391_08314068.jpg
小さな子は3歳から大きな子は中学2年生まできます。
b0161391_08322198.jpg
一番右の絵が中学2年のエーカーの描いた絵で、左の2枚はいつもお付の子分みたいな2人が描いた絵。この2人は忠実にエーカーの真似しかしません。愛情の質がまったく違う絵なんだけど。この3人の力関係だけはよく分かります。
b0161391_08323945.jpg
久しぶりに来たドウィとエーカーの弟グントゥルが選んだのは先々週に来たポレンの弟ワヤンの描いた花の絵。
これはお兄ちゃんのポレンが描いた絵をお手本にして描いたのですが、それをまたお手本にして2枚の絵が出来上がりました。
そっくりでなくて、個性がちゃんと出るというのが、こどものアーティスティックな部分。
b0161391_08325439.jpg

再来週は息子がジャカルタから帰ってくるので、家族の休暇にサヌールのヴィラに2泊予約を取ってありますから、来週はしっかり子供達に絵を描かせてあげられるように、体調を整えておかなくては。
b0161391_08331429.jpg





























# by ekadantaya | 2016-12-05 09:22 | Trackback | Comments(0)

妖精Tinuと青虫君、オークションに出品しました。

先ほどTinuちゃんと青虫君をオークションに出品いたしました。
来週の月曜日の夜まで出ています。
お時間のある方は是非覗いて見てやって下さい・・・・。クリスマスに間に合うように・・・・予定よりも少し早めの出品です。
今年最後のオークション。

★ ガーナベイビーズ ★お花の妖精Tinuと青虫ちゃん★ - ヤフオク!

b0161391_1030178.jpg

今朝青虫君との追加画像を撮りました・・。

b0161391_10303775.jpg
b0161391_1031166.jpg
b0161391_10311931.jpg

b0161391_10314544.jpg
b0161391_1032599.jpg
b0161391_10322868.jpg

日本から、まあるい化粧箱を一つ持ってきたので、クリスマス用にこの丸い箱に入って出発をまとうね。
b0161391_1033392.jpg

Tinuちゃんたちが、素敵な方と、幸せなご縁に恵まれますように・・・・来週までちょっと、ドキドキ。

# by ekadantaya | 2016-11-30 10:39 | Trackback | Comments(0)

出来たばかりだけど古いエルフの靴、完成。スマディ一族の素晴らしい儀式終了。

さあ、始まったからには、途中で投げ出すわけにも行かず、薄くて柔らかいために大変削ぎにくい革を削ぐ作業も何とか乗り越え・・・


b0161391_17295648.jpg
完成しました、出来たばかりなのにお古のエルフ・ブーツ。
b0161391_17311504.jpg
今回は小さいので、2mmの小さなハトメを使おうと思ったら、小さすぎて抜けてしまうのでボツ。
穴は小さなポンチで開けたままにして、靴紐はマクラメ用の紐を使用。ジェネシス・ヒートペイントでお古加工をして仕上げました。
b0161391_17320249.jpg

b0161391_17324647.jpg

b0161391_17341473.jpg
古すぎかしら・・・擦り切れているみたいね・・。
b0161391_17345902.jpg
革の靴を直接履かせて色が写ったりしないように、レースで靴下も作りました。
b0161391_17354449.jpg
どおかな、Estelちゃん。
b0161391_17364622.jpg

b0161391_17374068.jpg
なかなか、いいかも。
b0161391_17382254.jpg
心持、つま先が伸びた形のエステルちゃんの足にあわせて、ちょっとかかとが高いので、ドールスタンドに靴を履いて立てば安定して立てます。
b0161391_17390264.jpg
靴下を折って、こんな風にはくのも良いかも。

b0161391_17395416.jpg
ドレスは丁寧に洗って、そおっと手絞りして乾かしたところです。
スカートのプリーツがとてもいい感じなのでこのまま、アイロンはかけないでおきましょう。

小さな5mmのスナップボタンが日本から届くのは今週中かしらね・・・。それまでに、もうちょっと小物の仕上げもしてあげましょう。
b0161391_17403016.jpg

昨日の午後、スマディの家の儀式に参加してきました。

b0161391_17545802.jpg
1ヶ月以上もかかって準備をし、ようやく終了した葬儀は、スマディ達にとって異母兄弟の葬儀でした。
大きな責任を果たしたスマディとその弟のワヤンは、今まで出来なかったポトンギギの儀式を2人の姉妹達と従兄と一緒にこの朝済ませたところです。
b0161391_17421069.jpg
午後から私が出席したのは、子供達の髪の毛を切る儀式。スマディの息子と娘、そしてワヤンの小さな娘の3人がこの儀式をしました。
b0161391_17554933.jpg
私がこの村にお嫁に入った時には、私は丁度スマディの弟のワヤンの年。ワヤンは中学2年生。スマディは20歳になったばかりでした。
今では、ワヤンは父親になり、スマディの息子のスリヤは中学2年生。スマディはもう大家族の長として立派な侍頭になっていました。
b0161391_17564075.jpg
可愛すぎるインタン。まだ1歳半だというのに、おしゃべりが上手すぎ、利口過ぎてびっくり!ワヤンの幼馴染のロハディは美しい幸せな母親になりました。
b0161391_17594234.jpg
若いときにはプレイボーイだったスマディは、今では重厚な一家の大黒柱で、バリアン(呪術師)になり、プーマンクー(平民僧)でもあります。
b0161391_18033079.jpg
奥さんのロスリーは働き者の明るいお母さんになり、息子のスリヤはスマディそっくりののっぽの少年、娘のコマンは大変に美人な小学校4年生です。

b0161391_18043514.jpg

こうやって、アバビ村で大勢の家族と時間を共に過ごしていると、時間と言う大きな川の流れの上にみんな一緒に乗っている事が実感できます。
本当に、あっという間に子供達は大人になって、私達は老いていくのですが、共通の思い出の上に立って、同じ時間を共に味わう時、人生の眺めの壮大な美しさに感動します。

子供達よ、すくすく大きく幸せに成長して、私達にまた未来の美しい風景を見せて下さい。






















# by ekadantaya | 2016-11-29 18:36 | Trackback | Comments(0)

エルフの革靴、製作開始。妖精の友達が生まれる。日曜日の丘で。

Estelちゃんの革のブーツ、いよいよ製作開始となりました。
足にあわせて木型を樹脂粘土で作り、まずは靴底を製作、その後にブーツの型紙を作ってから、革を切り取るまでスムーズに行きます。
ところが、ここからの作業が一番時間が掛かり忍耐力も必要な過酷な作業です。
革の接着部分、縫い代部分を薄くそぐ作業です。
革が柔らかい皮なので、カッターナイフでそいでいくのが一番ですが、すぐに切れなくなる。刃を何度も折って取り替えながらの作業です。少しづつ、根気良く進めていくことにしましょう。



b0161391_16180162.jpg


その間に、妖精ティンちゃんのお友達も生まれましたので、ちょっとご紹介。12月の初めの週にオークションに出品予定ですので、それまでに2人の可愛い写真を撮ってあげたいと思いますが、今日はます生まれたばかりのお友達を見て下さい・・・。

b0161391_16173623.jpg
ええ~ナにこれ??青虫???
はい、青虫のあお君です。
大人になったら、美しい蝶になるのですが、今は赤ちゃんですからね。苦手な人もいる形をしています・・・・。
小さいので、作りにくく写真も取りにくいのですが、すやすや良く寝ています。


b0161391_16245155.jpg

b0161391_16264986.jpg

b0161391_16280651.jpg

b0161391_16282589.jpg

b0161391_16284661.jpg

後姿が一番・・人によっては、気持ち悪いかもしれませんが、青虫好きの私には可愛いものです。
b0161391_16291474.jpg

Tinuちゃんは、勿論あお君が大好き。

b0161391_16295634.jpg

とおろで、今このバリ島は美味しい果物がいっぱいの雨季。特に旬で豊富にあるのがマンゴーです。
今日はおやつをマンゴーにしました。
b0161391_16302244.jpg

甘くって、とっても美味しいマンゴー。ちょっと大きすぎるから、氷を入れてミキサーでトロトロの・・・

b0161391_16304786.jpg


つめた~~いトロトロのマンゴージュース。
b0161391_16330313.jpg

そして、今日は日曜日、午前中には丘の家に行きました。




b0161391_16341763.jpg
 先週と同じく、20名を超える子供達が集まっていました。
小学校3年生のゴールデンエイジと呼ばれる年代の(とても子供らしく活発でさえている素晴らしい時期なので)男の子が多いです。
えはドンドン自由に描きまくっています。

b0161391_16361956.jpg
大勢過ぎて置く場所が無いから、いつもテラスの床の上展覧会。
生き生きして、ぴちぴちの生命力にあふれている絵ばかりで、もう私は何も言うことがない絵が勢ぞろい。

b0161391_16370671.jpg

b0161391_16375169.jpg
中学生のグデが白い小さな木の鳥かごに、小鳥を入れて持ってきました。
野生の、鶯みたいな色の、小さな鳥で、素早く動き回って、じっとしていることが無いので、子供達のモデルに使ったら興奮してもっとかわいそうと思い、私だけそっと印象だけスケッチすることにしました。

b0161391_16391336.jpg
じっと見て描くことができない速さで動いているので、ぱっと見てその印象をメモしたようなスケッチですが、これを描いていると小さな子供達が周りに来て大喜び!この鳥の名前はちょっと難しい発音で、聞いても覚えられませんでした。

b0161391_16395286.jpg
娘に迎えに来てもらって、まだえの続きを書いている中学生達が終わるまで、鉛筆をけづって待っていました。
お兄ちゃんを待っている4歳のカデは可愛くて妖精みたい。

b0161391_16405570.jpg

さあ、また一週間分の元気を充電した気持ち! 明日はまたお隣のポトンギギ(犬歯を削る成人の儀式)に御呼ばれをしているので、午前中は正装をしてお出かけです。
それから、エステルちゃんの革のブーツ・・・じっくり頑張ります。

b0161391_16335669.jpg





























# by ekadantaya | 2016-11-27 17:17 | Trackback | Comments(2)